上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資(トレード)は、一般的に株式投資が日本では主流と云っても良いのではないでしょうか。
配当を狙ったり、長期のトレンドに乗ったりできると、仕事をしながらでも行うことが可能で、地道なやり方と思われます。
デイトレともなると、勝負勘など少しばかりの才能は必要であり、ストレスに耐えうる若さ、神経や心臓も必要でしょう。

オプションは、月ごとに精算日が定められているので、ほど良い期間の中でトレードができる、たいへんおもしろい形態の投資方法と考えられます。
これも株式投資と同じように、いろんなスタイルのやり方ができますが、一般的には、いわゆる『オプション売り』が主流で、オプション価格の値動きに加速度が付くような特性があるので、それを緩和するために『買い玉』を組み合わせる工夫が必要となります。
通常の売り玉には、満期までの時間が価格の値段として付いています。
保険屋さんの業務に、たいへん似ている性質のお仕事と考えて良いのではないでしょうか。
満期までの期間の日経225(原資産)の値動きを基準に、オプション価格(プレミアムとも云います)は動きます。
いつ売って、それをいつ買い戻しても、またいつ買って、それをいつ売り戻しても良い取引の仕組みは、株式投資と変わりはありません。

勝率が高過ぎる点については、できるだけ早い時期に、その長所と短所について理解しておくことがたいせつです。
勝率に加えて、利益率も高過ぎる点も特徴としてあり、長所は現金が加算されるのでだれにも分かりやすいのですが、短所については、おそらくは痛み(入金の何十倍もの出金)の経験を何度も重ねて初めて理解されるのではないでしょうか。

もう少し具体的に分かりやすく例を出してみれば、
一年に12回の精算日(SQと云います)があり、比較的おだやかな日経225の値動きが続けば、勝率は、10~12回がふつうに初心者でもできてしまいます。
そうなると、自分の心の中に敵が出来てきます。もっと稼ぎたい、という欲望です。
その通りに進めば何の問題もないのですが、それができるのは、一万人に一人なのです。
数回の勝利の合計額よりも一回の失敗の金額が大きくて、オプションをやり始めた人の9割の方々が、元金を大幅に減らしてオプション・トレードから去っていきます。

私がおよそ十年のオプション経験から考え付いた原因は、
毎月、目標(利益率)を設定して、トレードに臨むこと。
そして、その利益率が高過ぎること。

月に5%の利益率としたら(あるいは3%にしても)、・・・年間にどのくらいの利益率となることでしょう。
実際に初心者が初めから労せずして簡単に上げることのできる成績なので、・・・
月々に利益をあげていくトレード方式と、誤解されるのも止むを得ないところかも知れません。
しかも、それが悪いこととは、だれも教えてくれないものなので、・・・
ビギナーの(過剰投機による)利益獲得の脳内刺戟の体験は強烈で、しばらくの間は、だれの忠告もその耳には入らないものです。
日経225の変動が小さい状態のまま推移している間は、利益だけが積み上げられるので良いのですが、・・・。

例えば月に、+80万、+20万、+110万、+30万、-10万、そして-700万、・・・といった具合の賭博のような乱暴な損益となりがちです。

私は、利益率については年間の平均で考え、それも年間で5~10%くらいを基礎的に目指す抑制したトレードが日頃は望ましいと考えます。
そして、1年ほどの期間のうちには必ず、大き目の日経225の変動があるもので、そのときに被るであろう損失をできるだけ抑えて、むしろボーナスとしてある程度のまとまった利益を狙えるチャンスとするのがベストであり、そうでなくとも、損失を少なめにやり過ごした後の高まったボラティリティに伴う高価格となったオプション価格をいつもよりも良い利益率の上げられるチャンスとすべきと考えます。あるいは、トレンド発生のような局面を利用できるように、その巡り会わせを待つ。
・・・といったような長期的な取り組みの姿勢が、オプション・トレードには最適ではないかと思っています。

その他、思い付いたことなど、付け加えさせていただければ、

短期の売買は精神的にも身体的にもたいへんで、
長期に継続するには、負担が大きいと思われます。

資金は多目が有利です。
安全圏で、ゆとりを持たせた建て方ができるからです。
資金が少なめの時期は、退職金などの多額資金運用ができる日に備える意味で、
あるいは、小遣い銭くらいで良しとして、
オプション・トレードを楽しみながら
慣れて、基礎的な変動対応技術などを
学んでいく気持ちでご参加されると
良いのではないかと思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。