『 ぬきちさん、こんばんは♪
おぉ、今日もぬきちさんのお宅はぴかぴかですね♪?
ぬきちさん、そうです、さやいちの『さ』は、Sの『さ』ですよ(笑)
旦那様は嬉しそうに『さやいちのさはSのさだね(笑)』と言ってます。
今日はお出かけしたさやいちの変わりに、
御留守番してくれましたよ♪ 』
 
と、S嬢から、コメントをいただきました。
 
ぬきちは余計な心配をしていたようで、恥ずかしく思っています。
 
ご夫妻はなかよく、SMの役割分担を心得えてお暮らしのご様子で。
おそらく、お留守番ということは、ご主人は猿ぐつわで柱に縛り付けられていたんでしょうが、・ ・ 。
 
いいんですよ♪。夫婦間のことですから、他人がとやかく、口をはさむことではありません。
 
料理のご指導といえば、包丁を研ぐことから始まるはずですが、・ ・ 。
ご自身が研ぎ上げた包丁で、ご自身のからだを切り刻まれる快感については、・ ・ ぬきちだって、想像できないではありませんよ。
 
コメントをいただき、・ ・ ・ なにやら、ぼんやりとですが、S嬢のご家庭のご様子と、ご主人がそれなりに嬉しそうであり、お元気であられるご様子をうかがい知ることができ、ホッといたしました。
 
イメージの世界でしか分かりませんが、・ ・ ( 少しばかりの流血くらいは )あたたかく見守ってあげようと思う、ぬきちでした。
 2012年03月29日(木)くもり《当限SQ前3週》日経225先物10,110円
 
 一昨日、上に跳ね上げはしたのですが、まだまだ調整の範囲内での値動きではないかと見ています。
 
 一万円は下支えになるほどの節目には見えず、どの程度割り込むものか、注視していきたいところです。
 
 
 今日も、さやいち君の助言にしたがって、我が家では、家事にいそしむぬきちの姿が見られました。 
 
 ひとり、サディスティックな喜びにひたる、さやいち君!
 ご家庭では、家事の研修と称して日夜しいたげられているご主人がいて、その身が案じられてならないこの頃です。(コメントより)
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落  
 日経レンジカーブ(オプション風):9750〜10450
 期近SQ(小胆)予想値:10287円60銭
 
 3月30日(金)確定損益   +   25,732
 3月29日(木)確定損益   +   13,370
 3月28日(水)確定損益   +   13,992
 3月27日(火)確定損益   +   42,085
 3月26日(月)確定損益   -     139
 3月23日(金)確定損益   ±     0
 3月22日(木)確定損益   +   20,548
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度確定損益 (合計) +  618,050
 
 2012年03月28日(水)くもり《当限SQ前3週》日経225先物10,180円
 
 オプション相場は、期近精算日まで2週半の時間に来ました。
 
 OTMのオプション価格は時間価値なので、こんなにまでして時間にこだわる理由があるわけです。
 
 売り玉に対して、セータが援軍として心強い作用をする時間帯に入りつつあります。
 
 気を抜かずに、大きめの変動に対しては適切な対応ができるように、注意しながら木曜日、金曜日の3週後半のトレードを進めたいと思っています、
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落  
 日経レンジカーブ(オプション風):9750〜10450
 期近SQ(小胆)予想値:10287円59銭
 
 3月29日(木)確定損益   +   13,370
 3月28日(水)確定損益   +   13,992
 3月27日(火)確定損益   +   42,085
 3月26日(月)確定損益   -     139
 3月23日(金)確定損益   ±     0
 3月22日(木)確定損益   +   20,548
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  593,208
 
 2012年03月27日(火)雨《当限SQ前3週》日経225先物10,180円
 
 うちの奥さんが風邪で寝込んだので、買い物したり皿洗いしたり、多忙な一日でした。
 
 相場は要人発言を好感した欧米の株価上昇に引っ張られる形で、日経225もGUから更に上に突き抜ける強い値動きとなりました。
 
 オプションは、変化の中でどうやって利益を取っていくか、選択肢が多肢にわたり、人それぞれにやり方があっておもしろいものです。
 
 当限の精算日まで3週間を2日切った地点ですが、時間の価値、あるいは切迫度が一日一日ちがっていく過程にも味わい深いものがあり、楽しくもあり、また厳しくもあります。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落 16%台 
 日経レンジカーブ(オプション風):9600〜10450
 期近SQ(小胆)予想値:10288円41銭
 
 3月28日(水)確定損益   +   15,055
 3月27日(火)確定損益   +   42,085
 3月26日(月)確定損益   -     139
 3月23日(金)確定損益   ±     0
 3月22日(木)確定損益   +   20,548
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  580,901
 
サギソウ 2 sagisou-1001-768
 
 これは、?
 
 失礼。
 サギ、ですね。
 
 白サギの写真です。
 
・ ・ ・ ・ ・ 

 こちらが、噂のロクちゃんです。↓
 
 隣に写ってるぬきちの長男が、持ってきてくれました。
 
 岡山の保険やのビルをお訪ねの折には、くれぐれも
 ぬきちの名は出さないでくださいね。
 『ぬきちって、だれ?知らないよ!』 
 と、しらを切られるだけです。
 しらサギのように、・ ・ 。
 2012年03月23日(金)くもり《当限SQ前4週末》日経225先物9,030円
 
 為替に注意して、今夜と週明けを見ていきたいと思っています。
 どの程度の値幅が出るものか、出ないものか、・ ・ 。
 
 おまじないのようなものですが、ひとつ外し、夜間入りでもうひとつ、プットの売り玉を外しておきました。 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、やや上昇、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9650〜10400
 期近SQ(小胆)予想値:10271円33銭
 
 3月26日(月)確定損益   -     139
 3月23日(金)確定損益   ±     0
 3月22日(木)確定損益   +   20,548
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  523,761
 
 2012年03月22日(木)くもり《当限SQ前4週》日経225先物10,040円
 
 夜間取引に入り、日経は一万円を割り込み、終値より100円ほど下落しています。
 
 こんなときに、落ち着いて買場を狙って、
 それから、ゆとりを持って、突っ込んだところを
 買っていける人は、相場に勝てる人だと思いますよ。
 
 慌てることなく、明日でも来週の初めあたりにでも、・ ・ 。
 
 ぬきちは相場に勝てる人ではないので、こんな局面では、
 見守ることしか、できませんが、・ ・ 。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9850〜10500
 期近SQ(小胆)予想値:10287円38銭
 
 3月23日(金)確定損益   ±     0
 3月22日(木)確定損益   +   20,548
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  523,900
 
 2012年03月21日(水)くもり《当限SQ前4週》日経225先物10,020円
 
 調整局面に入っています。
 一度、1万円を割り込んでもよさそうに見えます。
 
 突発的な悪材料が発生しない限り、一万円前後を浅く押す形の調整が、まず想定されるところです。
 
 一万円を割り込んだ場合には、調整の深さ(角度)と進度(速度)を注視していきたいと、思っています。
 
 個人的には、横動きの膠着がもっとも有りがたいのですが、・ ・ 。
 
 建玉は一昨日、休日分のリスク軽減のために削った玉を、今日戻しました。
 
 明日、明後日は当限SQの残存4週の後半戦の2日間となります。
 早ければ、ガンマとセータがオプション価格に与える影響度にやや角度(加速)がかかり始める時期に差しかかるのではないかと、・ ・ 。
 
 都合のよい期待をいだくのは、ちょっと気が早いですよね。
  
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9800〜10600
 期近SQ(小胆)予想値:10291円24銭
 
 3月22日(木)確定損益   +   20,548
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  523,900
 
 2012年03月19日(月)くもり《当限SQ前4週》日経225先物10,080円
 
 オプション・トレードは、大きな変動が来たときに自分の建玉をどうするか。
 そこを明確に決めておくことが、最も大事だと、このごろつくづくと思うようになりました。
 
 (一年後、二年後にオプション・トレードについての自分の考えがどのように変化しているか、興味深いので、今の考えを今日のにっきに書きとめておきます。)
 
 何よりもトレードは、『利益を上げる』ということが目的なわけで、そのためにどうしたらよいのか?
 ・ ・ ・ 半年前とは明らかに変わってきた考えがあるので、この機会に少し整理できればと思うのです。
 
 1、まず、自分で制御することがむずかしいほどの過大なリスクを背負って、トレードをしないこと。
 
 2、原資産あってのオプションなのだから、日経225先物の先行きの分析と予想に力を入れること。
 すなわち実戦では、デルタを傾けることに、躊躇しないこと。

 1、について、リスクの本体は何なのか?リスクを管理するとは、どういうことなのか?
 
 リスクを管理する4つほどの指標がありますが、・ ・
 デルタの数値は今ほとんど見ないし、気にしていないです。
 セータとガンマは権利行使価格の位置、それに残存日数の減少過程で変化していくので、今は体感計測で建玉を動かすなどして対応しています。
 ベガは事前に予測できるものではないので、大まかに対応策を設定しておいてから、事後対応するしかないと、・ ・ 。
 
 今は、あまりそれらの実際のこまかい数値を追いかけなくなっています。
 大ざっぱに捉えるようにしていて、例えばベガなら原資産の変動にともなって、+3パーセント変動したら証拠金の必要額がいくらになるか、などと概数の計算で済ませています。
 
 市場がはげしく動く現場では、数値の算出作業や細かい数値の微動に囚われると、総合判断を鈍らせる可能性もあり、経験計測と体感計測の方がむしろ良いと考えています。
 
 そして、リスクの本体は、何といっても『証拠金』に尽きると、・ ・ 。
 
 デルタ・ニュートラルではなく、『証拠金・ニュートラル』を日々、行なっているのが、実際のトレードのほとんどです。
 
 今日は、証拠金の2割を銀行口座に、8割の証券口座のうちの3〜4割くらいを建玉に、・ ・ 。
 
 そして、建玉調整の基準は、翌営業日に(例えば今日の場合は)上か下に300円ほど変動した場合に証券口座の必要証拠金が5割を超えるか超えないかをおよその基準として、証拠金リスクの均衡を見ては建玉の調整しています。
 
 そして、翌日の原資産の変動幅が大きい場合には、どことどこを外す、などの対応を予定しておいてから、寝ます。
 
 
 それらはあくまでも観念なので、結局のところ、実際にいくら稼いだかが問題です。
 いつも、いつも、きびしい現実に打ちのめされそうになっては這い上がり、また打ちのめされる日々がくり返されているのがトレードの実状であり、ほんとうの現実の姿です。

 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9700〜10600
 期近SQ(小胆)予想値:10289円65銭
 
 3月21日(水)確定損益   +   3,047
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  506,352
 
 2012年03月16日(金)うすくもり《当限SQ前5週末》日経225先物10,060円
 
 昨日に増して上値の重さが感じられ、値動きは膠着ぎみの推移となりました。
 
 調子に乗ってくると、ヤラレることが多いので、今日は利確ぎみではありますが、主にプット側の建玉を減らしました。
 
 長かった5週目がやっと終わり、来週から当限SQ前4週目に入ります。
 
 ここまで何事もなく、トレードを進めてこられたのが、不思議な気がいたします。
 
 4週は、4週特有のむずかしさがあり、順調な足取りの日経225も海外の事情に振り回される立場に変わりはないので、特に週の始めは慎重を期したいと思っています。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9700〜10600
 期近SQ(小胆)予想値:10275円65銭
 
 3月19日(月)確定損益   +   57,555
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  503,305
 
 2012年03月15日(水)うすくもり《当限SQ前5週》日経225先物10,060円
 
 連日、OKストアまでの買い物袋をさげての散歩ではわびしいので、今日は蒲田の町へしばらくぶりに出かけました。
 
 蒲田は駅ビルを中心に手の届く範囲内に生活に必要な要素がほとんど揃っているという快適な町です。
 似ている町としては池袋で、蒲田を大きくしたような町が形成されています。
 
 蒲田で何といっても気に入っているのが、黒湯温泉で、いたるところに黒湯の銭湯があります。
 今日向かった先は『和(なごみ)』で西口1分にあり、平日は割引料金でしかも日中は人が2,3人くらいしかいません。
 
 ここの良いところは、地下から汲み出したそのままの冷泉があることと、風呂の温度が42度ではなく、40度ほどで、ゆったりと湯に浸かってあくびができる点です。
 
 もちろん、サウナも付いて、宿泊施設も岩ブロもマッサージもレストランも休憩室もありますが、ぼくには多品目の設備に付き合わされる時間と金銭がありません。
 ショートという一時間内の格安メニューの利用のみで十分です。
 ロングは使いません。

 今日は新陳代謝の活性化を狙って、サウナでがんばったので、少々つかれました。
 
 そして、おいしいウナギ屋さんが近くにあるのです。
 料金が上がっているのにはびっくりしましたが、ウナギの稚魚の捕獲量が少ないことは知っていたので、サイフには事の次第を言い含めておきました。

 家に帰りましたが、まだ残存5週目の木曜日で、遅々とした時間の進展にイラッとする気持ちを抑えて、・ ・。
  こんな相場くらいではないか、おまえが稼げる相場は!と自分に言い含めました。
 がんばりたいと思います。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9700〜10600
 期近SQ(小胆)予想値:10275円67銭
 
 3月16日(金)確定損益   +   17,370
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  442,750
 
 2012年03月14日(水)うすくもり《当限SQ前5週》日経225先物10,010円
 
 日経225は円安が追い風となり、1万円を超えました。
 風向きが変わるまで、もう少し上値がありそうです。
 
 オプション・トレードには、目先の上下で利益を狙う必要がないという特長があるので、その特長に守られる中で今日も微調整を行ないました。
 
 今、資金の2割を銀行口座に、残り資金のうちの5割までを建て玉に使っています。
 
 時代や環境、やり方で変わっていくと思われますが、今はこの配分が心地よく、たいていの日々、ぼくに安眠をもたらしてくれます。
 
 大きめの変動があれば、主に売り玉を減らすことを第一に考えつつ、しばらくはこれで進めるつもりでいます。
 
 『 変動は思わぬときに、フイにやってくるものですよ。ぬきちさん!』
 と、どこからか、声が聞こえました。

 気のせいかもしれませんが。 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9700〜10500
 期近SQ(小胆)予想値:10276円76銭
 
 3月15日(木)確定損益   +   27,740
 3月14日(水)確定損益   +     370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +  425,380
 
 2012年03月13日(水)うすくもり《当限SQ前5週》日経225先物9840円
 
 上値もやや重く、日柄をこなして上値の抵抗度合いを軽くしたい局面のようです。
 
 こちらも焦らずに、時間の消化を気を長くして待ちたい、と思っています。
 
 今日は旧友に会い、元気な姿を見て、力をもらいました。
 米国生まれですが、日本人と結婚し、1歳2ヶ月の子が授かり、日本に永住権を取得したそうです。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、往来、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9500〜10600
 期近SQ(小胆)予想値:10288円46銭
 
 3月14日(水)確定損益   +    370
 3月13日(火)確定損益   +   83,318
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +   397,640
 
 2012年03月12日(木)うすくもり《当限SQ前5週》日経225先物9580円
 
 大きな災害から一年が経過し、人生が変転した数多く人々に祈りを捧げ、そしてオプションの取引環境の変化の中を不思議に生かされて今日を迎えられたことに、感謝いたします。
 
 先週は、次限月がSQまで5週となる期間の長さを重く考えて、しばらくぶりでほとんどの建て玉をSQに持ち込みました。
 
 今日は3空の寄り天に嵌ったように、日経225先物は9960円をつけた後は、終値9800円まで下げました。
 上へのリスクの低減ということで、IVは下落。オプション・プレミアムも減価ぎみに推移しました。
 
 押し目か調整が少しばかりは入りそうですが、これもどう動くものか気迷いつつ、ていねいに付いていくしかありません。
 
 SQまで5週間という長さがあるだけに、建て玉を重くはしたくないなと、考えつつ、・ ・ 。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9400〜10600
 期近SQ(小胆)予想値:10235円28銭
 
 3月12日(月)確定損益   +  309,322
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +   313,952
 
 ばなな栄養学考
 
たいていの大地から採れるたべものは、表皮と果実に貴重な栄養素が集中して含まれているものです。
もちろん、りんごなどはよく洗ってから、皮ごと食べるのが本筋だと、ぼくは思って実行しています。
 
栄養学からそのあたりを考察していくと、皮だけ食べて実を捨てる、という食べ方もまだ実践したことはないのですが、じゅうぶん考えられる確かな方法です。
 
さて、バナナですが、皮をむいてそのまま食べられる手軽さがあり、安価で栄養も豊富な食べ物です。
これは、間違っても皮を食べてはいけません。健康上リスクが多いと思われます。
 
昔、学校に給食制度があり、バナナの両端が3、4センチほど、切り捨てられた状態で出されていたことを今も鮮明に覚えています。
なぜ、端が切られているのか、理解できなかったので記憶に残っていたのだと思います。
 
数年前にたまたまテレビの映像を見て、その理由が分かりました。
主にフィリッピンで採取されたまだ青いバナナが大量に船積みされて、日本に送られてくる船内の映像でした。
 
上から多量の消毒液が、キリ状にバナナに散布されているのでした。
日数をかけて日本に送られてくる間に虫が食べたら商品にならないので、殺虫剤で保全しているのです。
 
その殺虫剤は植物の構造上、茎をつたって浸透する仕組みとなっています。
まるごとバナナを食べることは、浸透した殺虫剤もいっしょに体内に取り込む結果となり、児童の健康を守るために給食では両端が切り捨てられたのだなと、やっと理解できたのでした。
 
ウェブには様々な雑学や理屈が書き込まれています。
『ある公的機関の検査によると、農薬、殺虫剤の残留値は先端まで安全基準内にある』とも。
 
判断は食べる人の自由なので、ぼくはバナナの先端部分の安全性については、変らず懐疑をいだき、捨てるようにしています。
 
次に、バナナの食べごろについてですが、追熟が進み表皮が黒っぽく変色してきたころ、中身の栄養素は飛躍的に向上します。
このあたりは、干しだいこんと似てますね。
ぼくは早めに購入して、常温放置をしながら表皮の変化を観察し、黒色化が進んだものから食べはじめます。
 
そして、忘れてならない大事な点がひとつ。
バナナは、表皮と果実のあいだにおよそ10本くらいの細い筋があり、じつに残念なことですが、多くの人がこれを食べないで皮といっしょに捨てます。
 
このすじにこそ、たいへん貴重な栄養素が凝縮されているとバナナ栄養学は教えているのです。
人体に取り入れる栄養を考えたときに、ぼくなんかは、この十本のすじだけ食べて中身も皮も捨てたらいい、と、純粋といっていいか、単純に考えたりするのですが、・ ・ 。
 
いかがなものでしょうか?
 
 
参考文献より
 
熟したバナナほどポリフェノールの含有量が高いポリフェノール類(フィトケミカル)・強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除く

ナトリウムを体外に排出する「カリウム」を豊富に含有しており高血圧の予防に適している

食物繊維や腸内の善玉菌を活性化させるオリゴ糖が豊富で、整腸作用は当然ながら動脈硬化や糖尿病、ガン予防効果

脳の神経伝達機能を活性化し、脳の働きをよくする「メラトニン」

免疫力を強化する「TNF活性因子」などを含有

バナナの果肉についている白い筋には多くの抗酸化物質ががんゆうされていると言われています。また、完熟して皮に黒い斑点(シュガースポット)が現れるとバナナの抗酸化作用が最大になっている証です。
 
追記:
バナナの内側の粘液質の部分は、良質な植物油が含有されていて、ヴァラエティで人を滑らせて笑いをとるために利用するものでは、ない!
今後の活用法に期待したいと、文句を言うぬきちでした。

 
 2012年03月08日(木)雨くもり《当限SQ週》日経225先物9580円
 
 ずいぶん思い切って、日経は上げました。
 が、これが更なる次の上げを予告するものかどうかは、だれにも分かりません。
 
 今日急ぐ必要もなければ明日急ぐ必要もない人生で、因果玉を作るのは、こんなときです。
 
 そう自分に言い聞かせたぬきちは、ひとり眠りにおちたのでした。 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9500〜9800
 期近SQ(小胆)予想値:9588円16銭
 
 3月09日(金)確定損益   ±     0
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +    4,630
 
 2012年03月07日(水)雨くもり《当限SQ週》日経225先物9580円
 
 週末から週初に大きなイベントが重なっていることもあり、神経質に上下をさぐる動きがつづいています。
 それらの諸材料が株価へどのように織り込まれていくか、様子を見ながらこちらも動く準備をしていきたいと思っています 。
 
 今週は、見たところ、日柄も値幅も中途半端で、すべてがこんな不明瞭なときに、運に任せて先に手を出す理由がないと、自分に納得させました。

 特に今回は、相場の落ち着き具合と動向を見てから、こちらは動きを決めればいいと考えています。
 
 主導権は、あくまで相場が一方的に握っていることを、肝に銘じて。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9350〜9800
 期近SQ(小胆)予想値:9567円24銭
 
 3月08日(木)確定損益   +   14,790
 3月07日(水)確定損益   ±     0
 3月06日(火)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
  3月度暫定損益 (累計) +    4,630
 
 2012年03月06日(金)くもり《当限SQ週》日経225先物9650円
 
 夜間取引に入っても下落はつづき、そろそろ押し目買いの準備をしても良さそうにも思えます。
 
 が、今はオプションの特殊な時間価値の減少度に目処が立ちづらい時期で、ぼくにとっては当限の建玉をたたんで期先にロールするタイミングが掴めるものかどうか、あるいは確実にSQ持ち込みを計るのが妥当なのか、判断がむずかしい局面です。
 
 時間価値の減少度というのは、OTMのオプションの価値(価格)の推移について言っているのですが、
次の限月がSQ(精算日)まで、6週半もの時間が残されているからです。
 当限のオプションが1円(=千円)になったからといって、安易に次限月へロールすれば良い、という訳にはいかないからなのです。
 
 しかも、押し目買いと簡単にいってよいものか、原資産の先行きも今夜の時点では不透明で、不安定な状況と云わざるを得ません。
 
 やみくもに、リスクを取りにいくトレードは慎みたい、と思っているところです。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9400〜9800
 期近SQ(小胆)予想値:9565円18銭
 
 3月07日(月)確定損益   ±     0
 3月06日(金)確定損益   ±     0
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
   3月度暫定損益 (累計) -  10,161
 
2012年3月5日(月)うすくもり
 
あれから電話でお話しをするのは、数えてみると6回目になります。

今朝は気配値を見て、相場はやることがないなと思いました。
 
洗濯機を動かすなどした後、web送金がうまくいかなくて、銀行へ電話をかけたのでした。
 
電話に出た女の子?が、エヘヘっと笑い声を残しながら取り次いでくれたので、もはや、銀行中の疑惑と噂になっているのか、二人の仲が!
と、かすかな不安を感じる、間もなく、本松のおばさんのやや間延びのした声が聞こえてホッとしました。
 
あれやこれやと訳の分かりそうな今ひとつポイントがぼやけた会話をつづけた後、web専用回線を教えてくれたのです。
 
処理が終わって、いつものように蕎麦を湯掻いて食べ、ゆったりと午後の時間が流れた時分に、電話は鳴りました。表示でだれなのか、分かります。
 
7回目ですよ、おばさん。と聞こえないようにつぶやきながら、受話器を取ると、少しまの悪そうな遠慮がちな声で、『先ほどはすいません。十分な説明ができなくて、・ ・ 』と。『いや、そんなことはありません。個人の口座とはずいぶん違うので戸惑いましたが、無事、送金もできましたから、』と。
 
『ずいぶん寒くなってきましたねえ。』
『ええ、ほんと、寒くって。』
『お体にお気をつけになって、・ ・ 』
 
フッと、間が空いて、『それでは、これで、』
・ ・ と、話しを切るのは、いつもぼくの方なのです。
 
 
・ ・ ・2月の22日、銀行から帰って、すっかり先ほどのおばさんの顔も忘れ果てた、と思われたとき、襟巻きもとりコートも脱いだとき、最初の電話がかかってきました。
『すいません、記入漏れがあって、・ ・ 』と。
 
翌日は、『&の文字は銀行では使えないので、カタカナで・ ・ 』
2,3日すると、『web開設のお知らせは届いたでしょうか?残高などがすぐ分かるので、一度使ってみては、・ ・ 、』
ぼくの方からも2回電話しましたよ。
 
距離は近いけれども、・ ・ 2度と会うことはない。
瘠せぎみでメガネをかけ、どちらかというと、カマキリに似たおばさんでした。
 
ぼくは、いわゆる美人、というタイプの人には心が揺れないのです。
どこか、抜けている人に、人間味を感じ、親しみがわくのです。
 
今にもくずれかけてい、微妙な均衡と緊張に打ちふるえるあたりに、美を感ずるのです。
顔もちょっとくずれかけているにも拘わらず、他の部分との不思議な補完作用で、ある角度から見たときに、おやっという美がかいま見られる、そういった顔の方が好きなんです。
 
嫌いでは、ありませんでした。と、言っておきます。 
 
もう、・ ・ 電話も来ないと思います。

ぼくのこころに、あたたかいものを残して消えた、一冬の思い出でした。
2012年2月3日(土)
 
とても重要度の高いコメントをいただきましたので、ブログ上でお答えいたします。
 
『 醤油と黒酢でお蕎麦を食べるんですか。。。
想像できませんが、美味しいのですか?
今度試してみようかなぁ~・・・

私は黒酢はやはり小籠包や餃子、えび蒸し餃子の時にいただきます。
少し癖があって美味しいですよね?

思わずコメしちゃったので、
スルーしてください(笑)さやいちさんより 』
 
ぼくには、未来のお友だちがひとりいます。
彼は過去の風俗研究のために、2111年に偶然ぼくのブログを拾い出し、当時の日本の底辺に生きるオプション・トレーダーの私生活、および生活環境についての研究を始めるのです。
 
特に食生活は、生活のたいせつな要素なので、正確さと克明さ、さらに100年後の人々に理解できるような表現が必要とされるのです。
 
うっかり、そのことをないがしろにして、不正確な記述をした点を、さやいちさんに指摘される結果となりました。
 
2111年の友人へ 
 
そば粉100%食塩無添加の『十割そば』をとろ火で4分ほどゆでながら、どんぶりに鰹節と昆布味の『つゆの素』を小さじ2杯、鹿児島から取り寄せた黒酢『角井田宝伍年熟成』を小さじ1杯半、入れておきます。
そのどんぶりに茹で上がった蕎麦をそば湯ごと入れて、軽く攪拌するとでき上がります。

味覚と嗜好には個人差があり、うす味とおぼし召す方は、『つゆの素』を多用いたします。
ぼくなどは、原材料の味、蕎麦そのものの味をたしなもうとするために、味付けは極限まで控えて食するくせがあります。
 
洗濯は、今からおよそ数十年前までは、たらいという直径1メートルほどで高さ40センチメートルほどの円形の木製の入れ物に井戸や川から水を汲んできては入れ、洗濯板という波型に凹凸をつけた長方形の木製板を斜めに差し入れ、衣類を水に浸しつつその板に素手でゴシゴシと押し付けて付着した汚れを洗い流していました。
 
やがて、洗濯機という箱型の器具が一般家庭に普及するようになり、洗濯はずいぶんと簡素化され手間が省けることになりました。
この器具も、あなたの時代にはどのような形に変形しているのでしょうか?
 2012年03月02日(金)うすくもり《当限SQ前2週末》日経225先物9710円
 
 日経225先物は、2限SQ値よりもおよそ800円余、持ち上げられた位置に来ています。
 この株価が高値なのか安値なのか、判断をしないように気をつけていますが、・ ・ 。
 
 ともかく、波乱が一休みしたかのようなおだやかな日和でした。
 洗濯をし、料理をしました。
 
 洗濯といっても、衣類と洗剤を同時に入れて、スイッチを押すだけの労力です。
 料理といっても、蕎麦を茹でて、そば湯ごとどんぶりに移し、醤油と黒酢を少々加え、生卵と刻みキャベツを乗せ、黒ゴマをふりかけただけです。
 
 空模様を気をつけて見なかったことが、誤算でした。外は雨で、洗濯物は室内干しにするしかなかったのでした。
 
 株価の緩慢な値動きをみて、昨日まで盛り上がっていたIVは、すぼんでいきました。
 今後、値幅をともなう調整となるか、もう一段跳ね上げることになるか、見ていきたいと思っています。
 
 波乱含みのリスキーな状況に変わりはなく、引きつづき用心したい気持ちです。 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、低下、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9400〜10000
 期近SQ(小胆)予想値:9571円22銭
 
 3月05日(月)確定損益   +   31,019
 3月02日(金)確定損益   -   2,210
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
   3月度暫定損益 (累計) -  10,161
 2012年03月01日(木)くもり《当限SQ前2週》日経225先物9710円
 
 これだけ原資産の値動きが激しいときに、売りをメインとした戦法で期先の新規の建玉を安易に建てるのは、無謀に思われます。
 買いをメインとした戦法で勝つ確率が、上がっているときだからです。
 
 期近は、精算日が間近となっていて既存の売り玉の問題は軽減されてきていますが、新規ではATMに近い権利行使価格でないと、満足な値段で売り建てることができません。
 そこはまた、セータもガンマも日ごと、極大化に向かいつつある危険地帯でもあります。
 
 売り方にとっては、セータの威力が増すと同時にガンマの脅威も増大するところです。
 買い方の有利は歴然で、限定利益の売りでは買いに勝つことは至難といえます。
 
 期先は、次月限でも精算日まで6週間以上、期間が残されています。
 値動きがもう少し落ち着くまで、待機するところではないかと思っています。
 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、上昇、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9450〜10000
 期近SQ(小胆)予想値:9585円30銭
 
 3月01日(木)確定損益   -   38,972
 
   3月度暫定損益 (累計) -  38,972