2012年9月末日
 
 
 区切りがついた、という気がしないのは、単に相場がつづいているというだけでなく、
 
 先行きの方向性と変動幅の予想がむずかしい相場状況がつづいているからかも知れません。
 
 月末が休日なので、できるだけ相場から離れて脳神経の疲労を和らげ、10月は、『慎重さ』と『控えめ』をモットーに、むずかしい時期を乗り切っていきたいと思います。
 
 
               月次確定損益    累計確定損益
 
2012年 9月度確定損益 +   462,385   + 10,552,969
2012年 8月度確定損益 -   299,734   + 10,090,584
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 <ギリシャ総選挙の混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510 <東日本大震災>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    +  4,086,826
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +  5,633,578
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  6,041,608
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  6,301,968
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  6,788,593
2010年 4月度確定損益 -   729,063    +  4,430,982
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +  5,160,045
2010年 2月度確定損益 +   464,748    +  3,993,422
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    +  3,528,674
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2009年 12月度確定損益 +   173,972    +  4,536,565
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    +  4,362,593
2009年 10月度確定損益 -   207,413    +  2,848,695
2009年 9月度確定損益 +   965,563    +  3,056,108
2009年 8月度確定損益 +   764,304    +  2,090,545
2009年 7月度確定損益 +   222,029    +  1,326,241
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    +  1,104,212
 
(6月は、残されたヘッジ買い玉をタイミング良く高値で売り抜くことができました。今もその感触は覚えていますが、こういうことはいつも計画してできることではないと、自戒しています。)
 
      《-60万円からの再出発》
 手法の切替(ショート・ストラングル⇒カレンダー系)
 5月末日:辞職=専業(値洗ー60万円。借金200万円)
 (退職金なし、失業保険給付金;月約13万×6ヶ月)
 
2012年09月28日(金)《当限SQ前3週》日経225先物;8,870円(-90前比)
   
 
 分かりにくい相場状況がつづき、台風も接近しつつあり、
 
 今日も玉抜きをするなどして、遊んでいました。
 
 ルスクは少ないに越したことはない時期で、
 
 リスク減少は見込み利益の減少になりますが、
 
 致し方ない時期と観念して、忍耐して、
 
 やがてSQ前第3週の金曜日も、就寝の時刻を迎えます。
 
 明日は反発があってもおかしくない位置ですが、
 
 ありえないことに、気がつきました。
 
 明日は、土曜日の非営業日でした。
 
 ゆっくりと、平日と違うことをして、
 
 脳の活性化に役立てる日と、したいです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,600
 
9/28日経平均基準IV;15.51(-0.10前比)9/28~10/28volatility
日経平均VI先物10月限;19.25(-0.05前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;19.90(-0.35前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,255円55銭
 
 9月28日(金)確定損益   +   17,583
 9月27日(木)確定損益   -    5,100
 9月26日(水)確定損益   ±      0
 9月25日(火)確定損益   ±      0
 9月24日(月)確定損益   -   19,090
 9月21日(金)確定損益   +   15,900
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  462,385
2012年09月27日(木)《当限SQ前3週》日経225先物;8,960円(+40前比)
   
 
 どちらにどう動くかは海外次第なので、まったく分からない不安定な状況です。
 
 ただ、これまでよりも大きめに動く可能性も感じられるので。
 
 といって、その可能性に賭ける戦術を当てはめるのも、その後のことを考えると、とっても面倒な作業で、日中に建てた売り玉をまた削ってリスクを取る作業を先送りするくらいが手軽にできることなのでした。
 
 分からないことについて、くよくよとあまり複雑に考えても仕方ないので、良い子になって寝ることにします。
 
 削り足りない部分は、指し置いて、深夜には出来そうにもありませんが。
 
 明朝の様子次第では、ソンギル つもりです。
 
 
 追記
 
 目が覚めたら、窓の景色が変わっていた!
 
 ではいけないので、
 
 深夜では板もスカスカですが、上板にぶつけて
 
 少しですが、リスクを軽減しておきました。
 
 ソンギリ代金を支払って、安眠を手に入れたぬきちでした。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,600
 
9/27日経平均基準IV;15.61(-0.32前比)9/27~10/27volatility
日経平均VI先物10月限;19.35(+0.05前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.25(+0.25前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,255円55銭
 
 9月27日(木)確定損益   -    5,100
 9月26日(水)確定損益   ±      0
 9月25日(火)確定損益   ±      0
 9月24日(月)確定損益   -   19,090
 9月21日(金)確定損益   +   15,900
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  444,802
2012年09月26日(水)《当限SQ前3週》日経225先物;8,920円(-90前比)
   
 
 前日のNY市場の下落により、日経225もあっさりと9,000円,8,900円と割り込んできました。
 
 たいした悪材料とはいえないとしても、市場の反応は別で、投資家心理の虚を突く形で変動を起こすので、動いたら気をつけるしかないところです。
 
 下方にゆとりは常にあるのですが、ゆとりが削られた分、できるだけ損をしないうちに先の先のゆとりを作ることにしているので、仕方ありません。
 
 プットの売り玉を削り、空白だったコールに少しですが売り玉を建てました。 
 
 デリバティブ(オプション含む)取引のレバレッジは半端なものではなく、オプション取引の変動にともなうリスクは加速的に増大して、証拠金の逼迫を招くことになるからです。 

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,600
 
9/26日経平均基準IV;15.93(+0.15前比)9/26~10/26volatility
日経平均VI先物10月限;19.35(-0.05前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.00(-0.25前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,600
 当限SQ(小胆)予想値:9,255円55銭
 
 9月27日(木)確定損益   -    5,100
 9月26日(水)確定損益   ±      0
 9月25日(火)確定損益   ±      0
 9月24日(月)確定損益   -   19,090
 9月21日(金)確定損益   +   15,900
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  444,802
2012年09月25日(火)《当限SQ前3週》日経225先物;9,010円(+20前比)
   
 
 今日も比較的おだやかな調整日となりました。
 特に夜間は、堅調な欧米市場に乗っかっているだけの日経でした。
 
 雑事をこなしているうちに日が暮れて、知らぬ間に、深夜です。
 
 最近も知り合いの訃報が届き、先に逝った幾人かの知り合いの顔を思い浮かべ、感慨にふける思いです。

 オプションの清算日(SQ)は、次の限月へとつづいていきますが、・ ・ 。
 
 人生の清算日は、これまでの生活ができなくなる日として、区切られます。
 
 そんな日の来たることを忘失するほど、何かに熱中できたらいいな、とは願いますが。
 
 トレードは自分から熱くなっては負けですから、難しいところです。
 
 特にオプションは、時間を意識する仕事、とも言えるので、難しいものです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,800
 下方レジスタンス目処;(2)8,700
 
9/25日経平均基準IV;16.00(+0.43前比)9/25~10/25volatility
日経平均VI先物10月限;19.85(-0.05前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.25(+0.10前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,600〜9,800
 当限SQ(小胆)予想値:9,455円55銭
 
 9月25日(火)確定損益   ±      0
 9月24日(月)確定損益   -   19,090
 9月21日(金)確定損益   +   15,900
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  449,902
2012年09月24日(月)《当限SQ前3週》日経225先物;8,990円(-70前比)
   
 
 相場は、順当な調整が進んでいる!?

 そのように、言うことは、ぬきちにもできます。

 今日は耳鼻科へ行ったり、買い物に出かけたりと、気楽に過ごすことができた一日でした。
 
 このように、言うこともできます。
 
 何かしようにも、何もすることができなかった一日、と。
 
 
 期近SQ前第3週の一日分の時間価値を、消費することができた。
 
 これも、大きなことだと思います。 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,850
 下方レジスタンス目処;(2)8,700
 
9/24日経平均基準IV;16.00(+0.43前比)9/24~10/24volatility
日経平均VI先物10月限;19.85(-0.05前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.25(+0.10前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,600〜9,800
 当限SQ(小胆)予想値:9,455円55銭
 
 9月24日(月)確定損益   -   19,090
 9月21日(金)確定損益   +   15,900
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  449,902
2012年09月21日(金)《当限SQ前4週》日経225先物;9,060円(+70前比)
   
 
 来週は前半、今週につづき調整の足取りを見ていくことになりそうですが。
 
 NY市場から懸け離れた動きには限界があり、NY株価指数のあの強力なチャートを見て、押したら買っておけばいいのではないか、と思うのであります。
 
 来週は当限SQ前第3週入りとなります。
 
 様子見を継続しながら、(日本のことはいいので)海外の動向を注視して、特にNY市場には逆らえない日本株であるならば、従っていくしか道はない、と思うのであります。 
 
 ささやかな個人のトレードとしては、まず、状況を客観的に見る目を養うところから始めたい、と思います。
 
 相場に勝つのでもなく、他人に勝つのでもなければ、トレードは相場状況と懸け離れた行為とならぬようにと自分を抑えて判断し、適する手法を控えめに用いつつ進みたいと願っています。 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,900
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
9/21日経平均基準IV;15.57(-0.58前比)9/21~10/21volatility
日経平均VI先物10月限;19.90(-0.10前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.15(+0.10前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,700〜9,800
 当限SQ(小胆)予想値:9,455円55銭
 
 9月21日(金)確定損益   +   15,900
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  468,992
2012年09月20日(木)《当限SQ前4週》日経225先物;8,990円(-180前比)
   
 
 日銀の控え目な(分をわきまえた)追随緩和は、一夜にして見透かされたような反落となり、中国の景気減速を裏付ける指標値を見、チャイナ・リスクも加えて思わぬ値幅の下落が演じられました。
 
 日柄調整+若干の押し目の調整局面を想定していただけに、今日の日経の急落は意外ではありました。
 
 金融破綻と景気減速を遮二無二、抑えつけにかかったばかりなので、株価に折り込まれてきたとはいえ、基調の下落転換を考える局面とまでは思えないですが。

 いちおう、若干の下振れの可能性には明日から来週にかけて気をつけておきたいと考えます。
 
 レンジが少しばかり移動したとしても、オプションのレンジ幅が拡大することはないと見ていますが。
 
 
 決して、機敏な対応を期待してはおりません。
 
 為替への介入くらいは、普通に、お願いしたいものです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,900
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
9/20日経平均基準IV;16.15(+0.12前比)9/20~10/20volatility
日経平均VI先物10月限;19.90(+0.05前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.15(+0.00前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,600〜9,700
 当限SQ(小胆)予想値:9,455円55銭
 
 9月20日(木)確定損益   +   13,950
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  453,092
2012年09月19日(水)《当限SQ前4週》日経225先物;9,170円(+100前比)
   
 
 損益計算の仕方に齟齬があったので、訂正しました。
 
 
 相場はさらに一段と見やすくなりました。
 
 おおきなイベントが通過していったからでしょうか。
 
 といっても、コール側はまだひとつも玉はなく、今建てるとしたら難しく、自信がありません。
 
 建てるだけならできないではないですが、ここでコール玉を操って、収益に結びつける技術に自信がないからです。
 
 もう一段、上昇波動があれば、何らかの作戦と見通しも見えてくるかも知れませんが。
 
 無理に建てる必要が今のところ感じられず、建てることができないままで、ひょっとしたら今月は過ぎていくかもという可能性も。
 
 デルタはプラスに偏ったままですが、気にならないのが不思議です。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,550
 上方レジスタンス目処;(1)9,350
 下方レジスタンス目処;(1)8,950
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
9/19日経平均基準IV;16.03(-0.63前比)9/19~10/19volatility
日経平均VI先物10月限;19.85(+0.15前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.15(+0.25前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,700〜9,800
 当限SQ(小胆)予想値:9,455円55銭
 
 9月19日(水)確定損益   +    4,580
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   233,642
 9月13日(木)確定損益   +    3,370
 9月12日(水)確定損益   ±      0
 9月11日(火)確定損益   ±      0
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   172,222
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +   18,060
 9月04日(火)確定損益   -   11,422
 9月03日(月)確定損益   +    1,055
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  439,142
2012年09月18日(火)《当限SQ前4週》日経225先物;9,070円(-10前比)
   
 
 いいんですが、前日の記事をその前の記事に上書きしたみたいで、前々回の記事が消えました。
 
 別に、いいんです。
 
 
 世の中の動きはともかくとして、相場の動きは一段と分かりやすくなった気がします。
 
 トレーダーとしては、何がどうなろうとも稼げるか否かが問題で、誤りのないように対応をしていきたいと思っています。
 
 オプション・トレードの売りがメインの建て玉としては、想定レンジ幅をゆとりと弾力性のある緩衝地帯となるように、日経225の値動きにともなって調整する作業が『対応』となります。
 
 自分を知ることは、使用できる資金量を精確に知ることで。
 
 それによって、相場と対峙する姿勢と体制、対応の仕方が決まる、と。
 
 分かったようなことを言ってみた、ぬきちでした。 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,950
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
9/18日経平均基準IV;16.66(+0.18前比)9/18~10/18volatility
日経平均VI先物10月限;19.70(-0.40前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.15(-0.25前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,600〜9,800
 当限SQ(小胆)予想値:9,455円55銭
 
 9月18日(火)確定損益   +    4,580
 9月14日(金)確定損益   +   270,432
 9月13日(木)確定損益   -    8,210
 9月12日(水)確定損益   +    9,790
 9月11日(火)確定損益   +   11,580
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   166,430
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  497,302
2012年09月14日(金)《当限SQ週》日経225先物;9,080円(+160前比)
   
 
 原資産の日経225の予想が当たっても外れても、ある程度の範囲内なら何とかなるのではないか、という幅のあるスタンスを取って。
 
 その後の動きに対応していくのが、オプション取引の基本姿勢のひとつとみなして 。
 
 その指数オプション取引という商品のあいまいな性質に収益の根拠を置いて、いわば、オプション取引特有の柔軟性にひたすら頼っているのが、今のぬきちです。
 
 
 囲碁やゴルフをテレビで観るのが好きですが、純粋に楽しむというよりも、どうしてかトレードと関連づけて考えてしまうことが多く、悲しいことです。
 
 ゴルフも上位で競う人は、身体能力をしっかりと鍛え上げています。
 
 狙った範囲内にボールを運ばなければいけませんが、手首のひねり具合や腰の回転、足の指に至るまで、適切な対応ができるようにと日々の訓練を怠りません。
 
 クラブの選択はもちろん、その日の風向きや風の強さも読まなければなりません。
 
 激しい風雨の中での競技もあります。
 
 一度だけ勝てれば良いのではなく、それで生活していくからにはコンスタントに成績を残していかなければなりません。
 
 怪我も乗り越え、予選を突破して地道に稼ぎながら、好条件が重なったときには優勝という栄誉も手に入れることができる。
 
 ゴルフはあこがれをもって観ることができるので好きですが、・ ・ 。
 
 トレードは、そんなわけに、いかなさそうです。
 
 
 現実のトレードの方は、無事SQも通過することができ、ホッとしています。
 
 先週の後半から、意外にトレード環境が整備された気がするのですが、・ ・ 。
 
 気がするだけなのか?
 
 気のせいなのか?
 
 そこにポッカリ、落し穴が待ち受けていないことを祈るのみです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)8,800
 下方レジスタンス目処;(2)8,700
 
9/14日経平均基準IV;16.48(-0.37前比)9/14~10/14volatility
日経平均VI先物10月限;19.90(+0.20前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.85(-0.05前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,800
 当限SQ(小胆)予想値:9,055円55銭
 
 9月14日(金)確定損益   +   270,432
 9月13日(木)確定損益   -    8,210
 9月12日(水)確定損益   +    9,790
 9月11日(火)確定損益   +   11,580
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   166,430
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  492,722
2012年09月12日(水)《当限SQ週》日経225先物;8,950円(+150前比)
   
 
 どうあれ、9月危機は回避されたと市場が受け止めたことで、株価は上昇に転じました。
 
 欧州の大きなイベントがまたひとつ穏当に通過され、当面、株価の激変だけは避けられたと、市場にコンセンサスと安堵感が生じたものと思われます。
 
 日経225も9,000を越えて、9,200から9,300あたりは軽く達するのではないでしょうか。
 
 諸材料や諸状況の変化により、頭の重い展開がつづくとしても、レンジ(オプション風)の想定がしやすい相場となれば、オプション・トレードはやりやすくなった気がいたします。
 
 夜は、ぐっすりと眠れそうです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,200
 下方レジスタンス目処;(1)8,800
 下方レジスタンス目処;(2)8,600
 
9/12日経平均基準IV;16.47(+0.28前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;20.15(+0.80前比)10/10~11/08volatility
日経平均VI先物11月限;20.85(+0.00前比)11/14~12/12volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,800〜9,250
 当限SQ(小胆)予想値:9,055円55銭
 
 9月12日(水)確定損益   +    9,790
 9月11日(火)確定損益   +   11,580
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   166,430
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  230,500
2012年09月11日(火)《当限SQ週》日経225先物;8,800円(-70前比)
   
 
 と、とまった時間。
 
 ような相場で。
 
 再び動き出す前に。
 
 余計な建て玉は。
 
 と、と、と。
 
 と、思っています。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,200
 上方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(1)8,600
 下方レジスタンス目処;(2)8,450
 
9/11日経平均基準IV;16.47(-0.33前比)9/11~10/11volatility
日経平均VI先物9月限;19.35(+0.35前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;20.80(-0.30前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,450〜9,200
 当限SQ(小胆)予想値:9,055円55銭
 
 9月11日(月)確定損益   +   11,580
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   166,430
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  220,710
2012年09月10日(月)《当限SQ週》日経225先物;8,870円(-10前比)
   
 
 イベントを前に、期待を込めたやや強含みの相場がつづいている様子です。
 
 どちらかに賭ける、という勇気は持ちたくないので、期先は白紙の状態で様子見ですが、・ ・ 。
 
 いつでも外す用意をしながら、金曜夜間に少しだけ、建ててみました。
 
 そのために、今週は深夜の仕事をひとつ、することになりそうです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,200
 上方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
9/07日経平均基準IV;18.05(+0.40前比)9/07~10/07volatility
日経平均VI先物9月限;19.00(-1.55前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.15(-1.15前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,600〜9,300
 当限SQ(小胆)予想値:9,255円55銭
 
 9月10日(月)確定損益   -     420
 9月07日(金)確定損益   +   166,430
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  209,130
2012年09月07日(金)《当限SQ前2週》日経225先物;8,880円(+190前比)
   
 
 重要なイベントが重なり、上下に振られやすい相場がつづき。
 
 オプションは価格変動が激しくなりがちなので、無理のない慎重な姿勢が求められる局面がつづいています。
 
 
 建て玉は、水曜日の日中と夜間で期先コールの売り玉は手仕舞ってしまったので、その後は気楽に過ごしています。
 
 今回はいつになくタイミングが良過ぎる利確で、先月の損失分を少し埋めることができ、気分はごきげんです。
 
 
 火曜日、水曜日と、それなりに緊張を強いられたので、いくぶんか体調を崩して、・ ・ ・ 金曜日には、近所の耳鼻咽喉科へ行ってきました。
 
 薬というものは、たくさん出してくれるものですね。
 
 トレードに効く薬があっても良さそうに思われるのですが、・ ・ ・ そのうちにですが、妙薬の開発が人知れず進展していることを期待して、待ちたいと思います。
 
 ハゲにも盛りにも効き目がたしかな、妙薬の出現を!
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,200
 上方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
9/07日経平均基準IV;18.05(+0.40前比)9/07~10/07volatility
日経平均VI先物9月限;19.00(-1.55前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.15(-1.15前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,600〜9,100
 当限SQ(小胆)予想値:9,055円55銭
 
 9月07日(金)確定損益   +   179,060
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +  222,180
2012年09月06日(木)《当限SQ前2週》日経225先物;8,690円(+20前比)
   
 
 夜間、NYの強さに引かれる形で日経も今(0時)のところ反発しています。
 
 NYが下げない限り、・ ・ 下げそうにも見えませんが、日経もとりあえず、反騰を継続しそうですね。
 
 
 建て玉の方は、期先はファーアウトの買い玉が放置されているだけで、指値の売り玉はすべて、昨夜の睡眠中に手仕舞われました。

 期近玉は、なんとかゴールが見えてきて、ホットしています。
 
 
 過分な望みを抱かずに、遅々と進む、自分を取り戻したい気分の9月であります。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,200
 上方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
9/06日経平均基準IV;17.65(-0.40前比)9/06~10/06volatility
日経平均VI先物9月限;20.55(+0.20前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.55(+0.10前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,200
 当限SQ(小胆)予想値:9,055円55銭
 
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +   43,120

2012年09月05日(水)《当限SQ前2週》日経225先物;8,670円(-110前比)
   
 
 ぬきちには手の出ない相場はつづき、今日も特に夜間取引で、期先玉を外しました。
  
 全部の期先を外したかったのですが、閑散として相手が不在では、それも出来ない。
 
 ですが、つづきは明日に期待して、・ ・ ・ もう一時になります。
 
 指して、寝ます。
 
 、・ ・ ・ もう、一時半になります。
 
 
 ここで、反発しても良い、と思います。
 
 が、もしここから値幅をともなう下落があれば、なにか潜在する悪材料が顕在しつつある異常事態と考え。
 
 そして、対処するつもりでいます。
 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(1)8,650
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
9/05日経平均基準IV;18.05(+0.86前比)9/05~10/05volatility
日経平均VI先物9月限;20.55(+0.20前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.55(+0.10前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,200
 当限SQ(小胆)予想値:8,955円55銭
 
 9月06日(木)確定損益   +   13,475
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +   43,120

2012年09月04日(火)《当限SQ前2週》日経225先物;8,780円(+10前比)
   
 
 朝から所用で出歩いていたので、昨夜はぐっすりと寝ることができました。
 
 
 仕掛けるには難し過ぎる相場で、一枚、二枚と外しながら、後はながめています。

 今月は損を出さないくらいの目標で行こう、と始まった9月のトレードです。
 
 8700~8650あたりでの粘りある抵抗をば、期待したいところですが、・ ・ 。
 
 が、外の天候も風向きも、いっこうに定まらず。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,300
 上方レジスタンス目処;(1)9,200
 下方レジスタンス目処;(1)8,650
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
9/04日経平均基準IV;17.19(-0.37前比)9/04~10/04volatility
日経平均VI先物9月限;20.35(-0.05前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.45(+0.05前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,200
 当限SQ(小胆)予想値:9,020円55銭
 
 9月05日(水)確定損益   +    8,640
 9月04日(火)確定損益   +    9,370
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +   29,645

2012年09月03日(月)《当限SQ前2週》日経225先物;8,770円(-50前比)
   
 米国の金融緩和期待と裏腹の円高懸念があって神経質な動きとなっています。
 日中は日経先物がじりじりと100円幅ほど上げた後、大引け間際の一時間足らずで100円幅、急落を見せました。
 夜間は米国が休日ですが、欧州の落ち着きを横目で見ながら、日経先物はプラス圏での推移となっています。
 
 NY市場待ちの、本日の日経でした。
 
 OP9月限はSQまで2週間を切り、ゴールが見えてきました。
 13日が最終売買日です。
 
 区切りとしたら、願ってもない時期に当たります。
 
 それまでは、細かい動きをあまり気にせずに、その後の動向を占いながら過ごすことになりそうです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,300
 上方レジスタンス目処;(1)9,200
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,600
 
8/31日経平均基準IV;17.40(+1.26前比)8/31~10/1volatility
日経平均VI先物9月限;20.40(+0.25前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;23.00(+0.50前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,200
 当限SQ(小胆)予想値:9,020円55銭
 
 9月04日(火)確定損益   +    2,475
 9月03日(月)確定損益   +   11,635
 
  9月度暫定損益 (合計)  +   14,110

2012年8月末日
 
 二歩前進一歩後退くらいの歩みで、生活はできていますが、微増でいいので資金を増やしていきたい気持ちが、せつじつです。
 
 今月は、ヘッジの仕方を考えて勉強にはなったのですが、タイミングが悪く株価が上昇する中でプットのヘッジ買い玉処理損とコール売り玉手仕舞い損が、末日まで重荷となった一月でした。
 
 原因が分かっているので修正して、さわやかな秋を迎えられるように努力していきたいと思っています。 
 
 
               月次確定損益    累計確定損益
 
2012年 8月度確定損益 -   299,734   + 10,090,584
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 <ギリシャ総選挙の混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510 <東日本大震災>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    +  4,086,826
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +  5,633,578
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  6,041,608
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  6,301,968
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  6,788,593
2010年 4月度確定損益 -   729,063    +  4,430,982
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +  5,160,045
2010年 2月度確定損益 +   464,748    +  3,993,422
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    +  3,528,674
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2009年 12月度確定損益 +   173,972    +  4,536,565
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    +  4,362,593
2009年 10月度確定損益 -   207,413    +  2,848,695
2009年 9月度確定損益 +   965,563    +  3,056,108
2009年 8月度確定損益 +   764,304    +  2,090,545
2009年 7月度確定損益 +   222,029    +  1,326,241
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    +  1,104,212
 
(6月は、残されたヘッジ買い玉をタイミング良く高値で売り抜くことができました。今もその感触は覚えていますが、こういうことはいつも計画してできることではないと、自戒しています。)
 
      《-60万円からの再出発》
 手法の切替(ショート・ストラングル⇒カレンダー系)
 5月末日:辞職=専業(値洗ー60万円。借金200万円)
 (退職金なし、失業保険給付金;月約13万×6ヶ月)