2012年08月28日(木)《当限SQ前3週》日経225先物;8,970円(-110前比)
   
 今日はずるずると-110円、9,000円割れで、少し建て玉も調整はしましたが、それでどうなんだ、といった活気に欠ける相場付きはつづいています。
 
  
 ウィッグについては、ハゲましとご提案のコメントをいただきました。
 
さ〇いちさんより
 
そういえば、この間のホンマでっか?!TVで、山田孝之さんが、頭髪もヒゲも体毛も一篇に白髪にしたいと 先生方に相談していたのですが、白髪を増やすには、日焼けしたり、脱色したり、身体にダメージを与えると効果的だそうです。
ただ、身体にダメージを与えるわけですから、健康を害する恐れがあるそうですよ。
 
 
 『白髪を増やすには、体にダメージを与える』???

 やや過激とも受け取られがちではありますが、せっかくのご提案です。
 ここは、前向きに考えてみようと思いました。
 
 じつはこのところ、、すっかり通販にハマっていて。『送料無料』と『激安』に弱いんです。 
 
 《 女王様 御用達の『愛の鞭』¥3,980(定価¥9,000)送料無料 》
 
 さ〇いちさんがキャンギャル時代の頃のムチを振りかざすご勇姿を想像して、購入の検討をしてみようかと考えてみました。
 
 もう一品は、
 《 タイタン8万ボルトの『スタンガン』 ¥3,980 送料無料 》 
 
 100万ボルトはさすがに健康に自信が持てそうになく、料金とも相談して8万ボルトあたりで許してもらおうかなと、考えています。
 
 さすがに、さ〇いちさんです。
 ご提案には、筋金が入っています。
 女性ホルモンの服用くらいのご提案では、生ぬるいのでしょうね。
 スタンガンとムチ、ときましたからね。(にこ)
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,300
 上方レジスタンス目処;(1)9,200
 下方レジスタンス目処;(1)8,800
 下方レジスタンス目処;(2)8,700
 
8/30日経平均基準IV;16.14(-0.43前比)8/30~9/30volatility
日経平均VI先物9月限;20.15(+0.25前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.50(+0.20前比)10/10~11/08volatility
 
 日経レンジカーブ(オプション風):9,000〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,240円55銭
 
 8月31日(金)確定損益   +   20,850
 8月30日(木)確定損益   +   19,580
 8月29日(水)確定損益   ±      0
 8月28日(火)確定損益   -   30,680
 8月27日(月)確定損益   +    5,790
 8月24日(金)確定損益   +   18,160
 8月23日(木)確定損益   +   59,530
 8月22日(水)確定損益   ±      0
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   299,734

2012年08月27日(水)《当限SQ前3週》日経225先物;9,080円(+30前比)
   
 相場も空白相場入りで、考えることもすることもありません。
 
 
 考えることは、ウィッグのことだけで、毎日使うと耐久年月が削られるので、日にちを選んで使用しようとは思っています。
 
 今は欠点である不自然さを緩和するために、あれこれと策を弄している段階です。
 
 横から後ろは、毛先の方に注意して櫛を微振動させながら、からめ、馴染ませていけば何とかなりそうですが。
 問題は、額の生え際と両側面の顔面と髪の境界線に生じる違和感です。
 
 額の生え際は、ウィッグを額の前方に持ってくるとネットベースのへりが黒く円形に突き出てくるので、カツラを載せているということが、目に見えて分かってしまいます。
 
 何といってもプラスチック製の安物ですから、このあたりは自分で工夫して調整するしかありません。

 位置については、額を広めに出す形で、やや後方にズラすことにしました。お店の推薦とは、このあたりから大いに違いが出てきました。 
 ヘリの部分を額のわずかな自毛で隠す形にしたのです。
 
 その分、顔の両サイドの黒っぽい自毛とその上に被さるウィッグの白毛の境目が際立つようになり、自然に調整させるのに困難な状態となりました。
 
 その黒っぽい自毛の部分を白く染めてみようと考えたのですが、どこに尋ねても、白を黒く染める液体はあっても、黒を白く染める液体はない、という答えしか返ってこないのです。
 
 『白髪染め』の業界常識の中に、『黒毛染め』はない、ということなんですね。
 
 仕方なく、文具の白い修正液を塗り付けてみたのですが、それは乾くと粉っぽく白色につやがあって不自然さは拭われず、・ ・ 。
 
 相場はすることがないので、一心にサイトを調べてやっと、粉に近い人工毛を吹き付けて静電気で付着させる商品を見つけることができたのです。
 
 白が、そこにあったのです!
 
 サンプルを注文したので、週末には、玄関口に届く予定です。
 
 無料ですから、ウチの奥さんが受け取っても大丈夫! 中へ入れますよ。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/29日経平均基準IV;16.57(+0.19前比)8/29~9/29volatility
日経平均VI先物9月限;19.40(-0.25前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.20(-0.20前比)10/10~11/08volatility
 
8/28日経平均基準IV;16.38(+0.63前比)8/28~9/28volatility
日経平均VI先物9月限;19.65(+0.55前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.20(+0.25前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):9,000〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,240円55銭
 
 8月30日(木)確定損益   +   19,580
 8月29日(-水)確定損益   ±      0
 8月28日(火)確定損益   -   30,680
 8月27日(月)確定損益   +    5,790
 8月24日(金)確定損益   +   18,160
 8月23日(木)確定損益   +   59,530
 8月22日(水)確定損益   ±      0
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   320,584

   白髪の美女
2012年08月27日(月)《当限SQ前3週》日経225先物;9,080円(+20前比)
   
 いまの時期、何もせずにじっと待つことのできる人、
 何もしないトレードを実践できる人。
 
 オプション・トレーダーとして尊敬に値する人だと思います。
 
 成果を上げる確率が低い今のような時期は、普通に損を叩きやすい時期で。
 
 ぬきちはというと、月初の損失は仕方ないとして、その後はいつもより特にガンマリスクを避けて、いつもより1~2ストライクプライス(権利行使価格)分は遠めのあたりに、いわばどうでも良いところに玉は置いてあります。
 
 
 
 あまり場を見たくない気分なので、先週末あたりから、用事を作って出歩くことが多くなりました。
 が、並みの暑さでないので、へばって、家ではゴロ寝をする時間が多くなりました。
 
 ともかく、気分一新、うつ然とした気分を吹き飛ばすために、金、土、日と、出歩きました。
 といってもこの暑さでは、目的がないと出る気力もなく、・ ・ ・ そんなときに目についたのが、これです。
 
 この美しい『白髪の美女』の写真を、FC2でアップロードできないのが残念です。
 
http://www.prichara.com/products/detail.php?product_id=89
 
 
 見てください。この美女の白髪を!
 白髪が、これほどまでに美しいものとは、うかつにも、2012年8月23日(木)までぬきちは知りませんでした。
 
 さっそく、1,995円といっても通販ではリスクがあるので、直接手に取って見れる店を探して歩きました。
 
 プリキャラという言葉は広辞苑で探してもよく分からないのですが、ようするに、手ごろな値段のウィッグ(カツラ)であろうと、とりあえず理解して、出かけたわけです。
 
 ぬきちの頭は、黒髪が7,8割、白髪が2,3割くらいですが、オプションを始めたころから、専門用語で『ハゲる』ことを切望してきた、その影響が頭部に出て、額から頭頂部にかけてハゲが進行してきました。
 
 月日が経てばハゲるのはオプションと同じで、さほど気にして来なかったのですが、・ ・ 。 
 実は再来週に、岡山から長男が花嫁のナオちゃんを連れて東京に来るのです。
 
 さっそく、近くのアートネイチャーに行ってびっくりしたのは、その値段の高さ、数十万から百万!。話し途中で切り上げて、神田その他のウィッグ・プリキャラ店に向かいました。
 
 面積で値段が違うなら部分的な小さなウィッグでいいと思いながら、・ ・ ・ こちらは白と言っているのですが、どこでもだいたい黒を出されて、ひとつくらい白がある。すなわち、白の需要は少ないということが探しながら分かるのですが、・ ・ 。
 
 土曜日の夜6時近くになり、最後にたどり着いたお店でもやはり、安いものを見せてほしいと言うと、黒髪が4個、白髪がひとつ、テーブルに出されました。
 
 頭骨が大きめでがっしりした形の人は、ハゲ頭が似合うものですが、そうでないぬきちなどは、ハゲると貧相な印象になりがちで、そうした意味で、ハゲか白髪かどちらを取るかとなれば、白髪を選んだ次第ですが。
 まだ黒が勝っているとしても、年数が経つにつれて脱色が進み、いずれは抜けるか白色化する。
 ハゲるよりは、将来性のある白髪で良い、と決めたのでした。
 
 迷わず白を選んで頭に載せると、ぴったり、だったのです。
 
 翌日の日曜日に、現金と引き換えに現物の白髪ウィッグを頭に載せて、帰宅しました。
 
 ウチの奥さんが見て、似合わなければ、玄関口から先へは一歩も入れない、という約束でした。
 
 そのウィッグの値段は、5桁では済まなかったのです。
 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/27日経平均基準IV;15.75(+0.71前比)8/27~9/27volatility
日経平均VI先物9月限;19.10(+0.05前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.95(+0.05前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):9,000〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,240円55銭
 
 8月28日(火)確定損益   -   30,680
 8月27日(月)確定損益   +    5,790
 8月24日(金)確定損益   +   18,160
 8月23日(木)確定損益   +   59,530
 8月22日(水)確定損益   ±      0
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   340,164

2012年08月24日(金)《当限SQ前4週》日経225先物;9,060円(-120前比)
   
 にっき、書けないときもある。
 
 
 
 
 やっぱり、書けないときもある。
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/24日経平均基準IV;15.04(+0.20前比)8/24~9/24volatility
日経平均VI先物9月限;19.05(+0.15前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.90(+0.40前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):9,000〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,240円55銭

 8月27日(月)確定損益   +    5,790
 8月24日(金)確定損益   +   18,160
 8月23日(木)確定損益   +   59,530
 8月22日(水)確定損益   ±      0
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   309,484

2012年08月23日(木)《当限SQ前4週》日経225先物;9,180円(+70前比)
   
 
 時間は一定に流れている。が、それは見せかけであって、・ ・ 。
 (刻々と時を刻む時計を見て暮らしているうちに、そのように考えるのが普通になってしまっているのだろうかと・ ・ ・ )
 
 それは人生だけではなく、オプションが期日に向かう時間推移についても同様に一定とはいえず、その濃度というか速度には、微妙な違いがあるようです。
 
 この3、4日のオプションは、その原資産として緊密な関連性がある日経225先物が、値幅としてはそこそこに動くのですが、その動きに底知れぬ停滞感が感じられ、オプション価格も同様であって、じりじりと間延びのした時間推移が漂うような時間帯となっています。


 グラフについて、ですが。
 
 縦に価格、横に時間、それにもう一次元、原資産の価格をおいて、オプションごとで期日までの時間(限月)、権利行使価格の違いがあり、個々に別グラフとなりますが、それを描いて推移を追っているところです。
 
 もちろんそれは、時間の推移と速度で刻々と変化していくものであり、あくまでも頭の中のグラフであります 。 
 
 
 下記のボラティリティの値についてですが。
 
 VI値はまだ参加者が少なく、価格が飛び離れてつくことが多いので、自分で適正に近いだろうと思われる値に適当に補正しています。
 VI値は日経新聞社の非公表の独自の算定によるもので、基準IV値とは単純に関連づけることには無理があると思うようになりました。
 個人のトレードにおいては、ボラティリティ推移の見当がつけば良いとして使っているものですが、主に今、VI値でぬきちが見ているのは2限月間のサヤの拡縮です。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,300
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/23日経平均基準IV;14.84(-0.52前比)8/23~9/23volatility
日経平均VI先物9月限;18.90(+0.05前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.50(-0.50前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,700〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,020円55銭
 
 8月24日(金)確定損益   +   18,160
 8月23日(木)確定損益   +   59,530
 8月22日(水)確定損益   ±      0
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   315,274

2012年08月22日(水)《当限SQ前4週》日経225先物;9,110円(-40前比)
2012年08月21日(火)《当限SQ前4週》日経225先物;9,150円(-40前比)
   
 昨日もあまり動かないだろうと思い、雑用で出かけていました。
 帰宅後は、ひたすら体を休めて、・ ・ 。

 一昨日の夜間でしたか、数時間で100円幅上げ、日付が替わるあたりを境に同じ幅、戻して下げました。
 
 上げたときに、あっさりコールの売り玉を減らしました。
 どうしてガマンしなかったのか? 待つことができなかったのか?
 
 そういう忍耐心を、いつの頃からか、あっさり捨てました。
 参加している取引の場が、デリバティブだからです。
 勝負心が命と引き換えになる、デリバティブだからです。

 
 今日の夕方あたりからは、注視して、気を引き締めていきたいと思っています。
 不安定な世界情勢の中での駆け引きも始まりつつあり、指数も微妙な位置にきていて、どのような動きとなってもおかしくないからです。

 オプション期近もSQ前4週の後半です。
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,350
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/22日経平均基準IV;15.36(+0.25前比)8/22~9/22volatility
日経平均VI先物9月限;18.85(-0.05前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;22.00(+1.30前比)10/10~11/08volatility

8/21日経平均基準IV;15.09(-0.37前比)8/21~9/21volatility
日経平均VI先物9月限;18.90(-0.60前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;20.70(-1.20前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,700〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,020円55銭
 
 8月23日(木)確定損益   +   59,530
 8月22日(水)確定損益   ±      0
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   333,434

2012年08月20日(月)《当限SQ前4週》日経225先物;9,190円(+20前比)
   
 用事を作って、外出していました。
 日差しが弱くはないので、できるだけ熱風を凌ぐように日陰を歩いて、・ ・ 。
 
 まだ弱くはならない日足をできるだけ見ないようにして、凌ぎに回っているトレードのように、・ ・ 。
 
 足元の脆さを隠蔽して強気を見せることで、市場心理を支えることができるなら、まだまだジリ高がつづくかも知れないと思わせられる、相場です。
 
 今日も用事があって、外出です。
 
 言うまでもなく、・ ・ 言いますが。
 凌ぐように、日陰を歩いて 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,500
 上方レジスタンス目処;(1)9,350
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/20日経平均基準IV;15.46(-0.34前比)8/20~9/20volatility
日経平均VI先物9月限;19.50(+0.70前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.90(+0.10前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,800〜9,500
 当限SQ(小胆)予想値:9,020円55銭
 
 8月21日(火)確定損益   -   96,525
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   392,964

2012年08月17日(金)《当限SQ前5週》日経225先物;9,170円(+90前比)
   
 思惑が外れたり、その時期がずれることで損失が生ずるのは、致し方ないことです。
 来週も、弱くはない地合いがつづきそうですが、ひとつの高値は形成するのではないかと期待しています。
 
 今月は下を向いて、あれこれと今後とり得る手段について模索しているうちに株価が上昇していったので、敗戦処理から始まった月で、これからどの程度の修復ができるかできないか、といった状態にいるのは止むを得ないことです。
 
 気分を転換して、運気の好転を願って、今日はみなさまのブログをいつもより多く拝見に伺ったり、散歩をしたり、PCの模様替えなどして過ごしました。
 
 休日に、傘貼りなどの内職をしてみようかな、と考えたり、いや、そんなことではイカン!と、自分を叱責してみたり、・ ・ 。
 
 いっこうに大きな盛り上がりを見せないIVに、オプション取引環境の変調が感じられたり、いや、そんな弱気はイカン!と、環境その他に自分の不調の責任を転嫁するものではない! と、気負い立ってみたり、・ ・ 。
 
 と、と、もう朝になってしまうので、このまま目をあけたままでいるか、一度横になって目を閉じて睡眠に入れるか、・ ・ ・ と、思わぬ決断に迫られた、ぬきちでした。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,350
 上方レジスタンス目処;(1)9,250
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/17日経平均基準IV;15.80(-0.07前比)8/17~9/17volatility
日経平均VI先物9月限;18.80(-0.45前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.80(-0.15前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,700〜9,350
 当限SQ(小胆)予想値:8,720円55銭
 
 8月20日(月)確定損益   +   21,762
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   296,439

2012年08月16日(木)《当限SQ前5週》日経225先物;9,080円(+160前比)
   
 
 気をつけたいことは、市場が比較的冷静(悲観的)な中で上げていることですが、・ ・ 。
 
 逆に、上げのピッチが早いことも気がかりです。
 
 夜間取引で、7月高値にほぼ到達。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,350
 上方レジスタンス目処;(1)9,250
 下方レジスタンス目処;(1)9,000
 下方レジスタンス目処;(2)8,800
 
8/16日経平均基準IV;15.87(+0.33前比)8/16~9/16volatility
日経平均VI先物9月限;19.35(-0.05前比)9/12~10/12volatility
日経平均VI先物10月限;21.50(+0.50前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,700〜9,350
 当限SQ(小胆)予想値:8,720円55銭
 
 8月17日(金)確定損益   -   44,635
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   318,201

2012年08月15日(水)《当限SQ前5週》日経225先物;8,920円(-10前比)
   
 反落することもなく、今日も一日、日柄を重ねました。
 上値であっても、こうして日柄が経過していった場合、上に跳ねるケースが多いので注意して、コールの売り玉を少し整理しておきました。
 逆にプット側の建て玉が過小だったので、9月限10月限のスプレッドを増やしておきました。
 
 
 戦争の話しは、父からほとんど聞くことがありませんでした。
 記憶が定かではありませんが、父は13人兄弟の末っ子で、南方の戦線から生還して親戚筋から茶屋の娘を紹介されて結婚し、数年後にぬきちが生まれました。
 
 父には男の兄弟が多かったそうで、その半数の数人が若くして戦地で生涯を閉じたことになります。
 
 戦争を知らないぬきちは、遠い昔の出来事のように思って、戦争について切実な気持ちを抱くこともなく、ここまでのんびりと過ごしてきました。
 
 ごく近年になってからです。
 一世代、およそ30年前の青年だった父の兄弟たちのことが、なぜか気になって仕方がないのです。
 
 生き延びることができたとしたら、・ ・ どのように生きることを望んだのだろうか?
 『いっしょに、トレードをしてみようよ。』と、彼らに呼びかけていたり、『どうしたら、いいんだろうか?』と、普通に話しかけたりしている自分がいて、それが自然に感じられるのです。
 
 ぼくの感覚を共有して、たのしみたかったことを楽しんでほしいと思うし、そのためには、もっとぼくも体を鍛えて、長めに生きてみようかなと、思ったりするのでした。

 同盟国であったイタリアの友人が5月に帰国しました。
 イタリアは訪ねているのですが、・ ・ 。
 
 やはり、南の国へ旅してみたい、と思うのです。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,300
 上方レジスタンス目処;(1)9,200
 下方レジスタンス目処;(1)8,800
 下方レジスタンス目処;(2)8,700
 
8/15日経平均基準IV;15.54(+0.22前比)8/15~9/15volatility
日経平均VI先物9月限;19.40(+0.25前比)9/12~10/11volatility
日経平均VI先物10月限;21.00(+0.30前比)10/10~11/08volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,300〜9,350
 当限SQ(小胆)予想値:8,720円55銭
 
 8月16日(木)確定損益   +    1,790
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   273,566

2012年08月14日(火)《当限SQ前5週》日経225先物;8,930円(+60前比)
   
 
 忍耐して、待つ。
 
 動きが出るときを待つ、心境ですが、・ ・ 。
 
 その時期について、あれこれと考えても結局は相場次第の世界なので、
 
 動きの時期や値幅の予測はあらゆる場合を考えて、現状の分析とオプションが取り得る対応をしていきたい。
 
 SQ前5週の半ばで、限月ごとのIV、プレミアム価格を見て、・ ・ 。
 
 今日はプット側にわずかですが、デルタのバランスと収益の手がかりのために、手堅いスプレッドを建ててみました。
 
 期近取引期限は9月13日です。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)9,070
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
8/14日経平均基準IV;15.32(-0.60前比)8/14~9/14volatility
日経平均VI先物8月限;17.80(-0.25前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;19.15(-0.15前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,000〜9,300
 当限SQ(小胆)予想値:8,520円55銭
 
 8月15日(水)確定損益   -    1,840
 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   275,356

2012年08月13日(月)《当限SQ前5週》日経225先物;8,870円(±0前比)
   
 
 何もしてはいけない日で、・ ・ 。
 
 パソコンで絵を描いたりしながら、トレード以外のことをしていました。
 
 小さい子のピヨピヨしてる姿を見るのが好きで、このところ散歩は繁華街の方へと足が向きます。
 
 トレードも熱中すれば良い、というものでもなく、月曜日などは休日としようかな、などと考えています。
 
 IVは低く、いろいろと考えることもありますが、オプションに優位の風が吹く日の再来を信じて、新鮮な気持ちをもって、明日の朝を迎えたいと思います。
 
 
 夏休みでもありさほどのイベントもなく、この一週間は、あまり値動きがないだろうか、と予想していますが。
 8800円あたりから8700円を割り込まずに維持していくと、もう一度9000円を越える動きも期待されそうです。
 それであっても、トレンドの力強い上伸を望める時期と環境ではなさそうに思われます。
 
 それであれば、値幅をともなう下落を期待したいところです。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)9,070
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
8/09日経平均基準IV;15.96(-0.64前比)8/10~9/10volatility
日経平均VI先物8月限;18.20(-0.70前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;19.85(-0.30前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,000〜9,300
 当限SQ(小胆)予想値:8,230円55銭

 8月14日(火)確定損益   ±      0
 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   273,516

2012年08月10日(金)《当限SQ前5週》日経225先物;8,870円(-100前比)
   
 
 先物オプションをトレードの場として、長期的に生き延びていくためには何が必要なのか。

 ずーっと考えてきたことですが、この問題を突き詰めて考え実践しなければならないと切実に思うようになったのは、先々月あたりからでした。
 
 突き詰めると、買い玉の保険的活用で、考えることは簡単なんですが、・ ・ 。
 
 資金量と売り玉と買い玉の比率、位置、IV、SQまでの残存時間、その他、・ ・ 。
 
 絶え間なく動いている相場の中での判断と実践は、簡単なものではありません。
 
 そんなことを考えたり、買ったり・ ・ 。
 
 
 しているうちに、
 
 (今月は、プットの方を、すなわち下落に対する対処の訓練と実践をしていたのです)
 
 ちょっと、確定損が増えてしまいました。
 
 今月と来月はどうも、収益の方は『低空飛行』となりそうです。
 
 煮干をかじりながら、ほどほどの栄養を補給し、といっても支出の方はまだまだ抑え気味でやっているので、一頃のような差し迫った問題はないですが、・・。
 
 猛暑も外出を控えぎみにして、無駄にエネルギーを使わずに乗り越えて、
 
 がんばらねば、と思っとります。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)9,070
 下方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
8/09日経平均基準IV;15.96(-0.64前比)8/10~9/10volatility
日経平均VI先物8月限;18.20(-0.70前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;19.85(-0.30前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,000〜9,300
 当限SQ(小胆)予想値:8,230円55銭

 8月13日(月)確定損益   +   222,790
 8月10日(金)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   273,516

2012年08月09日(木)《当限SQ前1週》日経225先物;8,970円(+100前比)
 
 むむむ
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)9,070
 下方レジスタンス目処;(1)8,760
 下方レジスタンス目処;(2)8,500
 
8/09日経平均基準IV;15.96(-0.64前比)8/09~9/09volatility
日経平均VI先物8月限;18.90(-0.75前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;20.15(-0.55前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,850〜9,070
 当限SQ(小胆)予想値:9,030円55銭
 8月10日(木)確定損益   -   63,940
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   496,306

2012年08月08日(水)《当限SQ前1週》日経225先物;8,870円(+70前比)
 
 
 実際に踏まれてみる。
 
 しばらくぶりではあるのですが、・ ・ ご気分は如何か、と?
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ですね。
 
 ただ今、8960攻防中。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)8,960
 下方レジスタンス目処;(1)8,760
 下方レジスタンス目処;(2)8,350
 
8/08日経平均基準IV;16.60(+0.30前比)8/08~9/08volatility
日経平均VI先物8月限;19.30(-1.50前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;20.65(-1.30前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,750〜9,050
 当限SQ(小胆)予想値:9,030円55銭
 
 8月09日(木)確定損益   -   324,898
 8月08日(水)確定損益   +    8,671
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   432,366

2012年08月06日(月)《当限SQ前1週》日経225先物;8,730円(+190前比)
 
 
 踏まれること、相場の波動に翻弄されることは、個人トレーダーとしては、ごく普通の状態。
 それを、いけない事であるとは考えないようにしようと思う。
 
 むしろ、比較的うまい踏まれ方、上手な翻弄のされ方を身につけたい。
 
 踏まれても、翻弄されても、生き抜いていける力を備えていきたい。
 
 相場に参加していること自体、そうした波乱のただ中に身を置いている訳だから、・ ・ 。
 
 踏まれながら翻弄されながら、その中にあって、生き抜く技術を一心に、磨いていきたいと思う。
 
 
 ・ ・ ・ これを、こじつけと、言うのだろうか? わからない。 
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)8,850
 下方レジスタンス目処;(1)8,500
 下方レジスタンス目処;(2)8,250
 
8/06日経平均基準IV;16.21(+0.45前比)8/06~9/06volatility
日経平均VI先物8月限;19.30(-1.50前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;20.65(-1.30前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,000
 当限SQ(小胆)予想値:8,730円55銭
 
 8月07日(火)確定損益   -     119
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   116,139

2012年08月03日(金)《当限SQ前2週》日経225先物;8,540円(-90前比)
 
 崩れが加速してもおかしくない危うい足取りの週末株価でしたが、・ ・ 。
 
 日経はあくまでもNYの一支部として、NY株価に追随する習性となっているので、独自の判断を先走って下すことは慎んで控えるしかありませんね。
 
 週末のナイト・セッションは米雇用統計の良好な結果を受けて、欧州株価も巻き込んでの大幅な急伸となりました。
 
 そのため、月曜の日経225株価は、ギャップアップでの寄り付きとなる予想です。
 そして、この予想は外れる確率が極めて少ない、予想となります。
 
 その後はいつもの習わしで、値動きの乏しい膠着相場となり、ナイト・セッションに入ってから、NY本部の動向をうかがいつつ徐々にそれを反映しながら動いていくことになる。

 これが、月曜日の日経225の予想です。

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)9,150
 上方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(1)8,500
 下方レジスタンス目処;(2)8,250
 
7/27日経平均基準IV;15.76(-4.25前比)8/03~9/03volatility
日経平均VI先物8月限;20.80(+0.00前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;21.95(+0.20前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,500〜9,000
 当限SQ(小胆)予想値:8,520円55銭
 
 8月06日(月)確定損益   +   18,370
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   116,020

2012年08月02日(木)《当限SQ前2週》日経225先物;8,630円(+0前比)
 
 今月は、先に損失を確定することで始まりました。
 
 コールの建て玉ですが、同値で大半を売り直しているので、まさかの急騰につぐ急騰で一気に9,000円越えでもない限り、後半で7割りがた取り戻すつもりでいるのですが、・ ・ ・ 。
 
 しかしながら、人間の都合と浅はかな料簡なんかは、これっポチも相場の世界に通用するはずもなく、・ ・ ・ 。
 
 人間にとっての予想外の動きは、相場にとってはしごく普通のこと、相場界の一般常識、とでもいうところでしょうか。

 ということで、-15万円ほどの損失は、確かに確定損で、そのマイナスは膨らむ可能性があり、縮小する可能性もある、ということになります。
 
 思うに、相場に動きが出始めていることも、確かなことのように感じられ、・ ・ ・ 。
 
 ミサイルに対する竹やりのようなものですが、心ぼそげに、手持ちの資料を整理している夜です。
 
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 上方レジスタンス目処;(2)8,800
 上方レジスタンス目処;(1)8,700
 下方レジスタンス目処;(1)8,350
 下方レジスタンス目処;(2)8,000
 
7/27日経平均基準IV;20.01(+0.98前比)8/02~9/02volatility
日経平均VI先物8月限;20.80(+0.30前比)8/15~9/14volatility
日経平均VI先物9月限;21.00(+0.40前比)9/12~10/12volatility

 日経レンジカーブ(オプション風):8,000〜8,700
 当限SQ(小胆)予想値:8,220円55銭
 
 8月03日(金)確定損益   +    4,950
 8月02日(木)確定損益   -   22,144
 8月01日(水)確定損益   -   135,440
 
  8月度暫定損益 (合計)  -   142,970

2012年7月末日
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2012年 7月度確定損益 +   392,562   + 10,390,318
2012年 6月度確定損益 +   429,370   +  9,997,756
2012年 5月度確定損益 -   522,484   +  9,568,386 <ギリシャ総選挙の混迷>
2012年 4月度確定損益 +   770,749   + 10,090,870
2012年 3月度確定損益 +   618,050   +  9,320,121
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  8,702,071
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  8,260,739
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  8,212,047
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  7,769,913
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  7,867,560
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +  5,964,895
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  6,252,308
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 6,278,910
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 6,132,347
2011年 5月度確定損益 +   312,283    + 5,783,737
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +  5,471,454
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +  5,393,510 <東日本大震災>
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  6,369,872
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +  5,797,419
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +  5,360,894
2010年11月度確定損益  +   77,665    +  4,898,596
2010年10月度確定損益 +  288,219    +  4,820,931
2010年 9月2週~損益 +  445,886    +  4,532,712
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    +  4,086,826
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +  5,633,578
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  6,041,608
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  6,301,968
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  6,788,593
2010年 4月度確定損益 -   729,063    +  4,430,982
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +  5,160,045
2010年 2月度確定損益 +   464,748    +  3,993,422
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    +  3,528,674
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2009年 12月度確定損益 +   173,972    +  4,536,565
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    +  4,362,593
2009年 10月度確定損益 -   207,413    +  2,848,695
2009年 9月度確定損益 +   965,563    +  3,056,108
2009年 8月度確定損益 +   764,304    +  2,090,545
2009年 7月度確定損益 +   222,029    +  1,326,241
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    +  1,104,212
 
      《-60万円からの再出発》
 手法の切替(ショート・ストラングル⇒カレンダー系)
 5月末日:辞職=専業(値洗ー60万円。借金200万円)
 (退職金なし、失業保険給付金;月約13万×6ヶ月)
 
                3ヶ月合計 -  8,736,240
2009年 5月度確定損益 -  3,385,907    -  8,736,240
2009年 4月度確定損益 -  3,460,663    -  5,350,333
2009年 3月度確定損益 -  1,889,670    -  1,889,670
 世界金融危機の根の深さを過度に推測し再下落の相場観に取り付かれ 
 コール売りを踏まれる
 専業の準備(辞職の申告と引越) 
 
                9ヶ月合計 +  3,769,537
2009年 2月度確定損益 +  2,228,628    +  3,769,537
2009年 1月度評価損益 +  1,033,968    +  1,540,909
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2008年 12月度確定損益 +   430,157    +   506,941
2008年 11月度確定損益 +   281,435    +    76,784
2008年 10月度確定損益 -   792,244    -   204,651
2008年 9月度確定損益  -   205,815    +   587,593 <リーマン・ショック>
2008年 8月度確定損益  +   315,840    +   793,408
2008年 7月度確定損益  +   202,320    +   477,568
2008年 6月度確定損益  +   275,248    +   275,248
 手法(ショート・ストラングル)