FC2ブログ
2015年6月09(火)7月限SQ前5週


値幅をともなう下落は、じつに、しばらくぶりのような気がします。

相場も元気でやってるんだなあと、それなりに、安心する気分がするのは、
不思議なことです。


特に、目新しい材料に反応したわけでもなく、
下落は、レベル1からレベル2の域に収まるものと思われますが。

ただ、われわれが相手にしているのは、『相場』であり、相場を振動させるのは、市場参加者のセンチメント(心理状況)なので、
たとえ世界経済の基盤を揺るがすには遠い材料としても、短期的な過剰反応、行き過ぎには、必要な最低限の備えをしておくことは賢明です。

テクニカルの悪化、小転換をきっかけとする売りものが増える時期でもあります。
これまでの相場がたいへん窮屈な変動だった故に、行過ぎることも念頭に置いて、
上値が閊える調整期間と認識すべきところでしょう。

トレードは、常日頃よりもやや過剰な建て玉だったので、
減らしつつ、買い玉の部分的ロールもついでとばかりに、
施したところです。

 
--------------------- ---
日経平均基準IV値 06/09 ; 18.08 日経225先物20,050 
日経平均基準IV値 06/08 ; 15.71 日経225先物20,450 
日経平均基準IV値 06/05 ; 15.69 日経225先物20,460
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)

 7月限SQ(7/10)オプションレンジカーブc:18,600~22,000
 7月限SQ(7/10)予想値 : 20,950
 
 上方レジスタンス目処;(3)21,000
 上方レジスタンス目処;(2)20,800
 上方レジスタンス目処;(1)20,250
 下方レジスタンス目処;(1)20,000
 下方レジスタンス目処;(2)19,300
 下方レジスタンス目処;(3)19,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 65%
                  下向 85%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約120枚 売り玉;約60枚 (6月09日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 20 % 
 証拠金変動率カーブ(定点測定値による)   
  上向  +350円 ⇒ %+500円 ⇒ %
  下向  -350円 ⇒ %-500円 ⇒ % 

 06月10日(水)確定損益    +  40,751
  06月09日(火)確定損益    -   1,004
  06月08日(月)確定損益    -   1,128
 06月05日(金)確定損益    -  33,728
 06月04日(木)確定損益    +  12,624  
 06月03日(水)確定損益    -  45,160  
 06月02日(火)確定損益    + 134,224
 06月01日(月)確定損益    +   3,568


  6月度暫定損益(累計)    +  110,147

- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    +  62,452》
スポンサーサイト