FC2ブログ
コメントをいただいて
 
 『 たしかに手法って自分に合う合わないの相性がありますよね。

私にとって、オプションは複雑で難易度が高いイメージがあり、今までオプションについて全く勉強してこなかったド素人なので恐縮ですが「カプランのオプション売買戦略」という評価の高い本があります。

既に読まれていたらすいません(笑)

私は最近、数学をもっと勉強しておけば良かったと後悔しています。
ブラック・ショルーズ見てもサッパリ分かりません(笑)

ぬきちさんはベテランでありながら相場に対して誠実で向上心があって素晴らしいオプショントレーダーですね。

私も見習ってこれからも努力していきたいと思います。 』

 
 
ただひとさん、こんばんは、
 
まともに、人から褒められた記憶があまりないので、なんと言っていいものやら、どこで錯覚を起こされたのかと、途方にくれるばかりです。
 
正直、『素晴らしい』などという言葉をかけられると、身の置き所のない不安にかられます。
 
もう少し、実績を積まないと、まだ居場所すら定まらない身なのですよ。
 
ところで相場の本は、以前に一通り目を通したつもりですが、日経225オプションの実情に即して役に立つ本は、めったになかったと記憶しています。
 
有名なカプランの本も、(今、手許にないので不確かですが)その点で評価できなかったし、どこか偏りがあったような気がしています。
 
その点、『オプション・ボラティリティ売買入門』は、傑作で有用です。
 
その中の何章かは、もう十回以上は読み返しています。
 
この本は、はじめの1~2年、特に用語が頭に入らず、寝る前に読んでは睡眠薬がわりに利用していました。
今では、お蔭様で、読むと目が冴えるようになりましたが。
 
オプションの勉強は、研究家をめざすか、実戦家をめざすか、という違いがもしかしたらあるかも知れません。
 
ブラック・ショルーズ式の理解は、トレードの実戦に必要とは、どうしても思えないからです。
初めっから数学の分からないぬきちは、そのように自分に言い聞かせています。
 
それから、複雑で難易度が高いイメージのものの方が単純な売買よりも、実は儲けやすい、と考えるのは如何でしょうか?
 
上か下かという、一見単純そうで儲けることがむずかしそうな売買には、二度と戻ることができない気がしている、ぬきちです。
コメント
この記事へのコメント
ただひとさん、こんばんは
 
コメントをありがとうございます。 
昨日は、私用が入ってご返事が遅れてしまいました。
 
《上か下かという、一見単純そうで実は儲けることがむずかしそうな売買。これも事実だと思います。

実は上か下かが問題ではないんですよね。》
 
このあたりは、また教えていただきたいところです。

2012/06/27(Wed) 00:34 | URL | ぬきち | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/26(Tue) 17:35 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/25(Mon) 22:58 |  |  | 【編集
錯覚って(笑)

やはり、既に読まれていましたか(汗)

カプランの本は日経225オプションの実情に即していなかったんですね。

複雑で難易度が高いイメージのものの方が単純な売買よりも、実は儲けやすい。

なるほど、たしかに一理あって深い言葉ですね。

上か下かという、一見単純そうで実は儲けることがむずかしそうな売買。これも事実だと思います。

実は上か下かが問題ではないんですよね。

私のほうが参考になりました。ありがとうございます。

『オプション・ボラティリティ売買入門』にも興味が出てきました。

オプションを勉強する際にはこれを購入してみたいと思います。
2012/06/25(Mon) 01:25 | URL | 葵ただひと | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック