FC2ブログ
2012年12月11日(火)《当限SQ週》日経225先物;9,520円(-20前比)

 
 相場は緊張の中で、動きの少ない状況となり、一日が経過しました。
 
 トレードは、先の変動の具合がつかめないので、神経質なこまかい売買で調整をしていました。 
 
 
 ところで、 日経225オプションは、追い詰められると、その窮状逼迫の加速度はたいへん厳しいものがあります。
 
 が、逆に、いろんな作戦を立てることが可能で、相場の変化に対して幅広い対応方法を隠し持っている、不思議な奥行きのある差金取引です。  
 
 オプションの動きの特徴を体で理解するまでと、その中で自分なりのやり方を見い出すまでが一苦労ですが、そこを越えると、それぞれの人に応じた生きていける道が見えてくるのではないかと思われます。
 
 ぬきちは、いま4年くらいの年月がかかって、その入り口がやっと見えてきた、気がする段階です。
 
 その入り口はまた、幻想であるかも知れないのです。
 
 オプション取引を始めてこれまでに、先輩の方々のブログから、トレードについての多くのヒントを学ばせていただきました。
 
 いまなお、学ぶ必要のある立場に変わりはなく、ヒントの糸口を探しつつ歩む日々です。
 
 これからオプション取引を始めようとしている方、始めてはみたものの、分からないことが多くて、もっと学びたいと願っている初歩の段階の方々も、当然のことながらいらっしゃるのではないかと思われます。

 ブログを書く目的のひとつとして、いつか、そのような方々の必要に応じた内容のものを、ブログで書けたらいいなと希望を持ってやってきました。
 
 人に、何かを教える、ということは難しいことです。
 
 ぬきちには、その資質に欠けるところがありそうです。
 
 ただ、自分が稼ぐために日々工夫していること、日々考えていることを実直に書く中で、ヒントのかけらでも残すことができればと、いまはそのくらいのことが考えられるくらいです。
 
 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)9,800
 上方レジスタンス目処;(2)9,650
 上方レジスタンス目処;(1)9,500
 下方レジスタンス目処;(1)9,500
 下方レジスタンス目処;(2)9,300
 下方レジスタンス目処;(3)9,200
 
12/11日経平均基準IV;15.61(-0.18前比)12/11~1/11volatility
日経平均VI先物12月限;17.00(-0.35前比)12/12~1/9volatility
日経平均VI先物1月限;19.10(-0.15前比)1/10~2/6volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):9,300〜9,700
 当限SQ(小胆)予想値:9,555円55銭
 
 12月11日(火)確定損益   +    4,127
 12月10日(月)確定損益   -    1,420
 12月07日(金)確定損益   ±       0
 12月06日(木)確定損益   -     310
 12月05日(水)確定損益   +    19,330
 12月04日(火)確定損益   +    21,060
 12月03日(月)確定損益   ±       0

  12月度暫定損益 (合計)  +   42,787

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック