FC2ブログ
2018.10.15.~10.19.

 《11月限SQ前4週最終日》
日経ボラティリティは、直近高値から約5.5%低下した位置。
為替ドル円は、直近安値から約2円上昇した位置。
日経225先物は、直近高値から約2,000円下落した位置。

SQ-月オプションレンジカーブa : 18,500~24,500
三ヶ月オプションレンジカーブb : 16,000~27,000
六ヶ月オプションレンジカーブc : 12,000~28,000

日経VI現値18/ 10/19; 22.36%  <日経225先物22,530)
 
日経VI高値18/ 10/15; 27.71%  <日経225先物23,940)
日経VI安値18/ 08/29; 14.48%   日経225先物22,850>
日経VI高値18/ 08/13; 18.94%  <日経225先物21,890)
日経VI安値18/ 08/01; 14.65%   日経225先物22,780>
日経VI高値18/ 07/02 ; 20.85% <日経225先物21,740)
日経VI安値18/ 06/07 ; 14.15%   日経225先物22,860>
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170)
 
為替ドル円(現値) 18/10/19       112.5円

為替ドル円(安値) 18/10/03       114.5円
為替ドル円(高値) 18/08/20~08/21  >110円
為替ドル円(安値) 18/07/17~07/18   113円
為替ドル円(高値) 18/05/29~05/31  >109円
為替ドル円(高値) 18/01/22~01/26  >105円
 
日経225先物(現値) 18/ 10/19 ;  <22,530
 
日経225先物(高値) 18/ 10/02;  <24,450
日経225先物(安値) 18/ 09/17 ;   22,890
日経225先物(高値) 18/ 09/16 ;  <22,980
日経225先物(安値) 18/ 09/10 ;   22,360
日経225先物(高値) 18/ 07/18 ;  <22,800
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/23 ;   20,350
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <24,120
2018.10.17.(水)

日経225は、火曜、水曜と2日間のリバウンドの値戻しによって、ボラティリティは低下、オプション価格(プレミアム)も剥落しています。
値動きが激しいので、建て玉については今は期近に建てるだけですが、精算日(SQ)まで後3週間半、このまま放置して待つだけで良さそうな雰囲気が出てきました。

今年に入ってから、相場に対して少し距離を置いて、オプションを眺めるような感覚でゆったりと、トレードを進めているスタンスに変わってきていることに気がつきました。
細かい相場の値動きに嵌り込むことなく、あまり些細な数値の変動に意識を奪われないように、自然に自己保全の本能が防御している気も致します。
机を離れて日中の2,3時間、これまで経験したことのない肉体労務をして、偏った心身のバランスを取り戻す生活を始めてみました。 足首の捻挫をしたり、微熱が続くこともありました。
社会(会社)組織の周辺部に参加して、ー 潜水艦が海の深みへと潜航していくように ー 自分の心と人への対応の仕方を日ごとに低めていく姿勢で、この半年、暮らしてみました。
世の中の景色の移り変りが新鮮でした。
神経、精神、身体の機能のバランスが崩れる寸前で、やや持ち直してきたような気がします。
人生をもう少し、がんばってみよう、という気魄が 出てきました。

相場については、この戻りがどこまでなのか、いつまでなのか。
それから、月曜の下値を抜けたときに、ボラティリティは上昇し、不安心理が再燃しそうです。
2018年10月12日 (SQ)
 
 波乱相場にあって、トレードは幸運が重なって結果的に損益は、プラス圏に持ち込んで終えることができました。
建て玉の増減、移動のタイミングがいつになくスムーズで、日経225が23000を超えて反落することなく値を保ち始めた折に、コールの建て玉をすべて外しました。再び期近へコールを建てたのは、そこから1000円以上上がった24000を超えてからでした。替わりにプットは無理のない位置へ建てていきました。急落の時期もSQ間近であり、期近に経て玉は集中してありましたがその期近に被害の及ぶこともなく、またSQ週で3枚建てたミニ先売り玉の利益が最終的なプラスを決定しました。
10月限は計上された利益は少なく見えますが、乱高下したこの難儀な相場環境におけるトレードとしては、プラス100万円くらいに匹敵する手ごたえです。

       < 2018年度累計確定損益  +  685,087円 >

                  月次確定損益    累計確定損益  

2018年 10月限確定損益 +   13,282   + 22,443,064 
2018年 09月限確定損益 +   93,316   + 22,429,782 
2018年 08月限確定損益 +  116,180   + 22,336,466 
2018年 07月限確定損益 +  109,384   + 22,220,286 
2018年 06月限確定損益 +  146,939   + 22,110,902 
2018年 05月限確定損益 +  120,936   + 21,963,963 
2018年 04月限確定損益 +  152,187   + 21,843,027 
2018年 03月限確定損益 +  128,413   + 21,690,840 
2018年 02月限確定損益 -  351,517   + 21,562,323 
2018年 01月限確定損益 +  155,967   + 21,913,840 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
        < 2017年度累計確定損益  +   641,040円 >

                  月次確定損益    累計確定損益  
 
2017年 12月度確定損益 +    10,531   + 21,757,873
2017年 11月限確定損益 -  125,471   + 21,747,342 
2017年 10月限確定損益 -  851,640   + 21,872,813 
2017年 09月限確定損益 +  251,736   + 22,724,453 
2017年 08月限確定損益 +  195,781   + 22,472,717 
2017年 07月限確定損益 +  138,779   + 22,276,936 
2017年 06月度確定損益 +    71,441   + 22,138,157
2017年 05月度確定損益 +    54,724   + 22,066,716
2017年 04月限確定損益 +  333,371   + 22,011,992 
2017年 03月限確定損益 +  208,407   + 21,678,621 
2017年 02月限確定損益 +  160,283   + 21,470,214 
2017年 01月限確定損益 +  193,098   + 21,309,931 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 年度累計
        < 2017年度累計確定損益   +   641,040円 >  
        < 2016年度累計確定損益  +  1,572,834円 >
        < 2015年度累計確定損益  +  5,560,999円 >
        < 2014年度累計確定損益  +  3,316,614円 >
        < 2013年度累計確定損益   -   683,399円 >  
        < 2012年度累計確定損益  +  3,071,739円 >
        < 2011年度累計確定損益  +  2,818,537円 >
        < 2010年度累計確定損益  +   824,329円 >

 < 2009年6月~2009年12月 (7ヶ月分) + 4,536,565円 > 
  < 2009年3月~2009年5月 (3ヶ月分) - 8,736,240円 >
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分)+ 4,002,437円 >
2018.10.10.(水)

おそらくは、持ち上げられた高値圏における波乱相場なので、
特に下値に注意して、振り回されないように気をつけて
慎重に波乱の収束を見定めるところではないかと思います。

トレードは、期近については既に先週で終了したつもりなので、後2日間、何もせずに
SQへ委ねる予定です。
2018.10.01.~10.05.

 日経平均先物は、ザラ場で9/10(月)22,000円から上昇トレンドに乗って約3週間、23,000円の上壁を突破、24,000円の上壁をも突破して約2,500円の上昇幅で10/2(火)24,450円に達した後、先週末まで約700円ほど下落しました。
 ボラティリティの上昇は通常、株価の下落時に起こるものですが、株価上昇時にボラティリティ上昇が見られたのはしばらくぶりの事でした。今回の上昇はそれだけ、市場参加者の意表をつくものであり、売り方の心理的動揺の激しさと苦境を物語ると云えそうです。
 確かに世界を見渡しても実態経済の好転を示す兆候は見当たらず、逆に米国の利上げによる資金繰りの悪化や貿易戦争の発生など国際政治状況の不安定さから株価の上値追いには慎重で上値は限定的という風潮が支配的でした。
 株価予想の後追い修正ほど醜く体裁の悪い記事はありませんが、・・・。
 過剰に滞留したままの余剰資金の株式市場への流入、など散見されますが、それらに目新しいものはなく何とでも言えることで・・・後から説明し直して、どうなるというのでしょうか?

ともかく、相場環境の激変の中でオプション・トレードは、より一層の調整を余儀なくされた直近の2~3週間でした。

今後については、いくつもの可能な想定を練り合わせ、市場の反応を見据えながら、1ヶ月単位で収束するオプションの時間価値の変化と原資産(日経225)の変動幅の予測を兼ね合わせて、より慎重なトレードに徹する時期といえるでしょう。


SQ-月オプションレンジカーブa : 20,000~24,800
三ヶ月オプションレンジカーブb : 16,000~28,000
六ヶ月オプションレンジカーブc : 12,000~30,000

日経VI高値18/ 10/04; 18.50%  <日経225先物23,940)
日経VI安値18/ 08/29; 14.48%   日経225先物22,850>
日経VI高値18/ 08/13; 18.94%  <日経225先物21,890)
日経VI安値18/ 08/01; 14.65%   日経225先物22,780>
日経VI高値18/ 07/02 ; 20.85% <日経225先物21,740)
日経VI安値18/ 06/07 ; 14.15%   日経225先物22,860>
日経VI安値18/ 05/22 ; 14.15%   日経225先物22,960>
日経VI高値18/ 02/13 ; 37.76%  <日経225先物21,170)
 
為替ドル円(安値) 18/10/03       114.5円
為替ドル円(高値) 18/08/20~08/21  >110円
為替ドル円(安値) 18/07/17~07/18   113円
為替ドル円(高値) 18/05/29~05/31  >109円
為替ドル円(高値) 18/01/22~01/26  >105円
 
日経225先物(高値) 18/ 10/01 ;  <24,310
日経225先物(安値) 18/ 09/17 ;   22,890
日経225先物(高値) 18/ 09/16 ;  <22,980
日経225先物(安値) 18/ 09/10 ;   22,360
日経225先物(高値) 18/ 07/18 ;  <22,800
日経225先物(安値) 18/ 07/04 ;   21,700
日経225先物(高値) 18/ 05/21 ;  <23,010
日経225先物(安値) 18/ 03/23 ;   20,350
日経225先物(高値) 18/ 01/23 ;  <24,120