2015年3月末日 
 

 生死の岐路に、立たされたときに、自分の力では如何ともしがたい運と不運の巡り合わせのようなものがあることを、この歳になって、ひしひしと知らされる思いがいたします。

 幾多の隘路に迷い込みながら、この地点にまで、生き延びて来ることができた軌跡を、どう捉えたものかと思案に暮れる月末のひととき、・ ・ 。

 ひととき、という時間があるかないか分からぬままに、めくられて次の月を迎える、そして、・ ・ 。 いつの日か、・ ・ 。

 時間は止まる、のでありましょう。


        < 2015年度累計確定損益  + 1,757,370円 >
 
               月次確定損益   累計確定損益  

2015年 3月度確定損益 +   612,441   + 15,743,070 
2015年 2月度確定損益 +   526,626   + 15,130,629  
2015年 1月度確定損益 +   618,303   + 14,604,003 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 
        < 2014年度累計確定損益 + 3,316,614円 >
 
               月次確定損益   累計確定損益  
 
2014年12月度確定損益 +   12,605   + 13,985,700  
2014年11月度確定損益 +   650,313   + 13,973,095  
2014年10月度確定損益 ±        0   + 13,322,782
     (肺炎、複数臓器炎症による入院治療、通院加療)   
2014年 9月度確定損益 +   868,958   + 13,322,782  
2014年 8月度確定損益 +   215,224   + 12,453,824   
2014年 7月度確定損益 +   204,498   + 12,238,600   
2014年 6月度確定損益 +   646,994   + 12,034,102  
2014年 5月度確定損益 +   302,324   + 11,369,108  
2014年 4月度確定損益 +   241,831   + 11,066,784 
2014年 3月度確定損益 +   67,036   + 10,824,953 
2014年 2月度確定損益 +   334,079   + 10,757,917
2014年 1月度確定損益 -   245,248   + 10,423,838
             (入院・手術 ← コレハ、イイワケ)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
        < 2013年度累計確定損益   -  683,399円 >  
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2013年12月度確定損益 +   804,498   + 10,669,086  
2013年11月度確定損益 +   843,818   +  9,864,588 
2013年10月度確定損益 +   50,145   +  9,020,770  
2013年 9月度確定損益 +   139,428   +  8,970,625  
2013年 8月度確定損益 -   68,704   +  8,762,493     
2013年 7月度確定損益 +   240,105   +  8,831,197  
   トレード手法の弱点改善策の模索
   トレード・スタイル変更への試行錯誤 
 《 ⇒ 保険の充実、変動予測型スプレッドの試行、
  損切り逆指値の徹底 》 
2013年 6月度確定損益 -   766,596   +  8,591,092    
2013年 5月度確定損益 -  3,071,149   +  9,357,688
▼《バーナンキ・ショック = 取引の高速化(アルゴリズム)に伴う
  変動スピードの影響度対策の後手の不備を衝かれる》
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
 
        < 2012年度累計確定損益 + 3,071,739円 >
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2012年12月度確定損益 +   15,962   + 11,283,781
2012年11月度確定損益 +   397,088   + 11,267,819
2012年10月度確定損益 +   317,762   + 10,870,731
2012年 9月度確定損益 +   462,385   + 10,552,969
2012年 8月度確定損益 -   299,734   + 10,090,584
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 
 ▼<ギリシャ危機・市場混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


        < 2011年度累計確定損益 + 2,818,537円 >
 
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
《 証拠金の軽減と前月と次月の利益分が加算されたこと、
  トレンド追随のロール(玉転がし)がたまたま当った結果。
  ロールは値動きの後追いであって、
  けっして頻用できる手法とはいえないです 》
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510
 ▼ <東日本大震災・原発事故>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 
         < 2010年度累計確定損益  + 824,329円 >
 
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    +  4,086,826
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +  5,633,578
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  6,041,608
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  6,301,968
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  6,788,593
2010年 4月度確定損益 -   729,063    +  4,430,982
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +  5,160,045
2010年 2月度確定損益 +   464,748    +  3,993,422
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    +  3,528,674
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

IVは低下してきていましたが、まだカレンダー系の手法が有効な時期でした。 
 
   < 2009年6月~12月累計確定損益(半年分) + 5,136,565円 >
 
  資金は少ないですが、建て玉が過剰なので、損益の振幅が異常な時期がつづきます。
  カレンダー系トレードは順調でした。
 
 借金100万円完済
 
2009年 12月度確定損益 +   173,972    +  4,536,565
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    +  4,362,593
2009年 10月度確定損益 -   207,413    +  2,848,695
2009年 9月度確定損益 +   965,563    +  3,056,108
2009年 8月度確定損益 +   764,304    +  2,090,545
2009年 7月度確定損益 +   222,029    +  1,326,241
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    +  1,104,212

(6月は、残されたヘッジ買い玉をタイミング良く高値で売り抜くことができ、実質評価資金は末日で、妻からの提供分を差し引いて、約-50万円にまで回復しました。買い玉の高値売り抜きは、今もその爽快な感触は覚えていますが、こういうことはいつも計画してできることではないと、自戒しました。)
 
  手法の切替(ショート・ストラングル ⇒ カレンダー系)

      《-260万円からの専業 ・ 成行きとはいえ》
 
   専業開始時の実質手持ち資金=-260万円 
 5月末日:辞職=専業<値洗ー60万円。借金200万円(内訳;消費者ローン100万円、妻から100万円)>
 (退職金なし、失業保険給付金;月約13万×6ヶ月)
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------
 
     < 2009年3月~5月 (3ヶ月分) - 8,736,240 >
 
2009年 5月度確定損益 -  3,385,907    -  8,736,240
2009年 4月度確定損益 -  3,460,663    -  5,350,333
2009年 3月度確定損益 -  1,889,670    -  1,889,670
 世界金融危機の根の深さを過度に推測し再下落の相場観に取り付かれ 
 コール売りを踏まれる
 専業の準備(辞職の申告と引越) の最中に襲われたトレードの悲劇。
 投資資金は底割れ。
 
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分) + 4,002,437 >
 
2009年 2月度確定損益 +  2,228,628    +  4,002,437
2009年 1月度評価損益 +  1,033,968    +  1,657,359
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2008年 12月度確定損益 +   430,157    +   623,391
2008年 11月度確定損益 +   281,435    +   193,234
2008年 10月度確定損益 -   792,244    -    88,201
2008年 9月度確定損益  -   205,815    +   704,043
   ▼ <リーマン・ショック>
2008年 8月度確定損益  +   315,840    +   909,858
2008年 7月度確定損益  +   202,320    +   594,018
2008年 6月度確定損益  +   275,248    +   391,698
2008年 5月度確定損益  +     87,020    +   116,450
2008年 2月度確定損益   +    29,430    +    29,430 
   手法(ショート・ストラングル)


  初期資金=証拠金 5,000,000円

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------

2015年3月27日(金)4月限SQ前3週末


 週末のこの動きで、平常心を失うとしたら、

 オプション取引におけるご自身のアプローチとスタンスを検討し直す必要があるのではないでしょうか。

 本業に差し障りのない、自分でしっかりとコントロールできるスタンスを取って臨めば、

 日経225オプションは、あなたに幸運と利益を運んできて下さる取引形態です。

 あれやこれやと、目新しい戦略に、惑わされないことです。

 シンプルに、堅実に、地道に、進むこと。

 そうすれば、相場の女神が贈ってくださった、

オプションという類い稀な差金売買取引の

 真の魅力にあなたも気づくことでしょう。




--------------------- ---
日経平均基準IV値03/27 ; 21.90 日経225先物19,290 
日経平均基準IV値03/26 ; 19.57 日経225先物19,290
日経平均基準IV値03/25 ; 16.80 日経225先物19,650
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)オプションレンジカーブc:18,300~20,700
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,880
 
 上方レジスタンス目処;(3)20,250
 上方レジスタンス目処;(2)20,000
 上方レジスタンス目処;(1)19,500
 下方レジスタンス目処;(1)19,000
 下方レジスタンス目処;(2)18,900
 下方レジスタンス目処;(3)18,700
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 75%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約60枚 売り玉;約65枚 (3月27現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 34 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 19,650円 )    
  上向  +200円 ⇒ 33+300円 ⇒ 32%+400円 ⇒ 32%
  下向  -200円 ⇒ 35%-350円 ⇒ 39%-500円 ⇒ 46% 

 03月30日(月)確定損益    +  72,900
 03月27日(金)確定損益    +  24,336
 03月26日(木)確定損益    +  24,344
 03月25日(水)確定損益    -  24,700
 03月24日(火)確定損益    +  46,628
 03月23日(月)確定損益    -   1,296
 03月20日(金)確定損益    +    9,568
 03月19日(木)確定損益    +  30,704
 03月18日(水)確定損益    ±     0
 03月17日(火)確定損益    + 186,656
 03月16日(月)確定損益    -  47,809
 03月13日(金)確定損益    -   9,160
 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 588,968
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    - 156,224》
2015年3月27日深夜


 ブログでは、ほんとうに言いたいことを言い切ることができない事情があることは、ご訪問して下さる方々にはなんとなく、ご理解いただいてているものと思われます。

 ”オフザケ”が過ぎるように、感じられたご訪問者もいらっしゃいました。
息抜きも、トレードには欠かせない要素です。
柔軟な思考力、対応力を維持するために、必須の要素ではないかと思っています。
ふとした 息抜き、遊びごころの中から、数学や物理学上の発見が生れます。
アインシュタイン君の写真、あのおどけた笑顔を見てやって下さい。

今後とも、ゆとりと寛容さをもって、ご訪問いただければ幸甚に存じます。


ときには、会員宛のメールもこのブログ記事に取り上げていく所存です。

 
会員各位



昨日、昨夜の変動は、短期的には大き目の動きですが、中期的に見れば、どうということのない動き、といえます。

高値波乱(相場は常に新しいので、使い古された言葉を安易に使いたくないのですが、)。

良く起こることなので、このあたりは冷静に対処できないとオプション・トレードでは、上下に振られて損失を積み重ねるスタイルから抜け切れないままとなります。オプションでは、急角度な変動でIVは跳ね上がり、加速度を伴うかのように、初期トレーダーの心理を追い詰めるからです。それらに耐え得る強靭な布陣をこれまで敷いてきたことを確認してもらいたいと思います。

ぬきちは・・月限プット・・・・・の2円か3円で利益確定見込みの建て玉をやや早めに、(相場には行き過ぎることが常であり、加えてその一段先の動きに備えるために)4円から6円で手仕舞いました。証拠金率の先行き変動に備えて建て玉の微調整を済ませたことになります。会員の皆さんからは、一人も慌てたメールも来なかったことから、平静な対応、短期変動における証拠金調整のための処置を取られたものと思われます。十分にゆとりある布陣ですから、1枚から3枚で十分なのです。そのためのリスクヘッジとしての機能を・・月限プット・・・・・の建て玉は(売り玉でありながらも、)果たしたことになります。これで、権利行使価格の選択と売り玉と買い玉の組み合わせの意図がお分かりいただけたのではないかと存じ上げます。

2015年3月26日(木)4月限SQ前3週


日経225は、NY株式市場の下落を受けて、大幅な下げとなりました。

夜間も下げていますが、これもNY次第ということで、建て玉を外しながらの様子見です。

調整ぎみの持ち合いに相場は移りそうですが、・ ・ 。

こればかりは、相場なので分かりません。

わたしに聞かないでください。(対応の仕方については、いいんですよ。)

お互いに、相場に聞いて、対応していきましょう。



--------------------- ---
日経平均基準IV値03/26 ; 19.57 日経225先物19,290 
日経平均基準IV値03/25 ; 16.80 日経225先物19,650
日経平均基準IV値03/24 ; 17.97 日経225先物19,640
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)オプションレンジカーブc:18,000~20,700
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,880
 
 上方レジスタンス目処;(3)20,250
 上方レジスタンス目処;(2)20,000
 上方レジスタンス目処;(1)19,900
 下方レジスタンス目処;(1)19,250
 下方レジスタンス目処;(2)18,900
 下方レジスタンス目処;(3)18,700
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 75%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約60枚 売り玉;約55枚 (3月26現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 29 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 19,650円 )    
  上向  +200円 ⇒ 29%+300円 ⇒ 28%+400円 ⇒ 28%
  下向  -200円 ⇒ 30%-350円 ⇒ 31%-500円 ⇒ 35% 

 03月27日(金)確定損益    +  24,336
 03月26日(木)確定損益    +  24,344
 03月25日(水)確定損益    -  24,700
 03月24日(火)確定損益    +  46,628
 03月23日(月)確定損益    -   1,296
 03月20日(金)確定損益    +    9,568
 03月19日(木)確定損益    +  30,704
 03月18日(水)確定損益    ±     0
 03月17日(火)確定損益    + 186,656
 03月16日(月)確定損益    -  47,809
 03月13日(金)確定損益    -   9,160
 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 516,068
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    +  54,017》
2015年3月24日(火)4月限SQ前3週



 それらしい記事が思い浮かばないので

 数字に語ってもらうことに致しました。


--------------------- ---
日経平均基準IV値03/24 ; 17.97 日経225先物19,640 
日経平均基準IV値03/23 ; 17.60 日経225先物19,690
日経平均基準IV値03/20 ; 17.41 日経225先物19,500
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)オプションレンジカーブc:18,300~20,750
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,880
 
 上方レジスタンス目処;(3)20,250
 上方レジスタンス目処;(2)20,000
 上方レジスタンス目処;(1)19,900
 下方レジスタンス目処;(1)19,250
 下方レジスタンス目処;(2)18,900
 下方レジスタンス目処;(3)18,700
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 65%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約60枚 売り玉;約60枚 (3月24現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 33 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 19,600円 )    
  上向  +200円 ⇒ 32%+300円 ⇒ 32%+400円 ⇒ 33%
  下向  -200円 ⇒ 35%-350円 ⇒ 36%-500円 ⇒ 39% 

 03月20日(水)確定損益    -  24,700
 03月19日(火)確定損益    +  46,628
 03月23日(月)確定損益    -   1,296
 03月20日(金)確定損益    +    9,568
 03月19日(木)確定損益    +  30,704
 03月18日(水)確定損益    ±     0
 03月17日(火)確定損益    + 186,656
 03月16日(月)確定損益    -  47,809
 03月13日(金)確定損益    -   9,160
 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 467,388
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    + 176,023》
2015年3月20日(金)4月限SQ前4週末


 利確(利益確定)があれば損確(損失確定)もあり


日経225は、力強ささえ感じられるほどのジリ上げ相場となっています。

ついていけば良いだけなので、のんびりと過ごさせていただいています。


損失が出たり利益が出たり、相場状況によって、その割合が違うだけで、

トレードはたんたんと進めていきたいと思うところです。

利確(利益確定)があれば、
損確(損失確定)もあり、

そこのところは均等に考えて、いたずらに感情を動かすことなく、
トレードは進めていくのが、望ましい在り方なのではないか、と。

建て玉の形の(敢えていえば、形の美しさ)
そのバランスを保つために、

玉を入れたり外したりすると、

それが結果的に、
プラスで算出されたり、マイナスで算出されたり、

削る玉は、(躊躇したり、力んだりする必要はなく)
たんたんと整形していかないと、

玉のうつくしさが保てなくなる。

そのあたりは、美容関係のブログを拝見して学びながら、

時間の過ぎていく、週末のひとときなのでした。



--------------------- ---
日経平均基準IV値03/20 ; 17.41 日経225先物19,500 
日経平均基準IV値03/19 ; 19.01 日経225先物19,440
日経平均基準IV値03/18 ; 19.32 日経225先物19,480
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)オプションレンジカーブc:18,300~20,700
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,880
 
 上方レジスタンス目処;(3)20,250
 上方レジスタンス目処;(2)20,000
 上方レジスタンス目処;(1)19,900
 下方レジスタンス目処;(1)19,250
 下方レジスタンス目処;(2)18,900
 下方レジスタンス目処;(3)18,700
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 65%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約60枚 売り玉;約60枚 (3月20現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 29 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 19,500円 )    
  上向  +200円 ⇒ 29%+300円 ⇒ 29%+400円 ⇒ 29%
  下向  -200円 ⇒ 31%-350円 ⇒ 34%-500円 ⇒ 39% 

 03月23日(月)確定損益    -   1,296
 03月20日(金)確定損益    +    9,568
 03月19日(木)確定損益    +  30,704
 03月18日(水)確定損益    ±     0
 03月17日(火)確定損益    + 186,656
 03月16日(月)確定損益    -  47,809
 03月13日(金)確定損益    -   9,160
 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 445,460
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    + 89,772 》
2015年3月17日(火)4月限SQ前4週

 損切り、という言葉は、使用禁止用語にすべきではないか、と想います。

 トレード心理に悪影響があるだけで。

 もし、使うなら、・・。

 益切り、と、セットで使うようにしないと、マズイです。


--------------------- ---
日経平均基準IV値03/17 ; 18.28 日経225先物19,200 
日経平均基準IV値03/16 ; 18.36 日経225先物18,930
日経平均基準IV値03/13 ; 18.28 日経225先物18,560  
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)レンジカーブ(オプション風):18,300~20,700
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,880
 
 上方レジスタンス目処;(3)19,800
 上方レジスタンス目処;(2)19,500
 上方レジスタンス目処;(1)19,300
 下方レジスタンス目処;(1)19,000
 下方レジスタンス目処;(2)18,750
 下方レジスタンス目処;(3)18,500
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 70%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約65枚 売り玉;約65枚 (3月13現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 26 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 19,200円 )    
  上向  +200円 ⇒ 25%+300円 ⇒ 25%+400円 ⇒ 25%
  下向  -200円 ⇒ 29%-350円 ⇒ 33%-500円 ⇒ 38% 
 
 03月17日(火)確定損益    + 186,656
 03月16日(月)確定損益    -  47,809
 03月13日(金)確定損益    -   9,160
 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 406,484
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    + 97,528 》
2015年3月15日(日)4月限SQ前4週


 SQも、掛け捨て買い玉と若干の残されていた売り玉がきれいに整理されて、

 切り替わった当限もSQ前4週入りとなりました。

 今週は、中ほどに変化日(水)があるために、

 そして、土台の仕込みだけは済んだので、

 水曜の日中までは、基本、何もしないで、

 散歩がてらの買い物、筋トレに励むことになりそうです。

 指値注文が出来た場合には、どこか玉移動先なども考えながら、

 無理をせずに過ごせそうに思われます。



--------------------- ---
日経平均基準IV値03/13 ; 18.28 日経225先物19,200 
日経平均基準IV値03/12 ; 17.59 日経225先物18,930
日経平均基準IV値03/11 ; 18.08 日経225先物18,560  
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)レンジカーブ(オプション風):18,300~20,700
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,880
 
 上方レジスタンス目処;(3)19,800
 上方レジスタンス目処;(2)19,500
 上方レジスタンス目処;(1)19,300
 下方レジスタンス目処;(1)19,000
 下方レジスタンス目処;(2)18,750
 下方レジスタンス目処;(3)18,500
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 70%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約65枚 売り玉;約65枚 (3月13現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 26 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 19,200円 )    
  上向  +200円 ⇒ 25%+300円 ⇒ 25%+400円 ⇒ 25%
  下向  -200円 ⇒ 29%-350円 ⇒ 33%-500円 ⇒ 38% 

 03月16日(月)確定損益    -  47,809
 03月13日(金)確定損益    -   9,160
 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 219,828
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    + 102,008 》

 とうとう、来ちゃいました。

運命の日。

年金決定通知書

ちびこ。おいで、いっしょに見るから。

どれどれ。。。

。。ん ? これはまた、ひどい。ひどい。

 これって ? ! 627,800円。 えっ!

 ひと月、12で割ると、52,316.66666666666666666666666・・・

 この端数の支払いについては、、いったいこれは、どこまで続くんじゃ?

【 シヌマデつづくんじゃ 】

 なんだって?これだけじゃないっ?

 ここから、介護保険料というものが差し引かれるんだってえ!

 とすると、月、4万8千円くらいじゃん。

 ちびこのランチ代で終っちまうって。

。。これって、

 考えるに、。。
 
 ぼくの ・ ・ 、65年間の人生の行き着いた果ての代価 ?
 
 ・・・・・・・

 どっか、株でも教わりに、行かんきゃ。

 それも、2ヶ月ごとに、まとめ払い。?

 普通に考えても、

 4万8千円を毎月よりも、

 ちょっとの間、ヒモジイ思いをさせておいた後に、
 まとめて、9万6千円を渡した方が、

 有り難味がちがうって、

 官僚的には、小賢しくもそう考えるのは分からなくもないが。

 とほほ、 トホホ、 のまた、 とほほ、・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 どないして、食っていけと!

 やっぱ、FX教室とか、株式なんたら教室へ通って、

 小銭かせぎの講座でも受けて。

 えっ ?そこでも、受講料がいるの?

 5,000円?、7,000円?、12,000円?

 ランチ代、削るの、ちびこに相談だ。
2015年3月11日(水)4月限SQ前5週


 人から良い気をいただいているような気がします。

 あたらしいことを始めてみて、

 元気が与えられている気がする、

 今日このごろです。

 今週は、大きなSQ週ですから、

 例によって、日経225については

 何も考えずに、

 すべきことだけして、

過ぎ越しを待っています。

すべきことは、たくさんあり、

 テレビはあまり見なくなりました。

 いけないですね。

 江戸時代には、存在すら知られていなかったテレビジャンです。

 テレビジャンくらいは、見ないと。

--------------------- ---
日経平均基準IV値03/11 ; 18.08/strong> 日経225先物18,650 
日経平均基準IV値03/10 ; 18.64 日経225先物18,670
日経平均基準IV値03/09 ; 17.77 日経225先物18,790  
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 4月限SQ(4/10)レンジカーブ(オプション風):18,000~20,500
 4月限SQ(4/10)予想値 : 19,550
 
 上方レジスタンス目処;(3)19,500
 上方レジスタンス目処;(2)19,300
 上方レジスタンス目処;(1)19,000
 下方レジスタンス目処;(1)18,500
 下方レジスタンス目処;(2)18,100
 下方レジスタンス目処;(3)18,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約80枚 売り玉;約50枚 (3月11現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 27 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 18,650円 )    
  上向  +200円 ⇒ 26%+300円 ⇒ 26%+400円 ⇒ 26%
  下向  -200円 ⇒ 29%-350円 ⇒ 32%-500円 ⇒ 38% 

 03月12日(木)確定損益    +  49,544
 03月11日(水)確定損益    +  41,272
 03月10日(火)確定損益    +  29,362
 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  86,390
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 276,797
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    +  82,778 》

 4月は、5月より始まる 制度変更・Weekly Option の個人トレーダーの対応の可能性を探る、そして、想定される状況に備えての実戦訓練が、メインの課題となります。

以下、入会案内です。

トレードの勉強の仕方 』 について、
     ご質問がありました。

 > 資金額より、まず実践力が大事ということですね。

 資金額は、資金額で、とても大事です。
 基本は変わりませんが、
 多ければ、より保険の効いたゆとりのある作戦 が可能となります。

 実践力、ではなく、『 実戦力 』です。 ただやれば良い、という実践ではなく、実戦に即した能力、 それを如何に鍛え、高めていくか。  という意味の実戦力が大事です。

 >今までどのような勉強をされてきましたか?

 株式は個人的に師事したことがありました。(林輝太郎師)
 オプションは、諸先輩のブログ記事で学ばせていただきました。

 トレードについては、
 証券口座の開き方、発注の仕方、最低限の取引ルールを、
 一通り理解すれば十分です。

 次には、場に玉を建てて経験し、 そのトレード実戦の中で、
 動態対応能力と技術を身に付けていく姿勢がたいせつです。

 勉強の仕方に戻りますが、

 先週のテレビを流し見していたら、 ダルビッシュの勉強について、談話がありました。 彼はスポーツに限らず、野球とは別の業種のやり方や工夫などから学ぶことが多い、と語ったそうです。

 ぼくも(ダルビッシュのようなトップに立った人間ではありませんが) 特に最近は、他の種目の競技にばかり、学んでいるような気が致します。
 囲碁の棋士、ゴルファー、フィギュア・スケーター、テニス・プレーヤー、ボクサー、柔道家、・ ・ 。 植木職人の剪定技術の学び方。

 共通する点は、実戦の中で育ち、実戦の中で何かを掴み、実戦の中から得たものを吟味し、別のアプローチをするなどして、経験を糧にして技を磨き、前進していることです。  決して、野球やゴルフの理論に精通した人が名選手になる訳ではなく、・ ・。初心者であっても、本を片手にゴルフ場でスイングする姿は見かけない訳ですが、・ ・ 。

それらよりも、たいへん気になっていることが一つあります。
 『 コーチ 』の存在です。  スポーツの競技などでは、自分を客観視して吟味し修正する過程では、同じ苦労と経験を先駆けて行ない、指導するコーチに恵まれてきたことも共通した点です。

それならば、トレードのコーチは? と考えたとき、
 いくつか難しい点があるだろうと思われます。

 たいていは、同じ場に立つ、トレーダー同士であること。

 トレーダー同士は基本、互いの金銭を喰い合って、 生きていること。

 気前のよいスポンサーがいて、それらの企業が金銭を提供してくれる訳ではない、ということ。

 オプション・マーケットは、需要と供給がほぼ均等に、相互に喰い合うことで成り立っている世界であること。

それ故に、
 安易な気持ちでの参加は、自分のたいせつな金銭を提供する側に立つ、
 という事実を、まず理解しておくことが必要ではないかと思われます。

 プレーヤーは入れ替わりながらも、勝ち組と負け組みに分かれるのが必然の世界なのです。 短期的に勝ち組に入るのは簡単です。

 肝心な事は、5年後、10年後に生き残ることのできる方法を見つけること。 長期的に勝ち組に入ることのできる技術を、しっかりと身に付けることです。

 この記事を読んでくださる ごく少数の方々の中に、
 いわゆる初心者、オプションを始めてみたものの、  なぜか、相場に振り回されてばかりで、自分が何をしているのか分らないでいる方、 証拠金その他のコントロールがうまくできない方、トレードの壁に突き当っていらっしゃる方、 あるいは、これから始めたいが不安を感じていらっしゃる方も。

 それは、ぼくが経験してきたことだから、良く分かります。

 儲けるイメージはたいせつです。
 現実には損する可能性が等しくあり、
 損するイメージも均等に持つ必要があります。

  利益の出し方にばかり目がいきますが、
 損失の上手な出し方こそ、学ぶ必要を痛感します。

 柔道でも、受身から先に学ぶものです。
 大怪我をしないために。


そこで、ご提案があります。
 ・ ・ ・ 以前に、オプションのやり方を教えてくれないか?
 というメールを受け取りました。

私のトレード経験は、株式と日経225先物を30年、オプションを7年です。
幾多の失敗から学んできた経験が豊富です。
  もし、トレードの基礎訓練のやり方、反復練習と実戦での建て方手仕舞い方を、実際の相場に即した形て学びたい、という方がいらしたら、ご連絡ください。
 初心者の方で、じっくりと2~3年くらいで身につくものでしょうか。
 『損を少なく利益を多めに』出せるトレードの基礎をお伝えします。
 (知識ではなく、トレードです。 知識はトレードを支援する面と阻害する面があり、その折り合いは難しいものです。 およそ理解できたら、知識を忘れていくことがトレード上達のコツかも知れません。)

 そして、退職した後の人生にも役立つように、トレードの基礎となる考え方、揺るぎない技術を、今、身に付けておくことが大切ではないでしょうか。

 掛け捨て保険買い玉の必要性、損切りが抵抗無くできる考え方、時間に価値が付いていること、時間の推移でその価値が変ってゆく状況の変化の捉え方、非常時の対応の仕方、その他トレードに参考となりそうなことを、その時々の相場に沿ってお伝えしていきます。
 おおまかに、ATMあたりの売買、FOTMあたりの売買、中間あたりの売買、異限月間の売買の4種類です。
手書きツールの場帳や資料整理、売買表の作り方なども希望者にはお伝えします。
オプション時間経過と原資産(日経225)変動、証拠金変動の3つのバランスの取り方を、覚えていくことができます。

1、初期トレード基礎訓練コース
 会費は、5,000円/月。(4月末日まで有効)
 トレードの基礎訓練と相場状況を配信します。
 面談できます。トレード開始準備ツールを提供します。
  オプションが初めての方にも、ていねいに説明致します。

2、実戦トレードコース
 会費は、7,000円/月。 (4月末日まで有効)
 トレードの基礎訓練と相場状況の配信、及び
 幅広く様々な戦略の使い方も、提示いたします。
 面談できます。トレード開始準備ツールを提供します。
 4月の課題は、5月からの制度変更への個人トレーダーの対応策です。

3、SCW手法実戦コース
   <人数制限あり。現在2名ー実戦中>
 会費は、応相談。
 プロ、セミプロを目指してトレード訓練をご希望の方、
 一定金額の安定資金運用がご希望の方。
 SCW手法実戦プログラムを配信いたします。
 面談が、最適です。 トレード開始準備ツールを提供します。
 その他、個別対応はご相談に応じます

 ご連絡は、メールフォームより、お願いします。
 申し込みメールに、速やかな返信がない場合にも、
 メールフォームを使って、再度メールをお願いします。

 尚、お申し込みメールには、
 以下のことをお書き添えください。

 1、お名前、性別、年齢。
 2、ご経験
  (株式〇年、オプション〇年〇ヶ月、というように具体的に)。
 3、ご希望のコース。
 4、ご自身のトレードの課題、疑問など、特にご要望があればどうぞ。

 【】 弊社は、金融庁の登録をし業務拡大をする意思を持ちません。
故に、投資助言(アドバイス)や売買指示ができない形式上の制約下での、
少人数の投資クラブとして、配信をいたします。【】


佐藤投手コーチが手取り足取りチェック (C)日刊ゲンダイ

 まるで新人のようだった。ソフトバンクの松坂大輔(34)が5日、今キャンプで初となる本格的な投球練習を行ったが、肩慣らしのキャッチボールの段階から、佐藤義則投手コーチ(60)が付きっきりでアドバイスを始めたのである。
 事前に松坂が、「長年の悪いクセが抜けないので、チェックをお願いした」と言うものの、「チェック」という範疇を明らかに超えていた。
 変化球を交えながら捕手を立たせて24球、座らせて35球の計59球を投げる間、佐藤コーチが付きっきりで手取り足取りアドバイス。松坂の右腕をつかまえて肘の位置を修正したかと思えば、次はリリースポイントの確認。さらにはセットポジションの背後に至近距離で立って体の開きを抑えるといった具合で、佐藤コーチの“メス”が入るたび、ブルペンにはカメラのシャッター音が鳴り響いた。本格的なブルペン投球初日からプロ1年目のような「指導」を受けては、カメラマンが驚いてシャッターを切るのも当然だろう。

 
 真夜中のことでした。ちびこが、日刊ゲンダイ を持って来て、ぬきちに見せたのです。

 『 ドクトル・ちびこ様、これをお読みしたらよろしいのでせうか?』

 『 ・ ・ ・ ・ ・ 』

 ふむふむ。 なるほど。 そうなんだ。

 コーチにも、いろんなタイプがいるものよ。のうぅ。

だが、松坂がチェックを願い出て、コーチがチェックをした。

 コーチはコーチのやり方でチェックをし、役目を果たした。

 本人が不本意なら、初めから『松坂流でコーチしてくれ』 と言うべきところ。

 勝負の場に備える選手に新人もベテランもなく、区別の仕方がおかしく映る。

どこか歪んだ目でカメラを向けたり、歪んだ感情で書いた記事と読める。

・ ・・ ・・

 と、人ごとのように、記事を読んだぬきちを ねめつけながら、

 ドクトル・ちびこの目が、ギラリとひかる。

 『 ・ ・ ・ ・ ・ 』


--------------------- ---
日経平均基準IV値03/06 ; 16.26/strong> 日経225先物18,990 
日経平均基準IV値03/05 ; 16.76 日経225先物18,760
日経平均基準IV値03/04 ; 16.95 日経225先物18,650  
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 3月限SQ(3/13)レンジカーブ(オプション風):18,500~19,500
 3月限SQ(3/13)予想値 : 18,950
 
 上方レジスタンス目処;(3)19,500
 上方レジスタンス目処;(2)19,500
 上方レジスタンス目処;(1)19,300
 下方レジスタンス目処;(1)18,500
 下方レジスタンス目処;(2)18,100
 下方レジスタンス目処;(3)18,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 75%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約85枚 売り玉;約50枚 (3月06現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 25 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 18,990円 )    
  上向  +200円 ⇒ 25%+300円 ⇒ 25%+400円 ⇒ 25%
  下向  -200円 ⇒ 28%-300円 ⇒ 30%-400円 ⇒ 32% 

 03月09日(月)確定損益    -   2,324
 03月06日(金)確定損益    +  84,544
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 156,619
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    +  225,804 》

  教えてください。 くんです。

まったくオプションが初めての人に、

 適切な 本、証券会社のサイト、その他、

できるだけ、主観が消された、

機能的に、オプションの仕組みが分かる。

数年前に読んだ本、

ありましたが、押入れに。
 
・ ・ ・ ・
 
あんまりで、

初めての方には、
『 本を読むな 』
ぬきちのコーヒー代250円持ちで、
品川で教える、と。

それは何の負担もない、
ぬきちも息抜きの時間帯に、
まったく知らない人に
伝えるのも楽しみだ。

先入観がない、
というには、
くせがなく、
素直に受け入れる
状態が整っている、
優位性がある。
それだけで、トレーダーとしての
資格がある、といえるくらいに、将来性が豊かだ。

が、限られた時間で、
何を理解してもらえるか。

補佐的な
人間味の欠如した、
機能的な 本。

パソコン持って来られたら、
起動の仕方なんか、簡単に教えてあげられるし、ついでに
発注の仕方、間違いやすいところ、
画面上で、伝えられるかも知れない。


どなたか、これが初めての人にいい、という本、が
あったら、教えてください。

探しに行こう、行こう、と思っているうちに、
時間も過ぎて、・・・・・
2015年3月05日(木) 3月限SQ前2週


 夜場で上げてきている日経225ですが、

 安易についていく必要もなければ、

 安易に売るリスクも取りにくい

 局面ではないかと思われます。

 まだ、っ消して、本格的な

上昇トレンドに乗ったとはいえない、

 不気味な雰囲気さえ漂わせている日経で、

 静観を決め込んで、

 朝寝、昼寝、夜~寝。な ぬきちです。


 --------------------- ---
日経平均基準IV値03/05 ; 16.76/strong> 日経225先物18,760 
日経平均基準IV値03/04 ; 16.95 日経225先物18,650
日経平均基準IV値03/03 ; 16.36 日経225先物18,820  
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 3月限SQ(3/13)レンジカーブ(オプション風):18,250~19,250
 3月限SQ(3/13)予想値 : 18,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)19,500
 上方レジスタンス目処;(2)19,300
 上方レジスタンス目処;(1)19,000
 下方レジスタンス目処;(1)18,500
 下方レジスタンス目処;(2)18,100
 下方レジスタンス目処;(3)18,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                  下向 75%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約85枚 売り玉;約50枚 (3月05現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 25 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 18,800円 )    
  上向  +200円 ⇒ 25%+300円 ⇒ 24%+400円 ⇒ 23%
  下向  -200円 ⇒ 27%-300円 ⇒ 28%-400円 ⇒ 29% 

 03月06日(金)確定損益    +  84,544
 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    + 158,943
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    +  159,912 》
2015年3月04日(水) 3月限SQ前2週


 落ち着いた調整局面に入ったと、見受けられます。

 しっかりと、(←) これは おかしいかな?

 ほど良い、押し目が作られると、持続力のある相場展開が望められるからです。

 あるいは、たいした調整ともならずに、早々に

 上昇を開始するかも知れません。

(もちろん相場のことです。急落はいつだって起り得ます。)

 『 人間には分からないもの、』

 と、思える人は、人より優れた常識の持ち主です。

 というより、人より優れたトレード・センスの持ち主、といえるかも知れません。

 相場変動に、ゆとりを持って対応できる、

 そのオプションの特長を 使わない手はありません。


 日差しも心持ちあたたかく感じられ、ゆったりと、散歩などして過ごすことができた一日でした。
 

 ダルビッシュの勉強姿勢は、いいですねえ。
 以下、記事引用です。

 KIDは2月28日にロサンゼルスで行われた米総合格闘技「UFC 184」に出場(結果は無効試合)。その後、キャンプ地のアリゾナ州を訪れた。ダルビッシュはこのチャンスを逃すまいと、夕食後はトレーニング談議に花を咲かせている。「昨日も3時間、おとといも3時間。すごくいい時間です」。トップファイターからの“集中講義”に満足顔だ。


 --------------------- ---
日経平均基準IV値03/04 ; 16.95/strong> 日経225先物18,650 
日経平均基準IV値03/03 ; 16.36 日経225先物18,820
日経平均基準IV値03/02 ; 17.17 日経225先物18,860  
    
日経平均基準IV値11/04 ; 33.89  日経225先物16,710 (前の高値)  
日経平均基準IV値07/25 ; 11.07  日経225先物15,450 (前の安値)    
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
 
 3月限SQ(3/13)レンジカーブ(オプション風):18,250~19,250
 3月限SQ(3/13)予想値 : 18,950
 
 上方レジスタンス目処;(3)19,500
 上方レジスタンス目処;(2)19,000
 上方レジスタンス目処;(1)18,900
 下方レジスタンス目処;(1)18,500
 下方レジスタンス目処;(2)18,100
 下方レジスタンス目処;(3)18,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                  下向 70%
 
 基本建て玉 ; 変動予測型スプレッド&
          複合・調整バランス型スプレッド
          掛け捨て保険付
 
 買い玉;約80枚 売り玉;約40枚 (3月04現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 26 % 
 原資産変動時 ( 基準価格 18,800円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   
  上向  +200円 ⇒ 26%+300円 ⇒ 26%+400円 ⇒ 27%
  下向  -200円 ⇒ 27%-300円 ⇒ 27%-400円 ⇒ 28% 

 03月05日(木)確定損益    ±     0
 03月04日(水)確定損益    +   9,136
 03月03日(火)確定損益    -  21,127  
 03月02日(月)確定損益    +  84,544  

  3月度暫定損益(累計)    +  72,553
- - - - - - - - - - - - - - 
 
《 建玉の値洗い(評価損益)    +  168,437 》
2015年2月末日 
 

ひと月に一度、こうして月間損益の推移表を振り返って眺めます。

 もはや、変えることのできない足跡なのです。

 そして、自分の都合で決められないのが、来月の損益、
 となります。

 ぬきちは、無性に師匠に会いたくなりました。

 

        < 2015年度累計確定損益  + 1,144,929円 >
 
               月次確定損益   累計確定損益  

2015年 2月度確定損益 +   526,626   + 15,130,629  
2015年 1月度確定損益 +   618,303   + 14,604,003 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 
        < 2014年度累計確定損益 + 3,316,614円 >
 
               月次確定損益   累計確定損益  
 
2014年12月度確定損益 +   12,605   + 13,985,700  
2014年11月度確定損益 +   650,313   + 13,973,095  
2014年10月度確定損益 ±       0   + 13,322,782
     (肺炎、複数臓器炎症による入院治療、通院加療)   
2014年 9月度確定損益 +   868,958   + 13,322,782  
2014年 8月度確定損益 +   215,224   + 12,453,824   
2014年 7月度確定損益 +   204,498   + 12,238,600   
2014年 6月度確定損益 +   646,994   + 12,034,102  
2014年 5月度確定損益 +   302,324   + 11,369,108  
2014年 4月度確定損益 +   241,831   + 11,066,784 
2014年 3月度確定損益 +   67,036   + 10,824,953 
2014年 2月度確定損益 +   334,079   + 10,757,917
2014年 1月度確定損益 -   245,248   + 10,423,838
             (入院・手術 ← コレハ、イイワケ)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
        < 2013年度累計確定損益   -  683,399円 >  
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2013年12月度確定損益 +   804,498   + 10,669,086  
2013年11月度確定損益 +   843,818   +  9,864,588 
2013年10月度確定損益 +   50,145   +  9,020,770  
2013年 9月度確定損益 +   139,428   +  8,970,625  
2013年 8月度確定損益 -   68,704   +  8,762,493     
2013年 7月度確定損益 +   240,105   +  8,831,197  
   トレード手法の弱点改善策の模索
   トレード・スタイル変更への試行錯誤 
 《 ⇒ 保険の充実、変動予測型スプレッドの試行、
  損切り逆指値の徹底 》 
2013年 6月度確定損益 -   766,596   +  8,591,092    
2013年 5月度確定損益 -  3,071,149   +  9,357,688
▼《バーナンキ・ショック = 取引の高速化(アルゴリズム)に伴う
  変動スピードの影響度対策の後手の不備を衝かれる》
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
 
        < 2012年度累計確定損益 + 3,071,739円 >
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2012年12月度確定損益 +   15,962   + 11,283,781
2012年11月度確定損益 +   397,088   + 11,267,819
2012年10月度確定損益 +   317,762   + 10,870,731
2012年 9月度確定損益 +   462,385   + 10,552,969
2012年 8月度確定損益 -   299,734   + 10,090,584
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 
 ▼<ギリシャ危機・市場混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


        < 2011年度累計確定損益 + 2,818,537円 >
 
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
《 証拠金の軽減と前月と次月の利益分が加算されたこと、
  トレンド追随のロール(玉転がし)がたまたま当った結果。
  ロールは値動きの後追いであって、
  けっして頻用できる手法とはいえないです 》
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510
 ▼ <東日本大震災・原発事故>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 
         < 2010年度累計確定損益  + 824,329円 >
 
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    +  4,086,826
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +  5,633,578
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  6,041,608
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  6,301,968
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  6,788,593
2010年 4月度確定損益 -   729,063    +  4,430,982
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +  5,160,045
2010年 2月度確定損益 +   464,748    +  3,993,422
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    +  3,528,674
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

IVは低下してきていましたが、まだカレンダー系の手法が有効な時期でした。 
 
   < 2009年6月~12月累計確定損益(半年分) + 5,136,565円 >
 
  資金は少ないですが、建て玉が過剰なので、損益の振幅が異常な時期がつづきます。
  カレンダー系トレードは順調でした。
 
 借金100万円完済
 
2009年 12月度確定損益 +   173,972    +  4,536,565
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    +  4,362,593
2009年 10月度確定損益 -   207,413    +  2,848,695
2009年 9月度確定損益 +   965,563    +  3,056,108
2009年 8月度確定損益 +   764,304    +  2,090,545
2009年 7月度確定損益 +   222,029    +  1,326,241
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    +  1,104,212

(6月は、残されたヘッジ買い玉をタイミング良く高値で売り抜くことができ、実質評価資金は末日で、妻からの提供分を差し引いて、約-50万円にまで回復しました。買い玉の高値売り抜きは、今もその爽快な感触は覚えていますが、こういうことはいつも計画してできることではないと、自戒しました。)
 
  手法の切替(ショート・ストラングル ⇒ カレンダー系)

      《-260万円からの専業 ・ 成行きとはいえ》
 
   専業開始時の実質手持ち資金=-260万円 
 5月末日:辞職=専業<値洗ー60万円。借金200万円(内訳;消費者ローン100万円、妻から100万円)>
 (退職金なし、失業保険給付金;月約13万×6ヶ月)
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------
 
     < 2009年3月~5月 (3ヶ月分) - 8,736,240 >
 
2009年 5月度確定損益 -  3,385,907    -  8,736,240
2009年 4月度確定損益 -  3,460,663    -  5,350,333
2009年 3月度確定損益 -  1,889,670    -  1,889,670
 世界金融危機の根の深さを過度に推測し再下落の相場観に取り付かれ 
 コール売りを踏まれる
 専業の準備(辞職の申告と引越) の最中に襲われたトレードの悲劇。
 投資資金は底割れ。
 
  < 2008年2月~2009年2月 (11ヶ月分) + 4,002,437 >
 
2009年 2月度確定損益 +  2,228,628    +  4,002,437
2009年 1月度評価損益 +  1,033,968    +  1,657,359
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2008年 12月度確定損益 +   430,157    +   623,391
2008年 11月度確定損益 +   281,435    +   193,234
2008年 10月度確定損益 -   792,244    -    88,201
2008年 9月度確定損益  -   205,815    +   704,043
   ▼ <リーマン・ショック>
2008年 8月度確定損益  +   315,840    +   909,858
2008年 7月度確定損益  +   202,320    +   594,018
2008年 6月度確定損益  +   275,248    +   391,698
2008年 5月度確定損益  +     87,020    +   116,450
2008年 2月度確定損益   +    29,430    +    29,430 
   手法(ショート・ストラングル)


  初期資金=証拠金 5,000,000円

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------


『 おっはよう!ぬきちんどん。』
 (おいら、うどんでも丼ものでもチンドン屋でもないってば、・ ・ )
ん~ん。はよう、一休。
人の手前、師匠ということにしてるんじゃが。
寝込みを襲うとは、・ ・ ・ 。
『 いつでも、来てください。
 と言ったは、誰ぞ。』
・ ・ ・ ・う~ん、ねむい。
ところで、いろんな珍問が出てきて、とても楽しくやってるんじゃが。
おいら、信州人の律儀な性分で、ひとつ、ひとつ、できる限り丁重に、間違っても人の気持ちを傷つけることなく、やんわりと、フトした思い違いや見落としなどをお伝えしたいなと、・ ・ ・ 。
そこは一休、あんたの得意とする領分じゃろ。
『 分かっとる。分かっとる。・ ・ トレーダーを取り巻く環境汚染かな。
みんな、それらに毒されとるんじゃが。
本とか教材とか、講習会とか、・ ・ 。金が取れる。
そもそも、欲が為せる業。その欲をくすぐる仕掛けや工夫が巧妙に施されて、罠に進んで嵌りに行く輩もいて。双方の思惑が合致して成り立っているビジネスの世界じゃな。
商品にはちゃんと法的逃げ道が書いてある。効用には責任を負いません、自己責任、と。
本来単純なものをやたら複雑にして、余計な仕組みを際限もなく作っていき、
いわば、迷路の中に誘い込むために、所どころに甘い蜜を置いたり、・ ・ 。
すぐ利いてしまうと客は去っていく。効き目が何もないと見切られる。
そのあたりの境目を、巧みな話術と小難しく理論を歪め、正確さなど無いはずの相場に数式まで持ち出して、・ ・ 。
人は分からない難しいものをあてがわれると、分からない、とは言いたがらない性分で。
有り難がって、購入をつづける。
一種の芸術じゃ。間違いなく素人は、麻薬が効いていき、気がついた時には、それなしには生きていけなくなるものよ。
どこの世界にもあるある。
捨て置け。捨て置け。』
おい!一休。おまえ他人様のご商売の批判を公の場で、・ ・
『 落ち着け、落ち着け。こんなチッポケなブログだぞよ。お偉い専門の商人なんぞ、覗きもせんわ。
ここに来るのは、変人か、ときどきまじめな人だけじゃ。
縁あって来られた人だけをたいせつにな。』

『 書を捨てよ 』

『 聞くものは聞く。聞かぬものは聞かぬ 』

どろん

(消えた。おいおい、『 さらば 』くらい言えよ。)



『 師匠! お久しぶりです。』

『 人が寝てる間に、来て、
一言、二言、

なんか、つまらんことを、つぶやいて、
えっ!
なんですか。

『 こっちは、たのしいぞよ。
女も居るし、・ ・ 』

よしてください、師匠! 

『 おまえも、早よう来い。』

まったく、師匠も
ボケてませんねぇ。

分かりました。
よ~く、分かりましたよ。

『 会費だけは取れよ。』

分かってますよ。
それくらい。

・ ・ ・ ・ ・

好きなときに 来て、
好きなことを つぶやいて、

去っていく 、いつもの師匠でした。

2015年2月28日


 とうとう師匠は、現れませんでした。

 もともと、風変わりな御方なのです。

 私の師匠は。

もう、かなりの歳月が経過いたしました。


 ご臨終の間際の御言葉、

『 死にとうない 』

 残されて。


 その直前に手渡された『秘伝の巻』

それを初めて開封したのは、

 もう、ずいぶんと昔のような気がしてきました。


 無性に懐かしさがこみ上げてきて、

取り出してきて、ほこりを払い、

 拝読させて、いただきました。


 『 大丈夫 心配するな 何とかなる