FC2ブログ
2019.9.27.
本日早朝、とりあえず、退院。

8月21日に風疹の赤紫の発疹などの症状が治まったために退院したのですが、
炎症反応、高熱、咳などの症状は治まらず、内科で抗菌剤の処方を受けて、自宅療養を続け。

しだいに体力は消耗し、8月27日に埼玉大から非常勤で隔週外来診断に来られていた感染症医師の診断を受け。
慢性進行性肺アスペルギルス症の可能性7割あり、医師としてはこの段階でも治療を勧めるという診断を受け入れ、ボリコナゾールという『カビ』に作用する強力な抗菌剤の服用を始める。

8月29日体力の消耗は極限に達し早朝、運び込まれるように再入院。
咳を止めることは治療の障害となる、という指示により、翌朝まで寝ずに約5000回、咳き込む。
同室の患者の睡眠も妨げた結果、ちょうど空床となった403号室へ移動。(咳の正体は生活圏のいたるところに存在しているカビの一種なので人には無害ー本人にだけ有害という)何というか、 共同生活に協調性があり、その共同生活に本人だけが外されている。
人生の皮肉を集約したような、不思議な咳を生涯持つ宿命を背負わされた(ちょっと大げさかな)感じなのです。


スポンサーサイト