2013年4月末日
 
 
 むずかしい闘いを強いられた、というより、むずかしい闘いを自ら招いた4月のトレードでした。
 原資産の日経225は、1日大引値12,180から、およそ2,000円、上昇をつづけた月でした。
 
 コール・サイドOTMの安易な売り過多のリスクに気づいたとき、4/12には-40万円の確定損を背負っていました。
 
 トレンドに逆らい、不用意に時間頼みの建て玉をした結果でした。
 
 プット・サイドOTMとヘッジ買い玉の利確だけでは、今月前半の損失をただ埋めるだけで利益を積む算段がつかず、今月はドローで許してもらい、来月がんばるつもりでいました。
 
 だれに許してもらうのか?っって? 
 
 それは、言うまでもなく、ちびこ様の御前に、ひれ伏してお許しを請う所存にござりましたが、・ ・ 。
 
 そのちびこ様は? というと。
 
 一日も欠かさずモニターの上によじ登っては鎮座なされ、市場の動向とぬきちの働きっぷりに余念なく目を光らせ、ときには眠ることを放棄してまで、その場に座りつづけたのです。
 
 (眠ることを放棄してーというのは、睡眠時刻を迎えたときに、ぬきちに存在を忘れられて放置された訳です。暗がりの中では、ひとりで降りてくることもママならなかったのでしょう。)
 
 そんなケナゲなちびこの姿を目にしたぬきちは言い訳をすることもできず、気を取り直して市場に立ち向かうしか、ほかに仕方がなかったのでした。
 
 そんなわけで、あれこれと策を弄して、・ ・ 。
 
 策といってもそんなに手持ちがないので、むかしのやり方を思い起こしてはミニ先を動かして、なんとか今月も生活費の8割りがたの利益を積むことができました。
 
 
 トレードという労務にともなう疲労をズシリと、いやというほど実感できた4月でした。 
 
  
               月次確定損益   累計確定損益
 
2013年 4月度確定損益 +   171,432   + 12,428,837
2013年 3月度確定損益 +   523,097   + 12,257,405
2013年 2月度確定損益 +   389,527   + 11,734,308
2013年 1月度確定損益 +   61,000   + 11,344,781
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


 
        < 2012年度累計確定損益 + 3,071,739円 >
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2012年12月度確定損益 +   15,962   + 11,283,781
2012年11月度確定損益 +   397,088   + 11,267,819
2012年10月度確定損益 +   317,762   + 10,870,731
2012年 9月度確定損益 +   462,385   + 10,552,969
2012年 8月度確定損益 -   299,734   + 10,090,584
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 <ギリシャ総選挙の混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


        < 2011年度累計確定損益 + 2,818,537円 >
 
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510 <東日本大震災>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 
         < 2010年度累計確定損益  + 824,329円 >
 
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    +  4,086,826
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +  5,633,578
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  6,041,608
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  6,301,968
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  6,788,593
2010年 4月度確定損益 -   729,063    +  4,430,982
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +  5,160,045
2010年 2月度確定損益 +   464,748    +  3,993,422
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    +  3,528,674
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -        - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

IVは低下してきていましたが、まだカレンダー系の手法が有効な時期でした。 
 
   < 2009年度累計確定損益(半年分) + 5,136,565円 >
 
2009年 12月度確定損益 +   173,972    +  4,536,565
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    +  4,362,593
2009年 10月度確定損益 -   207,413    +  2,848,695
2009年 9月度確定損益 +   965,563    +  3,056,108
2009年 8月度確定損益 +   764,304    +  2,090,545
2009年 7月度確定損益 +   222,029    +  1,326,241
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    +  1,104,212

(6月は、残されたヘッジ買い玉をタイミング良く高値で売り抜くことができ、命拾いをいたしました。今もその感触は覚えていますが、こういうことはいつも計画してできることではないと、自戒しています。)
 
      《-60万円からの再出発》
 手法の切替(ショート・ストラングル⇒カレンダー系)
 5月末日:辞職=専業(値洗ー60万円。借金200万円)
 (退職金なし、失業保険給付金;月約13万×6ヶ月)
2013年4月26日(金)《期近SQ前3週》日経225先物;13,950円(+30前日比) 
 
 
 前半の連休は急用ができて、それが今日の昼まで片付かず、いつもとは違う筋肉や神経を使いました。
 
 帰宅してからちびこといっしょにごろ寝をし、ようやく起き出してトレードの整理などを始めたところです。
 
 時差ボケのような状態で、海外がどうなっているのやら、・ ・ なにが、どうなっているのやら、・ ・ 。  
 
・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,750
 上方レジスタンス目処;(2)14,500
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,600
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,000

日経平均基準IV値 ;21.60(-1.48前日) 
日経平均VI先物5月限;- - -(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,600~14,500
 当限SQ(5/10)予想値: 13,955円55銭
 
 4月30日(月)確定損益   +     992 
 4月26日(金)確定損益   +    6,368 
 4月25日(木)確定損益   +  155,042 
 4月24日(水)確定損益   -    39,253 
 4月23日(火)確定損益   ±       0 
 4月22日(月)確定損益   ±       0 
 4月19日(金)確定損益   +    1,292 
 4月18日(木)確定損益   +    1,292 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +   171,432
2013年4月25日(木)《期近SQ前3週》日経225先物;13,920円(+90前日比) 
 
 
 4月25日(金)確定損益   +  155,042 
 4月24日(水)確定損益   -    39,253 
 4月23日(火)確定損益   ±       0 
 4月22日(月)確定損益   ±       0 
 4月19日(金)確定損益   +    1,292 
 4月18日(木)確定損益   +    1,292 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +   164,072
 
 
 昨夜はトレード疲れと湯疲れで、9時ごろには寝ていました。

 今朝起きてから損益の計算をして、ほっと致しました。
 
 トレードは昨日の余熱を借りて、ミニ先2枚、午前に動かしただけでした。
 
 
 日経は明日にも、14000を付けるでしょう。
 
 GWを前に、そうリスキーな建て玉ではないことを確認して、冬眠?
 
 春眠に入る予定です。

 ガンマ・リスクは、相当に押さえました。
 
 GW休暇中は、相場については、極端な動きさえなければと、そのことを祈っておきます。
 
 3日間の営業日をはさんで、休日は3日間と4日間で、そのうちのそれぞれ2日間はいつもの土日なので、なんとかなるのではないかと、のんきに構えています。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,750
 上方レジスタンス目処;(2)14,500
 上方レジスタンス目処;(1)14,000
 下方レジスタンス目処;(1)13,600
 下方レジスタンス目処;(2)13,500
 下方レジスタンス目処;(3)13,000

日経平均基準IV値 ;23.10(-0.54前日) 
日経平均VI先物5月限;25.50(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,600~14,500
 当限SQ(5/10)予想値: 13,955円55銭
 
2013年4月24日(水)《期近SQ前3週》日経225先物;13,830円(+290前日比) 
 
 4月24日(水)確定損益   -    39,253 
 4月23日(火)確定損益   ±       0 
 4月22日(月)確定損益   ±       0 
 4月19日(金)確定損益   +    1,292 
 4月18日(木)確定損益   +    1,292 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +     9,030
 
  疲れ果てて 
 
 生活上のリスクがあるので(月に最低20万)、今日はそこそこに、がんばってみようかと思いました。
 
 午前中にミニ先12枚買い、株価が上値を取りにいくごとに2、2,3,5枚と手仕舞いました。
 
 7万くらいは利益が出たようです。
 
 予定外だったのは日経の上伸スピードが早かったために今日、プット側のスプレッドが徐々に指値に届いて処分することができたことです。
 
 こちらのオプションの方は来月に手仕舞い予定だったので、早めの回転ができたことになります。
 合せるとミニ先と同じくらいの利益確定でしょうか。
 
 神経が疲れ果て夕場はすることがないので、しばらくぶりに蒲田の黒湯温泉へ疲れを取るために、浸かりに行ってきました。  
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,600
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;23.64(+0.46前日) 
日経平均VI先物5月限;- - -(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;24.30(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,600~14,500
 当限SQ(5/10)予想値: 13,755円55銭
 
2013年4月23日(火)《期近SQ前4週》日経225先物;13,540円(-20前日比) 
 
 
 むずかしく考えても仕方ないので、分からないなら分からないなりに、相場の動きについていくしかないかなと思っています。
 
 目先の損益に捉われずに、守勢に徹して、・ ・ 。 
 
  
 
・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,600
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;23.18(+0.07前日) 
日経平均VI先物5月限;- - -(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,600~14,500
 当限SQ(5/10)予想値: 13,255円55銭
 
 4月23日(火)確定損益   ±       0 
 4月22日(月)確定損益   ±       0 
 4月19日(金)確定損益   +    1,292 
 4月18日(木)確定損益   +    1,292 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日()確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +    48,283
2013年4月19日(金)《期近SQ前4週》日経225先物;13,370円(+100前日比) 
 
 
 今日も、あわてて動いて相場に振り回される愚は避けたいという心理の抑圧が少なからずあって、トレードには気持ちが向かず、遠目でながめながら雑用をこなしていました。
 
 日経225も上がってはきていますが上値には届かず、MACDはまだ陰転中で、もう少し様子を見ていても構わない、という気持ちが強かったからです。 
 
 IVも落ち着いてきていて、P側のスプレッドも居心地が悪くない状態、でもあったからです。
 
 今日、がんばらなければならない理由が見つからず、おそらく月曜日も同じだろうと予想しています。
 
 オプションの持つ特有の時間待ち戦略で、ゆったりと来週前半も過ごせるのではないかと、のんきに予想しています。 
 
 自分に技術があれば、何でもやっていけるはずですが、・ ・ 。 
 
 そうではないので、分かりにくいときには、それなりに休んで、やり過ごしていけるようにと、自分を戒めているこのごろです。
 
 週末は寒波もあるようで、うちにこもってのんびりと、過ごすことになりそうです。 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,600
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;23.11(-0.02前日) 
日経平均VI先物5月限;25.75(-0.25前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,700~14,700
 当限SQ(5/10)予想値: 14,055円55銭
 
 4月19日(金)確定損益   +    1,292 
 4月18日(木)確定損益   +    1,292 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +    48,283
2013年4月18日(木)《期近SQ前4週》日経225先物;13,270円(-130前日比) 
 
 
 IVは、昨日のすさまじい剥落の余韻のなかで留まっていた感じでした。
 
 今日も、調整の範囲内の動きに終始した日経225でした。
 
 下へもう一段動くか、強引に上値を取りにいくか、その兆候を見ていただけの一日となりました。
 
 もう少し下へ向かうのではないかと、期待してはいたのですが、・ ・ ・ 。
 
 NY市場がどうなるか、明日の日経がどうなるかは、動きの様子を見ながら判断していくことになります。
 
 普通の相場であれば、12,700円から13,600円のレンジを、まずは下値を試しにいくところではないかと思われますが、今は普通ではなく異常の相場なので、むずかしいところです。
 
 そもそも、普通といえる相場などあり得ない、と考えた方が普通なのかも知れません。

 
 レンジ内での調整が長引けば、それはそれで手持ちの、オプションの時間価値が利益確定の方向へ進むので、有りがたい進行ではあります。
 
 
 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;23.13(-3.27前日) 
日経平均VI先物5月限;26.00(-1.25前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,700~14,700
 当限SQ(5/10)予想値: 14,055円55銭
 
 4月18日(水)確定損益   +    1,292 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +    46,991
2013年4月17日(火)《期近SQ前4週》日経225先物;13,400円(+90前日比) 
  
 
 あっけに、とられるIVのはげしいまでの剥げに、我を忘れてつい、頭に手をやっていました。
 
 久しく味わうことのなかったハゲの感覚でした。
 
 これだけIVにハゲられると、やることがなく、耳鼻科の老医師のもとを訪ねると、またまた玄関ドアに張り紙が、・ ・ 。
 
 本日、11時から休ませてもらいます、と。
 
 ご高齢なので、といって医師なので、他の病院の若い医師に診てもらう気持ちにはなれないのでしょう。
 
奥さんの免状もかかっているので、お元気だった頃はおふたりでお仕事をなさっていらしたのでしょうか。

 絵を描くようですが、おそらく奥の部屋で休んでいるらしく、患者が来ると、看護婦の呼び出しからやや間を置いて出てこられます。
 
 
 そういえば、薬物使用から7ヶ月になります。
 
 人体実験・発毛編の写真をこんな日に撮ろのも良いかもしれない、と。
 
 
    上から見ると・発毛実験七ヶ月・(前方斜め上) 
 
発毛七ヶ月 A

 
 
   横から見ると・発毛実験七ヶ月・(前方右斜め) 
 
発毛実験7ヶ月
 
 
 電灯の真下はまずいですね。若々しい黒髪が白髪に見えます。 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;26.40(+0.41前日) 
日経平均VI先物5月限;27.00(+0.00前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;24.30(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,800~14,700
 当限SQ(5/10)予想値: 14,055円55銭
 
 4月17日(水)確定損益   -    11,079 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +    45,699
2013年4月16日(火)《期近SQ前4週》日経225先物;13,310円(-30前日比) 
  
 
 あせらずに、目先のことで左右されないで、長めのスタンスを常に忘れずに、ゆっくりとやっていこうと、考えるのです。
 
 4月のトレードは、こんなもんだと思いますが、大きなマイナスを作らなかっただけでも良しとして、・ ・ ・ 本当は、こんなことではダメだと反省しているんですが、・ ・ 。
 
 過ぎたことです。 
 
 このマイナス面を次に出さないように気をつけて、前を向いて進もうと思う。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;26.40(+0.41前日) 
日経平均VI先物5月限;27.00(+0.00前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;24.30(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,800~14,700
 当限SQ(5/10)予想値: 14,055円55銭
 
 4月16日(火)確定損益   ±       0 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +    56,778
2013年4月15日(月)《期近SQ前4週》日経225先物;13,340円(-160前日比) 
  
 
 調整はすぐ切り返すとも思えず、明日も軟調ぎみの株価推移となりそうですが、・ ・ 。
 
 IVも剥げの傾向が出始めてきたので、売り玉は維持がしやすい週となりそうな気がします。
 
 
 人の損失は、苦しんでいるのは自分だけではない、というホットする安堵感と共感、時にはささやかな優越感が得られるものですが、逆に人の利益は、自分もそうなりたいという願望とできるかも知れないという希望を抱かしめるものです。

 ささいなところで比較する自分はつまらん、と思うのですが、感情の動きをすなおに見つめると、こうした心理構造から逃れられた例しがない、と思うんです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,700
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,700

日経平均基準IV値 ;25.99(-0.17前日) 
日経平均VI先物5月限;27.00(+1.00前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,700~14,500
 当限SQ(5/10)予想値: 13,555円55銭
 
 4月15日(月)確定損益   +   308,820 
 4月12日(金)確定損益   +   106,084 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) +    56,778
2013年4月12日(金)《期近SQ週》日経225先物;13,500円(+10前日比) 
  
 
 4月限SQを通過した日経225は、上に抜けきれずに13,500円を下回って推移しています。
 
 予想されていた範囲内での利益確定売りなどに押された動きですが、どの程度の値幅と日柄で上抜けるものか、あるいは下抜けるものか、見ていきたいと思っています。
 
 
 今月の損益が、約-40万ほどに達しました。
 
 利益になるときもあれば、損失となるときもあるのがトレード、ともいえるので、月初めに目論んだ利益からかけ離れている有様は、本人とすれば受け入れざるを得ない現実です。
 
 これを見て、慰められる方もきっといらっしゃるかと存じ上げます。
 
 なぜ、人の心がそこまで読めるのか!ですって?
 
 それは、・ ・ ・ 私がそうだからです。 
 
 
 そこで、まだ正式に証券会社の方で計算されていない12日と15日が受渡日となる当限分と期先の手仕舞い分について、早めにお伝えしたいと思いました。
 
 このマイナス損益にSQ持ち込み分の損益が12日と15日に分かれて加算されます。
 
 土曜日の朝7時ごろに、証券会社から表示された数値が明らかになります。( ← 訂正・メンテンス時間の関係で午後でした)
 
 SQ持ち込み分だけ決済するつもりでしたので、+15万円くらいのもので、差し引き-25万円くらいと計算していました。
 
 今朝、発作的に病院へ出かける前に、買い玉(期先のヘッジ玉と期先の中期的に保持する予定だったMF買い玉)を、成り行きで処分いたしました。
 
 おおざっぱな計算ですが、プラ転したようなんです。
 
 もちろん、たいして威張れるほどのプラス利益ではありません。
 
 とりあえず、念のために、ご報告させていただきました。 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,750
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,380
 下方レジスタンス目処;(2)12,300
 下方レジスタンス目処;(3)12,800

日経平均基準IV値 ;27.62(-1.46前日比) 
日経平均VI先物5月限;26.00(+0.25前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility
日経平均VI先物7月限;- - -(- - - 前日比)7/11~8/7volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):13,200~14,500
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月12日(金)確定損益   -    38,150 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) -   396,274
2013年4月11日(木)《期近SQ週》日経225先物;13,490円(+200前日比) 
  
 
 明日のSQには、コールを少し持ち込むことができそうですが、これまでのマイナスを埋めるわけにはいきません。
 
 トレンドの勢いを甘くみた結果なので、止むを得ないことです。
 
 しばらくは、中長期のトレンドを見ながら、オプション取引を一ヶ月単位で刻んでいくことになりそうです。
 
 今日は、まどろみの時間を過ごしました。 
 
 ちびこも早々と、おねむです。
 
 24:03 
 
  ・ ・ ・ おねむです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,750
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,600

日経平均基準IV値 ;27.62(-1.01前日比) 
日経平均VI先物4月限;25.45(-2.05前日比)4/11~5/8volatility
日経平均VI先物5月限;25.30(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):13,200~13,750
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月11日(木)確定損益   +     721 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) -   358,126
2013年4月10日(水)《期近SQ週》日経225先物;13,290円(+100前日比) 
  
 
 体調をやや崩しぎみで、集中力を欠いている状態です。
 
 ミサイルは、今さら何もできないはずなので、厳戒態勢を見せながらも黙って飛ばしてあげて海に無事落下するのを見届けるしかないだろうと、・ ・ それが深夜であろうとも、何日か発射がずれようとも、・ ・ 。
 起動が大幅に曲がって、被害が発生しないかぎり、今さら成算もなく迎撃することのないように、撃沈させることのないようにと祈るのみです。
 
 トレードは何をやってるのか分からないままに、2万くらいは損を重ねました。
 
 ここまで来たのだから、少なくとももう一段は上に持ち上げてもらいたいものと思いつつ。
  
 休ませていただきます。
  
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,750
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,600

日経平均基準IV値 ;27.62(-1.01前日比) 
日経平均VI先物4月限;25.45(-2.05前日比)4/11~5/8volatility
日経平均VI先物5月限;25.30(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):13,200~13,750
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月10日(水)確定損益   +    1,018 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) -   358,847
2013年4月9日(火)《期近SQ週》日経225先物;13,190円(-20前日比) 
  
 
 急騰をつづけていた為替は1ドル100円の節目の手前で止まり、日経225は為替の動きに合せて朝方の高値からだれてきて、大引けは5日ぶりの小幅マイナスでした。
 
 100円突破の時期が気がかりですが、ひとまず調整することも考えておきたいところです。
 
 北朝鮮のミサイル発射も気がかりであり、・ ・ ・  
 
 出かけるなどして時間を稼いだ一日でしたが、疲れが出たのか、歯も磨かずにメガネをかけたままちびこをモニターの上に置き去りのまま、早々に寝入ってしまいました。
 
 収益の方もだれてきて、今月は調整でしょうか?
 止むを得ないところです。
 
 ブログも朝、あわてて更新です。
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)14,000
 上方レジスタンス目処;(2)13,750
 上方レジスタンス目処;(1)13,500
 下方レジスタンス目処;(1)13,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)12,600

日経平均基準IV値 ;27.62(-1.01前日比) 
日経平均VI先物4月限;27.50(+1.00前日比)4/11~5/8volatility
日経平均VI先物5月限;- - -(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;- - -(- - - 前日比)6/13~7/10volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):13,200~13,700
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月09日(火)確定損益   -    88,436 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) -   359,865
2013年4月8日(月)《期近SQ週》日経225先物;13,210円(+400前日比) 
  
 
 急騰相場の中でSQ週を迎え、価格変動と時間減少との鬩ぎ合いの様相となっています。
 
 過去の経験則が、特にテクニカルの測定経験が妨げになるほどの急騰ぶりですが、まだこれは、初動の段階と捉えておいた方が無難でしょう。
 
 短期的には、振られる可能性がありそうです。
 
 
 移り変わる世の中と同じく、変化していく相場に対して、・ ・ 。 

 野球のピッチャーの立場に例えれば、使用できる球種があまりに少ないのでは、メジャーで生き残りつづけるのはたいへん苦労が多いことになります。
 
 週末は、ちびこのために六本木ヒルズまで出かけて買い物といえるほどのものではありませんが、あれこれとちびこの喜ぶ顔を思い浮かべながら歩き回り、・ ・ ・ ついでに、そのようなことも考えてみたのでした。
 
 
 直線的な変動による影響を軽減させるためにオプション取引の世界に迷い込んだぬきちですから、先物を使うことだけは自信もなく、避けたい気持ちがありました。
 
 といって、買い玉を自在に操るには、機敏さに欠ける性格的な不向きと、何よりもこれまでお世話になり大きな味方であったセータを敵に回すことには、いささか抵抗がありました。
 
 この相場で、コールの売り玉を買い玉でカバーして乗り切ることはできますが、利益を残すことも目算はできますが、実戦で活用した経験に乏しく、利益を実際に出す自信がないのです。
 
 
 結局のところ、封印してきた先物とオプションとの組み合わせを、 まずは訓練のつもりで始めてみることにした次第です。
 
 一般に、『カバード・コール』と呼ばれる手法があり、たいていのオプション・トレーダーの方々は日常的に使用されている初歩的なものです。

 形だけは、その手法に似ているといえます。
 
 オプション玉と先物のどちらがメインとなり、さらに比率をどうするか、期間をどう見るか、利益の出し方も相場を見ながらの対応が必要となりますが、・ ・ ・ 。
 
 形(手法)が問題ではなく、なによりも今の相場で、利益を出すことが求められています。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)13,700
 上方レジスタンス目処;(2)13,500
 上方レジスタンス目処;(1)13,300
 下方レジスタンス目処;(1)12,500
 下方レジスタンス目処;(2)12,200
 下方レジスタンス目処;(3)12,000

日経平均基準IV値 ;28.61(+1.30前日比) 
日経平均VI先物4月限;- - -(- - - 前日比)4/11~5/8volatility
日経平均VI先物5月限;25.50(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;21.50(- - - 前日比)6/13~7/10volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,700~13,750
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) -   271,429
2013年4月5日(金)《期近SQ前2週》日経225先物;12,810円(+90前日比) 
 
 明日からは、SQ週の取引となります。
 
 SQにからむ特有の思惑が働くので、目先の予測はしずらいものと心得て対応していきたいと思います。

 乱高下の最中でもあり、かわらずに難易度の高い相場です。
 

 このような相場で利益を上げられる人をトレーダー=相場師と呼ぶならば、・ ・ ・ 。
 
 例えば私のように資質と訓練の積み上げに欠ける人が不用意に挑むことが必要な時期なのかそうでない時期なのか、と。
 
 少なくとも相場死、だけは避けたいもの、と。
 
 そのようなことを考えたりしながら過ごした週末でした。

  とりあえず、無難にやり過ごすことを第一に考え、次に確率の高いタイミングで、すこし努力の方法を模索してみようと考えています。

 
 金曜日のトレードは、過剰に反応しておよそ15万ほどは無用な損失を出しました。
 
 リスクがかなり後退した現状は、やり過ぎだと苦笑するしかありませんが、こんなときですが、安眠だけは確保できました。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)13,700
 上方レジスタンス目処;(2)13,500
 上方レジスタンス目処;(1)13,300
 下方レジスタンス目処;(1)12,500
 下方レジスタンス目処;(2)12,200
 下方レジスタンス目処;(3)12,000

日経平均基準IV値 ;28.61(+1.30前日比) 
日経平均VI先物4月限;- - -(- - - 前日比)4/11~5/8volatility
日経平均VI先物5月限;25.50(- - - 前日比)5/9~6/12volatility
日経平均VI先物6月限;21.50(- - - 前日比)6/13~7/10volatility

 日経225レンジカーブ(オプション風):12,700~13,750
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月08日(月)確定損益   -   229,618 
 4月05日(金)確定損益   -    23,680 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±       0

  4月度暫定損益 (合計) -   271,429
 
         時空を超えて 
 
    未来のちびこからの贈り物 
 
数年後のちびこS
 
 
 未来、といっても、100年も200年も先の未来ではなさそうです。
 
 数年先くらいの未来でしょうか?
 
 自分の写真を貼り付けた、いとも不思議な透明の容器が、2013年のちびこの許へと贈られてきました。
 
 数年後のちびこの姿は、なんとステキでしょうか。
 
 手足もスックと伸びて、キャメロン・ラッセルを超えるスーパーモデルになる日も、遠くはなさそうです。
 
 ・ ・ ・ といって、良いことばかりを、のんきに考えてもいられません。
 
 人が、時空を超えて過去の自分にものを贈る、それは、めったなことで行なわれるはずもなく、むしろ、ただならぬ行為といえるものでしょう。
 
 彼女は、何を?心配したのでしょうか?
 
 過去のちびこという自分の身に迫るなにものかの危険を察知して、この時代のちびこに必要不可欠の武具を贈った、とでもいうのでしょうか?
 
 ちびこは無邪気にころがしたりして遊んでいますが、・ ・ 。
 
 ぬきちとしては、早急に各方面に問い合わせて、専門家の思慮深い見識に耳を傾けてみたいと考えています。  
 
 
    何をさせる気とぞ、警戒ぎみのちびこ 
 
未来からの贈り物にちびこ満足S
 
2013年4月4日(木)《期近SQ前2週》日経225先物;12,720円(+360前日比) 
 
 
 2日3日という短期間に、およそ千円幅、下へ上へと動く、激烈な相場となりました。
 
 ちょっと、めまいの薬をもらいに出かけて帰宅すると、早々と緩和決定が発表されたようで、日経はぐいぐいと上げていました。
 
 立て続けの手当てを強いられて、目を回すようなトレード環境を前にして、何のためにめまい薬をもらいに行ったのだろうかと、反省する間もないくらいでした。
 
 こんなときの損切りは、『成り行き』が最善の手で、夜間取引の開始時にも使うこととなりました。
 
 プットで利確できた分があったので、かなりマイナス分をカバーした形となりました。
 
 が、これは、純益として目論んでいたものが損失補填として消滅したことであり、けっしてうれしいものではありません。
 
 もっと多くの手法を自在に操れるトレーダーになっていたなら、・ ・ 。
 
 とも思いますが、
 
 単純化路線を歩んでいるときなので、こんな事態に遭遇したときは、計算抜きで『ブン投げる』ことに決めていたわけです。
 
 その点は計算通りともいえますので、過ぎれば、組み立て直しながらやっていくことになりますが。

 それが、この先の相場に適合するものか否かは、また新しい展開の中で思い知る別のトレードとなるので、頭を切り替えて、相場に喰らい付いていくことになります。 
 
 ダルビッシュの完全試合直前の投球を見るにつけ、日ごろのたゆまぬ努力が『運を引き寄せる』のだろうなと、反省させられた今日のにっきでした。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)13,700
 上方レジスタンス目処;(2)13,500
 上方レジスタンス目処;(1)13,300
 下方レジスタンス目処;(1)12,500
 下方レジスタンス目処;(2)12,200
 下方レジスタンス目処;(3)12,000

日経平均基準IV値 ;27.31(-3.27前日比) 
日経平均VI先物4月限;- - -(-0.25前日比)4/11~5/8volatility
 
 日経225レンジカーブ(オプション風):12,700~13,700
 当限SQ(4/12)予想値: 13,555円55銭
 
 4月04日(木)確定損益   -    16,460 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±      0

  4月度暫定損益 (合計) -    18,132
2013年4月3日(水)《期近SQ前2週》日経225先物;12,360円(+330前日比) 
 
 
 下へ上へと激しい相場です。
 
 昨日の急落から、一日でここまで急騰して戻すと予想することは困難で、当然のこととはいえ、相場は人知を超えた動きをするものです。
 
 例えば、引き続き上げていくことはあるまいと思う、あるいはここまで来たら下げると思う、といった常識的な判断を安易に相場に当てはめるのは危険と考えてみました。
 
 トレードのことなのですが、朝方つい、相場の変動を甘く見て、おかしな手を打ってしまったからです。
 
 間違ったと判断したら値段を見ずに確実に手仕舞うことが肝心なので、かまわず損失を出したわけですが、前夜の利確分があるので4日の受渡日付で差し引きされて表面上は、それほどのマイナスは出ないはずです。
 
 が、今日の午後からは、憂鬱な気分が晴れません。
 
 考え違いの部分がやっと整理できた気がするので、これから気分を切り替えて明日に備えるつもりです。
 
 相場が動いているときなので、値幅的にも時間的にも心理的にも、いつもより距離を置いて、攻めたり退いたりする態勢を整えて相場に臨まなければいけないと、その当たり前の指針が実行できなかったことを反省した今日の一日でした。

 ついつい、接近して相場に見入ったことにより、相場に魅入られて判断ミスを招いたのでした。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)13,000
 上方レジスタンス目処;(2)12,800
 上方レジスタンス目処;(1)12,700
 下方レジスタンス目処;(1)12,000
 下方レジスタンス目処;(2)11,800
 下方レジスタンス目処;(3)11,700

日経平均基準IV値 ;30.58(+1.87前日比) 
日経平均VI先物4月限;25.25(-0.25前日比)4/11~5/8volatility
 
 日経225レンジカーブ(オプション風):11,700~12,800
 当限SQ(4/12)予想値: 12,755円55銭
 
 4月03日(水)確定損益   -    1,252 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±      0

  4月度暫定損益 (合計) -    1,672
2013年4月2日(火)《期近SQ前2週》日経225先物;12,030円(-150前日比) 
 
 
 朝、11,810円まで売り叩かれ、その後戻して12,000円をキープする形で終った日経225先物でした。
 
 これで玉整理が進んで好材料が出れば上昇基調への弾みがつきやすい、と見る見方もあれば、追証の整理売りや利益の確定売りがこれから出るはずで下落調整は始まったばかり、と見る見方もありで、・ ・ 。
 
 欧州は、キプロスにせよ、イタリアにせよ、解決に向かっているとは思えず、更にスロベニアにも火種から煙が出始めているらしく、事態はどうやって落し所をさぐるものか見当をつけることさえ困難な様相となっています。

 そういった海外情勢を踏まえながら、大胆な緩和策は次回へと見送られる、とのニュースも朝方流れ、注目の日銀会合の結果も、予測がむずかしい状況に置かれた、といえるかも知れません。
 
 
 読みと探り合いが熾烈な市場の中にあって、
 
 私のトレードとしては、ほとんど何もしない、何もできない、別のことをして時間をつぶすしかない一日となり、表面には出ませんが時間だけは24時間、稼ぐことができました。
 
 この一日分の時間稼ぎが後に効いてくることへの期待が少し増した、という、ところでしょうか。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)13,000
 上方レジスタンス目処;(2)12,800
 上方レジスタンス目処;(1)12,700
 下方レジスタンス目処;(1)12,000
 下方レジスタンス目処;(2)11,800
 下方レジスタンス目処;(3)11,700

日経平均基準IV値 ;28.71(+2.33前日比) 
日経平均VI先物4月限;25.50(-0.05前日比)4/11~5/8volatility
 
 日経225レンジカーブ(オプション風):11,700~12,800
 当限SQ(4/12)予想値: 12,755円55銭
 
 4月02日(火)確定損益   -     420
 4月01日(月)確定損益   ±      0

  4月度暫定損益 (合計) -     420
2013年4月1日(月)《期近SQ前2週》日経225先物;12,180円(-240前日比) 
 
 
 市場に対して、どれほどインパクトある発信ができるか、今週は3、4日の日銀の金融政策決定会合の内容と発言が重要で、そこが日経のトレンドの節目となる可能性がある、と市場関係者の多くが見ているようです。
 
 海外市場が休みの中で、日経225はずいぶん下げたものです。 
 25日線はかろうじて維持したものの、TOPIXは割り込んで引けています。
 
 明日、明後日と、海外勢抜きでさらに下値を売りたたくというよりは、下支えの予感含みの調整の日足を、下値をさぐる形で描いていくものと予想されますが、・ ・ 。
 25日線は、TOPIXを追って難なく踏み越えるのではないでしょうか?
 
 その後の予想はまた難しく、オプション売り過多としては、期日まで2週間を切った期近ものはタイムディケイを味方にして乗り切っていく期間となりそうです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(3)13,000
 上方レジスタンス目処;(2)12,800
 上方レジスタンス目処;(1)12,700
 下方レジスタンス目処;(1)12,000
 下方レジスタンス目処;(2)12,800
 下方レジスタンス目処;(3)11,700

日経平均基準IV値 ;26.39(+2.59前日比) 
日経平均VI先物4月限;25.55(+0.65前日比)4/11~5/8volatility
 
 日経225レンジカーブ(オプション風):11,700~12,800
 当限SQ(4/12)予想値: 12,755円55銭
 

 4月01日(月)確定損益   ±      0

  4月度暫定損益 (合計) ±      0