2014年4月30日(水)期近SQ前2週 うす曇り 
 

 ゴールデン・ウィーク ?
 
 どこが、ゴールデンで、いったい何が、黄金なのか ?
 
 深刻に学術的に考える事柄ではない、と見切りをつけて、
 
 その間、ぬきちは受注分の傘貼りの内職を少々と、
 オプションの勉強を粛々と進めるつもりです。
 
 
 今週も小さいとは言えないイベントも控えていて、
 気は抜けないのですが。
 
 建て玉は、期先が見えてこないので、
 5月限SQ持ち込み玉を抱えて、
 長期休日をジャンプして、
 SQ突入(玉砕?)
 予定です。
 
 早めに手当てや調整を済ませてきたので、
 無難とは思いますが。
 
 とはいえ、今週の取引日3日間さえ、皆目、見当が付かないのですから、
 先々のことをとやかく言える立場ではありません。
 
 
 つまらぬことですが、
 
 日々、損益が出ていて、ぬきちがデイトレに勤しんでいるかのように見えるかも知れません。
 
 これは、当人の細かい性格から生じているもので、
 
 ちょっとした値動きに応じて建て玉の調整をくり返している結果です。
 
 含み損の玉を手仕舞えばマイナス、含み益の玉を手仕舞えばプラス、
 
 という結果が出ているに過ぎません。
 
 
 その結果、
 
 かなりの手数料となっていることに、先刻、気がつきましたが、
 
 これで、いいんです。
 
 証券会社にもしっかりと稼いでいただいて、長期的に安定した経営を願っているからです。
 
 冷静に考えてみれば、証券会社とトレーダーとの関係は、
 勤め先の会社と社員。
 
 正規の雇用関係でないとしても、仲介会社と派遣臨時社員。
 
 できることなら、どちらも、ほどほどに健全であってほしいと、
 個人的には考えています。
 
 これまで、文句や要求ばかり口にしてきた気がしています。
 
 (ぬきちの年齢からしても)
 個人的には少し、慎みをもって、会社や人に接して
 生きたいものと、考えている次第です。
 
 
 ----・----・-----・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/30 ;   日経225先物  
日経平均基準IV値04/28 ; 20.18  日経225先物14,310 
日経平均基準IV値04/25 ; 18.34  日経225先物14,460   
 
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状 ; IVは、剥落傾向の中、低位の水準に達しているようです。何か起こればいつでも急騰します。たいしたことが起こらなければ、もうしばらく停滞、やや剥落ぎみの傾向はつづきそうです。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,850~15,500
 3月限SQ(5/9)予想値 : 15,050
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,100
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,850
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                   下向 75%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;125枚 売り玉;33枚 (4月30日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 20%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,310円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 20% +300円 ⇒ 20% +400円 ⇒21% 
  下向  -200円 ⇒ 21% -300円 ⇒ 25% -400円 ⇒32%     
 
 04月30日(水)確定損益    -   9,728  
 04月28日(月)確定損益    -  13,808  
 04月25日(金)確定損益    +  57,760  
 04月24日(木)確定損益    ±     0 
 04月23日(水)確定損益    +  50,840   
 04月22日(火)確定損益    +  36,136  
 04月21日(月)確定損益    +  35,028 
 04月18日(金)確定損益    -  58,296  
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  04月度暫定損益(累計)   + 241,831      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月27日(日)
 
切り貼り疑惑を指摘する投書があり、調査に着手したぬきちでした。
 
人は何とでも、都合よく解釈し、弁明粉飾を常とする生き物のようです。
 
 
2014-04-22 うさぎとネンネ
 
 これは、3匹のうさぎと寝ころんでいるまりなちゃんの画像ですね。
 
 
2014-04-22 うさぎ部屋でちびこ熟睡中_201301292014-04-21 うさぎ ウィンク
 
 問題となったのは、この3枚の真ん中の画像です。
 単純な差し替えミスといえば、差し替えミスと解釈できます。
 
 ここに、『悪意』があったか否か、ですか?
 それは、きつい言葉で、科学の領分をすこぶる逸脱したかに思われる言葉ですね。
 
 科学研究の分野に、善悪の倫理基準の判断が公然と持ち込まれるとは、ぬきちにとって違和感があり、また新たな発見でもありました。 
 
 人間のしていることですから、問題が表面化した段階で、そんなことだってあり得るとも考えられたのですが。
 
 ともかく、深層心理の解析も踏まえて、
 更に、弁護士という別世界の専門家が介在することにより、特有の落とし所を探る、司法事例を基準として用いる弁舌や法律論理の言葉のやり取りが加わってきますから、
 問題は錯綜し混迷の度は増し、判断はますます難しいものになるばかりです。
 
 
      2014-04-26 耳の短いうさぎの帽子


そんな争いごとに貴重な時間と税金を消耗させるよりも、学者の使命と本分である細胞の学術的な研究にこそ、命を注いでもらいたいものです。
 
 このたび、ドクトル・ちびこが学会に学術論文の補足資料として提出しようとしているのが、この写真です。
 
 産まれて間もなく、うさぎと暮らすようになった赤子の細胞に顕著な変化が認められるという、いく分奇抜な発見です。
 
 眉毛の上から白っぽいウサギの体毛が生えてきて頭部が覆われたのが、はっきりと見て取れます。
 
 そして、まだ短いですが耳の形状をした突起物がふたつ、頭頂部両翼に、明瞭に映っているのがお分かりになるでしょうか?

 歴史的な発見は、往々にして世の人の反感を招き、その時代からは理解されないものです。
 
 ドクトル・ちびこの悪なき探究心と地道な研究を、これからも陰ながら応援していきたいと願っています。
2014年4月25日(金)期近SQ前3週 うす曇り 
 

 トレンドが形成されない不安定な値動きがつづいている日経225です。
 
 目先の値動きに惑ふことのないようにと、心がけたいところです。
 
 
 オプションの建て玉は、期近SQ前3週の山場を何とか大事なくやり過ごし。
 
 SQへ向けて、ほどほどの利益をめざして運行していけそうな気がしてきました。
 
 
 しかし、油断のできない流動的な経済を取り巻く世界情勢に変りはなく、
 
 その大海の中の浮遊物のような玉は、
 
 心細げに浮かんでは沈み、
 
 を、くりかえし。
 
 タイムアップのゴールに無事、たどり着けるか、
 
 その前に、救出されるか、
 
 
 その道行きを、自分の思惑で決められないのは、
 
 人生の道行きと、似たようなものかも知れません。

 
 
 
 ----・----・-----・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/25 ; 18.34  日経225先物14,460   
日経平均基準IV値04/24 ; 18.45  日経225先物14,420  
日経平均基準IV値04/23 ; 19.73  日経225先物14,550  
 
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状 ; IVは、剥落傾向の中、低位の水準に達しているようです。何か起こればいつでも急騰します。たいしたことが起こらなければ、もうしばらく停滞、やや剥落ぎみの傾向はつづきそうです。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,850~15,500
 3月限SQ(5/9)予想値 : 15,050
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,100
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,850
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;125枚 売り玉;33枚 (4月25日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 20%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,420円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 20% +300円 ⇒ 20% +400円 ⇒21% 
  下向  -200円 ⇒ 21% -300円 ⇒ 25% -400円 ⇒32%     
 
 04月25日(金)確定損益    +  57,760  
 04月24日(木)確定損益    ±     0 
 04月23日(水)確定損益    +  50,840   
 04月22日(火)確定損益    +  36,136  
 04月21日(月)確定損益    +  35,028 
 04月18日(金)確定損益    -  58,296  
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  04月度暫定損益(累計)   + 265,367      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月23日(水)期近SQ前3週 うす曇り 
 

 14500の抵抗価格帯
 
 この先どう動くものか、人の知恵では分からぬものなのでしょう。
 
 
 上に動いた場合、下に動いた場合、あまり動かない場合、
 
 そして、その値動きの勢いに程度の差があり、
 
 SQの清算日に向けて、刻々と過ぎていく時間。
 
 その時間の価値の変化を計りながら、
 
 損益が算出されていく。 
 
 日々、
 
 営み。
 
 
 ----・----・-----・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/23 ; 19.73  日経225先物14,550  
日経平均基準IV値04/22 ; 20.39  日経225先物14,350  
日経平均基準IV値04/21 ; 20.81  日経225先物14,530  
 
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状 ; IVは、剥落傾向の中にあり、今は中値の低位か安値の高位くらいの水準でしょうか。何か起こればいつでも急騰します。たいしたことが起こらなければ、もうしばらく剥落傾向はつづきそうです。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,500~15,700
 3月限SQ(5/9)予想値 : 15,200
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,100
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,850
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;125枚 売り玉;31枚 (4月23日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 18%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,530円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 17% +300円 ⇒ 17% +400円 ⇒18% 
  下向  -200円 ⇒ 21% -300円 ⇒ 28% -400円 ⇒36%     
 
 04月23日(水)確定損益    +  50,840   
 04月22日(火)確定損益    +  36,136  
 04月21日(月)確定損益    +  35,028 
 04月18日(金)確定損益    -  58,296  
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  04月度暫定損益(累計)   + 207,607      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月22日(火)期近SQ前3週 うす曇り 
 

 25日移動平均線を割り込んで陰線を引いた日経225でした。
 
 気持ちをフラットにして臨まなければならない明日以降の相場ですが、
 
 夜間取引が海外の堅調ぎみな株価の動きに影響されて、少し戻しぎみになっています。
 
 
 じつに、もどかしい動きで、・ ・ トレードの方は、
 
 形は結果的に利確ですが、若干、ダウンサイドのプットの建て玉を外すことになりました。
 
 そして、アップサイドにコールの売りぎみの玉を建てて、バランスを保とうとしましたが。
 
 そのバランスもまた、微妙なところです。
 
 
 外した玉も建てた玉も、捨て石(捨て駒)的な意味合いのもので、初めから損になっても良い、という気持ちで、損になることを待機しているような気持ちで建てた、バランス調整のための玉です。
 
 調整のための玉で、損となる最大限度を逆指値で限定してあるとはいえ、その額はけっして少なくはありません。
 
 最大損から相場動向によっては、願わくば ⇒ 0 ⇒ + 利益となるように持っていくことが、もう一つの狙いです。
 
 
 そのテクニカル調整が、(この先しばらく、連休入り直前までは)トレードの主眼、となります。
 
 メインの建て玉とは狙いが違いますが、より前線で戦う部隊のような立ち位置で、建て玉全体のクッションとなり、全体の調整も兼ねる役割りも併せ持ちます。
 
 新しい戦略のひとつとして、考えたものですが、建て方そのものは何ら目新しいことはありません。
 
 
 期近SQも前3週の半ばに差しかかり、 明日は大事な取引となりそうで。
 
 
 微妙な均衡を問われそうな気配、であります。
 
 
 ----・----・-----・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/22 ; 20.39  日経225先物14,350  
日経平均基準IV値04/21 ; 20.81  日経225先物14,530  
日経平均基準IV値04/18 ; 19.98  日経225先物14,520  
 
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状 ; IVは、剥落傾向の中にあり、今は中値の低位か安値の高位くらいの水準でしょうか。何か起こればいつでも急騰します。たいしたことが起こらなければ、もうしばらく剥落傾向はつづきそうです。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,500~15,700
 3月限SQ(5/9)予想値 : 15,200
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,350
 上方レジスタンス目処;(2)15,100
 上方レジスタンス目処;(1)14,600
 下方レジスタンス目処;(1)14,200
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,850
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;125枚 売り玉;31枚 (4月22日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 18%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,530円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 17% +300円 ⇒ 17% +400円 ⇒18% 
  下向  -200円 ⇒ 22% -300円 ⇒ 29% -400円 ⇒38%     
 
 04月22日(火)確定損益    +  36,136  
 04月21日(月)確定損益    +  35,028 
 04月18日(金)確定損益    -  58,296  
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 156,767      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月21日(月)期近SQ前3週 曇りときどき晴れ間 
 

 おだやかな週明けを迎え、トレードもつかの間の休息といったところです。
 
 このところ考えてきた戦略も、結局は自分の身の丈に合った按配に落ち着きそうで、
 
 もう少し、細部を詰めておきたいと思っています。
 
 
 人は人で、自分が落ち着いてできる資金配分、売買価格帯の選択がありそうです。
 
  
 投資資金の配分については、2割ほどの現金を銀行口座に、後方待機資金として預け置いています。
 
 それを含めた全体資金の15~20%が、今のところ維持保証金の使用率として、落ち着ける配分のようです。
 
 SQに近づくと、その証拠金使用率はやや高まりを見せます。
 
 
 新規に玉を建てるときには、OPMarginで、その玉や他の玉の重み(証拠金への影響度)をかならず計って比較し、選択の尺度としています。
 
 
 厳密な数値を必要とはしていない投資のやり方なので、F予測という、やや大雑把な想定を頻用し、
 
 平常時には主に、現値よりも上下に300円か400円、変動したときの証拠金の予測値を出して、追加した場合や減らしたときのシミュレーションをし、判断のよすがとして使わせていただいています。
 
 
 現値より+400円、-400円と、変動したところを見る、というのは、そこまで変動しても証拠金にゆとりのある建て玉となっているか否か、を見ているのです。
 
 現時点での証拠金使用率は、つねに変動をくり返す相場と向き合うときに、当てにならない、と考えているからです。
 
 
 ---・----・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/21 ; 20.81  日経225先物14,530  
日経平均基準IV値04/18 ; 19.98  日経225先物14,520  
日経平均基準IV値04/17 ; 20.89  日経225先物14,380 
 
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状 ; IVは、剥落傾向の中にあり、今は中値の低位か安値の高位くらいの水準でしょうか。何か起こればいつでも急騰します。たいしたことが起こらなければ、もうしばらく剥落傾向はつづきそうです。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,750~15,700
 3月限SQ(5/9)予想値 : 15,200
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,350
 上方レジスタンス目処;(2)15,100
 上方レジスタンス目処;(1)14,600
 下方レジスタンス目処;(1)14,150
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 65%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;127枚 売り玉;34枚 (4月21日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 17%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,530円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 18% +300円 ⇒ 19% +400円 ⇒21% 
  下向  -200円 ⇒ 20% -300円 ⇒ 26% -400円 ⇒34%     
 
 04月21日(月)確定損益    +  35,028 
 04月18日(金)確定損益    -  58,296  
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 120,631      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
                2014・04・13 まりな一週間 5 (1)
2014・04・12 まりな一週間 12014・04・13まりな一週間 3 (2)2014・04・13 まりな一週間 5 (2)2014・04・13まりな一週間 3 (1)2014・04・14 まりな一週間 72014・04・14 まりな一週間 6
2014・04・18 レディまりな2週間






2014年4月18日(金)期近SQ前4週末 曇りときどき晴れ間 
 

 一週間の相場とトレードが終りました。
 
 日経225は、500円超の上昇。
 
 
 一見、おぼつかないリバウンドに見えますが、・ ・ 。
 
 トレーダーとしては、思い込みを排して、動きに応じてついていくことができるようにと願っています。
 
 
 今週は、しばらくぶりの試みとして本隊とは別に、プットのネイキッド売りを(もちろん逆指値のヘッジ仕掛け付きですが、) 建てて、収益の若干の上乗せを目論んでみました。
 
 イベント・リスクの収束傾向と、IVの剥落の流れは、オプション買い玉には厳しい相場局面とするならば、発想を逆手に取る戦術は有効ではないか、と考えたからです。
 
 SQ前4週から3週へと向かう時間帯で、セータのタイムディケイに頼る面はありますが、相場の振れの勢いが勝る場合もありますから、まだ損も益も『ハーフ・ハーフ』です。
 
 
 損も益も、自分の都合よく運ばないのが『相場、』というものなのでしょうか。
 
 
 ---・----・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/18 ; 19.98  日経225先物14,520  
日経平均基準IV値04/17 ; 20.89  日経225先物14,380 
日経平均基準IV値04/16 ; 22.17  日経225先物14,420  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状 ; IVは、この一週間も剥落が進みました。中値の低位か安値の高位の水準に達したくらいでしょうか。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,750~15,700
 3月限SQ(5/9)予想値 : 15,200
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,350
 上方レジスタンス目処;(2)15,100
 上方レジスタンス目処;(1)14,600
 下方レジスタンス目処;(1)14,150
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;127枚 売り玉;34枚 (4月18日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 18%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,520円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 19% +300円 ⇒ 20% +400円 ⇒22% 
  下向  -200円 ⇒ 22% -300円 ⇒ 29% -400円 ⇒37%     
 
 04月18日(金)確定損益    -  58,296  
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   +  85,603      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月17日(木)期近SQ前4週 曇りときどき晴れ間と雷雨 
 

 あまり難しく考えないようにと、思うんですが、・ ・ 。
 
 ついで、ですから、
 
 感覚は、どうしたものか?
 
 と、考えてみました。
 
 
 全体的には、諸感覚を弛緩させる方向へと持っていきたいと、考えています。
 
 張り詰めた相場の中で暮らしているので、リラックスさせてバランスをとり、感覚的に調和のとれた生活をめざしたいのです。
 
 
 トレードでは主に視覚、となりますが、・ ・ 。
 
 例えばグラフなどは、視覚的に一目で分かりやすいものとなります。 
 
 分かりやすい、という感覚にも陥りやすい罠があるものですが。
  
 
 週初から、反発したら大きいのではないかと思い、アップサイドにはリスクを軽減させていました。
 
 昨日は、上昇に対するゆとりはありましたが、その次の段階も考えて、建て玉は上に逃がすなど(後で見れば不要かも知れないけれど、)早めの手を打ちました。
 
 もう少し、上値はありそうに、ぬきちの感覚は捉えたのです。
 
 
 感覚は、その根拠が不確かなものと、思いながらも、・ ・ 。

 根拠のない動きをする相場について行くために。 

 
 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/17 ; 20.89  日経225先物14,380 
日経平均基準IV値04/16 ; 22.17  日経225先物14,420  
日経平均基準IV値04/15 ; 21.13  日経225先物14,030  
  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。。。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,500~15,350
 3月限SQ(5/9)予想値 : 14,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,350
 上方レジスタンス目処;(2)15,100
 上方レジスタンス目処;(1)14,600
 下方レジスタンス目処;(1)14,150
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 750%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;130枚 売り玉;37枚 (4月17日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 17%  
 原資産変動時 ( 基準価格 13,950円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 18% +300円 ⇒ 19% +400円 ⇒21% 
  下向  -200円 ⇒ 20% -300円 ⇒ 26% -400円 ⇒33%     
 
 04月17日(木)確定損益    -  26,313  
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 143,899      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月16日(水)期近SQ前4週 曇り 
 

 すがすがしい、上げっぷりで、
 
 こちらも、いさぎよく、ソンギリで応対しました。
 
 
 昨日のブログでしたか、『捨て駒の使い方のようなことをぼんやりと、考えてみたり』
 
 と。
 
 今日は、自分が捨て駒であったことに、
 
 ハッと、気づき、
 
 ソンな大それたことを言った手前ではありましたが、
 
 急ぎ、相場の女神さまにひざまずき、
 
 『捨てないでおくれよ』と、
 
 お頼み申したのであります。
 
 
 今日はまた、
 
 大それたことではありますが、
 
 感情を動かさない、
 
 感情は動かさないで、数値と指先を動かす、
 
 といった訓練を始めようと思い立ち、
 
 思い立った矢先のみごとなまでのあげっぷりに、
 
 感情をどこかへ置き忘れてしまった、
 
 ソンな動かさない仕方を、
 
 計らずも、やらかしちまった! ぬきちなのでした。

 

 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/16 ; 22.17  日経225先物14,420  
日経平均基準IV値04/15 ; 21.13  日経225先物14,030  
日経平均基準IV値04/14 ; 23.68  日経225先物13,950  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。。。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,500~15,350
 3月限SQ(5/9)予想値 : 14,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,300
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(2)13,800
 下方レジスタンス目処;(3)13,500
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 750%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;130枚 売り玉;37枚 (4月16日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 17%  
 原資産変動時 ( 基準価格 13,950円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 18% +300円 ⇒ 19% +400円 ⇒22% 
  下向  -200円 ⇒ 21% -300円 ⇒ 27% -400円 ⇒34%     
 
 04月16日(水)確定損益    +  32,077  
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 170,212      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月15日(火)期近SQ前4週 曇り 
 

 年末から、体調の変化とリスクにとまどうばかりの日々でした。
 
 そんな中でも考えることは、ほとんどトレードのことばかりではありましたが。
 
 体調管理は、何をするにおいても基礎の部分なので、今さらですが、
 
 (運動といえるほどではありませんが)
 
 努めて、体を動かすようにしています。
 
 
 トレードの方も、やっとオプション取引の動きに馴染んできたかな、といったところです。
 
 最近、戦略の組み方について、考えることが多くなっています。
 
 これまで、ひたすら資金管理の徹底とリスク軽減の方向で進んできたような気がいたします。
 
 
 リスクを取らない分、リターンが限られてくるのは道理で、・ ・ 。
 
 少し、踏み込むところは踏み込んで、
 
 リスク限定の形を変えたやり方を試みてみようかと、・ ・
 
 考えるなど、しています。

 捨て駒の使い方、のようなことをぼんやりと考えたり。

 

 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/14 ; 21.13  日経225先物14,030  
日経平均基準IV値04/14 ; 23.68  日経225先物13,950  
日経平均基準IV値04/11 ; 23.29  日経225先物14,060  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,350
 3月限SQ(5/9)予想値 : 14,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,350
 上方レジスタンス目処;(1)14,150
 下方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,150
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;128枚 売り玉;35枚 (4月15日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 18%  
 原資産変動時 ( 基準価格 13,950円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 17% +300円 ⇒ 17% +400円 ⇒18% 
  下向  -200円 ⇒ 20% -300円 ⇒ 26% -400円 ⇒32%     
 
 04月15日(火)確定損益    +  20,103  
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 138,135      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月14日(月)期近SQ前4週 雨後の 
 

 むずかしく、考えることは止めよう、と思う。
 
 相場は、人の思考で捉えられる場ではない、と思う。
 
 水準値と確率を経験を頼りに大雑把に計って、
 
 規律とゆとりをもって、退いたり、進んだり、・ ・ 。
 
 
 良い波動を送ってくれるものや人を、たいせつにして、
 
 
 
 180時間 レディ・まりなのお昼ね
 
2014・04・12 11・25 レディ・まりな 185時間
 

 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/14 ; 23.68  日経225先物13,950  
日経平均基準IV値04/11 ; 23.29  日経225先物14,060  
日経平均基準IV値04/10 ; 21.60  日経225先物14,290  

  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,350
 3月限SQ(5/9)予想値 : 14,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,350
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,150
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;128枚 売り玉;33枚 (4月14日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 17%  
 原資産変動時 ( 基準価格 13,950円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 16% +300円 ⇒ 17% +400円 ⇒18% 
  下向  -200円 ⇒ 19% -300円 ⇒ 24% -400円 ⇒30%     
 
 04月14日(月)確定損益    +  34,228  
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 118,032      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014・04・10 07・59・ レディ・まりな 120時間
2014年4月11日(金)期近SQ週末 暴雨のち? 
 

 先週3日(木)の高値から、1000円超、4つのストライク(売買行使価格)を下へ突き抜ける急落となりました。
 
 こんな事態になっても、IVは意外なほどの『小盛り』でした。
 
 
 トレードは、やや遅れぎみの『コール追い』、『プット逃げ』、でした。
 
 救いだったことは、この急落の時期が期近玉が期限切れを間近にしていた、という点でした。
 
 少な目の損失でとりあえず、今週は終わりを迎えることができたのでした。
 
 
 来週の相場、は、?
 
 多くの投資家の傷口の心配から始まって、・ ・ ?
 
 その先は、?
 
 
 むずかしい疑問を抱えながらも、当限SQは終了しました。
 
 週末くらいはのんびりと、過ごしたいものです。
 
   
  産まれて30時間後のレディ・まりな 
 
30時間後のまりなちゃん
 
 
 どうして、左ばかり向いているかって?
 
 こちらに、ママがいるからです。
 

 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/10 ; 23.29  日経225先物14,060  
日経平均基準IV値04/10 ; 21.60  日経225先物14,290  
日経平均基準IV値04/09 ; 23.02  日経225先物14,380 
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,350
 3月限SQ(5/9)予想値 : 14,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,350
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,150
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;128枚 売り玉;32枚 (4月11日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 15%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,060円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 16% +300円 ⇒ 17% +400円 ⇒18% 
  下向  -200円 ⇒ 18% -300円 ⇒ 21% -400円 ⇒24%     
 
 04月11日(金)確定損益    -  74,330  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   +  83,804      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月10日(木)期近SQ週 曇のち小雨 
 

 素人としては、純粋に『その細胞』ができるかできないか、を知りたい。
 
 できるなら、実用化までのプロセス進展の方にこそ、エネルギーを注いでいただきたい、
 
 と思う。
 
 
 相場も素人として、難しい局面の連続です。
 
 反騰は、きっかけ次第で、ひとまずあるはず、と思うのですが。
 
 そこを確かめたい、ところです。
 

 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/10 ; 21.60  日経225先物14,290  
日経平均基準IV値04/09 ; 23.02  日経225先物14,380 
日経平均基準IV値04/08 ; 22.07  日経225先物14,590 
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(5/9)レンジカーブ(オプション風):13,000~16,000
 3月限SQ(5/9)予想値 : 不明
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,750
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,100
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,900
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;128枚 売り玉;34枚 (4月10日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 15%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,290円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 13% +300円 ⇒ 13% +400円 ⇒13% 
  下向  -200円 ⇒ 20 -300円 ⇒ 24% -400円 ⇒27%     
  
 04月10日(木)確定損益    + 112,975  
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 158,134      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月9日(水)期近SQ週 小雨のち曇 
 

 慣れないことをし、5万くらい損失を出しただろうか。
 
 これは、経験に伴う授業料と思うしかない。
 
 
 それにしても、黒田さんの会見には失望した。(安倍晋三さんには、もっと失望しているが。もっとというのは、責任の大きさが違うから)
 
 今さら失望するぬきちの方が、おかしいのだろうか?
 
 期待していたぬきちの方が、たぶん、おかしかったのだろう。
 
 ここでは、結果についてではなくて、表現や資質、実践力についての期待ですが。
 
 なにより、自身の立場の保身を第一に考えるのが政治屋として普通なことくらい、ふつうに考えておかなければいけないことです。
 
 同じ黒田でも、官兵衛さんとは違うんだから。
 もちろん、官兵衛さんは官兵衛さんで、その時代で批判を受け、期待され失望されているはずですが。
 
 
 だれに対しても、過剰な期待をいだくことは、跳ね返って自分に失望を与えることで。
 
 わざわざ、自分の心理にダメージを与える考え方をしてはいけない、ということになります。
 
 
 この先も、戻り局面は(オプションでは)売りの姿勢で冷静に見ておけば、正解により近い、
 
 のトレードができるのではないかと思っています。

 
 『正解により近い』という考え方と建て方をできるオプション・トレードは、ありがたいなと、つくづく、・ ・ 。

 

 ---・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/09 ; 23.02  日経225先物14,380 
日経平均基準IV値04/08 ; 22.07  日経225先物14,590 
日経平均基準IV値04/07 ; 22.80  日経225先物14,810  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(4/11)レンジカーブ(オプション風):14,000~15,500
 3月限SQ(4/11)予想値 : 14,700
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,150
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,700
 下方レジスタンス目処;(1)14,150
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,900
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 65%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;165枚 売り玉;58枚 (4月09日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 24%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,380円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 24% +300円 ⇒ 22% +400円 ⇒23% 
  下向  -200円 ⇒ 26% -300円 ⇒ 28% -400円 ⇒31%     
 
 04月09日(水)確定損益    +   7,881  
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   +  45,159      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月8日(火)期近SQ週  
 

 日経225は、海外の主にNYの株価下落を受けて、300円近い下落。 
 
 IVは、思ったほどの反応がなく、ふしぎな安心感に支配されている市場の雰囲気は、不気味なものです。
 
 きょうは、昼ごろに出る日銀金融政策の内容と市場の反応が焦点で、
 
 冷静についていくことができるようにと願っています。
 
 その後は、為替に注意して見ていきたい、と。
 
 先週のドラギECB総裁が会見で触れた量的緩和の導入策が、金融政策の変更と理解されて市場がその方向へ反応していくものかどうか。
 
 
 ともかく、SQ週もあと3日間の取引を残すのみとなりました。
 
 トレードは相手(相場)次第なので、・ ・
 
 ほんとうのところ、良識的には、何とも言えません。
 
 相場の方は昼が過ぎて(何ごともなさそうな、リップサービスのみ、といったコンセンサスはありますが)何ごとも起こらなければ、いったん、下へ振れてもおかしくない感じがします。
 
 あるいは、このあたりに押し目を作って反騰しても、上値は知れている感じもします。 
 
 
 --・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/07 ; 22.80  日経225先物14,810  
日経平均基準IV値04/04 ; 23.20  日経225先物15,080 
日経平均基準IV値04/03 ; 23.71  日経225先物15,080  
 
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(4/11)レンジカーブ(オプション風):14,000~15,500
 3月限SQ(4/11)予想値 : 14,750
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,500
 上方レジスタンス目処;(2)15,300
 上方レジスタンス目処;(1)15,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 80%
                   下向 80%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;77枚 売り玉;49枚 (4月04日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 35%  
 原資産変動時 ( 基準価格 15,080円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 32% +300円 ⇒ 31% +400円 ⇒35% 
  下向  -200円 ⇒ 35% -300円 ⇒ 36% -400円 ⇒41%     
 
 04月08日(火)確定損益    -   9,364  
 04月07日(月)確定損益    - 138,055  
 04月04日(金)確定損益    +  56,361  
 04月03日(木)確定損益    +  50,666       
 04月02日(水)確定損益    +   1,136  
 04月01日(火)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   +  37,278      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
 2014年4月6日(日)
 
  初めての新幹線・ちびこ無銭乗車です
 
新幹線のちびこ
 
 
 姪っ子の誕生祝いのために、初めて電車に、それも新幹線に乗ったちびこでした。
 
 列車特有の絶え間ない振動と走行音に警戒したようで、しばらくは、戦闘モードで手提げ袋の底に潜んでいました。
 
 それも30分くらいのもの。
 たいくつになったようで、ごそごそと顔を出してきました。
 
 そこで、記念写真を一枚。
 
  『おら、どこへ行くだか?』
 
 
  津駅から、フェニックス通りへ向かう
 
       産婦人科 ヤナセ・クリニックに着いたちびこ         
  
ヤナセ・クリニックに到着したちびこ

 
 ぬきちの顔を見たまりなちゃんは、大きな口を開けて、あくびをしました。
 
 次に、顔を近づけると、くしゃみをしました。
 
 そして、泣き出したのです。
 
 産まれて初めてのオシッコとウンチでした。
 
 みんなして、覗き込んで見ていましたが、・ ・
 
 将来のレディの排泄行為を覗くなんて!
 
 ぬきちとちびこは謹んで、うつむいていました。
 
 それから、ぬきちはまりなちゃんを抱き上げました。
 
 すると、プププっと、おならをしました。
 
 『レディーいっ!!』
 
 生まれて初めてのおならは、ぬきちの右手の上に、致したので御座います。
 
 
   産まれて18時間後のまりなちゃん
 
まりなちゃんの一日目
   
 
    ちびことまりなちゃんのツーショット 
 
 ぬきちが、ちびこを手提げ袋から取り出そうとしたとき、
 
 常識派のママから、制止させられました。
 
 ちびこは手提げ袋の底でひとつ、おならを致しました。
 
2014年4月4日(金)期近SQ前2週末  
 

 入院して3日目の夜、予定日から時間ばかりが過ぎていきます。
 
 『もう、開いているのだが、なかなか出てこない!帝王切開になるかも』
 
 と、父親になる予定の長男からメールが。
 
 
 と、さきほど夜中の九時過ぎです。女児出産の知らせのメール。
 
 
 そこで、ぬきちとその奥さんとちびこは、5日に新幹線と近鉄特急で三重県の津市へ駆けつけることになります。
 
 津市は、妊婦の実家のある町なのです。
 
 もろもろのリスクに備える保険を人や会社などに勧めて利益や損失を出す職業に従事している(・・なんて長たらしい形容になっちまったんだろう。。)長男、のお嫁さんの初めての出産です。
 
 
 『 全盲のトレーダー、花束を持ってベッドに横たわるうら若き女性とまだ世の中の雑事を知らない オボコ(産子)を見舞う』
 
 どこかの週刊誌で、見かけた光景が思い浮かびますが、・ ・ 。
 
 世の中の善意を振り回すことのないように、・ ・ と、願いながら。

髭も剃って、慎みをもった常識ある行動のたいせつさを思う、ぬきちなのでした。
 
 
 目は、今日も痛みます。
 
 コメントで教えてくださったブルーライトの影響もあるはず、と。
  
 品川アトレへ出かけて、JINSでPC用のメガネを購入しました。
 
 
 仮定のお話しになりますが、
 
 もし、全盲になったら、、、
 
 トレードは ?
 

 ぬきちに、他にすることが、あるでしょうか?
 
 『オプション取引は、盲目でもできる』
 
 ということを、証明実験するしかありません。
 
 実験の正当性は疑う余地なく、証券会社と税務署が証明してくれます。
 
 
 ちなみに、オプション以外の取引を盲目で行なうことについては、まったく自信がないです。
 
 が、不思議なことに、?
 
 (というより、考え方が歪んでいるのかも知れませんが、)
 
 オプションは、目をつぶっていても、できる!
 
 そんな手法だって、ある!
 
 と、普通に考えてしまうのです。
 
 
 しずかに目を閉じて、(開いても見えないから同じことですが。)

 奥さんをゴーストライターまがいに、コキ使って、相場の状況を耳で聞き、
 
 頭の中で、いいかげんな相場の動きを想像し、
 
 グラフや数値を、これも頭の中で動かすなどして調整し、
 
 
 なんとか、やっていける!
 
 なんて、と思うのは、
 
 浅はかな思いつき、非常識的な考え方なのでしょうか?
 
 相場に対する冒涜、なのでしょうか?
 
 オプション取引の奥深さに対する、信頼と敬意なのでしょうか?
 
 
 生あるかぎり、・ ・ ・ ・ ・
 
 トレードの他に何かすることなんて、考えることもできない、
 
 ぬきちなのです。
 
 
 体の病気よりも、そんな考え方をする頭の病気を心配した方がよい!
 
 と、常識は、常識的な忠告をするでしょう。
 
 
 でも、常識ってなんなんだ!
 
 人を救ってくれたことが、あったのか?
 
 相場こそ、人間の常識を思いっきり外れた動きをする世界ではないか。
 
 
 人生だって、
 
 振り返ってみても、
 
 常識を踏み外した、思いがけないところにばかり、
 
 足あとが、残されているではないか!
 
 
 やはりこの先も、
 
 『まとも』と言われる道を、歩くことを、
 
 想像することのできないぬきちなのでした。
 
 
 
 --・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/04 ; 23.20  日経225先物15,080 
日経平均基準IV値04/03 ; 23.71  日経225先物15,080  
日経平均基準IV値04/02 ; 24.15  日経225先物14,970  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(4/11)レンジカーブ(オプション風):14,400~15,500
 3月限SQ(4/11)予想値 : 14,950
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,500
 上方レジスタンス目処;(2)15,300
 上方レジスタンス目処;(1)15,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;77枚 売り玉;49枚 (4月04日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 35%  
 原資産変動時 ( 基準価格 15,080円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 32% +300円 ⇒ 31% +400円 ⇒35% 
  下向  -200円 ⇒ 35% -300円 ⇒ 36% -400円 ⇒41%     
 
 04月04日(木)確定損益    +  56,361  
 04月03日(水)確定損益    +  50,666       
 04月02日(火)確定損益    +   1,136  
 04月01日(月)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   + 184,697      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2014年4月2日(水)期近SQ前2週  
 

 保険屋の長男から、ロクちゃんが陣痛はまだないけど今朝、入院した、という一報が入りました。
 
 慌しい週末となりそうです。
 
 ぬきちも身辺の懸念を軽減しておきたいと思い、昨日、一日中、目の痛みが引かなかったので、近所の目医者へ行きました。
 
 入り口が慌しく、聞くと何でも当院の医者が急に産気づいて今、別の病院へ行ったので、しばらくお休みになる、という事情だそうです。
 
 なぜ今日という日に、産気は重なるものなのか!
 
 とは、不思議に思ったものの、・ ・ 。 
 
 仕方なく、桜をチラ見しようとして目はあまり開きませんでしたが、夕場に合わせて帰途につきました。
 
 
 病気の話しは暗めになるのが、つらいところですが、・ ・ 。
 
 25年前に交通事故で片目を失い、残された一つ目にはフロントガラスの破片による深めの傷が入っています。
 
 これまでは、おそらく体に抵抗力があったからでしょう。
 
 常々、日に一度くらいは、雑菌が入って目が閉鎖され痛みや涙の流出があるのですが、清浄綿でぬぐえばすぐに治っていました。
 
 25年間、そうして来ました。
 
 昨日は、雑菌の力がぬきちの抵抗力にやや勝っていたようです。
 
 考えてもいなかた全盲のリスクに今、気づいたぬきちは、うろたえました。
 
 眼精疲労と網膜の傷に、直接的な関係があるのか否か、知る必要があると考えました。
 
 適切な目薬についても、その適用が良い結果を生むものか、知りたいと思いました。
 
 まずは、慢性的な眼精疲労、目の酷使は健康に良くないだろう、と。
 
 日常生活で、パソコンを日に12時間以上も見ている状態は、少し変えないといけないかな、と考えて。
 
 まずはトレードの気分転換に、目を使うことを少なくしなければいけないだろう、と。
 
 とりあえず、テレビを見ないことを決めました。
 
 多くの方々のブログ訪問は、ぬきちの視野を広げ、単調な生活に潤いを齎してくださいました。

 これも、制限がかかるかも知れません。
 
 そのときが来たら、(そのとき、というのは全盲となったときですが、)仕方がありません。
 
 頭の中でグラフを描きながら、ママに必要な解説記事を音読してもらい、
 
 いい加減な相場の様子を知り、
 
 手探りで、
 
 さらにリスクから、かけ離れたトレードをするしか、あるまい、と覚悟を決めたのでした。
 
 
今から、手を打っておかなければなるまい、と。
 
 ママの機嫌を損ねたら、・ ・ お先は真っ暗!
 
 唐突に、ちびこをママの部屋へと連れて行きました。
 
 これは、あくまでもレンタル・トレードです。
 (正式な移籍ではありません。)
 
 
 さて、相場の方ですが、日経225は15000を上へ突き抜け、最後は下へ突き抜けて、終りました。
 
 ちょうど良い塩梅ではないかと、ぬきちが考えるということは、多くのトレーダーの方々もそう考えていらっしゃるのではないかと推察されます。
 
 明日以降で、おそらく15000円は超え、15台が当然となりそうな雰囲気です。
 
 問題はどこで一旦、頭打ちとなるか、
 
 SQまでの残余時間は、どう収束に向かっているか、
 
 各オプションのリスク度の変化に気をつけ、
 
 建て玉のバランスに気をつけて、
 
 明日のSQ前2週の木曜日に臨みたいと、思いつつ。 
 
 
 
 --・---・---・---・----・---(破線・目処) 
 
日経平均基準IV値04/02 ; 24.15  日経225先物14,970  
日経平均基準IV値04/01 ; 23.77  日経225先物14,760 
日経平均基準IV値03/31 ; 23.75  日経225先物14,780  
  
日経平均基準IV値02/04 ; 32.98  日経225先物13,920 (前の高値)
日経平均基準IV値10/31 ; 17.80  日経225先物14,350 (前の安値)
日経平均基準IV値09/06 ; 33.93  日経225先物13,850 (前の高値)
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 。
 
 3月限SQ(4/11)レンジカーブ(オプション風):14,400~15,500
 3月限SQ(4/11)予想値 : 14,950
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,500
 上方レジスタンス目処;(2)15,300
 上方レジスタンス目処;(1)15,000
 下方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,000
 
想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;複合・調整型スプレッド・掛け捨て保険付
 
 買い玉;75枚 売り玉;45枚 (4月02日現在)

 証拠金使用率(基本建て玉)  ; 28%  
 原資産変動時 ( 基準価格 14,970円 ) (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)   

  上向  +200円 ⇒ 28% +300円 ⇒ 29% +400円 ⇒33% 
  下向  -200円 ⇒ 26% -300円 ⇒ 28% -400円 ⇒31%     
 
      
 03月04日(火)確定損益    +   1,136  
 03月03日(月)確定損益    +  76,540

  03月度暫定損益(累計)   +  77,676      
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -