FC2ブログ
2019.6.23.
もう少し早い時期に、平均株価の素直な下落が発生し、世界の政治経済の危機的状況も踏まえて、 消費税の課税措置に対する撤回の可能性について、わずかばかりの期待を抱いていたのでしたが、・・・。
平均株価は意外なほどに踏ん張りを見せて、スキを見せず、日時だけが徒に経過して、機会はしずかに失われていった。
・・・というような感想を抱いています。

税率10%への消費税増税は、99% 、21日の臨時閣議における経済財政指針(骨太方針)に盛り込まれることによって、ほぼ決定された模様です。

今後、少なくとも半年~一年半、・ ・ ・
個人投資家は、『売り』を基本として、タイミングを計るスタンスによって、自己資産を保全する方策が無難となるのではないでしょうか。

<参照文> 
1.当面の経済財政運営について
(1)消費税率引上げへの対応
政府は、2019年10月1日の消費税率10%への引上げに当たり、下記の各措置や防災・減災、国土強靱化を含めた2019年度の臨時・特別の措置等の適切な執行により、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図り、経済の回復基調に影響を及ぼさないように取り組む。
① 駆け込み・反動減の平準化
消費税率引上げの前後において、事業者のそれぞれの判断によって柔軟な価格設定が行われるよう、諸外国の例等を踏まえ整備した「消費税率の引上げに伴う価格設定について(ガイドライン)」202の周知を進める。
同時に、下請などの中小企業・小規模事業者に対する消費税の転嫁拒否等が行われないよう、転嫁拒否等に対する監視、取締りや、事業者等に対する指導、周知徹底等に努め、万全の転嫁対策を講ずる。
キャッシュレス・消費者還元事業203、プレミアム付商品券事業204、耐久消費財(自動車・住宅)に係る税制・予算措置により、消費税率引上げ前後の需要変動を平準化し、消費を喚起・下支えする。これらの措置についても、事業者に混乱が生じないよう、また、消費者が安心して購買できるよう、周知・広報を強力に実施する。
② 軽減税率制度の実施
消費税率引上げに当たっては、低所得者に配慮する観点から、酒類及び外食を除く飲食料品と定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞について軽減税率制度を実施することとしており、個別の相談対応など一層丁寧な対応による周知徹底を行うとともに、レジ導入等への支援を行うことで準備を更に促し、制度の円滑な実施と適正かつ安定的な運用のため、必要な体制整備を含め万全を期す。
2019.06.21.
 
 一段と浮上した後、落ち着きつつある現レベルでのレンジ相場が継続しそうで、
トレードは順調。
SQまでの3週間、建て玉は放置がメインのシナリオです。


n225vi_ja.png


         先物レンジポイントa: 20,000~21,500
         先物レンジポイントb: 19,000~22,000

一ヶ月オプション原資・想定レンジカーブa : 19,000~22,000
三ヶ月オプション原資・想定レンジカーブb : 16,000~22,500
六ヶ月オプション原資・想定レンジカーブc : 15,000~225,00


日経225先物(現値) 19/ 06/21 ;   20,920
                        
日経225先物(安値) 19/ 06/03 ;   20,360
日経225先物(高値) 19/04/24 ;  <22,370
日経225先物(安値) 18/ 12/26 ;   18,840
日経225先物(高値) 18/ 11/08 ;  <22,480
日経225先物(安値) 18/ 10/29 ;   20,790
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/26 ;   19,960
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <23,770
・・・・・
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;   14,800
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  <20,840
日経225先物(安値) 12/ 06/04 ;     8,280
日経225先物(安値) 09/ 03/10 ;     7,040
日経225先物(高値) 06/ 04/07 ;  <17,560
日経225先物(安値) 03/ 04/28 ;     7,630
日経225先物(高値) 00/ 04/12 ;  <20,770
日経225先物(安値) 98/ 10/09 ;    12,870
日経225先物(高値) 96/ 06/26 ;  <22,670

日経VI現値19/ 06/07; 16.00%  <日経225先物20,920)

日経VI高値19/ 06/03; 21.00%  <日経225先物20,050)
日経VI安値19/ 04/17; 14.51%   日経225先物22,240>
日経VI高値18/ 12/25; 33.12%  <日経225先物20,050)
日経VI安値18/ 12/04; 16.82%   日経225先物22,630>
日経VI高値18/ 10/25; 30.56%  <日経225先物21,270)
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170
・・・・・
日経IV安値17/ 08/02 ; 08.29%  (日経225先物20,070>
日経IV高値16/ 11/04 ; 29.98% <日経225先物16,890)
日経IV高値16/ 06/24 ; 46.15% <日経225先物14,950)
日経VI高値16/ 02/12 ; 51.06% <日経225先物14,800) 
日経VI高値15/ 08/25 ; 48.55% <日経225先物17,670) 

為替米ドル/円(現値) 19/06.21.        107円

為替米ドル/円(安値) 19/01/02       >105円 (flash crash)
為替米ドル/円(高値) 18/11/12        114円
為替米ドル/円(安値) 18/10/26       >111円
為替米ドル/円(高値) 18/10/03        115円
為替米ドル/円(安値) 18/08/20       >110円
為替米ドル/円(安値) 18/01/22       >105円
・・・・・
為替米ドル/円(高値) 17/01/04        118円
為替米ドル/円(安値) 16/08/18       > 99円
          
2019.6.19.
 
手がかりとして少しばかり敷設したフルヘッジの建て玉を日経225の値動きを見ながら片付けつつ、・ ・ ・ 。
ダウンサイドに新規のプット建て玉を敷設しました。

オプション時間は、期近SQ前4週も半ばを経過して前3週に向かいつつある時点です。

日経225は、21000円の節目を越えて上昇。
世界経済の停滞ぎみの現状を見ながら、政策は緩和の方向へと向かいつつあり。
余剰資金は逆戻しされる流れであり。
その他、貿易戦争が解決はされなくとも解決されるかも知れないというホノメカシによる期待感が利用されて。

株式相場が上昇した結果、苦境に置かれたのはどちらなのか。
買い方なのか売り方なのか、は、明白で。
その需給バランスは、少なくともしばらくの浮遊時間がもたらされ、
それによって、オプション残存時間はそこそこに消化されていくものと
目論んでみた次第で。
2019.06.18.

7限月のSQ前4週に入りましたが、7月限のトレードについて、
 
今、積極的にリスクを取りにいく時期なのか、そうではなく、慎重にトレードは抑制したスタンスて進む時期なのか?

相場環境の現状を全般的にチェックして考慮しながら、・ ・ ・ 。

少なくとも今日は、抑制的に進めようと、判断したところです。

この判然としない感覚がつづく限り。

もしSQ週まで続けば、7月限の損益は±0円で良い、と。

今は、考えています。

・ ・ ・ ・ ・
2019年06月14日 (SQ)

日経225の値動きが読みやすかった、という感想はありますが、・ ・ ・。
運良く、想定した方向へと動いて、
それに沿って、建て玉を動かせたために、
予想を超えた利益を積むことができた6月限でした。
期先玉までもすっかり手仕舞いしたので、
7月限は気持ちを改めて、年利7%くらいを目処に、
落ち着いた運用を心がけたいと思っています。
翔平くんや孫娘など、元気を与えられた限月でしたが、
勇み足に気をつけて、
・・・さっそくボラティリティは低下中という新限月の始まりであり、
手がけづらい気分ではありますが、
新たなオプション手法の研究と試みも楽しみに、
無理と綻びの生じない心構えを持って、
・・・ずいぶん饒舌ぎみなので、ここで記事は区切ります。
さようならば
 
                  月次確定損益   OP累計確定損益  
2019年 06月限確定損益 +  219,350   + 23,524,709 
2019年 05月限確定損益 +   31,144   + 23,336,503
2019年 04月限確定損益 +  117,349   + 23,305,359 
2019年 03月限確定損益 -  206,675   + 23,188,010 
2019年 02月限確定損益 +  147,144   + 23,394,685 
2019年 01月限確定損益 +  505,694   + 23,247,541 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -

                  月次確定損益   OP 累計確定損益  
2018年 12月限確定損益 +  104,268   + 22,741,847 
2018年 11月限確定損益 +  194,515   + 22,637,579 
2018年 10月限確定損益 +   13,282   + 22,443,064 
2018年 09月限確定損益 +   93,316   + 22,429,782 
2018年 08月限確定損益 +  116,180   + 22,336,466 
2018年 07月限確定損益 +  109,384   + 22,220,286 
2018年 06月限確定損益 +  146,939   + 22,110,902 
2018年 05月限確定損益 +  120,936   + 21,963,963 
2018年 04月限確定損益 +  152,187   + 21,843,027 
2018年 03月限確定損益 +  128,413   + 21,690,840 
 《 トレード・スタンスの微変更 》
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 年度累計
        < 2019年度累計確定損益   +   814,006円 >
        < 2018年度累計確定損益   +   983,870円 >
        < 2017年度累計確定損益   +   641,040円 >  
        < 2016年度累計確定損益  +  1,572,834円 >
        < 2015年度累計確定損益  +  5,560,999円 >
        < 2014年度累計確定損益  +  3,316,614円 >
        < 2013年度累計確定損益   -   683,399円 >  
        < 2012年度累計確定損益  +  3,071,739円 >
        < 2011年度累計確定損益  +  2,818,537円 >
        < 2010年度累計確定損益  +   824,329円 >
 < 2009年6月~2009年12月 (7ヶ月分) + 4,536,565円 > 
  < 2009年3月~2009年5月 (3ヶ月分) - 8,736,240円 >
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分)+ 4,002,437円 >
2019.6.8.

ボラは再び(全般的に)低下。
日経225は、浮上ぎみに値をキープしたまま、しばらく落ち着きそうな気配で。
 
抱えている売り玉は為替のドル円なので慌てることなくスワップ支払いを日々続けながら放置しておけば先々、良い事もあるのではないかと、・ ・ 。

グラフは、少し時間をかけてから、最新週に替わります。

替わりました。

nk225vi_.png

         先物レンジポイントa: 20,000~21,000
         先物レンジポイントb: 19,000~21,500

一ヶ月オプション原資・想定レンジカーブa : 18,000~22,000
三ヶ月オプション原資・想定レンジカーブb : 16,000~22,500
六ヶ月オプション原資・想定レンジカーブc : 15,000~22,500


日経225先物(現値) 19/ 06/07 ;   20,920
                        
日経225先物(安値) 19/ 06/03 ;   20,360
日経225先物(高値) 19/04/24 ;  <22,370
日経225先物(安値) 18/ 12/26 ;   18,840
日経225先物(高値) 18/ 11/08 ;  <22,480
日経225先物(安値) 18/ 10/29 ;   20,790
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/26 ;   19,960
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <23,770
・・・・・
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;   14,800
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  <20,840
日経225先物(安値) 12/ 06/04 ;     8,280
日経225先物(安値) 09/ 03/10 ;     7,040
日経225先物(高値) 06/ 04/07 ;  <17,560
日経225先物(安値) 03/ 04/28 ;     7,630
日経225先物(高値) 00/ 04/12 ;  <20,770
日経225先物(安値) 98/ 10/09 ;    12,870
日経225先物(高値) 96/ 06/26 ;  <22,670

日経VI現値19/ 06/07; 17.16%  <日経225先物20,920)

日経VI高値19/ 06/03; 21.00%  <日経225先物20,050)
日経VI安値19/ 04/17; 14.51%   日経225先物22,240>
日経VI高値18/ 12/25; 33.12%  <日経225先物20,050)
日経VI安値18/ 12/04; 16.82%   日経225先物22,630>
日経VI高値18/ 10/25; 30.56%  <日経225先物21,270)
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170
・・・・・
日経IV安値17/ 08/02 ; 08.29%  (日経225先物20,070>
日経IV高値16/ 11/04 ; 29.98% <日経225先物16,890)
日経IV高値16/ 06/24 ; 46.15% <日経225先物14,950)
日経VI高値16/ 02/12 ; 51.06% <日経225先物14,800) 
日経VI高値15/ 08/25 ; 48.55% <日経225先物17,670) 

為替米ドル/円(現値) 19/06.07.        108円

為替米ドル/円(安値) 19/01/02       >105円 (flash crash)
為替米ドル/円(高値) 18/11/12        114円
為替米ドル/円(安値) 18/10/26       >111円
為替米ドル/円(高値) 18/10/03        115円
為替米ドル/円(安値) 18/08/20       >110円
為替米ドル/円(安値) 18/01/22       >105円
・・・・・
為替米ドル/円(高値) 17/01/04        118円
為替米ドル/円(安値) 16/08/18       > 99円
          
2019.6.3.

短期の目線で相場を見るときに、
リバウンドの動きとなった場合、その勢いの度合いを計りつつ、変曲点の臨界あたりを探りながら、売りを入れる戦術はあり得るのではないかと、・ ・ ・ 。

3ヶ月ほど前に建てた売り玉は、これはこれでオプションとは別物扱いとして、忘却ぎみに抱えたままでいますが。
半年から一年くらいは放置の気持ちでいれば、いずれ清算の時は訪れるのではないかと、考えながら。

2019.5.31.

ようやく、株価と為替の変動が始まった感がいたします。
早期のある程度の大きめの下落と、ボラティリティの盛り上がりが期待されるところです。

トレードについては、正直、手をできるだけ抜いたスタンスなので、
先物売りで稼ぎたかった局面ではありましたが、ほぼ放置で先週も過ごし、
SQまで変わりなく過ごしそうです。

相場予想のコメント類は、極力、トレードに影響しないように気をつけて見るようにしています。
したがって、私自身の相場予想も大雑把な数値くらいに控えるようになりました。
トレードは、相場の変化に対する対応をしっかりと行うように心がけています。

チャートは最新版に切り替わるまで今しばらくお待ちください
nk225vi_ja_1.png

           先物レンジポイントa: 20,000~21,000
          先物レンジポイントb: 19,000~21,000

一ヶ月オプション原資・想定レンジカーブa : 17,000~21,000
三ヶ月オプション原資・想定レンジカーブb : 15,000~21,000
六ヶ月オプション原資・想定レンジカーブc : 15,000~21,000


日経225先物(現値) 19/ 05/31 ;   20,540
                        
日経225先物(高値) 19/04/24 ;  <22,370
日経225先物(安値) 18/ 12/26 ;   18,840
日経225先物(高値) 18/ 11/08 ;  <22,480
日経225先物(安値) 18/ 10/29 ;   20,790
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/26 ;   19,960
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <23,770
・・・・・
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;   14,800
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  <20,840
日経225先物(安値) 12/ 06/04 ;     8,280
日経225先物(安値) 09/ 03/10 ;     7,040
日経225先物(高値) 06/ 04/07 ;  <17,560
日経225先物(安値) 03/ 04/28 ;     7,630
日経225先物(高値) 00/ 04/12 ;  <20,770
日経225先物(安値) 98/ 10/09 ;    12,870
日経225先物(高値) 96/ 06/26 ;  <22,670

日経VI現値19/ 05/31; 20.25%  <日経225先物20,540)

日経VI安値19/ 04/17; 14.51%   日経225先物22,240>
日経VI高値18/ 12/25; 33.12%  <日経225先物20,050)
日経VI安値18/ 12/04; 16.82%   日経225先物22,630>
日経VI高値18/ 10/25; 30.56%  <日経225先物21,270)
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170
・・・・・
日経IV安値17/ 08/02 ; 08.29%  (日経225先物20,070>
日経IV高値16/ 11/04 ; 29.98% <日経225先物16,890)
日経IV高値16/ 06/24 ; 46.15% <日経225先物14,950)
日経VI高値16/ 02/12 ; 51.06% <日経225先物14,800) 
日経VI高値15/ 08/25 ; 48.55% <日経225先物17,670) 

為替米ドル/円(現値) 19/05.31.        108円

為替米ドル/円(安値) 19/01/02       >105円 (flash crash)
為替米ドル/円(高値) 18/11/12        114円
為替米ドル/円(安値) 18/10/26       >111円
為替米ドル/円(高値) 18/10/03        115円
為替米ドル/円(安値) 18/08/20       >110円
為替米ドル/円(安値) 18/01/22       >105円
・・・・・
為替米ドル/円(高値) 17/01/04        118円
為替米ドル/円(安値) 16/08/18       > 99円