2013年8月30日(金)《9月限SQ前3週》日経225先物;13,350円(-110前日比) 
  

 PRolling社からしばらくぶりに31,500円で購入したデータも届き、資料の整備とシミュレーションと実戦訓練と研鑽を積まなければならないことばかりがますます増えてきて、・ ・ 。
 
 そういったことが落ち着いてできるのはやはり土日なので、週末は集中して努力しなければと思っています。
 
 変身には、けっこう時間がかかりそうなので年内を目処に、そこで済まなければ次の年のどのあたりかを目処に、・ ・ そこでも済まなければ ?
 
 それでも、次の目処を目標地点として目指して進まなければいけない!?
 
 
 オプション・トレードの迷路の果てのない沼地に、足を踏み入れたぬきちなのでした。  
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,200
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,650
 下方レジスタンス目処;(3)12,400
 
日経平均基準IV値  ; 27.74(+1.23前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; IVは上げ下げ。海外リスクに反応しやすく、25%から35%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,400~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 55%
                     下向 50%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 10%  ( 基準価格 13,360円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 11% +400円 ⇒ 13% +600円 ⇒ 16% 
  下向  -200円 ⇒ 7% -400円 ⇒ 8% -600円 ⇒ 9% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月30日(金)確定損益   -  1,421  
 8月29日(木)確定損益   +  43,044
 8月28日(水)確定損益   +  11,955 
 8月27日(火)確定損益   -  13,095
 8月26日(月)確定損益   +  3,370
 8月23日(金)確定損益   -  8,260 
 8月22日(木)確定損益   +  1,114
 8月21日(水)確定損益   +  6,467
 8月20日(火)確定損益   +  8,385
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) -  68,704 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月28日(水)《9月限SQ前3週》日経225先物;13,360円(-180前日比) 
  
   
 トレードは、建て玉を外してみたり、建て直してみたりと、・ ・ 。

 止むを得ない作業の連続です。
 
 8月は大損しなければ良し、
 
 と、自分に言い放してみました。
  
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,200
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,600
 下方レジスタンス目処;(3)12,400
 
日経平均基準IV値  ; 29.56(+3.16前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; IVは反騰。海外リスクに反応しやすく、25%から35%くらいか
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,400~15,000
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 80%
                     下向 75%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 20%  ( 基準価格 13,360円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 20% +400円 ⇒ 21% +600円 ⇒ 22% 
  下向  -200円 ⇒ 23% -400円 ⇒ 31% -600円 ⇒ 43% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月27日(火)確定損益   -  13,095
 8月26日(月)確定損益   +  3,370
 8月23日(金)確定損益   -  8,260 
 8月22日(木)確定損益   +  1,114
 8月21日(水)確定損益   +  6,467
 8月20日(火)確定損益   +  8,385
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 122,282 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月23日(金)《9月限SQ前4週》日経225先物;13,700円(+350前日比) 
  
   
 トレード・スタイルについて、いくつかの手法を学びながら、試行錯誤をしているこのごろです。
 
 それぞれに特性というか、違いがあって、取り扱いには注意が必要なようです。
 
 
 やっかいなことに、実際にやってみないことには分からないものでもあって、
 
 ・ ・ ・ 必要な授業料とでも思っていますが。
 
 いつか、この試行錯誤が役に立つ日も来るかも知れないと、願いつつ、・ ・ 。
 
 
 ただ、やれば良い、というものでもなさそうだ。
 
 ということを、この4年余のオプション・トレード経験が、自分にささやく。
 
 
 経験は、けっしてトレードに良い影響を与えるだけではない。
 
 ただ、自分の経験を振り返って精査することは、意味のあることだと思う。
 
 
 それに、自分の性格を振り返って吟味することは、トレード・スタイルを固めていくときに、あるいは変更したりするときに有用な作業ではないかと、思いつつ、・ ・ 。

 
 にっきを書いています。 

 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,200
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,850
 下方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(2)13,200
 下方レジスタンス目処;(3)13,000
 
日経平均基準IV値  ; 26.81(-1.07前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; (ある範囲内の動きであれば)下げ盛り上げ剥げ状況。リスクに対する過反応の地合いがつづいていて25%前後あたりを底に上げたり下げたりという傾向か
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,800~15,000
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,350
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 70%
                     下向 70%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 18%  ( 基準価格 13,700円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 18% +400円 ⇒ 19% +600円 ⇒ 21% 
  下向  -200円 ⇒ 18% -400円 ⇒ 21% -600円 ⇒ 30% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月23日(金)確定損益   -  8,260 
 8月22日(木)確定損益   +  1,114
 8月21日(水)確定損益   +  6,467
 8月20日(火)確定損益   +  8,385
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 112,557 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月21日(水)《9月限SQ前4週》日経225先物;13,350円(-50前日比) 
  
   
 イチローの言葉より(4,000達成時)
 
 『 うまくいかなかった時間と自分がどう対峙するか!』 
 
 
 ぬきちは、うまくいかない時間がほとんどです。
 感覚的には、うまくいかない時間は90%超ですが、現実的には70%くらいでしょうか。
 
 うまくいかない時間をどうするか! ですか?
 
 『 いかに、うまく逃げるか 』
 『 いかに、適当にごまかすか 』
 
 じつに夢のない、現実に対峙しています。
 
 
 藤圭子の歌

 『 夢は夜ひらく 』
 
 青春の胸に刻まれた うつくしい歌声でした。
 
 
 ぬきちにも、夢はあります。
 
 でも夢は、どこまでも夢でした。
 
 夜も、昼も、ひらいたことがありません。
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-(夢にも消えない破線)
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,300
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(1)13,200
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,700
 
日経平均基準IV値  ; 27.88(+0.05前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; (ある範囲内の動きであれば)下げ盛り上げ剥げ状況。リスクに対する過反応の地合いがつづいていて25%前後あたりを底に上げたり下げたりという傾向か
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,650~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 70%
                     下向 80%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 18%  ( 基準価格 13,350円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 18% +400円 ⇒ 18% +600円 ⇒ 20% 
  下向  -200円 ⇒ 19% -400円 ⇒ 28% -600円 ⇒ 38% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月22日(木)確定損益   +  1,114
 8月21日(水)確定損益   +  6,467
 8月20日(火)確定損益   +  8,385
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 104,297 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月21日(水)《9月限SQ前4週》日経225先物;13,400円(-10前日比) 
  
   
 日経は、過敏に反応しているように見えますが、ぬきちの知り得ない材料に反応し始めていると見ることもできます。
 
 まだ、SQまで3週半の残存時間がある時点です。
 
 破線の上に置かれてここから破れ落ちることは許されず、(いや、いや、だれもが喜んで!とまで言うと皮肉ですが、普通に世間に起こり得る事態として、寛容に許してくれることですが、・ ・ 嫁入り前の娘を抱える身として、ちびこにだけは許してもらえず。) 
 
 売り買いのバランスを過度に傾ける危険な技は当分、できなさそうで、石橋をなでながら、傷を負うこと少なく渡っていきたいと願っています。
 

   -・-・-・-・--・-・-・-・-(当分消えそうにない破線)
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,800
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,200
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,800
 
日経平均基準IV値  ; 27.93(+0.35前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; (ある範囲内の動きであれば)下げ盛り上げ剥げ状況。リスクに対する過反応の地合いがつづいていて25%前後あたりを底に上げたり下げたりという傾向か
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,500~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 70%
                     下向 80%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 16%  ( 基準価格 13,770円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 16% +400円 ⇒ 17% +600円 ⇒ 20% 
  下向  -200円 ⇒ 17% -400円 ⇒ 22% -600円 ⇒ 30% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月21日(水)確定損益   +  6,467
 8月20日(火)確定損益   +  8,385
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 105,411 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月20日(火)《9月限SQ前4週》日経225先物;13,410円(-360前日比) 
  
   
 昨夜の胸騒ぎが、翌日の急落という形で起こるとは思いも寄らぬ、早まった出来事でしたが。
 
 日経平均株価は、月初来安値を平然と割り込みました。
 
 
 株価の変動には、それなりの手当てを早め早めにしているので、
 
 今日も、プットに付けていた提灯を少し削る作業を致しました。
 
 もしも万一、こんなことが提灯の親分の目に留まりでもしたら、
 
 煙たがられた上に、細かいことをする奴だ!
 
 と、どなられるに違いありません。

 
 あべっちは、専門以外に視野の広がらない御用学識者たちを集めて消費税決定のプロセスを国民向けに演出しようと画策しているのでしょうか?
 
 それは、国民われわれをどうやったらうまいこと欺けるものだろうかと、心血を注いで知恵を絞っている、ということにほかなりません。
 
 そんな誠意の欠けた見え透いた策謀に時間を費やしているひまがあるなら、もっともっとすべきことがあるはずと国民ならだれしもが思うはずですが。
 
 例えば?
 
 今のタイミングで進めて、ほんとうに消費税増税が景気浮揚に役立つものなのか?
 
 自国経済の変化、世界経済の変化をどれだけ見定めて、適切なタイミング、柔軟な対応を為そうとしているのだろうか?
 
 特に、室内にこもって地道な仕事をしているトレーダーが波乱に巻き込まれないようにと、どれだけの配慮と思いやりをもって、経済政策を推し進めようとしているのか?
 
 
 なんか、昨日あたりから、へんなところに力が入って、
 
 気がつくと、わけの分からぬ異国の言葉を口走っているぬきちです。
 
 ここらで冷たい麦茶でも飲んで、頭を冷やすことにいたします。  
 
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-(まだ消えぬ破線)
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,800
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,200
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,800
 
日経平均基準IV値  ; 27.58(+1.28前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; (ある範囲内の動きであれば)下げ盛り上げ剥げ状況。基調は高値圏からの下落局面で引き続き剥落傾向(だが、波乱含みで25%前後がつづく傾向も出てきている)
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,500~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 65%
                     下向 75%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 17%  ( 基準価格 13,770円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 17% +400円 ⇒ 18% +600円 ⇒ 20% 
  下向  -200円 ⇒ 20% -400円 ⇒ 27% -600円 ⇒ 35% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月20日(火)確定損益   +  8,385
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 111,878 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月19日(月)《9月限SQ前4週》日経225先物;13,770円(+100前日比) 
  
   
 大きな変動時にカバーできるようにと、ATM近くにガンマロングの建て玉を置いてみようかと、カレンダーをもってきたり、同限で建ててみたりと、あたふたと模索をつづけているぬきちです。
 
 まだ相場に方向が出ないことをさいわいに、・ ・ 。
 
  
 先行きについて、正直なところ分からないのですが、仮に半々として・ ・ 。
 十月ごろには、いったん上げた後になるかこのままの調整の延長となるか、勘としては急落があり得るとすれば、なおさら手当ての方策を見つけ出しておきたいと願うところです。
 
 日本に限っても、諸外国の影響下で景況感の向上がこの秋、期待できるものだろうか?
 
 税収の筋道の通った景気刺激策がバランスよく、あべっちに打ち出せるものだろうか?
 
 そんなことは、提灯屋ぬきちが考えても仕方のないことではありますが。
 
 リスクの度合いのバランスと変化への対応をどのようにもっていくものか、むずかしく考えれば考えるほどに、難しくなるばかりであります。
 
 

   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,200
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(1)13,750
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,300
 
日経平均基準IV値  ; 26.30(-2.12前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; (ある範囲内の動きであれば)下げ盛り上げ剥げ状況。高値圏からの下落局面で基調は引き続き剥落傾向(日経225の値幅を伴う動きがあればリバウンドが有り得る)
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,500~14,800
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,250
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 55%
                     下向 65%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 19%  ( 基準価格 13,770円 )
 原資産変動時
  上向  +200円 ⇒ 19% +400円 ⇒ 20% +600円 ⇒ 22% 
  下向  -200円 ⇒ 20% -400円 ⇒ 25% -600円 ⇒ 36% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月19日(月)確定損益   -   420 
 8月16日(金)確定損益   -   360 
 8月15日(木)確定損益   +  23,808
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 120,263 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月18日
 
トンネルを通って踏み切りを渡ると〇〇方面へ出られます。
ちびこの初めてのお散歩のとき、犬と人とお巡りさんに見つかったらどうしようかと、ドキドキしながら歩いた道でした。
 
トンネルを抜けると、そこは光がまぶしい明るい空間です。
が、今日はその手前にある、うす暗い空間のお話しです。
 
 
トンネルの中ほどに、いつの頃からか寝袋とその他生活必需品と思われるものがきちんと整頓されて置かれています。深夜帰宅して一畳ほどの空間に体を伸ばして休息を取る人がいることは一目で分かります。
 
お巡りさんも見て見ぬふりをして、通り過ぎていらっしゃるのでしょう。
ちびこがお巡りさんに憧れるのは、そのあたりの心配りとやさしさかも知れません。
 
そして近々、結納金を納めに来るというマニーの兄ちゃんがちびこを好きになったのも、そうしたちびこの心やさしさに違いありません。
 
 
トンネルの手前では時々、ひとりのおばあちゃんがしゃがみ込んでいます。
知らない人が見ると、おしっこをしているように見えますが、・ ・ 。
 
そうではなくって、食べ物を与えているのです。
そこには小さな空き地があって、何らかの事情で飼い主を失ったネコが数匹くらいでしょうか?
(心やさしい方はこちらへ・求里親⇒http://naruto160420.blog45.fc2.com/)
 
おはあちゃんは、脇目も振らずに主を失ったネコとの交流に没頭しているのです。
ご自身に、何か喪失して埋められないものを抱えていらっしゃるご様子です。 
 
 
公営アパートの一室の空間。
そこに、傘貼りの内職をして暮らしているという。
 
ブランド品の壊れた傘を集める業者から預かった傘を、折れた傘骨は修復し破れた紙は安価な紙で貼り直して油脂を塗って、・ ・ 。
 
その人の本職は?
 
なんでも、ちっぽけな提灯屋さん、だとか、・ ・ 。
 
傘貼りの手を休めては、提灯を付けたり消したりと、忙しく。
 
えらく難儀なお仕事のようで。
 
サヤを抜くから、オレは『ぬきち』だ!
 
と、ご本人は、躁のときには、そう宣うのだそうで。
 
では、鬱のときには?
 
逆にサヤを抜かれるから、・ ・ ・
 
オレは『ぬかれ』だ!
 
とでも、宣うているのでしょうか。
2013年8月14日(水)《9月限SQ前5週》日経225先物;14,010円(+160前日比) 
  
     副題   自虐の小詩  
 
        生死、と読むのかな? 少時? いや、笑止とも
 
 
 今日は、クラシックを垂れ流して元気をつけながら、板ボードを見つつテレビも流しっぱなしで、・ ・
 
 バッハ・ムトウの弾くG戦場のアリア ?(失敬!コマーシャルも何もかもが、頭の中で混線してるようで。)
 
  
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 ぬきちは、破線上の食材コストパフォーマンス重視生活に、また舞い戻ったようで、・ ・ 。
 
 
 オプションの新しい技の習得は ?
 
 これはこれで、考えれば考えるほどにむずかしく、行なえば行なうほどに迷いとまどい、・ ・ ・ 。
 
 簡単にやれるものなど、どこにもなさそうです。
 
 
 これまで、わずかとはいえ曲りなりにも体で覚え指先になじんできた基本線にそろそろ、ひとまずは立ち返って体勢を立て直さないことには、・ ・ 。
 
 
 それは、そうとして、・ ・ ・ 。
 
 ところで、土日の傘貼りの内職はどうなったかって?
 
 いま暑さが尋常でなく!オーブンの中で煮えたぎって、へばったカマキリのようにひたすら寝転がってますが、・ ・ 。
 
 ほんとうのところ、そんな贅沢はいつまでも許される境遇とはいえ、なさそうです。
 
 幼いちびこを抱えて破線上を、下を見ないようにして歩く、しかない、ぬきちでした。 
   
  
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,800
 上方レジスタンス目処;(2)14,500
 上方レジスタンス目処;(1)14,200
 下方レジスタンス目処;(1)13,750
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,000
 
日経平均基準IV値  ; 26.80(-0.28前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 下げ盛り上げ剥げ状況。高値圏にあって基調は引き続き剥落傾向(日経225の一段の下落があれば一時的に30%台へのリバウンド有り)
 変化の兆し、あり。
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,000
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,550
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 65%
                     下向 75%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 20%  ( 基準価格 14,010円 )
 原資産変動時
  上向  +300円 ⇒ 20% +600円 ⇒ 19% 
  下向  -300円 ⇒ 22% -600円 ⇒ 33% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月14日(水)確定損益   -  28,780
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 143,291 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月13日(火)《9月限SQ前5週》日経225先物;13,850円(+340前日比) 
  
 
   -・-・-・-・--・-・-・-・-
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,500
 上方レジスタンス目処;(2)14,250
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(2)13,300
 下方レジスタンス目処;(3)13,000
 
日経平均基準IV値  ; 27.08(-0.04前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 下げ盛り上げ剥げ状況。高値圏にあって基調は引き続き剥落傾向(日経225の一段の下落があれば一時的に30%台へのリバウンド有り)
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,000
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,430
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 35%
                     下向 70%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 15%  ( 基準価格 13,510円 )
 原資産変動時
  上向  +300円 ⇒ 15% +600円 ⇒ 24% 
  下向  -300円 ⇒ 18% -600円 ⇒ 30% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月13日(火)確定損益   - 126,920
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) - 114,511 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月12日(月)《9月限SQ前5週》日経225先物;13,510円(-160前日比) 
  
 
 下値が見えにくい。
 
 だけでなく、動きもそのタイミングも方向も。
 
 よく分からない。
 
 
 今日もATM付近の買い玉の出し入れを練習のつもりで、
 
 そして、わたしがどのように使えるものか、使えないものか、
 
 そのようなことを考えながら、実践してみました。
 
 ボラティリティの高値圏で、朝、慌ててやらなくてもよさそうに思えるのですが、
 
 そこが若さと焦りで、
 
 数万円以上の授業料の追加支払いとなりました。
 
 ついでに、全体として損切りとなりましたが、
 
 建て玉を思い切って、 外しました。
 
 
 ちびこがこちらをジッと、見つめているようです。
 
 ちびこの目は正視できませんが、
 
 ちびこには今月、
 
 何日か断食に、
 
 付き合ってもらうことになります。
 
 イスラムのラマダン(断食月)に倣って。
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,250
 上方レジスタンス目処;(2)14,000
 上方レジスタンス目処;(1)13,800
 下方レジスタンス目処;(1)13,300
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,400
 
日経平均基準IV値  ; 27.12(-0.32前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 下げ盛り上げ剥げ状況。高値圏にあって基調は引き続き剥落傾向(日経225の一段の下落があれば一時的に30%台へのリバウンド有り)
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,400~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 14,430
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 35%
                     下向 75%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 10%  ( 基準価格 13,510円 )
 原資産変動時
  上向  +300円 ⇒ 10% +600円 ⇒ 11% 
  下向  -300円 ⇒ 11% -600円 ⇒ 14% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月12日(月)確定損益   -  36,300
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) +  12,409 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月9日(金)《9月限SQ前6週》日経225先物;13,670円(+50前日比) 
  
 
 米国の量的緩和縮小を織り込みつつ、安部政権の政策決定のゆらぎに対しては、海外投資家からの厳しい目が向けられそうで、・ ・ 。

 見通しの難しい局面が、この先もつづきそうです。 
 
 
 建て玉は、かなり削減いたしました。
 
 含み益を縮小する形の手仕舞いで、気分はすぐれないのですが。
 
 『見込み利益』という不確定の期待から、脱しようとする意識改革の最中なので、若干でもプラスで建て玉の一部を無にさせられたトレードを評価しておこう、という気持ちになっています。
 
 
 9月限は、残存期間が5週間あり、これからSQ前5週目が始まろうとしている段階です。
 
 焦らずに、相場との ほど良い距離感を確かめながら、難解な局面にあっても生かされる道を探っていこうと思っています。
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,800
 上方レジスタンス目処;(2)14,500
 上方レジスタンス目処;(1)14,200
 下方レジスタンス目処;(1)13,400
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,400
 
日経平均基準IV値  ; 27.44(-1.01前日比) 
ボラティリティの現状と週間予想 ; 下げ盛り上げ剥げ状況。基調は引き続き剥落傾向(日経225の一段の下落があれば一時的に30%台へのリバウンド有り)
 
 当限SQ(9/13)レンジカーブ(オプション風):12,500~14,500
 当限SQ(9/13)予想値 : 不明
 
 建て玉のデルタリスク感応度 ; 上向 15%
                     下向 85%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・変動型)
  
 証拠金使用率  ; 15%  ( 基準価格 13,670円 )
 原資産変動時
  上向  +300円 ⇒ 14% +600円 ⇒ 14% 
  下向  -300円 ⇒ 23% -600円 ⇒ 34% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月09日(金)確定損益   -  47,994
 8月08日(木)確定損益   ±    0   
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) +  48,709 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月7日(水)《9月限SQ前6週》日経225先物;13,860円(-580前日比) 
  
 
 なんでもあり!
 
 が、相場のようです。
 
 あそこから、500円超下げるなんて!
 
 人間には、想像も及びません。
 
 
 建て玉は、抑制ぎみにしてあったので、影響は軽微でしたが。
 
 買い玉の練習も実弾でしないと、感覚が養えないので、先月につづいて授業料の支払いは発生です。
 
 請求書が手許に届くのは、週末か来週初めでしょうか?
 
 
 そのうちの幾分か、後日の穴埋めを期待してがんばって、プットOTMにスプレッドを少々追加しておきました。

 どちらかというと人間の感覚では、下げ過ぎてる、とは思っているのですが。
 
 こればかりは、・ ・ 人間に聞くよりは、相場に聞くべし。
 
 その方が、・・・。
 
 人間としても賢明、なのではないかと思われます。
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,800
 上方レジスタンス目処;(2)14,500
 上方レジスタンス目処;(1)14,300
 下方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(2)13,750
 下方レジスタンス目処;(3)13,600
 
日経平均基準IV値  ; 26.70(+2.12前日比) 

 当限SQ(8/9)レンジカーブ(オプション風):13,600~14,500
 当限SQ(8/9)予想値: 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度; 上向 20%
                    下向 85%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・非固定型)
 現建て玉;スプレッド(期近買い・期先売り )
 
 証拠金使用率;24%
 原資産変動時;基準価格 13,860円 
   上向-200円 ⇒ 23% +400円 ⇒ 23% +600円 ⇒ 22% 
   下向 -200円 ⇒ 26% -400円 ⇒ 39% -600円 ⇒ 54% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
  
 8月07日(水)確定損益   ±    0  
 8月06日(火)確定損益   +  51,259
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) +  96,703 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月5日(月)《9月限SQ前6週》日経225先物;14,230円(-250前日比) 
 
 
 原資産(日経225)は、今週は小動きの下降ぎみの上下動を想定しています。
 
 ボラティリティは、先週月曜日に30%を超える動きがありましたが、全体的には下降トレンドの中のリバウンドで、20%割れを目指している下落局面にあると思われます。
 
 
 何ごともなければ、・ ・ という想定を優先して、とりあえずトレードをしていますが。
 
 何ごとかあった場合(急落)のヘッジについては、まだまだ、試行錯誤中のぬきちです。
 
 
 トレードの方は、今日は何もすることのない平穏な一日で、息抜きをして雑用をこなすことができました。
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,250
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
日経平均基準IV値  ; 25.03(-1.79前日比) 

 当限SQ(8/9)レンジカーブ(オプション風):14,000~14,500
 当限SQ(8/9)予想値: 14,050
 
 建て玉のデルタリスク感応度; 上向 35%
                    下向 80%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・非固定型)
 現建て玉;スプレッド(期近買い・期先売り )
 
 証拠金使用率;22%
 原資産変動時;基準価格 14,230円 
   上向-200円 ⇒ 22% +400円 ⇒ 21% +600円 ⇒ 21% 
   下向 -200円 ⇒ 22% -400円 ⇒ 23% -600円 ⇒ 30% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 8月05日(月)確定損益   +  47,754
 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) +  45,444 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年8月2日(金)《当限SQ前2週》日経225先物;14,480円(+430前日比) 
 
 
 夜間、米雇用統計の発表数値が予想より悪く、為替は急反転して円高が進み、日経225先物は250円ほど下落しています。
 
 木曜、金曜日と2日間で、およそ千円ほど反騰した後、水をさされた格好となりました。
 
 再び円安に振れるまでは、軟弱な相場付き、少なくとも一気の続伸ではなく、上下動を横に刻んでいきそうな予感が致します。

 反騰したボラティリティも、収まっていきそうな気がします。
 
 
 トレードは、期近の売り玉を朝方から撤収しつつ9月限に移行していき、夜間でほぼ完了する形となりました。
 
 
  オプション取引は、予想して決め打ちをしない『ゆとり』の部分がたいせつと思い、そのようなトレード・スタイルでやってきたので、別の動きになっても慌てないようにと、調整の手順を確かめながら、・ ・ 。
 
 来週を無事、迎えることができるようにとねがいつつ、・ ・ 。
 
 ちびこ様のお許しを得て、就寝しようかと振り向くと、・ ・ 目を開けたまま、寝転がっていらっしゃる、ちびこ様でした。
 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,500
 下方レジスタンス目処;(1)14,250
 下方レジスタンス目処;(2)14,000
 下方レジスタンス目処;(3)13,750
 
日経平均基準IV値  ; 26.82(+0.22前日比) 
日経平均VI先物8月限;26.75(+0.75前日比)7/11~8/7volatility
日経平均VI先物9月限;24.65(-0.20前日比)8/7~9/11volatility

 当限SQ(8/9)レンジカーブ(オプション風):13,750~15,000
 当限SQ(8/9)予想値: 14,600
 
 建て玉のリスク感応度; 上向 55%
                下向 80%
 
 基本建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・非固定型)
 現建て玉;スプレッド(期近買い・期先売り )
 証拠金使用率;23%
 原資産変動時;基準価格 13,890円 
    上向-200円 ⇒ 22% +300円 ⇒ 22% +500円 ⇒ 23% 
     下向 -200円 ⇒ 24% -300円 ⇒ 25% -500円 ⇒ 33% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 

 8月02日(金)確定損益   -  2,310
 8月01日(木)確定損益   ±    0 
 
  8月度暫定損益 (合計) -  2,310 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
 
2013年7月31日(水)《当限SQ前2週》日経225先物;13,600円(-290前日比) 
 
 
 あれから、2ヶ月余の歳月が流れました。 
 
 バーナンキさんは至極まっとうなことを語っただけでしたが、世界の市場はご覧の通りの反応を示して、・ ・ ・ 。

 ぬきちは資金を大幅に減らしました。
 
 オプショントレードのやり方の総点検をして、何人もの方やそのブログに学ぶ日々でした。
 
 特に、アッシュさん、九条さんにはたいへんお世話になりました。
 
 といっても、資金減の現実は変わらず、月の収益計画?(などという考え方が許されるなら)そのプランは変更を余儀なくされました。
 
 当面、この1、2年は、月に平均15万円(~20万円)をめざして努力することにしました。
 
 ただ、それをポジションを持った初めから計算することはしないように意識して、結果的に0円のときもあれば30万円くらいのときもあれば良い、という目安ということですが。
 
 できるだけ、金銭が初めから頭にあることのないように。
 
 
 ということで、今月は損益のことは何も考えずに、建て玉の保全に集中していました。 
 
 特に買い過多の試みをしたので、ボラティリティの急落局面で、損切りせざるを得ない苦戦の連続でした。
 
 その中での約24万円は、とてもありがたく、希望をつないでくれた7月となりました。 
 
 
               月次確定損益   累計確定損益
 
2013年 7月度確定損益 +   240,105   +  8,831,197  
2013年 6月度確定損益 -   766,596   +  8,591,092    
2013年 5月度確定損益 -  3,071,149   +  9,357,688《バーナンキ発言ショック》
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 
 
 上方レジスタンス目処;(3)15,000
 上方レジスタンス目処;(2)14,800
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(2)13,000
 下方レジスタンス目処;(3)12,850
 
日経平均基準IV値  ; 29.47(+1.36前日比) 
日経平均VI先物8月限;27.20(-0.85前日比)7/11~8/7volatility
日経平均VI先物9月限;24.60(-0.90前日比)8/7~9/11volatility

 当限SQ(8/9)レンジカーブ(オプション風):13,000~15,000
 当限SQ(8/9)予想値: 14,400
 
 建て玉のリスク感応度; 上向 60%
                下向 70%
 
 建て玉;スプレッド(レシオ・クレジット・ダイアゴ混合・非固定型)
 
 証拠金使用率;25%
 原資産変動時;基準価格 13,890円 
    上向-200円 ⇒ 24% +300円 ⇒ 25% +500円 ⇒ 25% 
     下向 -200円 ⇒ 28% -300円 ⇒ 32% -500円 ⇒ 41% 
        (計算は、OP・Marginに依る。分点以下四捨五入)
 
 7月31日(水)確定損益   ±    0 
 7月30日(火)確定損益   -  5,683
 7月29日(月)確定損益   + 133,549 
 7月26日(金)確定損益   -  47.510  
 7月25日(木)確定損益   +  25.969 
 7月24日(水)確定損益   -  5,787 
 7月23日(火)確定損益   -  28.141 
 7月22日(月)確定損益   -  12.848 
 7月19日(金)確定損益   +  43.870 
 7月18日(木)確定損益   +  26.530 
 7月17日(水)確定損益   -  46.730 
 7月16日(火)確定損益   +  5,683 
 7月12日(金)確定損益   +  40.274 
 7月11日(木)確定損益   +  11.054 
 7月10日(水)確定損益   +  7,516 
 7月09日(火)確定損益   +  19.480 
 7月08日(月)確定損益   +  36.113 
 7月05日(金)確定損益   -  35.351 
 7月04日(木)確定損益   +  82.567 
 7月03日(水)確定損益   -     27
 7月02日(火)確定損益   -   6,982
 7月01日(月)確定損益   -    490

  7月度暫定損益 (合計) +  240,105
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -