2013年9月27日(金)《当限SQ前3週》日経225先物;14,720円(-110前日比) 


 金曜は軟調でした。
 
 かわらずに、15,000抜けを見てはいるのですが、
 
 オプションでわざわざリスクを増やして狙うこともない、
 
 と考えて、過度な建て玉は整理してほぼニュートラルです。
 
 当限SQ前2週に入ります。
 
 週の前半の時間帯の推移が、10月限の成果の鍵を握るのではないかと思います。
 
 各国のチャートなどを見てもどちらかに一度、振れそうですが、海外の混迷が加速しなければ上の気がいたします。
 
 が、もちろん下でも良い、と構えられるのは、オプション取引の特にすぐれた特徴なのでしょうか。
   
 
   -・-・-・-・--・-・-・--
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,500
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,950
 下方レジスタンス目処;(1)14,800
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,250
 
日経平均基準IV値9/27  ; 23.42(-1.64前日比)
日経平均基準IV値9/26  ; 25.06(+0.48前日比)  
日経平均基準IV値9/25  ; 23.97(+0.48前日比)   
日経平均基準IV値9/24  ; 23.49(+1.14前日比)
日経平均基準IV値9/20  ; 22.25(-1.79前日比)
日経平均基準IV値9/19  ; 24.04(-1.25前日比)
日経平均基準IV値9/18  ; 25.29(+1.44前日比)
 
日経平均基準IV値9/06  ; 33.93(+3.04前日比)
日経平均基準IV値9/05  ; 29.89(-1.03前日比)      
日経平均基準IV値9/04  ; 30.92(-0.74前日比)
日経平均基準IV値9/03  ; 31.66(+1.47前日比) 
日経平均基準IV値9/02  ; 30.19(+2.45前日比)
日経平均基準IV値8/30  ; 27.74(+1.17前日比)
日経平均基準IV値8/29  ; 26.57(-3.00前日比) 
 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 市場心理指数の剥落傾向も落ち着いた推移を見せています。
 来週は、もし株価指数がどちらかに意外な反応を見せれば、反発する場面もありそうです。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):14,000~15,700
 当限SQ(10/11)予想値 : 15,352
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 60%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・デビッド・クレジット・バック・カレンダー・ストラドル・ストラングル・ネイキッド・先物・その他・混合・変動・迷走型)
  
 証拠金使用率  ; 36%  
 原資産変動時( 基準価格 14,830円 )
  上向  +200円 ⇒ 38% +350円 ⇒ 39% +500円 ⇒ % 
  下向  -200円 ⇒ 36% -350円 ⇒ 41% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月27日(金)確定損益    -  4,924  
 9月26日(木)確定損益    +  35,015  
 9月25日(水)確定損益    +  61,847  
 9月24日(火)確定損益    - 187,012 
 9月20日(金)確定損益    +  12,247  
 9月19日(木)確定損益    +  41,569  
 9月18日(水)確定損益    +  23,808 
 9月17日(火)確定損益    +  57,119
 9月23日(金)確定損益    +  15,610
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 162,895
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月26日(木)《当限SQ前3週》日経225先物;14,830円(+270前日比) 
2013年9月25日(水)《当限SQ前3週》日経225先物;14,570円(-110前日比)  

 
 2口座で、買い玉が合計270枚。売り玉が56枚。
 
 買い玉のほとんどは既に、1円、0円で、処理不能。
 
 もしくは、ヘタに処理することもできず。
 
 
 売り買いの玉をほとんど抱え込んで、SQに向けていざ、玉砕。
 
 となりそうです。
 
 ちょっと数が多すぎる気もするのですが、・ ・ 。

 
 相場は強そうで、上向きのコール買い玉を少し入れてあります。
 
 相場ですから、株価などは個人の思惑などかまわずに、普通に逆走するものですが。
 
 なにしろ買い玉が多いもんで、何とかなるんじゃないかと、思ってはいます。
 
 早めに外すつもりの玉なので、他のコール・スプレッドとの整合が微妙です。
 
 
 これは、買い玉がメインなのか、どうなっているのか、
 
 なんというスタイルなのか?
 
 (裸の王様、という童話がむかし、ありました。
  裸のぬきち様、と言われないように気をつけないと。)
 
 
 今のところ、変身したつもりの本人が、
 
 自分の状態がどうなっているものか?
 
 客観的に理解できないでいるので、
 
 きっと、
 
 時が過ぎるのを ・ ・ ・
 
 しばし待つ、
 
 しか、なさそうです。

  
   -・-・-・-・--・-・-・--
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,500
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,950
 下方レジスタンス目処;(1)14,800
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,250

日経平均基準IV値9/26  ; 25.06(+0.48前日比)  
日経平均基準IV値9/25  ; 23.97(+0.48前日比)   
日経平均基準IV値9/24  ; 23.49(+1.14前日比)
日経平均基準IV値9/20  ; 22.25(-1.79前日比)
日経平均基準IV値9/19  ; 24.04(-1.25前日比)
日経平均基準IV値9/18  ; 25.29(+1.44前日比)
日経平均基準IV値9/17  ; 23.85(+0.07前日比)
      
ボラティリティの現状と週間予想 ; 市場心理指数の剥落傾向も落ち着いた推移を見せています。
 週末から来週は、もし株価指数の上昇があれば、上に反応する場面もありそうです。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):14,500~15,700
 当限SQ(10/11)予想値 : 15,352
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                   下向 60%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・デビッド・クレジット・バック・カレンダー・ストラドル・ストラングル・ネイキッド・先物・その他・混合・変動・迷走型)
  
 証拠金使用率  ; 24%  
 原資産変動時( 基準価格 14,830円 )
  上向  +200円 ⇒ 18% +350円 ⇒ 20% +500円 ⇒ % 
  下向  -200円 ⇒ 33% -350円 ⇒ 40% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月26日(木)確定損益    +  35,015  
 9月25日(水)確定損益    +  61,847  
 9月24日(火)確定損益    - 187,012 
 9月20日(金)確定損益    +  12,247  
 9月19日(木)確定損益    +  41,569  
 9月18日(水)確定損益    +  23,808 
 9月17日(火)確定損益    +  57,119
 9月23日(金)確定損益    +  15,610
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 167,819
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月24日(火)《当限SQ前3週》日経225先物;14,680円(+0前日比)  

 
 ものごとの初めから、優れた資質を持つ人なんて、居るものではないですが。
 
 Obaさんの資質への疑問がこのところ、ちびことの話題の中心になっていた我が家です。
 
 カリアゲくんだけでなく、シリアにもロシアにも、かるくあしらわれている様は、世界の政治経済の安定にとって懸念材料に不確かな懸念を増長させる由々しき事態で、混乱は長引きそうです。
 
 
 対不調とちびことの関係悪化で、しばらく細切れのブログとなりそうです。
 
 スタイル改変に急ぎ過ぎて、不調に陥っているのです。
 
 ここまで打ち込んだなら、きっと良い実りをもたらしてくれるに違いないと、希望は捨てていませんが。
 
 人生は過酷なもので、トレードの現実は、シビアです。

  
   -・-・-・-・--・-・-・--
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,500
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,800
 下方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,250
 
日経平均基準IV値9/24  ; 23.49(+1.24前日比)  
ボラティリティの現状と週間予想 ; 剥落傾向も緩やかとなりそうで。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):14,000~15,700
 当限SQ(10/11)予想値 : 15,220
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 70%
                   下向 65%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・デビッド・クレジット・バック・カレンダー・ストラドル・ストラングル・ネイキッド・先物・その他・混合・変動・不審型)
  
 証拠金使用率  ; 27%  
 原資産変動時( 基準価格 14,680円 )
  上向  +200円 ⇒ 29% +350円 ⇒ 30% +500円 ⇒ % 
  下向  -200円 ⇒ 33% -350円 ⇒ 39% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月24日(火)確定損益    - 187,012 
 9月20日(金)確定損益    +  12,247  
 9月19日(木)確定損益    +  41,569  
 9月18日(水)確定損益    +  23,808 
 9月17日(火)確定損益    +  57,119
 9月23日(金)確定損益    +  15,610
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  +  70,957
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
                 縮)Vタワー火事
 
 
 ちびこの叫び声で外廊下へ飛び出したぬきちは、お隣りのビル27階の窓から立ち上る白煙をカメラに収める。
 
 左上空に迫る黒い物体は何か!・ ・ ・ ですか?
 
 これは、宇宙戦闘艦隊の戦艦の一部です。
 
 
縮)ちびこーばあやのベッドへ
 
 
 
 爆発音を聞いたちびこは、お隣りのばあやのベッドの枕元へと、・ ・ 。 
 
 ぬきちの居ぬ間に、行っちまった。
 
 一年ぶりの出戻りでしょうか。
 
 えっ! どうしたの? ちびこや。
 
 いくら声をかけても、ちびこは知らんぷり。
 
 ぬきちとは、目を合わそうともしない、ちびこでした。
 
 
2013年9月20日(金)《当限SQ前4週末》日経225先物;14,680円(+150前日比)  

  
 この連休は、体力の回復を第一に考えて、週明けも夜間はほどほどに休息を取りたい。
 
 いつまでも無理が利く年齢ではないので、・ ・ 。
 
 これから先のことを考えると、
 
 放置系建て玉の研究は、たいせつになってきます。
 
 
 それと、
 
 勝負どころは確かにあるので、
 
 そこは、
 
 腹を据えて、
 
 攻める気迫を
 
 養っておきたい。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・--
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,200
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,800
 下方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(2)14,400
 下方レジスタンス目処;(3)14,250
 
日経平均基準IV値9/19  ; 22.25(-1.79前日比)  
ボラティリティの現状と週間予想 ; 剥落傾向もこのあたりからは緩やかとなりそうですが、日経の値幅をともなう反落がもしあれば、反騰に気をつけておきたい。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):13,700~15,800
 当限SQ(10/11)予想値 : 15,350
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 80%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・デビッド・クレジット・バック・カレンダー・ストラドル・ストラングル・ネイキッド・先物・その他・混合・変動・不審型)
  
 証拠金使用率  ; 18%  
 原資産変動時( 基準価格 14,680円 )
  上向  +200円 ⇒ 14% +350円 ⇒ 12% +500円 ⇒ 11% 
  下向  -200円 ⇒ 18% -350円 ⇒ 24% -500円 ⇒ 32% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月20日(金)確定損益    +  12,247  
 9月19日(木)確定損益    +  41,569  
 9月18日(水)確定損益    +  23,808 
 9月17日(火)確定損益    +  57,119
 9月23日(金)確定損益    +  15,610
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 257,969
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月19日(木)《当限SQ前4週》日経225先物;14,680円(+150前日比)  
2013年9月18日(水)《当限SQ前4週》日経225先物;14,430円(+40前日比) 
  
 
 疲労ぎみで、・ ・ 。
 
 まともな日本語をしゃべれ、
 
 なさそうなので、
 
 トレードの報告のみとなります。 
 
 
 相場は、若干の利食い売りをこなしながら、
 
 ゆるやかな〇〇を期待しています。

 
 こうなったら、
 
 そうなってほしいものです。
 
 
 コールの損切りをしたんですから。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,300
 上方レジスタンス目処;(2)15,000
 上方レジスタンス目処;(1)14,800
 下方レジスタンス目処;(1)14,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,250
 下方レジスタンス目処;(3)14,000
 
日経平均基準IV値9/19  ; 24.04(-1.07前日比)  
日経平均基準IV値9/18  ; 25.29(+1.44前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; ゆったりとした剥落傾向の中で、・ ・ ・ 。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):13,700~15,800
 当限SQ(10/11)予想値 : 15,350
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 80%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・デビッド・クレジット・バック・カレンダー・ストラドル・ストラングル・ネイキッド・先物・その他・混合・変動・不審型)
  
 証拠金使用率  ; 16%  
 原資産変動時( 基準価格 14,280円 )
  上向  +200円 ⇒ 14% +350円 ⇒ 15% +500円 ⇒ 17% 
  下向  -200円 ⇒ 18% -350円 ⇒ 24% -500円 ⇒ 32% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月19日(木)確定損益    +  41,569  
 9月18日(水)確定損益    +  23,808 
 9月17日(火)確定損益    +  57,119
 9月13日(金)確定損益    +  15,910 
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 245,722
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月17日(火)《当限SQ前4週》日経225先物;14,280円(-40前日比) 
  
 
 台風では心配な人(本人)がいたので、慌しい連休となりました。
 
 ぬきちは、こんな日に出張の傘貼りのバイトを入れて、少しばかり濡れてもいいと、
 
 自分の傘の補修だけは、何とか避けたいものと、
 
 傘を守りながら、宇宙を 歩いた? ・ ・ かんじが違いますよね。
 
 雨中を、歩いたものです。

 
 無事、帰宅はしたものの。
 
 我が家は、横殴りの雨に弱い構造なので、・ ・ 。
 
 まずは、机やスタンド、コード、刷毛などを
 
 窓際から避難させます。
 
 さいわいなことに、深夜の雨漏りとの格闘とはならず。
 (昨年は、一度ありました。
  睡眠時間を後ろにずらして、
  守るべきものを守らなければなりませんでした。)
 
 特に、生活のかかっている傘貼り用具類は、まっさきに
 
 安全地帯へと、避難させます。
  
 
 この窓は、・ ・ ・
 
 築40年くらいでしょうか?
 
 近年は、あまり見かけない、
 
 普通に考えれば、2枚で足りると思われるのですが。
 
 何をお考えになられたのでせうか?
 
 40年も昔のことですから、聞くわけにもまいりませんが。
 
 精一杯、シャレたおつもりだったのでしょうか?
 
 6枚のガラスが使われているのです。
 
 そのすき間に、セロテープを貼ったり、
 
 もう、貼ったままで置きっ放し、してあるんですが。
 
 ・ ・ いわゆる、ひさしの無い構造なので、
 
 雨風の直撃をくらう訳です。
 
 風の強い夜にも、まいります。
 
 ガタピシと、頭の上で音楽会が始まります。
 
 非難しても始まりません。
 
 布団を台所まで持っていって、
 
 本人が、避難するのです。
 
 
 アマ漏れには、窓際の畳に新聞紙を重ね置き、その上にバスタオルを置き、その日のために用意された10枚ほどの普通のタオルを窓枠のあたりにあてがって、ひんぱんに取替えては、バケツに雨水を搾り出すのです。
 たいてい、バケツ1~2杯はくみ出すのですが。
 
 さいわいなことに、今回はバケツ半分の雨量で済みました。
 
 まあ、毎年のことなので、(年に2,3回くらいかな) 
  
 慣れれば、どうということでもない、のですが。
 
 ・ ・ ・ コホン (咳払いです)
 
 
 今日はいちおう、トレーダーという華麗な世界に住む、真実を、お届けしてみました。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,150
 下方レジスタンス目処;(2)13,900
 下方レジスタンス目処;(3)13,700
 
日経平均基準IV値  ; 23.85(+0.07前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 大証の基準IV値と違って今日の体感IVの剥落は顕著でした。ズレが感じられるときには、ACさんやdrillerさんのブログを拝見しています。剥落傾向は速度を落としてつづきそうですが、これまでの落下速度が急だっただけに、いつ反発してもおかしくないと警戒しておきます。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):13,500~15,300
 当限SQ(10/11)予想値 : 15,000
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 75%
                   下向 70%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 13%  
 原資産変動時( 基準価格 14,280円 )
  上向  +200円 ⇒ 14% +350円 ⇒ 14% +500円 ⇒ 15% 
  下向  -200円 ⇒ 13% -350円 ⇒ 18% -500円 ⇒ 21% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 
 9月17日(火)確定損益    +  57,119
 9月13日(金)確定損益    +  15,910 
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 180,345
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月13日(金)《9月限SQ週》日経225先物;14,320円(+60前日比) 
  
 
 リスクを抑えた安定的なトレードの方向へと一歩、踏み出しつつあるぬきちですが。
 
 そして、戦略とも手法と呼ばれるオプションのやり方のいくつかを試しつつ、トレードの幅を広げようと努力を始めつつあるところですが。
 
 
 問題は、リスクを低減したままで、もう少しなりとも利益率をアップさせること。
 
 それに、リスクを低減したとはいえ、リスクを取っていることに変わりはなく、
 もう少しその損失率をダウンさせること。
 
  
 それには、まずオプションの原資産である日経225の動向を、ある程度はしっかり把握すること。
 
 そのときの相場に合う手法の選択。
 
 エントリーのタイミングの判断。
 
 変動に合わせた建て玉の動かし方。
 
 
 それらの精度を上げる研鑽を怠らないこと。
 
 資料をさらに整備して、状況の違う相場でのシミュレーションを行ない、またそれをいつでも行なえるようにしておくこと。
 
 そして、体調を管理して、日々の相場に臨むこと。
 
 最後にもうひとつ必要なものは、『 ゆとり 』。
 
 
 SQも区切りのついた週末、そのような基礎的なことを今一度、整理してみたぬきちでした。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,550
 下方レジスタンス目処;(1)14,250
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
日経平均基準IV値  ; 24.91(-0.60前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 不安指数は先週のイベント直前の6日に一つの頂点を形成した後(約34%)、剥落傾向がつづいて13日に25%割れを記録しました。このまま20%あたりまでゆったりと剥落がつづくか、相場の環境次第で反騰があるか、といったところ。
 
 当限SQ(10/11)レンジカーブ(オプション風):12,500~16,250
 当限SQ(10/11)予想値 : 不明
 
 想定デルタリスク感応度 ; 上向 60%
                   下向 60%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 5%  
 原資産変動時( 基準価格 14,440円 )
  上向  +200円 ⇒ 5% +350円 ⇒ 6% +500円 ⇒ % 
  下向  -200円 ⇒ 5% -350円 ⇒ 5% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月13日(金)確定損益    +  15,910 
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 123,226 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月12日(木)《9月限SQ週》日経225先物;14,330円(-110前日比) 
  
 
 メジャーSQ直前相場も落ち着いた値動きとなっています。
 
 次のSQ(10/11)を眺めやると、気が遠くなりそうなので、・ ・ 。
 
 当限のSQの整理が済んでから、ゆっくりと考えようと思っています。
 
 
 ヘッジの買い玉をしっかりと入れるようになったので、収益の大幅な伸びは期待できませんが。
 
 堅実さをモットーに、しばらくは地を這う覚悟で、スタイルの変身を計りたい。
 
 
 大変動に耐え得るトレード・スタイルの確立なくして、オプション相場での存命は不可能なことなので。
 
 ぬきちの模索はまだつづき、
 
 ぬきちは、『もさく』となって、
 
 ぬきちのにっきは、『もさくのにっき』 となって、
 
 この秋も、検証と研鑽の日々を過ごすことになります。

 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,250
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
日経平均基準IV値  ; 25.51(-1.59前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 不安指数はイベント直前に一つの頂点を形成したとするなら、イベント通過によって基本は剥落傾向となりそうです。22%から32%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):14,000~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,250
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 75%
                     下向 65%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 40%  
 原資産変動時( 基準価格 14,440円 )
  上向  +200円 ⇒ 32% +350円 ⇒ 28% +500円 ⇒ % 
  下向  -200円 ⇒ 56% -350円 ⇒ 68% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月12日(木)確定損益    -   246 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 107,316 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月11日(水)《9月限SQ週》日経225先物;14,440円(+40前日比) 
  
 
 今に至っては、
  
 オバマは軍需産業の発展的維持のために今回、速やかに実戦する当初のタイミングを逸したのではないかと、決断の最善の時期は失ったのではないかと思われるのですが。

 反体制派への武器供与という小幅な輸出消費で、はたして軍需産業界を説得し失業問題を含めてその巨大な産業界を支え続けていけるものだろうか?
 
 大統領はその権限を、国会・国民に判断をいったん委ねた形を取ったり、他国の提案に相乗りするかのような振りをしてみたり、一方では精一杯の好戦的な姿勢は見せながらも、・ ・ 。
 
 いつどこに妥協点を見い出すつもりでいるのだろうか?
 
 今に至っては、
 
 オバマ発言の昨日来の迷走ぶりをニュースで聞きながら、・ ・ ・
 
 
 今は、ボードを見ながら隣りのテレビでボクシングを見ています。 
 
 好戦的な気分にひたりながら、・ ・ ・

 
 明日は9月限の最終営業日となります。ここに来て、
 
 今に至って、
 
 何か、するほどのことは何もないのですが、・ ・ 。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,650
 下方レジスタンス目処;(1)14,350
 下方レジスタンス目処;(2)14,250
 下方レジスタンス目処;(3)14,000
 
日経平均基準IV値  ; 25.51(-1.59前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 不安指数はイベント直前に一つの頂点を形成したとするなら、イベント通過によって基本は剥落傾向となりそうです。22%から32%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):14,000~14,800
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,550
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 75%
                     下向 65%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 41%  
 原資産変動時( 基準価格 14,440円 )
  上向  +200円 ⇒ 32% +350円 ⇒ 28% +500円 ⇒ % 
  下向  -200円 ⇒ 57% -350円 ⇒ 70% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月11日(水)確定損益    +  49,060
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  + 107,562 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月10日(火)《9月限SQ週》日経225先物;14,400円(+180前日比) 
  
  
 ぬきちにとっては、トレードのために存在しているような
 
 世界情勢ではありますが、・ ・ 。
 
 目まぐるしく変転して、目が追いつかない
 
 そのような事態のなかで四苦八苦。
 
 
 最近、ちびこにやや、目を掛けてあげる頻度が乏しげで、
 
 見上げると、憮然とした表情のちびこであります。
  
 
 ロクちゃんのご懐妊のニュースの影響では、決してありませんが。
 
 4月のご予定だそうです。
 
 岡山へ行くときには、ちびこを連れて行って、
 
 良いものかどうかと、思案に暮れています。 
 
 
 ・ ・ ・ 明日のトレードに直接、影響を与えるお話しではないのですが、・ ・ 。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,650
 下方レジスタンス目処;(1)14,400
 下方レジスタンス目処;(2)14,300
 下方レジスタンス目処;(3)14,000
 
日経平均基準IV値  ; 27.75(-6.18前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 不安指数はイベント直前に一つの頂点を形成したとするなら、イベント通過によって基本は剥落傾向となりそうです。22%から32%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):14,300~14,800
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,580
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 75%
                     下向 65%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 36%  
 原資産変動時( 基準価格 14,440円 )
  上向  +200円 ⇒ 30% +350円 ⇒ 30% +500円 ⇒ 31% 
  下向  -200円 ⇒ 44% -350円 ⇒ 50% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月10日(火)確定損益    +  44,816
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  +  58,502 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月9日(月)《9月限SQ週》日経225先物;14,220円(+370前日比) 
  
  
 オリンピック東京決定で、何よりも雰囲気の明るさが好材料です。

 株価はムードで、何日かは持つものです。
 
 
 トレードの方は、SQ週での期近玉はコントロールが難しいのですが、がんばって、建ててみました。
 
 平均株価はこのまま上向きがつづくことを第一想定として、
 
 SQまではあと3日。
 
 リスクを乗り越えて無事、清算日にたどり着くことができますように、・ ・ 。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,600
 上方レジスタンス目処;(1)14,400
 下方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(2)13,800
 下方レジスタンス目処;(3)13,500
 
日経平均基準IV値  ; 27.75(-6.18前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 不安指数はイベント直前に一つの頂点を形成したとするなら、イベント通過によって基本は剥落傾向となりそうです。22%から32%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):14,000~14,750
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,580
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 75%
                     下向 65%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 40%  
 原資産変動時( 基準価格 14,220円 )
  上向  +200円 ⇒ 31% +350円 ⇒ 30% +500円 ⇒ 32% 
  下向  -200円 ⇒ 47% -350円 ⇒ 54% -500円 ⇒ % 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月09日(月)確定損益    +  11,504
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  +  13,686 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月6日(金)《9月限SQ前2週》日経225先物;13,850円(-150前日比) 
  
  
 巨大イベント突入。
 
 こんなときに、トレードの中に、まともに入り込んでしまった。
 
 しまった、と言っても、今さらです。
 
 後戻りするには、時を、失いました。
 
 
 上や下に、右や左に、振り回されて、吐き気をもよおし、
 
 疲れ果てて、て、、、
  
 もはや、せんべい布団に倒れ込む、だけとなりました。
 
 
 月曜日。
 
 どんな相場が、待ち受けていることか!
 
 ゆっくりした、やさしげな週末が訪れますように。 
 
 と、ちびこ様に向かって祈らんばかりのぬきちでした。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,400
 上方レジスタンス目処;(1)14,200
 下方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(2)13,200
 下方レジスタンス目処;(3)13,000
 
日経平均基準IV値  ; 33.93(+4.04前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; VLは材料に反応しやすい状態がしばらく続きそうで、30%を挟んで25%から35%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,000
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,580
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 90%
                     下向 90%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 24%  
 原資産変動時( 基準価格 14,000円 )
  上向  +200円 ⇒ 19% +350円 ⇒ 19% +500円 ⇒ 20% 
  下向  -200円 ⇒ 26% -350円 ⇒ 34% -500円 ⇒ 43% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月06日(金)確定損益    -  10,846  
 9月05日(木)確定損益    +  6,881 
 9月04日(水)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  +   2,182 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月5日(木)《9月限SQ前2週》日経225先物;14,000円(-100前日比) 
  

 テクニカル的に好転しつつあると見える位置にまで、日経は上伸してきました。
 
 諸材料を織り込みつつ、と思いたいところですが、織り込めるようなそんな材料でもなく、今の時点ではそうした段階でもなく、・ ・ 。
 
 来週早々にも、諸材料にもみ込まれて、巻き上げられるか巻き落とされるか振り回されるか、見当の付けどころがむずかしいところです。
 
 
 オプションもSQ間近であることが加わって、事態をさらに複雑なものにしています。
 
 時期がずれていたら、何のリスクも取らないで静観し、動きが出たところで出動するのがもっとも安全で望ましいトレード方針だったろうと思います。
 
 来週は、SQ週に突入します。
 
 リスクは、そこそこに取っています。
  
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,400
 上方レジスタンス目処;(1)14,200
 下方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(2)13,100
 下方レジスタンス目処;(3)12,400
 
日経平均基準IV値  ; 29.89(-1.03前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; VLは材料に反応しやすい状態がしばらく続きそうで、30%を挟んで25%から35%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,000
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,580
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 85%
                     下向 75%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 22%  
 原資産変動時( 基準価格 14,000円 )
  上向  +200円 ⇒ 17% +400円 ⇒ 17% +600円 ⇒ 18% 
  下向  -200円 ⇒ 30% -400円 ⇒ 37% -600円 ⇒ 46% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月02日(月)確定損益    +  6,881 
 9月02日(月)確定損益    -  27,689 
 9月03日(火)確定損益    +  31,616
 9月02日(月)確定損益    +  3,220


  9月度暫定損益 (合計)  +  13,028 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月3日(火)《9月限SQ前2週》日経225先物;13,990円(+420前日比) 
  

 SQ前2週も火曜日の日中取引が終わり夜間取引に入っています。
 
 セータ・ガンマの効き具合も一日ごとに変化していく時間帯です。
 
 ともかく、稼いでいけるようにと願いつつ。
 
  
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,800
 上方レジスタンス目処;(2)14,350
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,700
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,350
 
日経平均基準IV値  ; 31.66(+1.47前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; VLは材料に反応しやすい状態がしばらく続きそうで、25%から35%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,350~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 75%
                     下向 75%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 25%  
 原資産変動時( 基準価格 13,570円 )
  上向  +200円 ⇒ 26% +400円 ⇒ 26% +600円 ⇒ 28% 
  下向  -200円 ⇒ 27% -400円 ⇒ 36% -600円 ⇒ 47% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 9月03日(火)確定損益   +  3,220
 9月02日(月)確定損益   +  31,616

 
  9月度暫定損益 (合計) +  33,836 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年9月2日(月)《9月限SQ前2週》日経225先物;13,570円(+220前日比) 
  

 先週末にかけて建て玉を縮小しましたが、・ ・ 。
 
 シリア開戦が目先回避されたことで、朝方に当限に絞ってスプレッドを建て直しました。
 
 日経225は日中だけでなく、夜間に入っても反発が継続しています。
 
 買戻しが一巡した後は手を空かすのではないかと慎重ぎみにみていますが、・ ・ 。
 
 14,000円あたりの価格帯は重そうで抜け出るのは簡単ではなさそうですが、・ ・ 。
 
 決めつけずに、流れに沿って動いていきたいと思います。
 
 
 トレード・スタイルの変更については流動中で、これは間違いなく、流れに沿って動いています。
 
 もう少し精確に言うと、流れに流されて動かされているだけで、いまだ、どこに行き着くものか見当もおぼつかないところです。
 
 ただ、選択できる手法がいくつか出てきている中で、あまり異質な性質のものを同時に手がけるのは難しいなという感覚が得られていることが、ひとつ、収獲といえるものでしょうか。
 
  
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,350
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,850
 下方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,350
 
日経平均基準IV値  ; 30.19(+2.45前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; IVは材料に反応しやすい状態がしばらく続きそうで、25%から35%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,000~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 75%
                     下向 50%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 20%  
 原資産変動時( 基準価格 13,570円 )
  上向  +200円 ⇒ 20% +400円 ⇒ 20% +600円 ⇒ 21% 
  下向  -200円 ⇒ 24% -400円 ⇒ 35% -600円 ⇒ 46% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 

 9月02日(月)確定損益   +  31,616

 
  9月度暫定損益 (合計) +  31,616 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
8月末日
 
 
  トレード・スタイル変更への模索と試行錯誤の期間に入ってしまいました。
 
 ここにきて、本腰をすえて、変身を目指すことになるとは、・ ・ 。
 
 思いがけない事態の変化に、本人が驚いています。
 
 先輩の方々の熱意あるご指導に触発されたわけで、恵まれた巡り合わせに感謝するとともに、果たしてどこまで応えていけるものか、という自分の能力(体力も含めて)の限界をかすかに感じ取りながらも、・ ・ 。
 
 ともかく、がんばれるところまで、頑張っていきたいと願っています。 
 
 
               月次確定損益   累計確定損益
 
 トレード・スタイル変更への模索と試行錯誤  
2013年 8月度確定損益 -   68,704   +  8,762,493     
 トレード手法の弱点改善策の模索
2013年 7月度確定損益 +   240,105   +  8,831,197  
2013年 6月度確定損益 -   766,596   +  8,591,092    
2013年 5月度確定損益 -  3,071,149   +  9,357,688《バーナンキ・ショック》
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
 
        < 2012年度累計確定損益 + 3,071,739円 >
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2012年12月度確定損益 +   15,962   + 11,283,781
2012年11月度確定損益 +   397,088   + 11,267,819
2012年10月度確定損益 +   317,762   + 10,870,731
2012年 9月度確定損益 +   462,385   + 10,552,969
2012年 8月度確定損益 -   299,734   + 10,090,584
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 <ギリシャ総選挙の混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


        < 2011年度累計確定損益 + 2,818,537円 >
 
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510 <東日本大震災>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 
         < 2010年度累計確定損益  + 824,329円 >
 
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
 
以下略