FC2ブログ
2019.02.28.

FRB議長の株価急落時には何でも行うという姿勢に、また(遅れて先日の時点ではありますが?)日銀総裁の追加緩和発言などもあり、更に膨らみつづける米中貿易交渉進捗への期待感が市場のリスク要因を覆って、
日経225も昨年12月の下値から2ヶ月余、十数パーセントの反騰を見せてきました。
下が難しければ上に向けて稼ぐというファンド・投資家事情もありて、世界的な経済状況の危機に警戒しながらも売り手の買戻しを誘いつつ上昇は続いてきました。
米国にとっての輸出拡大という目先の強引な国内選挙を見据えたトランプのディールを駆使して、交渉期間を再度延期して市場の期待感を引き延ばしてきました。
が、その間もFRBの政策姿勢は変わらずに資産圧縮は継続され、株式市場の『期待バブル』の膨張だけが目を引く事態は続いているのでした。
そう遠くない時期にー意外に近いとも感じられはするのですがー何かをきっかけに、下降トレンドを再確認する日は来るのではないかと思われますが。

オプション・トレードは、期近3月限のSQ(精算日)が近づき、プレミアム(オプション価格)の時間価値の減少度合いが引き締まりを増しつつあり、レンジが絞られてきました。
3月限は、余計なことをこれ以上考えずに、手持ち建て玉をSQに委ねる予定でいます。
2019.2.21.

<バランスシートの正常化(資産縮小)について>
昨12月ー『順調で見直し予定は無い。終了時期は2021年~2022年』
1月ー『経済・市場の状況に応じて、柔軟に見直す』
今回2月ー『当面、資産縮小は継続で、様子を見て停止あり、時期は2019年内
<金利について>
昨12月ー『追加利上げは、年2回を想定』
1月ー『利上げ停止と利下げの可能性あり』
今回2月ー『2019年内1回の利上げ可能な経済状況について検討中

今回の要点は、資産縮小については継続しながら、市場や経済の状況を注視しつつ、年後半の停止を想定。
利上げについては、前月の利下げまで出た過剰反応からやや戻して、あくまで1回の利上げ機会を伺う姿勢で年内、情勢を見守る、と。

あいまいな内容に対して、市場はスルーするしかなかったようでした。
危惧されるのは、緊急の際に対応が素早いことは実証済みとしても、それは後手であり、手遅れとなる事態も想定しておく必要がある、ということでしょうか。
2019.2.20.

2月に入ってから、中期に視座を置いている個人的な相場観と短期・目先の事情で動く現実の株式相場との間にズレが生じて、
トレードは、あまり良い状態ではありません。
 日経225の上昇に伴って、コールの建て玉を手仕舞いしていった結果、現時点でー50万円ほどの実現損となっています。
市場参加者全体に弱気への相場観の偏りが感じられ、それをリスクと受け止めていたはずでしたが、
自分がその偏重相場観を意識したトレードに嵌っていた結果です。

トレードに好不調はつきものなので、・・・気分的に落ち込んでいる訳ではありませんが。
 ・・傘貼り職もボチボチとやりながら、・・・。
『仕切り直し』といったところで、まずは現状の建て玉を誤魔化しつつ在るところです。

3月限・期近も日数が限られてきたので、絞り込みながらも、
内外の諸材料の多さに、辟易しています。

黒田氏の発言も、評価が難しく、『円高の進行が・・日本の経済に悪影響を与える・・・その場合は追加緩和などを・・』
開催中の米中通商協議で元安誘導が牽制されたばかりのタイミングで、・・・この。
T大統領も選挙に向けて、対中国でほどほどの成果を上げた次に、米日協議が控えているというこのタイミングで、・・・。発言の真意が訝られるばかりで、通商協議の相手がこの発言をどう受け止めるものか、・・・すでに水面下で交渉の下準備も進んでいる微妙な今のタイミングを何と理解しているものか、と。

私なんかは、(私事ですが、反射的に2枚、米ドル/円を売っていました)

日本時間で4時ごろでしょうか。
FOMC議事録が公表されるのは。

またまた、タカに急変するとも思えず、一般的な想定通りでしょうが、
それを利用して変動を利益にしようとする市場参加者の駆け引きが一旦は緊迫することでしょうか。

世界の中央銀行は、すでに再び、緩和の方向へと金融政策の舵を切り始めたのかも知れない、と。
2019.02.15.


 《 3月限 清算日まで残存3週》
 《 4月限 精算日まで残存8週》

           先物レンジポイントa: 19,000~21,000
          先物レンジポイントb: 16,000~22,000

一ヶ月オプション原資レンジカーブa : 19,000~22,000
三ヶ月オプション原資レンジカーブb : 16,000~23,000
六ヶ月オプション原資レンジカーブc : 15,000~23,000


日経225先物(現値) 19/ 02/15 ;   20,900 ・・・夜間終値 ー未定
                        21,180 ・・・日中引値

日経225先物(安値) 18/ 12/26 ;   18,840
日経225先物(高値) 18/ 11/08 ;  <22,480
日経225先物(安値) 18/ 10/29 ;   20,790
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/26 ;   19,960
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <23,770
・・・・・
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;   14,800
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  <20,840
日経225先物(安値) 12/ 06/04 ;     8,280
日経225先物(安値) 09/ 03/10 ;     7,040
日経225先物(高値) 06/ 04/07 ;  <17,560
日経225先物(安値) 03/ 04/28 ;     7,630
日経225先物(高値) 00/ 04/12 ;  <20,770
日経225先物(安値) 98/ 10/09 ;    12,870
日経225先物(高値) 96/ 06/26 ;  <22,670

日経VI現値19/ 02/17; 18.64%  <日経225先物20,900)

日経VI安値19/ 02/05; 15.42%   日経225先物20,830>
日経VI高値18/ 12/25; 33.12%  <日経225先物20,050)
日経VI安値18/ 12/04; 16.82%   日経225先物22,630>
日経VI高値18/ 10/25; 30.56%  <日経225先物21,270)
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170
・・・・・
日経IV安値17/ 08/02 ; 08.29%  (日経225先物20,070>
日経IV高値16/ 11/04 ; 29.98% <日経225先物16,890)
日経IV高値16/ 06/24 ; 46.15% <日経225先物14,950)
日経VI高値16/ 02/12 ; 51.06% <日経225先物14,800) 
日経VI高値15/ 08/25 ; 48.55% <日経225先物17,670) 

為替米ドル/円(現値) 19/02/15.        111円

為替米ドル/円(安値) 19/01/02       >105円 (flash crash)
為替米ドル/円(高値) 18/11/12        114円
為替米ドル/円(安値) 18/10/26       >111円
為替米ドル/円(高値) 18/10/03        115円
為替米ドル/円(安値) 18/08/20       >110円
為替米ドル/円(安値) 18/01/22       >105円
・・・・・
為替米ドル/円(高値) 17/01/04        118円
為替米ドル/円(安値) 16/08/18       > 99円
2019.02.12.

日経225は急反騰で一気に21,000の壁の寸前まで押し寄せて来た感がする相場付きです。
米中戦争の貿易交渉における部分的進展及び米政府機関の一部閉鎖回避への期待感の高まりを背景に、偏った株式市場参加者の相場観による需給バランスの均衡点模索の振れが上方へ引き起こったものと思われます。
心理に揺れる株価の行き過ぎは往々にしてあることなので、建て玉は常にゆとりを持たせる操作が必要とされ、それに従うのは止むを得ないことです。
米ドル円は110円台に乗せてきています。

 《 3月限 清算日まで残存4週》
 《 4月限 精算日まで残存9週》

           先物レンジポイントa: 19,000~21,000
          先物レンジポイントb: 16,000~22,000

一ヶ月オプション原資レンジカーブa : 19,000~21,500
三ヶ月オプション原資レンジカーブb : 16,000~22,500
六ヶ月オプション原資レンジカーブc : 15,000~23,000


日経225先物(現値) 19/ 02/12 ;   20,900 ・・・夜間終値 ー未定
                        20,880 ・・・日中引値

日経225先物(安値) 18/ 12/26 ;   18,840
日経225先物(高値) 18/ 11/08 ;  <22,480
日経225先物(安値) 18/ 10/29 ;   20,790
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/26 ;   19,960
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <23,770
・・・・・
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;   14,800
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  <20,840
日経225先物(安値) 12/ 06/04 ;     8,280
日経225先物(安値) 09/ 03/10 ;     7,040
日経225先物(高値) 06/ 04/07 ;  <17,560
日経225先物(安値) 03/ 04/28 ;     7,630
日経225先物(高値) 00/ 04/12 ;  <20,770
日経225先物(安値) 98/ 10/09 ;    12,870
日経225先物(高値) 96/ 06/26 ;  <22,670

日経VI現値19/ 02/12; 18.00%  <日経225先物20,880)

日経VI安値19/ 02/05; 15.42%   日経225先物20,830>
日経VI高値18/ 12/25; 33.12%  <日経225先物20,050)
日経VI安値18/ 12/04; 16.82%   日経225先物22,630>
日経VI高値18/ 10/25; 30.56%  <日経225先物21,270)
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170
・・・・・
日経IV安値17/ 08/02 ; 08.29%  (日経225先物20,070>
日経IV高値16/ 11/04 ; 29.98% <日経225先物16,890)
日経IV高値16/ 06/24 ; 46.15% <日経225先物14,950)
日経VI高値16/ 02/12 ; 51.06% <日経225先物14,800) 
日経VI高値15/ 08/25 ; 48.55% <日経225先物17,670) 

為替ドル円(現値) 19/02/12.        110円

為替ドル円(高値) 19/01/02       >105円 (flash crash)
為替ドル円(安値) 18/11/12        114円
為替ドル円(高値) 18/10/26       >111円
為替ドル円(安値) 18/10/03        115円
為替ドル円(高値) 18/08/20       >110円
為替ドル円(高値) 18/01/22       >105円
・・・・・
為替ドル円(安値) 17/01/04        118円
為替ドル円(高値) 16/08/18       > 99円
2019年02月08日 (SQ)
 
                  月次確定損益   OP累計確定損益  
2019年 02月限確定損益 +  147,144   + 23,394,685 
2019年 01月限確定損益 +  505,694   + 23,247,541 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -

                  月次確定損益   OP 累計確定損益  
2018年 12月限確定損益 +  104,268   + 22,741,847 
2018年 11月限確定損益 +  194,515   + 22,637,579 
2018年 10月限確定損益 +   13,282   + 22,443,064 
2018年 09月限確定損益 +   93,316   + 22,429,782 
2018年 08月限確定損益 +  116,180   + 22,336,466 
2018年 07月限確定損益 +  109,384   + 22,220,286 
2018年 06月限確定損益 +  146,939   + 22,110,902 
2018年 05月限確定損益 +  120,936   + 21,963,963 
2018年 04月限確定損益 +  152,187   + 21,843,027 
2018年 03月限確定損益 +  128,413   + 21,690,840 
 《 トレード・スタンスの微変更 》
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 年度累計
        < 2019年度累計確定損益   +   652,838円 >
        < 2018年度累計確定損益   +   983,870円 >
        < 2017年度累計確定損益   +   641,040円 >  
        < 2016年度累計確定損益  +  1,572,834円 >
        < 2015年度累計確定損益  +  5,560,999円 >
        < 2014年度累計確定損益  +  3,316,614円 >
        < 2013年度累計確定損益   -   683,399円 >  
        < 2012年度累計確定損益  +  3,071,739円 >
        < 2011年度累計確定損益  +  2,818,537円 >
        < 2010年度累計確定損益  +   824,329円 >
 < 2009年6月~2009年12月 (7ヶ月分) + 4,536,565円 > 
  < 2009年3月~2009年5月 (3ヶ月分) - 8,736,240円 >
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分)+ 4,002,437円 >
2019.02.06.

夜間取引で、3月限先物ミニを一枚売り建てておきました。
戻りの短期トレンドも、そろそろ良いところではないかと思われ、

これは、3~4ヶ月ー放置する予定です。


2019.02.03.

相場は難しく大事な時期なので、記事は後で書く予定です。

・ ・ ・
難しい相場環境をことさらに難しく考察してもトレードに益することは少なく、・ ・ 。

・ ・ ・
(日は変わって) オプション・トレードの期近の2月限は4日間の時間価値しか残されておらず、2月限の建て玉のオプション価格はすべて1円にまで減価し、新たに2月の限月でリスクを取りにゆく必要も無茶なトレードをする必要もなく、もし値幅の大き目の変動が日経225に生じた場合に限って少しばかり、1円で売り玉を買い戻して、期先へ新規売り建てをするくらいしかありません ・ ・ 。

月一回のSQ週は、建て玉のロールを消極的にする以外に、あまりトレードをすることのない週間となっています。


 《 2月限 清算日まで残存1週》
 《 3月限 精算日まで残存5週》
 《 4月限 精算日まで残存10週》

           先物レンジポイントa: 19,000~21,000
          先物レンジポイントb: 17,000~22,000

SQ-月オプション原資レンジカーブa : 20,000~21,500
三ヶ月オプション原資レンジカーブb : 16,000~22,500
六ヶ月オプション原資レンジカーブc : 15,000~23,000


日経225先物(現値) 19/ 02/01 ;   20,770 ・・・夜間終値 ー
                        20,720 ・・・日中引値

日経225先物(安値) 18/ 12/26 ;   18,840
日経225先物(高値) 18/ 11/08 ;  <22,480
日経225先物(安値) 18/ 10/29 ;   20,790
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/26 ;   19,960
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <23,770
・・・・・
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;   14,800
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  <20,840
日経225先物(安値) 12/ 06/04 ;     8,280
日経225先物(安値) 09/ 03/10 ;     7,040
日経225先物(高値) 06/ 04/07 ;  <17,560
日経225先物(安値) 03/ 04/28 ;     7,630
日経225先物(高値) 00/ 04/12 ;  <20,770
日経225先物(安値) 98/ 10/09 ;    12,870
日経225先物(高値) 96/ 06/26 ;  <22,670

日経VI現値19/ 02/01; 18.35%  <日経225先物20,720)

日経VI高値18/ 12/25; 33.12%  <日経225先物20,050)
日経VI安値18/ 12/04; 16.82%   日経225先物22,630>
日経VI高値18/ 10/25; 30.56%  <日経225先物21,270)
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170
・・・・・
日経IV安値17/ 08/02 ; 08.29%  (日経225先物20,070>
日経IV高値16/ 11/04 ; 29.98% <日経225先物16,890)
日経IV高値16/ 06/24 ; 46.15% <日経225先物14,950)
日経VI高値16/ 02/12 ; 51.06% <日経225先物14,800) 
日経VI高値15/ 08/25 ; 48.55% <日経225先物17,670) 

為替ドル円(現値) 19/02/01        109円

為替ドル円(高値) 19/01/02       >105円 (flash crash)
為替ドル円(安値) 18/11/12        114円
為替ドル円(高値) 18/10/26       >111円
為替ドル円(安値) 18/10/03        115円
為替ドル円(高値) 18/08/20       >110円
為替ドル円(高値) 18/01/22       >105円
・・・・・
為替ドル円(安値) 17/01/04        118円
為替ドル円(高値) 16/08/18       > 99円