FC2ブログ
値動きが緩慢な相場に助けられた9月限でした。

成績の公表については、これらを自分で誇示する気持ちがあり、
 これをどうしたものかと、・ ・ ・
 
             月次確定OP損益   OP取引限定 累計確定損益  

2020年 09月限確定損益  +  156,242     +  370,734  
2020年 08月限確定損益  +   77918      +  115,166
2020年 07月限確定損益  +   79,480     +   37,248  
2020年 06月限確定損益  +  118,360     -   42,232  
2020年 05月限確定損益  +   98,460      -   160,592 
2020年 04月限確定損益  -   44,560      -  259,052  
2020年 03月限確定損益  -  207,520     -  214,492  
2020年 02月限確定損益  -   38,230      -    6,972
2020年 01月限確定損益  +   31,258      +   31,258  
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
委託証拠金; 5,000,000

 病気など、ささいな個人的なことについては、追記に書かせていただこうかなと思っています。
プットの売り玉は、ある程度、外しておくのも用心かも知れないと思いながら、
眠れぬ夜間、しばらくぶりの下落を眺めています。

買い返済2枚は、その後株式相場は値を保っている様子を見て、(別の価格帯ですが)売り直しておきました。

世界的な金融緩和政策の影響で余剰資金の株式相場への流入が続いて需給のバランスがこれまでと違う状況を呈しているようですが、反落が始まると早いので、米大統領選が縺れるような事態が生じるまでは膠着がつづくものとは思いつつも、そ暴落のキッカケはいつなのか、人間には分からないので用心をしておきたいものと思っています。

急落の時の対応として即、プットの売り玉は一旦、近い方から1枚、あるいは2枚、3枚と外すようにしています。
落ち着きが確認できたら外した売り玉は、いつでも売り直すことできるからです。
あるいはより優位に建て直すこともできるからです。
セットで建てた買い玉がある場合は、残しておき、その後の情勢を見て対処すれば良いのです。
 
翌日以降には連続下落が突発するかも知れず、相場の変動に対して無策で、何の手も打たずに自分に都合良く相場が動くようにと祈る。・・・相場に願いを託す他者任せの『祈願トレード』は、根本から改めるべきものと考えます。