2016年7月末日 


 生活収支を見たときに、出費の嵩みがあって、今年度の収支は決して順調とはいえない。

 先月あたりからになりますが、生活費の切り詰めに努力をしています。


  トレードについては、投機環境の不安定さ、日経225の値動きの不安定さにはじゅうぶん用心して、

 手堅く進めていきたいと 考えています。


        < 2016年度累計確定損益  +  1,348,665円 >

                 月次確定損益   累計確定損益  

2016年 07月度確定損益 +  837,169   + 20,892,664 
2016年 06月度確定損益 -  344,451   + 20,055,495
▼《 英国選挙によるEU離脱決定・ショック = 暴落レベル1 》 
2016年 05月度確定損益 +  496,174   + 20,399,946 
2016年 04月度確定損益 -  159,662   + 19,903,772 
2016年 03月度確定損益 +  806,922   + 20,063,434 
2016年 02月度確定損益 -    75,799   + 19,256,512
▼《 中国経済減退その他 複合・ショック  = 暴落レベル2 》 
2016年 01月度確定損益 -   214,388   + 19,332,311
▼《 米金利政策変更その他複合・ショック  = 暴落レベル2 》 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - -

        < 2015年度累計確定損益  + 5,560,999円 >

               月次確定損益   累計確定損益  

2015年 12月度確定損益 +   875,093   + 19,546,699 
2015年 11月度確定損益 +    82,552   + 18,671,606 
2015年 10月度確定損益 +   982,272   + 18,589,054 
2015年 09月度確定損益 +  971,705   + 17,606,782
▼《 チャイナ・ショック  = 暴落レベル3 》 
2015年 08月度確定損益 +  112,670   + 16,635,077 
2015年 07月度確定損益 +   26,817   + 16,522,407
2015年 06月度確定損益 +   104,912   + 16,495,590 
2015年 05月度確定損益 +   343,911   + 16,390,678 
2015年 04月度確定損益 +   303,697   + 16,046,767 
2015年 03月度確定損益 +   612,441   + 15,743,070 
2015年 02月度確定損益 +   526,626   + 15,130,629  
2015年 01月度確定損益 +   618,303   + 14,604,003 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 
        < 2014年度累計確定損益 + 3,316,614円 >
 
               月次確定損益   累計確定損益  
 
2014年12月度確定損益 +   12,605   + 13,985,700  
2014年11月度確定損益 +   650,313   + 13,973,095  
2014年10月度確定損益  ±        0   + 13,322,782
△《日銀の量的緩和・第二弾 = 暴騰レベル4》 入院中  
2014年 9月度確定損益 +   868,958   + 13,322,782  
2014年 8月度確定損益 +   215,224   + 12,453,824   
2014年 7月度確定損益 +   204,498   + 12,238,600   
2014年 6月度確定損益 +   646,994   + 12,034,102  
2014年 5月度確定損益 +   302,324   + 11,369,108  
2014年 4月度確定損益 +   241,831   + 11,066,784 
2014年 3月度確定損益 +   67,036   + 10,824,953 
2014年 2月度確定損益 +   334,079   + 10,757,917
2014年 1月度確定損益 -   245,248   + 10,423,838
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 
        < 2013年度累計確定損益   -  683,399円 >  
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2013年12月度確定損益 +   804,498   + 10,669,086  
2013年11月度確定損益 +   843,818   +  9,864,588 
2013年10月度確定損益 +   50,145   +  9,020,770  
2013年 9月度確定損益 +   139,428   +  8,970,625  
2013年 8月度確定損益 -   68,704   +  8,762,493     
2013年 7月度確定損益 +   240,105   +  8,831,197  
   トレード・スタイル変更 ⇒ SCW手法の始動
 《 ⇒ 保険と収益のバランス型・変動予測型スプレッドの試行 》 
2013年 6月度確定損益 -   766,596   +  8,591,092    
2013年 5月度確定損益 -  3,071,149   +  9,357,688
▼《バーナンキ・ショック = 暴落レベル3.5
  取引の高速化(アルゴリズム)に伴う
  変動スピードの影響度対策の不備を衝かれる》
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - -
        < 2012年度累計確定損益 + 3,071,739円 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - -
        < 2011年度累計確定損益 + 2,818,537円 >
    ▼ <東日本大震災・原発事故 = 暴落レベル3>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - -
       < 2010年度累計確定損益  + 824,329円 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - -
< 2009年6月~2009年12月 (7ヶ月分) + 4,536,565 > 
    手法の切替(ショート・ストラングル ⇒ カレンダー系)
        専業開始時の実質手持ち資金=-260万円 
-----------------------------------------------------------------------
  < 2009年3月~2009年5月 (3ヶ月分) - 8,736,240 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分) + 4,002,437 >
   ▼ <リーマン・ショック = 暴落レベル6>
   手法(ショート・ストラングル) 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  初期資金=証拠金 5,000,000円
-----------------------
2016年07月29日(金)期近SQ前3週


今回の日銀の追加緩和政策について市場から聞こえてくるのは、『小粒な緩和策だ』、『期待外れ』、などといった失望のつぶやきが多いようです。

 先回のマイナス金利導入についで今回も、追加緩和政策の効力の無さが示されたにも関わらず、金融緩和への期待感が根強いことに、驚きと危惧をさえ感じさせられます。
 更にその期待の実行を日銀に促す圧力をかける事態に至っては、・ ・ 。
 そして更に、日銀がその独立性と独自の政策の考えや実施を半ば放棄しているかに見える事態については、深く考えさせられるものがあります。

つづく)

 そもそも

 なぜ今ごろになってもまだ、日銀に追加緩和を期待するのか?
 
 そうした政府の意図は、景気の先行きを良く見せるための
 近視眼的な株高効果への期待だろうし。

 そうした投資家たちの思惑は、英国などの緩和期待で株高が演じられているのを
 近視眼的に横目で見ての株高効果への勝手な期待感覚だろうかと、
 思われますが。

 緩和余地のまだ残されている国と、余地の無い国の緩和効果の違いくらいは、
 明確に把握しておくべきで。

 安直に期待感を煽るべきでもなければ、軽々しくそれに乗るべきでもなく、また無検討無判断でその期待感を抱くことは慎むべきではないだろうかと思われます。

 話しは、方向が変わりますが、

 政治家や役所の担当者には任期という期限があり、限られた責任の中での政策の決定、およびその実行であり、
 立場上、自分の判断の修正が柔軟にできない、素直に自分の判断の過ちを認めることができない、という欠陥を持っています。

 トレーダーが同じように、そのときの状況判断を、状況の変化に合わせて俊敏に変えることにためらいが生じるとしたら、・・それはトレーダーとしての資質が疑われることであり、大事な自分と家族の資金を失う結果にもなりかねません。

 政治家の判断と発言は、たまたまうまく時流に乗るときもあれば、時流から外れるときもあるわけです。
 それが国家の先行きに多大な影響を与え、われわれの生活にも影響を及ぼすことは、まことに考えさせられる問題ですが。

 それはさておき、
 トレーダーは、虚飾に虚飾を重ねるしかない政治家の虚言と実相を読み解きながらも、
 経済と株価、為替などの現実と先行きを見ていかなければならないわけで、

 殊に、昨年あたりからでしょうか、政治経済情勢が市場の動向に占める影響度が増して、
 氾濫する情報の大海の中でのトレードは、より困難さを増している事情が伺われるような気がしてなりません。

 私も精一杯、がんばる心づもりですが、
 みなさま方のトレードも幸運に恵まれますようにとお祈りします。

 暑さも厳しくなってきましたが、暑中お見舞い申し上げます。




--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/29 ;  25.39%  16,610円 +200  104円
16/ 07/28 ;  32.43%  16,410円 ▼300  105円
16/ 07/27 ;  31.41%  16,710円 +370  105円
16/ 07/26 ;  31.21%  16,340円 ▼270  105円
16/ 07/25 ;  29.79%  16,610円 ▼ 20   106円
16/ 07/22 ;  29.08%  16,630円 ▼180  106円
16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)

日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(安値) 16/07/21~07/21  107円
為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,000
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,200
 上方レジスタンス目処;(1)16,950
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 70%

 08月01日(月)確定損益    +    8,852
 07月29日(金)確定損益    +    2,561
 07月28日(木)確定損益    ±       0
 07月27日(水)確定損益    +    30,880
 07月26日(火)確定損益    +    62,872
 07月25日(月)確定損益    +    10,571
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
07月11日(月)確定損益     +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度確定損益(累計)    +   837,169
2016年07月28日(木)期近SQ前3週


何も今頃、小出しに経済政策をアナウンスする意図はなんでしょうか?
その気持ちは、焦りでしょう。

何も語らずに黙している方が、数段ー賢明と思われます。

1,5万円を毎月ですか? もし毎月であったとしても、-ほとんどがタンス預金となるだけです。

一般国民と政策期待値がズレているとしたら、
ぺらぺら話さない方が、まだ、期待度が保てるというものです。

我々の期待度の水準ですか?
真水が少な過ぎて、それも複数年度に及ぶ規模だけ膨らませて見せても、
それで、・・・国民の知的レベルなら目くらましできる、と踏んだのでしょうか?

期限付き商品券なら、毎年20万円ー全国民へ、少なくとも2年か3年。
このくらいなら、消費を刺激できる可能性はありそうですが。

日銀も、ここでまた、まったく不要な時期に、緩和策の追加でしょうか?

勝手に期待した向きには、勝手に外れてもらえば良い、のではないかと考えますが。

せっかくなので、我々素人受けのするリップサービスでも期待しておきます。


--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/28 ;  32.43%  16,410円 ▼300  105円
16/ 07/27 ;  31.41%  16,710円 +370  105円
16/ 07/26 ;  31.21%  16,340円 ▼270  105円
16/ 07/25 ;  29.79%  16,610円 ▼ 20   106円
16/ 07/22 ;  29.08%  16,630円 ▼180  106円
16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)

日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(安値) 16/07/21~07/21  107円
為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,000
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,200
 上方レジスタンス目処;(1)16,950
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 77%
                  下向 77%

 07月29日(金)確定損益    +    2,561
 07月28日(木)確定損益    ±       0
 07月27日(水)確定損益    +    30,880
 07月26日(火)確定損益    +    62,872
 07月25日(月)確定損益    +    10,571
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
07月11日(月)確定損益     +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   837,169
2016年07月27日(水)期近SQ前3週


 最近のイベントに対する為替と株価の反応が激しいので、

 用心しておくべきところと考えています。

 『動き待ち』ということで。

 
 やはり、日本の経済の行き先について責任ある処方を考えている、
 というよりも、
 やはり、見栄えを限りなく良くして、
 この局面を重点的に乗り切ろう、
 市場の良い反応を期待して
 ここは、かわしてゆこう。

 そのようにしか、為政者の姿勢が見えてこないのが、
 私の皮肉っぽい性格のせいであれば、
 どんなにか良いだろうに、と思われるのですが。

--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/27 ;  31.41%  16,710円 +370  105円
16/ 07/26 ;  31.21%  16,340円 ▼270  105円
16/ 07/25 ;  29.79%  16,610円 ▼ 20   106円
16/ 07/22 ;  29.08%  16,630円 ▼180  106円
16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)

日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,900
 上方レジスタンス目処;(2)17,600
 上方レジスタンス目処;(1)17,250
 下方レジスタンス目処;(1)16,200
 下方レジスタンス目処;(2)15,800
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 77%
                  下向 77%

 07月28日(木)確定損益    ±       0
 07月27日(水)確定損益    +    30,880
 07月26日(火)確定損益    +    62,872
 07月25日(月)確定損益    +    10,571
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   834,608
2016年07月26日(火)期近SQ前3週




 
--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/26 ;  31.21%  16,340円 ▼270  105円
16/ 07/25 ;  29.79%  16,610円 ▼ 20   106円
16/ 07/22 ;  29.08%  16,630円 ▼180  106円
16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)

日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 75%

 07月27日(水)確定損益    +    30,880
 07月26日(火)確定損益    +    62,872
 07月25日(月)確定損益    +    10,571
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   834,608
2016年07月25日(月)期近SQ前3週


 26,27日がFOMC、28,29日が、日銀の政策決定会合です。

 常識的に考えると、新規に政策・奇策が出る状況ではありませんが、

 相場を動かさないと仕事ができない方々もいらっしゃるようで、

 上下に揺さぶりもあり得るものと、用心しておくところでしょうか。

 私は明朝に私用もあるために、プットの売り玉を少し整理しておきました。

 何にしても、期待先行で舞い上げられている株価であり、為替です。

 
 オプションも清算期日が迫る中での限定取引とはいえ、

 プレミアム(オプション価格)の変動に激しさがあります。

 できれば、今回は上に、とは思っているのですが、

 自分の思惑で決めるわけにはいかないので、

 『動き待ち』の構えでいることにします。

 
--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/25 ;  29.79%  16,610円 ▼ 20   106円
16/ 07/22 ;  29.08%  16,630円 ▼180  106円
16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)

日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 72%
                  下向 72%

 07月26日(火)確定損益    +    62,872
 07月25日(月)確定損益    +    10,571
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   803,728
2016年07月22日(金)期近SQ前4週
 

なぜ、ヘリコプターマネー、永久国債までがまことしやかに喧伝されるに至ったのか。

おそらくは、日銀の金融緩和が限界に達しつつある、という危惧がここに来て一般的に、明らかになってきたからなのでしょう。

やはり我々としては、日銀・政府のコントロールが効かなくなる事態もそれほど遠くない将来に想定しておくべき一つのシナリオかも知れません。


『法律で禁じられている』とは、制御不能となる懸念について、財政法第5条に<国債の市中消化の原則>が定められている通りですが。

過去の歴史では、明治初期の戦費調達の為の紙幣増発。-その結果は悪性インフレに苛まれることになりました。
第一次世界大戦後の独の賠償金支払いのための紙幣増発。-これも悪性インフレを誘発しナチス台頭へと向かいました。<

ヘリコプターマネーの実現性うんぬんよりも、このような極論が普通に語られるようになった日本の金融政策の出口無き窮状についてこそ、冷静に考えを巡らせておくべき事と思われます。


経済対策の『真水』 とは、

GDPの値を直接増やすことが出来る対策の数値を測ることが出来る概念のこと。経済に影響を与える政策はいくつか存在するが、その政策の全てがGDPに対して直接影響を与える訳ではない。企業の利益が増加しても、実際に個人が使う消費量がそのまま低迷なら、GDPの値を増やすことが出来る対策とは言えない。そのため、こうした値を正確に測ることが出来る真水という概念が大切。(証券用語集ー東海東京証券)

過去の大規模な例は2009年4月の麻生太郎政権時代の経済危機対策。真水13兆9千億円に対し、事業規模は56兆8千億円程度に膨らんだ。<

政府の経済対策を発表は、「事業規模10兆円」などとその対策全体が示される。全額が経済成長率の押し上げに直接効果はない。
「GDP(付加価値)を直接増やす効果のある対策」を測る概念のことを「真水」と呼ぶ。(野村證券)

国の経済対策の内、政府が直接負担する財政支出の事。公共投資・減税など、同年度の経済成長率を直接押し上げる要素となるものを指す。
中小企業の資金繰り支援などの経済対策は、実際に支出されるか不明、公共事業の用地取得費などは付加価値を新規創出しない。 貯蓄に回る分は真水とはいえない。 <

予算編成は、2016~18年度の3年間の歳出の伸びを1.6兆円に抑制する方針があり、実際、2016年度は0.5兆円強にされた。
このままなら、2017年度の本予算は、1.5兆円程度の緊縮になるだろう。
結局、今回の補正で1.5兆円緩和しても、本予算で1.5兆円締め、差し引きは変わらない。

2016年度は、国・地方・年金を通じて、5.8兆円の緊縮財政になっているという。昨年末には景気の停滞は明らかだったが、
GDP比で1%を超える緊縮をしておいて、今度は緩めようというのだから、
経済対策は、エンジンを吹かすと言うより、ブレーキを緩めるもの。


以上、引用文などを紹介してみましたが、

 真水が1兆円しか捻出できないーという議論から、やっと3兆円になったのが、
今回の経済対策の中身であり、限界と考えるべきところでしょうか。

 相変わらず、アナウンス効果を最大限に利用する意図がミエミエな点が残念ではありますが、
我々にとっては、これが現実と受け止めるしかなさそうです。

(中略)










--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/22 ;  29.08%  16,630円 ▼180  106円
16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)

日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 68%

 07月25日(月)確定損益    +    10,571
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   740,856
2016年07月21日(木)期近SQ前4週


☆  日銀の黒田東彦総裁は21日、英国放送協会(BBC)ラジオ番組で、財政支出を日銀が直接手当てするヘリコプターマネー政策について「必要性も可能性もない」とし、大型の経済対策にあわせて同様の政策を実施するとの市場の一部観測を否定した

夜間取引では、このニュースで日本市場で約1円幅の円高と一時300円超の株価下落が齎されたという説明が某証券会社で報じられました。

☆ 「経済対策は20兆円」

政府が新たにまとめる経済対策の事業規模を20兆円超で調整していることが分かった。
当初は10兆円超の見込みだったが、倍増させる。

事業規模20兆円超の内訳は、国・地方の追加の財政支出が3兆円超▽国が低利で民間事業に長期融資などを行う
財政投融資が最大6兆円程度▽国の補助を受けて民間企業が行う事業が6兆円程度▽
財政投融資とは別に政府系金融機関が手がける融資が5兆円程度--となる見込み。

複数年度にまたがる民間事業を含めることで見かけ上の規模を大きくする。
追加の財政支出の財源は、建設国債(使途を公共事業などに限る国債)を1兆円超発行するほか、
低金利に伴う国債の利払い費の減少分などで賄う方針だ。

追加の財政支出はインフラ整備が主体となり、訪日客拡大に向けた地方の港湾整備や、農産物の輸出拠点設置などを行う。
財政投融資はリニア中央新幹線の大阪延伸前倒しに約3兆円、整備新幹線の建設に約8000億円を充てる。
英国のEU離脱に伴う金融市場の混乱を防ぐため、政府系金融機関を通じた民間企業へのドル資金融資も行う。(毎日新聞)


 市場は、どう反応していくものでしょうか?

 今日もボラティリティは高まり、オプション・プレミアムも日中は上へ夜間は下へと変動幅がありました。

 それも、そろそろ落ち着いてきそうな気配です。

 オプション時間も、来週は期近SQ前3週に入ります。

 

--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/21 ;  29.64%  16,810円 +120  107円
16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%
 
 07月22日(金)確定損益    -    21,469
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   730,285
2016年07月21日(木)期近SQ前4週

速報

  月内にも取りまとめられる経済対策への党内論議が始まっているようです。
 20兆円(真水15兆円) など、など、・・・。

 本気度と実現度など、不透明ではありますが、
 気をつけて、相場を見ていくに越したことはありません。


追記

 すでにニュースに出ているので、引用しておきます。
 日経新聞
 自民党は19日、政府が月内にもとりまとめる経済対策に向け党内議論を始めた。国土強靱(きょうじん)化総合調査会では、会長の二階俊博総務会長が国による直接の財政支出を示す「真水」に触れて「真水の確保が何より大事だ」と強調。講師として招いた藤井聡内閣官房参与は真水で15兆円、財政投融資で5兆円の計20兆円規模を唱え、出席者から賛同する声が相次いだ。

 財務金融部会でも「需給ギャップをしっかり埋める対策が必要だ」と大規模な財政出動を求める意見が出た。


 3年間ー実行できなかった現実経済へのダメージの蓄積は、当然残っています。
 ただ、市場は勢いで動く場なので、侮ることもできません。

目先の踏み上げには、いちおう、身構えておくところでしょうか。


2016年07月20日(水)期近SQ前4週


 金融政策への期待感とその他市場環境の変化を反映して、
 世界の株価は反騰し、日経225は 7月19日には17000円を伺うあたりまで達しました。

 トレードとしては、ようやくオプションのコールの売りスプレッドを建てたことと、プットを売り玉のロールアップなどで少し拡充したことなどです。
 少なくとも何日かは値動きも落ち着くだろうと見込んだわけですが。

 期近はSQ前4週も半ばへと差し掛かり、このあたりで時間価値の減少を待ちたいところです。

 来週には日銀の金融政策会合が開かれますが、期待だけで何もしないうちに、株価は勝手にここまで持ち上げられて来ています。
 まさか、ついでに、あるいは追撃とばかりに、見境いもなく緩和砲をぶっ放す愚行はしないだろうと推測しています。

 あまりのタイミングの悪さに、市場が上へ行くと見せかけての急落という演出を再現し、日本の中央銀行の信用だけでなく数少ない次の一手まで、ここで手放すことは、よもやあるまいとの推測です。

次の一手の実際の効き目はともかくとして、あの人は何を仕出かすか分からない、という異様な雰囲気と期待感だけは市場へ漂わせておくの手ではなかろうかと考えています。




--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/20 ;  27.51%  16,690円 ▼ 30   106円
16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円

三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%
 
 07月21日(木)確定損益    +    40,614
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   751,754
2016年07月19日(火)期近SQ前4週



--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/19 ;  28.35%  16,720円 +160  106円
16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)15,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%
 
 07月20日(水)確定損益    -    4,864
 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   711,140
2016年07月15日(金)期近SQ前5週


 英国も新首相の指導のもとでEU離脱へ実現への道を進み始めたようです。
 その経済的なダメージ、政情の混迷は欧州域に留まらず、世界各地へとその影響を広めているような有様です。
各地で発生するテロ、トルコのクーデター未遂事件まで起こりました。

 そうした先行きの見えてこない世界の経済・政治の不穏な状況を置き去りにして、
 世界の株価は一転、戻り歩調を強めつつあり、NY株だけでなく英国株までもが今年の高値を抜いてきました。

 明らかに、緩和バブルの延長戦に世界の株式は入ったのではないかと思われるほどです。
どこかで崩れる危惧を内包しての上昇で、あきらかに。

 オプション期近は、ようやく今週からSQ前4週入りとなりました。
 リスクの幅を取りながら、時間価値を搾り取っていく戦略は、
 嵌りやすい時期ではないかと思われます。

 一方向に賭ける取引から目を転じて、
勝負をしないで、負けないトレードができる
 オプション取引を身に付ける季節ではないでしょうか。



--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/15 ;  24.14%  16,560円 +160  106円
16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,500
 8月限SQ予想値 ; 16,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)14,900
 下方レジスタンス目処;(3)13,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 80%
                  下向 70%

 07月19日(火)確定損益    -   179,712
 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   716,004
2016年07月14日(木)期近SQ前5週


 動いている時期なので、

 オプション売りスタンスとしては、
 無理をしないこと。

 念のために、
 おそらくは、いつものように
 杞憂で、
 
 どうということの無いほどのFOTMのコール売りスプレッドでしたが、
 期先なので、念のために
 外しておきました。(=損切り)

--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/14 ;  24.09%  16,400円 +170  105円
16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~18,200
 8月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,600
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)14,900
 下方レジスタンス目処;(3)13,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%

 07月15日(金)確定損益    +   848,775
 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   895,716
2016年07月13日(水)期近SQ前5週


 値動きに不穏さが感じられ、メイン建て玉をいったん、
手仕舞いしました。

金融緩和バブルの最後の崖登りのような危うさはありますが、
 短期的な動きを重視したことになります。

 NY株が高値を抜けてきたことも無視はできません。
 金融政策が機敏であり、ほど良くコントロールされているのかもー今のところは。
 
 世界(および国内)経済の停滞を判断して、早急な金利上げを行わない方針のようで。
 中国、新興国にとっても一息つける状況です。

 ここまで、リスクオフしてきて、底抜けしなかったこと。

 余剰投機資金の還流もリスクとして、捉えておかなければならないこと。などなど。


--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/13 ;  25.52%  16,230円 + 80   104円
16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,700~17,000
 8月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,500
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)14,900
 下方レジスタンス目処;(3)13,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%

 07月14日(木)確定損益    -    90,433
 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +    46,941

2016年07月12日(火)期近SQ前5週


煽られる方もどうかとは思いますが、

 株価を煽り、見せ掛けの景気浮揚の演出は、いただけないお話しです。

 しばらくは、こんなものでしょうか。

何もしないよりは、何かした方が良いに決まっていますが。

・ ・ ・ ・ ・

これで、アベノミクスが信任されたと思われては困ります。

 わたしの一票、-苦渋の選択の一票もあったということを、忘れないでいていただきたいと願うところです。

 自己の(過去の)過ちを率直に認め、ただちに変革できるのが人の上に立つ、というか先頭に立つ人の資質ではないでしょうか。

 一見、うまく回っているように見えるときこそ、気を引き締めて、

 半年後、一年後を見据えて、地に足の着いた施政を進めていただきたいものです。

 

--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/12 ;  25.86%  16,150円 +440  103円
16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,700~17,000
 8月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,500
 上方レジスタンス目処;(2)17,250
 上方レジスタンス目処;(1)16,850
 下方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(2)14,900
 下方レジスタンス目処;(3)13,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%

 07月13日(水)確定損益    -    89,371
 07月12日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   137,374


 
2016年07月11日(月)期近SQ前5週


 深夜です。

 1日半で、およそ千円、上昇したでしょうか?
 為替までもが、つられて102円後半へと!

 「国民の信任を得た安倍晋三首相が景気刺激のための補正予算を組みやすい環境が整った」(M証券広木CS)との期待が市場で高まっている。・ ・ ・ と。

 選挙に勝つと、『信任された』と政治家は自信を持つものです。
 何の要因で、やや国民投票が偏った結果となったのか。
 できるものなら、冷静な目をもって、選挙結果と現状の経済の分析をして、
 自らの施政を正す方向へと、自信の矛先を向けていただきたいものと願うところですが。

 それにしても、ここまで来て、-追い詰められた経済政策状況としか見えませんが、- 何ができる、というのでしょうか?
 また、どこまで何をする、というのでしょうか?

 見えていないのは、私だけでしょうか。

この市場の反応は異様であり、じゅうぶんに注意すべきところとしか思えませんが。



--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/11 ;  25.00%  15,710円 +590  101円
16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,700~17,000
 8月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,000
 上方レジスタンス目処;(2)16,400
 上方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,900
 下方レジスタンス目処;(2)14,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 75%
 
 07月05日(火)確定損益    +    36,084
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   223,745
2016年7月10日 週足


(GC社公開画面より借用)

画像が横にはみ出していますが、縮小が不鮮明となり無理があるので、このままにしておきます。
ご覧になりたい方がいらっしゃいましたら、お手数ですが
画像のクリックをお願いします。

引きつづき中長期的に、株を買って良い時期ではないと考えています。

2016年07月08日(金)期近SQ週


Brexitをキッカケとした英国の不動産ファンド解約停止措置は、7社にまで広がりを見せてきました。
この影響は、いずれ他国にまで及ぶであろうことは想定しておくべき時期かも知れません。

振り返ってみると、
2008年に有名な『リーマンショック』がありました。
記憶に新しい一例であり、金融危機が世界を襲い、株式市場の大暴落が引き起こされました。

今回の英国での騒動は、そのリーマンショックのおよそ1年ほど前の2007年8月に発生したサブプライムローン関連の証券化リスク(=パリバ・ショック)をキッカケとした金融混乱を想起させるものがあります。

そして、その時期と重ね合わせた大暴落危機を危惧する見方も、ここに来て増えてきたような気がします。

今からおよそ10年前のリーマンショックは、フランスのBNPパリバ傘下のミューチュアル・ファンドの償還凍結措置によるリスクの顕在化が発端でした。
その金融不安はその後いったん沈静化するかに見えましたが、一定の期間が経過した後に世界的規模で激震が到来した、という貴重な経験を残した大暴落となりました。

その時の『リスク顕在から暴落』までの時間の推移について、(歴史はくり返すとよく言われますが)今回も、考えさせられるものがあります。

くり返すとはいっても、同じような経過を辿るとは限らず、
日々、慎重にその兆候の推移を追っていきたいものと考えています。

10年の間に、我々は比較的小規模もしくは中規模な暴落をいくつか経験してきましたが、
その暴落の様態、動きに一つとして同じものはなく、
時間経緯についてもそれぞれに間隔にも勢いにも違いがあるからです。

下落がゆるやかに続けば、それだけ期間も長くかかることになりそうで。

あるいは、小規模な暴落をいくつか引き起こしながら、その果てに大暴落がやってくる、もしくは徐々に下押していくだけの道筋も考えられるわけで、・ ・ 。


ともかく、不安心理が不安心理を呼ぶ局面は、遠からずやってきそうな気配が肌で感じられる昨今です。

そのような事態となった場合には、日経225は決済売りに伴う円高が重なるだけに、世界の中でも最もパフォーマンスの上昇が期待される市場となりそうな予感があります。



--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/08 ;  25.64%  15,120円 ▼140  100円
16/ 07/07 ;  26.76%  15,260円 ▼ 60   101円
16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/08~07/08  100円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,700~17,000
 8月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,000
 上方レジスタンス目処;(2)16,400
 上方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,900
 下方レジスタンス目処;(2)14,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,900

想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 75%
 
 07月11日(月)確定損益    +    4,146
 07月08日(金)確定損益    +    22,464
 07月07日(木)確定損益    -    2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   187,661
2016年07月06日(水)期近SQ週



イレギュラーな激しい動きに翻弄されている相場です。

オプションは、縮小ぎみにして、様子を見るところでしょう。



--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/06 ;  26.65%  15,280円 ▼320  101円
16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/07/06~07/06  101円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,900~17,000
 7月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,000
 上方レジスタンス目処;(2)16,400
 上方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,900
 下方レジスタンス目処;(2)14,500
 下方レジスタンス目処;(3)14,000

想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 67%

 07月07日(木)確定損益    -     2,798
 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   161,051
2016年07月05日(火)期近SQ週


ボラティリティが低下してきてホッとする間もなく、

日経225は円高ー株安の進行ですね。

オプション売り玉をやや抑制しましたが、

不穏な世界情勢がつづく中でのガラ(崩れ)は、

じゅうぶん予測すべきことではあっても

時期的に早過ぎる気もして

無理なトレードの動きは避けたいところです。


--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/05 ;  22.44%  15,600円 ▼160  103円
16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/06/24~06/29  102円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 14,900~17,000
 7月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,000
 上方レジスタンス目処;(2)16,400
 上方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(1)15,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,900
 下方レジスタンス目処;(3)14,000

想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 67%

 07月06日(水)確定損益    ±       0
 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   163,849
2016年07月04日(月)期近SQ週


離脱ショックもとりあえず緩和、吸収されつつあり、相場が落ち着いてきました。
早くも夏枯れ相場入り、といった様相です。

買い玉も整理が進み、今後に予想される追撃売り玉の整理が株価の下値を支えそうです。

当面、15000割れは、2月につづく2番底となりそうな様子です。


--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/04 ;  22.86%  15,760円 + 90   103円
16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/06/24~06/29  102円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 14,900~17,000
 7月限SQ予想値 ; 15,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,000
 上方レジスタンス目処;(2)16,400
 上方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(1)15,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,900
 下方レジスタンス目処;(3)14,000

想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 63%

 07月05日(火)確定損益    +    46,896
 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   163,849
2016年6月末日 


  いくつもの要素が複合的に株価に変動を与えて、絶えず変遷しているものですが、

 その中でも、より深いところで経済と市場に変動を与える要素、先々までその効力を経済と市場に与える要素について、
 その変化を見つめ、追跡していきたいと願っているところです。

 月単位では、サブ・トレードとしてのオプション取引を行いながらも、
 中期、長期に視座を据えた、 メインのトレードをしっかりと、推し進めていきたいものと考えています。


 
        < 2016年度累計確定損益  +   511,496円 >

                 月次確定損益   累計確定損益  

2016年 06月度確定損益 -  344,451   + 20,055,495
▼《 英国選挙によるEU離脱決定・ショック = 暴落レベル1 》 
2016年 05月度確定損益 +  496,174   + 20,399,946 
2016年 04月度確定損益 -  159,662   + 19,903,772 
2016年 03月度確定損益 +  806,922   + 20,063,434 
2016年 02月度確定損益 -    75,799   + 19,256,512
▼《 中国経済減退その他 複合・ショック  = 暴落レベル2 》 
2016年 01月度確定損益 -   214,388   + 19,332,311
▼《 米金利政策変更その他複合・ショック  = 暴落レベル2 》 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - -

        < 2015年度累計確定損益  + 5,560,999円 >

               月次確定損益   累計確定損益  

2015年 12月度確定損益 +   875,093   + 19,546,699 
2015年 11月度確定損益 +    82,552   + 18,671,606 
2015年 10月度確定損益 +   982,272   + 18,589,054 
2015年 09月度確定損益 +  971,705   + 17,606,782
▼《 チャイナ・ショック  = 暴落レベル3 》 
2015年 08月度確定損益 +  112,670   + 16,635,077 
2015年 07月度確定損益 +   26,817   + 16,522,407
2015年 06月度確定損益 +   104,912   + 16,495,590 
2015年 05月度確定損益 +   343,911   + 16,390,678 
2015年 04月度確定損益 +   303,697   + 16,046,767 
2015年 03月度確定損益 +   612,441   + 15,743,070 
2015年 02月度確定損益 +   526,626   + 15,130,629  
2015年 01月度確定損益 +   618,303   + 14,604,003 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 
        < 2014年度累計確定損益 + 3,316,614円 >
 
               月次確定損益   累計確定損益  
 
2014年12月度確定損益 +   12,605   + 13,985,700  
2014年11月度確定損益 +   650,313   + 13,973,095  
2014年10月度確定損益 ±       0   + 13,322,782
△《日銀の量的緩和・第二弾 = 暴騰レベル4》 入院中  
2014年 9月度確定損益 +   868,958   + 13,322,782  
2014年 8月度確定損益 +   215,224   + 12,453,824   
2014年 7月度確定損益 +   204,498   + 12,238,600   
2014年 6月度確定損益 +   646,994   + 12,034,102  
2014年 5月度確定損益 +   302,324   + 11,369,108  
2014年 4月度確定損益 +   241,831   + 11,066,784 
2014年 3月度確定損益 +   67,036   + 10,824,953 
2014年 2月度確定損益 +   334,079   + 10,757,917
2014年 1月度確定損益 -   245,248   + 10,423,838
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
 
        < 2013年度累計確定損益   -  683,399円 >  
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2013年12月度確定損益 +   804,498   + 10,669,086  
2013年11月度確定損益 +   843,818   +  9,864,588 
2013年10月度確定損益 +   50,145   +  9,020,770  
2013年 9月度確定損益 +   139,428   +  8,970,625  
2013年 8月度確定損益 -   68,704   +  8,762,493     
2013年 7月度確定損益 +   240,105   +  8,831,197  
   トレード・スタイル変更 ⇒ SCW手法の始動
 《 ⇒ 保険と収益のバランス型・変動予測型スプレッドの試行 》 
2013年 6月度確定損益 -   766,596   +  8,591,092    
2013年 5月度確定損益 -  3,071,149   +  9,357,688
▼《バーナンキ・ショック = 暴落レベル3.5
  取引の高速化(アルゴリズム)に伴う
  変動スピードの影響度対策の不備を衝かれる》
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - -
        < 2012年度累計確定損益 + 3,071,739円 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - -
        < 2011年度累計確定損益 + 2,818,537円 >
    ▼ <東日本大震災・原発事故 = 暴落レベル3>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - -
       < 2010年度累計確定損益  + 824,329円 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - -
< 2009年6月~2009年12月 (7ヶ月分) + 4,536,565 > 
    手法の切替(ショート・ストラングル ⇒ カレンダー系)
        専業開始時の実質手持ち資金=-260万円 
-----------------------------------------------------------------------
  < 2009年3月~2009年5月 (3ヶ月分) - 8,736,240 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分) + 4,002,437 >
   ▼ <リーマン・ショック = 暴落レベル6>
   手法(ショート・ストラングル) 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  初期資金=証拠金 5,000,000円
-----------------------
2016年07月01日(金)期近SQ前2週



○ 総務省が1日発表した5月の全国消費者物価指数は、値動きの大きな生鮮食品を除く総合が103.0と、前年同月に比べ0.4%下落した。下落は3カ月連続で下落幅は2013年4月以来の大きさ。(7/1日経速報記事より)

○ 英国による欧州連合(EU)離脱問題と円高圧力を受け、市場では日銀の追加緩和への期待感が広がっている。景気のもたつきで物価が一段と上昇しづらくなっているためだ。。(7/2日経速報記事より)
 
 
 緩和期待?
  実態経済と市場の状況を見るときに、
 これ以上、緩和を追加して何を期待する、というのでしょうか?

 薬剤の抗生物質にしても、菌は耐性を身に付けて自己保全を図り、より強力な変性菌となって居座るものです。

 <この先も日銀が追加緩和さえすれば、⇒円安 ?⇒株価上昇 ?>

 この図式、既成化された概念がこの先も効力を発揮するという、願望、虚想 妄想、・ ・ 。

 あるいは何かしらの意図を持った扇動、誘導、・ ・ 。

 考えの無い、変化に対応しない通念として使用しただけの言葉。

自分の投資資金に責任を持つトレーダーとしては、
緩和政策の効力の限界と日本及び世界経済の現状を、
 冷静に見極める判断こそが必要と言えそうです。


--------------------- ---
日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)
                         (平均値&四捨五入)

16/ 07/01 ;  22.07%  15,670円 +160  103円
16/ 06/30 ;  26.17%  15,510円 ▼ 60   103円
16/ 06/29 ;  26.77%  15,570円 +270  102円
16/ 06/28 ;  32.03%  15,300円 ▼ 60   102円
16/ 06/27 ;  37.24%  15,360円 +410  102円
16/ 06/24 ;  46.15%  14,950円 ▼1220 103円
16/ 06/23 ;  37.56%  16,170円 +230  105円

16/ 04/01 ;  27.07%  16,180円 ▼580   112円
16/ 02/01 ;  30.69%  17,870円 +230   121円


日経平均基準IV高値16/ 06/24 ; 46.15 (日経225先物14,950)
日経平均基準IV安値16/ 02/25 ; 18.75 (日経225先物16,870)
日経平均基準IV高値16/ 02/12 ; 51.06 (日経225先物14,800)
日経平均基準IV安値16/ 02/02 ; 26.03 (日経225先物17,780)
日経平均基準IV高値16/ 01/21 ; 44.72 (日経225先物16,000) 
日経平均基準IV安値15/12/30 ; 15.16 (日経225先物19,000)
日経平均基準IV高値15/ 08/25 ; 48.55 (日経225先物17,670)    
日経平均基準IV安値14/07/25 ; 11.07 (日経225先物15,450)   
日経平均基準IV高値14/02/04 ; 32.98  (日経225先物13,920)


日経225先物(安値) 16/ 06/24 ;  14,950
日経225先物(高値) 16/ 04/25 ;  17,630
日経225先物(安値) 16/ 02/12 ;  14,800
日経225先物(高値) 16/ 02/01 ;  17,870
日経225先物(安値) 16/ 01/21 ;  16,000
日経225先物(高値) 15/ 08/10 ;  20,790
日経225先物(高値) 15/ 07/21 ;  20,840  
日経225先物(高値) 15/ 06/23 ;  20,830

為替ドル円(高値) 16/06/24~06/29  102円
為替ドル円(安値) 16/01/30~02/01  121円
為替ドル円(高値) 16/01/07~01/21  117円
為替ドル円(安値) 15/11/09~12/08  123円


三ヶ月オプションレンジカーブc : 13,250~17,000
 7月限SQ予想値 ; 15,250
 
 上方レジスタンス目処;(3)17,000
 上方レジスタンス目処;(2)16,800
 上方レジスタンス目処;(1)16,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,700

想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 70%


 07月04日(月)確定損益    +    17,624
 07月01日(金)確定損益    +    99,329


 07月度暫定損益(累計)    +   116,953