2012年2月末日(水)
 
 今月は、悪材料満載の中で、日経225は力強く上昇トレンドを描きました。
 
 ぬきちは上方向へのリスクに過度に敏感だったため、コール側への建て玉は建ててはすぐ外すなどして、結局、ほとんど建てずに、最終日に建てて、振り回され、7万円ほどの損失を出しました。 
 
 全体的には軽微な損失で済んだのは、リーマンショック後の上昇時期に、『こんなはずはない!』とばかりに、相場に逆らって売りまくり踏み上げられた苦い経験が、ここにきて、わずかですが生かされたのだと思われます。
 
 2009年の3月-1,889,670、4月-3,460,663、5月-3,385,907
 
 5月29日でしたか、値洗いは-60万円までいったことを覚えています。
 消費者金融から、合計200万円ほどの枠を作り、そのうち100万円余は3~4ヶ月借りては返していました。
 
 会社には退職届けを出し、部屋は賃貸契約を済ませていました。
 
 20年余、トレードに対して反対をつづけていた妻に、これはおれの人生なんだ、これを止めたら何もおれには無いんだ、と話し、妻がやっとトレード行為を認めて受け入れてくれたのも、このときです。
 
 その上、何を思ったのか、100万円を使っていいよ、といって差し出してくれたのです。
 そのときの悲惨な損失の実態は、一言も話してはいません。
 
 ぼくは、周りの先輩の方々のメルマガなどを本気で読み始めました。
 まともに、オプションについて学び始めたのでした。
 
 ・ ・ ・ ・ ・

 なんか、悲惨な告白が始まりそうで、・ ・ ・
ここらで、止めておきます。
 
 このときの経験が、今月は少しばかり生かされたのではないかと、いうことです。



                月次確定損益    累計確定損益
2012年 2月度確定損益 +   441,332   +  3,726,007
2012年 1月度確定損益 +    48,697   +  3,284,675
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  3,235,978
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  2,793,849
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  2,891,496
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +   988,831
2011年 8月度確定損益 -   26,602    + 1,276,244
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 1,302,846
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 1,156,283
2011年 5月度確定損益 +   312,283    +   807,673
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +   495,390
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +   417,446
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  1,393,808
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +   821,355
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +   384,830
2010年11月度確定損益  +   77,665    -    77,468
2010年10月度確定損益 +  288,219    -   155,133
2010年 9月2週~損益 +  445,886    -   443,352
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    -   879,877
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +   666,875
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  1,074,905
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  1,335,265
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  1,821,890
2010年 4月度確定損益 -   729,063    -   535,721
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +   193,342
2010年 2月度確定損益 +   464,748    -   973,281
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    -  1,438,029
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2009年 12月度確定損益 +   173,972    -   430,138
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    -   604,110
2009年 10月度確定損益 -   207,413    -  2,118,008
2009年 9月度確定損益 +   965,563    -  1,910,595
2009年 8月度確定損益 +   764,304    -  2,876,158
2009年 7月度確定損益 +   222,029    -  3,640,462
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    -  3,862,491
 手法の切替(ショート・ストラングル⇒カレンダー系)
2009年 5月度確定損益 -  3,385,907    -  4,966,703
2009年 4月度確定損益 -  3,460,663    -  1,580,796
2009年 3月度確定損益 -  1,889,670    +  1,879,867
2009年 2月度確定損益 +  2,228,628    +  3,769,537
2009年 1月度評価損益 +  1,033,968    +  1,540,909
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2008年 12月度確定損益 +   430,157    +   506,941
2008年 11月度確定損益 +   281,435    +    76,784
2008年 10月度確定損益 -   792,244    -   204,651
2008年 9月度確定損益  -   205,815    +   587,593
2008年 8月度確定損益  +   315,840    +   793,408
2008年 7月度確定損益  +   202,320    +   477,568
2008年 6月度確定損益  +   275,248    +   275,248
 

 2012年2月28日(火)どしゃぶり《当限SQ前2週》日経225先物9760円
 
 昨日は上に踏み上げ、今日は下に踏み下げておいてから、大きく上に踏み上げ、と。
 これが相場だ!と言わんばかりの乱高下。
 
 人間の予測能力をはるかに超える動きで、もう、お手上げです。
 明日以降の値動きも、これでは予測を放棄するしかありません。

 建玉はやや距離をとり、証拠金にゆとりもあったために、深手は負わずに済んだものの、調整損は含み益を削りました。
 
 SQへ向けて、挽回を計るつもりでいます。 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、上昇、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9400〜10000
 期近SQ(小胆)予想値:9584円29銭
 
 2月29日(水)確定損益  ー    30,338
 2月28日(火)確定損益  +    87,342
 2月27日(月)確定損益  +    10,866
 2月24日(金)確定損益  ー    14,465
 2月23日(木)確定損益  ±       0
 2月22日(水)確定損益  +    16,940
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度確定損益 (合計) +  441,332
 2012年2月27日(月)うすくもり《当限SQ前2週》日経225先物9620円
 
 お友だちのPYUちゃんから
 『おめえのブログに写真が無いじゃんけ。よからば、おらが描くぞい』と。
 『イケメンがよいか、こぶたちゃんがよいか?』と、と。
 
 そんで、考えただが、
 イケメンじゃ、反感を買うし、人が良すぎる顔も、シラケさせるだけで、・ ・ 。

 で、振り返ってみれば、あっしのトレード人生は、踏まれ、踏まれて、また踏まれ、・ ・ ・ そんなようなもんじゃ、あるまいか、っと。

 で、で、踏まれた絵を所望したわけじゃに。
 
 本日は、さっそく効果あられたりで、下に踏まれ、日中踏まれ、夜間に踏まれた。
 
 調子に乗って、週末取引の夜間、ロールアップまでしてせこく稼ごうとした分、今度はロール巻き戻しをくらう羽目板に嵌り込んでしまう羽目になってしもうたのじゃ。

 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9100〜9700
 期近SQ(小胆)予想値:9472円61銭
 
 2月29日(水)暫定損益  ー    42,472
 2月28日(火)確定損益  +    87,342
 2月27日(月)確定損益  +    10,866
 2月24日(金)確定損益  ー    14,465
 2月23日(木)確定損益  ±       0
 2月22日(水)確定損益  +    16,940
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  429,248
 2012年2月24日(金)うすくもり《当限SQ前3週末》日経225先物9640円
 
 日経225は上へ動きました。
 流動資金の余剰と円安は、この指数の急騰に大きな支援として作用します。
 
 注目の夜間取引に入っても上伸をつづけたので、建て玉の調整に手をつけ。
 コールの近めの売り玉を、同値で手仕舞いました。
 
 コール側のゆとりはまだ十分あったのですが、そのゆとりが3割がたでも削られる可能性に対して、それを未然に先手で打ち消しておきたかったのです。

 代わりに、プット側の減価した建て玉をロールアップして、建て直しました。
 
 今のところ、自分なりのペースが守られていることに、満足しています。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、下落、 
 日経レンジカーブ(オプション風):9300〜9900
 期近SQ(小胆)予想値:9488円72銭
 
 2月27日(月)確定損益  +    10,866
 2月24日(金)確定損益  ー    14,465
 2月23日(木)確定損益  ±       0
 2月22日(水)確定損益  +    16,940
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  384,378
 2012年2月23日(木)うすくもり《当限SQ前3週》日経225先物9570円
 
 売り目線の人たちが転換して、総強気の雰囲気が漂い始めたときには、後追いをしないように注意をしたいと思っています。
 
 静観を基本として、目先は明日の終値で決定する週足を見て、その後の夜間の相場の勢いを見て、リスクが生じそうな玉は、たたむかも知れません。
 
 当限は、明日が終われば精算日まであと2週間となります。
 
 もし一旦、上抜けるとしても、あるいは値幅をともなう調整があったとしても、見送る姿勢をもって、ゆとりのある玉構えを整えつつ、SQに向けて1日1日、消化していきたいと、堅めに考えています。 
 
 上下に振れやすい時期だけに、一歩退いて、距離を保って臨むべき相場か、と。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、変らず、動意含み 
 日経レンジカーブ(オプション風):9100〜9950
 期近SQ(小胆)予想値:9481円58銭
 
 2月24日(金)確定損益  ー    14,465
 2月23日(木)確定損益  ±       0
 2月22日(水)確定損益  +    16,940
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  373,512
 2012年2月22日(水)うすくもり《当限SQ前3週》日経225先物9570円
 
 朝の10時半ごろですが、相場が分かりにくくて動きがないので、思いきって散歩にでかけました。
 向かった先はM銀行駅前支店。
  
 建物は大きかったのですが、中はそれほどでもなく、・ ・ 。
 銀行の窓口も最近は老齢化が進んでいる様子で、若い女性の姿がここでもやはり消えていました。
 
 呼ばれて担当者となった女性がその中では比較的若作りに見えたのですが、それは長椅子に腰掛けて遠目で見ていたからでした。
 
 衝立で隣りと隔てられているので、どうしても対面する形になり、異性をことさらに意識してはいけないと自分を諌めながらも、チラリと表情を見たりすると、20歳代に限りなく近く見える瞬間もあったり、50歳をあやうく超えるのではないかと思われる瞬間もあったり・ ・。
 
 で、せわしなく動かす手元に目をやると、指輪は女性であれば、魔除けついでにどこかの指にありそうなものですが、・ ・ これが、どこにも無い。
 あるべきものが無いと、気になるではないですか!
 
 それで帰りしなについ、あのことを話してしまいました。
 
担当者の名札に文字が横に並んでいるのですが、はじめのうちは、松本さんと思っていました。
 『本松』さん、なんでした。
 
 それで、『本末転倒さん、と呼ばれないですか?』
 と、余計なことを言っちまったんです。
 
 どなられはしないまでも、事務的にさらりとかわされるやり方でやっつけられると、思いました。
 ところが本松さんは、ぼくのおやじギャグに対して、厳正な銀行業務をそっちのけにして、まともに答えてくれちゃったのです。
 
 『そうなんです。もとまつ、というんですが、・ ・ 』
 ぼくは『今まで見たことのないお名前だったもので、・ ・ ・。』
 と言い訳がましく、話しをつなぎながら、
 『どこかに何軒とか、集まっていらっしゃるんでしょうか?』
 『私も自分以外は知らなくて ・ ・ 』
 さらに突っ込んで『沖縄とか、どこかにご親戚とか?』
 『九州の出身なんです。』
 
 ぼくは、話し途中でハッとしました。
 銀行業務の真っ最中に、窓口で、(仕切りがあるとはいえ)今にも涙ながらの身の上相談が始まりそうな気配に気がついて、・ ・ 。
 我に返ったのでした。
 
 ここだけの話しです。
 わずかな時間です。
 ぼくは、人を好きになったのでした。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、大幅反落 
 日経レンジカーブ(オプション風):9050〜9850
 期近SQ(小胆)予想値:9478円43銭
 
 2月23日(木)確定損益  ±       0
 2月22日(水)確定損益  +    16,940
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  387,977
 2012年2月21日(火)うすくもり《当限SQ前3週》日経225先物9490円
 
 今週後半にかけて気をつけてみたいことは、日を追うごとに上値が重くなり、もし急落した場合の値幅とボラティリティの上昇の程度です。

 ゆるやかであれば、上でも下でも良いのですが、相場も生きものなので人生と同じで一寸先は何が起こるか、分かったものではありません。
 
 いずれは来る急変に、心構えだけでなく、具体的な対処法も用意しておきたいと考えたりしています。 
 
 その時、がんばって踏み止まることが、冷静な状況の判断によるものなのか、物欲などの執着心によるものなのか、日ごろの備えがなければ適正な対処はむずかしいと思われるからです。

 おだやかに時間が流れる夜、こんなことを考えたので、にっきに書いておきます。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、大幅反落 
 日経レンジカーブ(オプション風):9000〜9800
 期近SQ(小胆)予想値:9462円15銭
 
 2月22日(水)確定損益  +    16,940
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  387,977
 2012年2月20日(月)はれ《当限SQ前3週》日経225先物9470円
 
 大好きなジリ上げ相場もまだ初動の段階と見られますが、あまりに急な上昇で伸びきった形になりつつあるような ・ ・ 。一見、そのような感想をいだかせるチャートです。無論、オシレーター系の指標は超過熱。
 
 建玉はプット側が処分できた分だけですが、コール側へ建て始めたのでデルタのバランスの傾きがこころもち直りつつあります。
 
 ここで更に急騰したら?
 SQ前3週も始まったばかりで、判断がむずかしいところですが。
 時間とのせめぎ合いに持ち込むか、あまりに急であれば、すぐ処分する用意をしています。
 
 落ち着いてほしい気持ちもありますが、私的願望を前面に押し出すのも、テクニカルの小道具で裁断するのも、相場の神様に対して失礼やもしれず、恐れ多く思われ、ここは、ひたすら自重ぎみの低姿勢で従っていきます。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、続伸 
 日経レンジカーブ(オプション風):9050〜10050
 期近SQ(小胆)予想値:9728円65銭
 
 2月21日(火)確定損益  +    59,222
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  371,037
2012年2月18日(土)

 ウリ枠もないので、下値に指したものにだれかのウリがヒットするしか動きようのない週の初めを迎えようとしています。
 
 
 ところで、大根の話しになりますが、大根もそのままの状態よりも、切り刻んで干して乾燥させた『切り干し大根』の方が、ミネラル、ビタミンその他の栄養素が数倍となる、という栄養学研究所の情報を急に思い出しました。
 
 ぼくの四畳半の畳敷きの部屋は、南向きで、日中は日光がこれでもか、というほど良く射し込んできます。
 そこで、・ ・ ・ これはちょっとしたアイデアにすぎませんが、有用な実験を試みてみようかと、思い付いたわけです。
 
 前提としては、まず、ぼくの部屋を覗き見の対象にしようとするほど、好奇心が片寄っているというか、お暇な人はほとんどいないだろうと、踏んで、、、
 
 さっそく、思い切って、・ ・ 大根足ではありません。
 部屋着のパジャマを脱ぎ、・ ・ 公衆の面前で、これは言いにくいのですが、・ ・
 からだに付着している布類をすべて、一気に、剥奪いたしました。
 
 もちろん、だれもいない。見てくれる人はだれもいないので可能となった、これは人体実験です。
 本人は、未来の栄養学に新境地をひらくために、この身を捧げた、つもりだったのです。
  
 日射しを全身に浴びて、布団の上で、体をうつ伏せにしてみたり、ひっくり返してあお向けにしてみたり、と ・ ・ 。
 特に注意を払った点は、日ごろ、太陽の光の恩恵に浴していない部位に、十分な照射を施すことでした。
 
 腕をひねって、内側の白っぽい皮膚組織に照射してみたり、手のひらや足の裏にも、ビタミンB2とB6が増殖いたしますように、と願いを込めて。
 しばらく、あれこれとひねっては努力をくり返するうちに、早くも皮膚組織に赤っぽい変化が表れはじめました。
 
 最初のうちは、単純にうれしかったのですが、・ ・ 。 

 そうこうしているうちに、フト、考えたのです ・ ・ 。
 『人間干し大根』が完成したとして、いったいだれに、これを食べてもらおうというのか?
 
 干からびて、栄養素が数倍に増殖した、この手足を!
 まさか、自分で自分の手足をかじるつもりではあるまいに、と。
 
 そこで、我にかえったぼくは立ち上がって窓に駆け寄り、一瞬、人の目を意識しましたが、カーテンを閉ざして日の光をさえぎったのでした。
 
 ・ ・ 夜になり、あたりは闇が支配しています。
 腕の内側を見ると、赤っぽく変色はしましたが、これがミネラルなのか、ビタミンB6なのかは、まだ分かりません。
 
 
 2012年2月17日(金)はれ《当限SQ前4週末》日経225先物9400円
 
 ピッチが急で、思考回路をひとまず、遮断しました。
 (ここらで一服してほしいもんだとか、一服するんじゃないか、といった希望的な観測や絶望的な憶測をひとまず、払拭したかったのです)
 
 改めてチャートを見て、・ ・ もう9500円手前まで来ていますが、・ ・
 これでいいんだと、これが事実なんだと、現実をありのままに受け入れて、相場とケンカだけはしないように、持ち玉との距離感を計り、調整すべきところは調整して、すなおに、たんたんとやっていこうと、改めて思うた次第です。
 
 日中取引で、しばらくぶりでコール側に売り玉を建てました。
 プット側で減価した玉を手仕舞って、コール側に少し持ってきて、若干のデルタバランスのプラスを減らしただけですが、・ ・ 。 
 
 そして、いよいよ来週は、SQ前3週に入ります。
 IVが上昇している折だけに週の前半はセータの援軍もまだまだの様子かも知れませんが、時間の消化とともに、セータ軍の足音が頼もしく聞こえてくるのではないかと観測しています。
 
 相場が動いているときだけに、自分のペースと技能の限度を守って、できるものなら、たんたんと売買をこなしていきたいと思っています。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、続伸 
 日経レンジカーブ(オプション風):9100〜10000
 期近SQ(小胆)予想値:9715円12銭
 
 2月20日(月)確定損益  +    12,604
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  311,815
 2012年2月16日(木)はれ《当限SQ前4週》日経225先物9230円
 
 今回の波動の大きさの規模がはっきりしないので、このところ、細かいテクニカルポイントを見ないようにしています。
 目先は分からない、ということです。
 トレンドは上ですが、短期でどのように振れるか、分からないのです。
 
 普通に考えれば、1日2日は持ち合うところですが、こんなときは何も考えない方がよいのではないかと、考えています。
 
 幅を広めに取って、ゆとりを持たせて考えたいと。
 大きなうねりを捉えたいなと、思っています。
 
 建玉は、わずかに売り玉を手仕舞いました。
 IVの上昇にともない、証拠金の使用率が上がるので、証拠金ベースでの微調整です。
 
 来週月曜の夜間取引から、SPAN証拠金も30万から33万へ変更となります。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、上昇 
 日経レンジカーブ(オプション風):8800〜9800
 期近SQ(小胆)予想値:9451円82銭
 
 2月17日(金)確定損益  +     4,383
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  299,211
 2012年2月15日(水)はれ《当限SQ前4週》日経225先物9270円
 
 もったいぶって、しつこかったのは日経ではなく、昨日のぬきちの文章の方でした。
 
 日経はすきっと上がって、意外感からIVも持ち上がりました。
 意外な動きをするからこそIVも上がるのであって、相場にとってはこれが普通で、人間心理の反応の方が意外だとおっしゃるかも知れません。
 
 とはいえ、ほんまに今日は、意外な速さと上昇幅でした。
 
 建玉は、上への用心からコールに建玉がない状態のままだったので、気楽ではありました。
 少しだけ遠方の玉を回転させましたが、深追いする気にはなれません。
 まだ、SQ前4週の半ば、だからです。
 
 ここで無理しても、元々が低いボラから玉建てが始まっているので、利益の上乗せは知れているからでもあります。
 
 2月はこのくらいの利益で満足し、SQに無難に持ち込みたいところです。次月限SQは5週間あります。
 
 今月は、臨時収入が25万ありました。
 油断すると、オプションでは一瞬で消える金額なので、さらに慎み深く、手探りで進みたいと思います。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、上昇 
 日経レンジカーブ(オプション風):8850〜9700
 期近SQ(小胆)予想値:92651円14銭
 
 2月16日(木)確定損益  +    30,320
 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  294,828
 2012年2月14日(火)はれ《当限SQ前4週》日経225先物9060円
 
 一年ぶりに、緊張感が失われつつあった時に、いいかげん無くてもいい、引退すべき歳ではないか、それでもいつ鳴るか分からない回線を、切るわけにはいかない、・ ・ 何年使わない携帯電話でも、充電だけはして、身近に置いておかなくてはいけない、・・
 止まっていた時計が動き出す瞬間、顔を知らない男のくぐもった声が、日にちだけ、告げて切れた。
 組む相手も分からない、規模は小さく報酬は知れている。 
 
 ・ ・ ・ ・ そして、多忙な一週間は終わりました。
 
 相場はチラチラ見たり見なかったり。
 
 で、もう少し調整があっても良いではないか、・ ・ 上がるとしても今週いっぱいくらいはゆっくり休んでも良いではないかと、・ ・ こちらだって忙しいのだからと独り言をつぶやいていた矢先、午後の時間に急騰。帰宅して、これから一眠りしようとした時でした。
 
 でも、驚くほどの上げ幅でないところが、このところの相場つきそのものといったところで。
 
 もし明日9100円を抜ける上げがあったとしてもなかったとしても、やはり下げるぞ、といった姿勢をまた見せる相場ではないかと、・ ・ 。
 もったいぶった、しつこい、粘り気のある相場はまだまだ、つづきそうです。


 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;更に低位、下落 
 日経レンジカーブ(オプション風):8800〜9700
 期近SQ(小胆)予想値:92601円47銭

 2月15日(水)確定損益  +    52,435
 2月14日(火)確定損益  ー    77,003
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  264,508
 2012年2月10日(金)うすくもり《3月限前5週末》日経225先物8970円
 
 先月末からこれまでのトレードは、稚拙なものです。
 あまり小細工をせず欲を張らず、2月限を全部SQ持込して、新たな玉建てをしてたらタイミングの良い売買ができていました。
 あんなにIVが低下したときにがんばって次限月に乗り換え、張り込む必要はなかったのでした。
 
 でも、それは、経過が判明した今だから言えることで。
 今回の対応にしても、適切であったか過剰であったかはまた、来週に入って日にちを経過してから分かることです。
 
 本日は日中のIVがやや上昇し、夜間に更に上昇し、それにともなってプレミアムが上がり、値洗いは悪化しました。
 来週の見通しは考えると難しく、念のために、建て玉は損失を出してやや縮小ぎみに対応しました。
 
 稚拙であり、予定利益は少し下方に修正となりますが、昨夜の夜間の段階では、これが精一杯の判断と実行、ということになります。
 高値での売り直しが大半なので、来週について、そんなに極端に弱く見ているのではありません。
 
 ただ、調整の兆しが感じられ、来週は少し弱含みの展開があり得るのではないかと考え、事前の対応を夜間にしてみたのでした。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、上昇 
 日経レンジカーブ(オプション風):8400〜9600
 期近SQ(小胆)予想値:92684円12銭
 
 2月14日(火)暫定損益  ー    63,992
 2月13日(月)確定損益  +    31,513
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  225,084
 2012年2月09日(木)晴れ《3月限前5週》日経225先物9010円
 
 ジリ上げは、順調な足取りで歩みをつづけているように見えます。
 
 コールを売りたい気には、まだとてもなれません。
 
 プット3月限のサヤすべりぎみになってきた玉を、少しロールアップしました。
 
 何日か休んだので、新鮮な目で相場を眺められることが、うれしい発見です。

 まだまだ手堅く、自分の守備範囲を守って、トレードはゆるやかに進めていきたいと、思っています。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変 
 日経レンジカーブ(オプション風):8950〜9050
 期近SQ(小胆)予想値:9034円87銭
 
 2月10日(金)確定損益  +    59,320
 2月09日(木)確定損益  ー    12,260
 2月08日(水)確定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  257,563
 2012年2月08日(水)晴れ《次限前5週》日経225先物8990円
 
 今日も相場はほとんど見ていない、です。
 
 楽天証券が、ここに来て、売り枠を30枚から10枚に減らしたニュースを知りました。

 無茶な売り方をして、自己管理できる限界を越えた損失を出した投資家が出たことは想像できますが、
 
 ・・・ここに来て!

 オプション取引を仕事と考えているぼくらにとって事態は悲しむべきものであり、
 
 職域の環境保全をどうしたらよいものか、
 
 言葉に詰まる、
 
 思いばかりが、このことを考えると、あふれてきます。

 いっそ、考えないようにしよう、
 
 と、
 
 思うばかり、です。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変 
 日経レンジカーブ(オプション風):8800〜9140
 期近SQ(小胆)予想値:9082円41銭
 
 2月10日(金)予定損益  ±       0
 2月09日(木)予定損益  ±       0
 2月08日(水)予定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  210,503
 2012年2月06日(月)晴れ《次限前5週》日経225先物8900円
 
 日経225の際立った上昇が見られないのは、ハイテク産業の国際競争力の著しい低下が響いています。
 が、チャートの形状は悪くなく、じっくりとしたジリ高がつづくのではないかと見ています。
 
 今日も落ち着いた値動きでトレードはやることがなく、もっぱら資料の整備や身の回りの整頓、用事を片付けるなどしていました。
 建て玉は、少し遠いのですが利確ポイントに指値を置いて、しばらく放置の予定です。
 回転ロール巻取りなどができると、月間収益に加算が期待できるのですが、・ ・ 。
 
 先のことは、ほんとうのところ分かりません。
 いつでも、予想を切り変える柔軟性こそ、トレードにおいて最も必要な技術なのかも知れません。
 
 市場に逆回転が起こったときの対処は、常に用意しておくべきものなので、・ ・ 。
 それが、一時間後であっても、ゆとりを持って冷静にそのシナリオを実行できるように。
 
 政治の判断はいい加減なものであり、思いもよらぬ方向に世の中は動かされることを、歴史は教えています。
 一庶民のささやかな期待は、裏切られるためにあるようなものです。
 
 そのとき、如何に対応するか、そのことの方が大事です。
 論理や言い訳を考えている猶予は、与えられないからです。
 
 どのようなときでも、幸せを見い出すことができるように、こころの整頓でもしておきたいものだ、と思いながら ・ ・ 。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、不変 
 日経レンジカーブ(オプション風):8800〜9140
 期近SQ(小胆)予想値:9082円41銭
 
 2月10日(金)予定損益  ±       0
 2月09日(木)予定損益  ±       0
 2月08日(水)予定損益  ±       0
 2月07日(火)確定損益  ±       0
 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  210,503
2012年2月5日
 
 そのとき、ぼくは用事を済ませて、スーパーの出口から駅へと向かっているところでした。
 ヤマダ電機でインクリボンも買ったし、高架下の出張所で印鑑登録証明書も正当な手続きを経て入手したし、後は大井町の駅から電車に乗って品川へ向かうことしか、ぼくは考えていなかったのです。
 
 後ろの方から女の叫ぶ声が聞こえて振り向くと、痩せて背が高くカマキリのようにメガネをかけて腕を上げてナイフを手にした中年の女が、ぼくの方に向かって追いかけてくるではないか!
 
 なにかドラマの一場面を現実に見ているような光景に幻惑されながらも本能的にリスクを感じたぼくは、人ごみの中に紛れて追手をかわそうとしたのです。
 
 なぜ追いかけられるのか?なぜ、逃げる身となったのか?
 あまりに瞬時の出来事で、追跡される心当たりも逃亡する理由も分からないまま、とにかく目先に迫りくる危機に対処しなければならないと、必死でした。
 
 けれども年齢の差もあり、ぼくの足は思ったほど動かず、あっという間に追いつかれ、その執拗なカマキリの手に捕らえられてしまったのです。
 
 『忘れちゃダメでしょ!大事なものを!』
 
 と大きな声で言い放ちながら、女は手にしたナイフをぼくのわき腹のあたりに、ぐいと、当て付けたのです。
 
 『あっ、やられた!』
 
 生ぬるいものが手に触れて、無念な気持ちといろんな考えが交錯して、・ ・ 痛みも感じないほど、刺し傷が深いのか!これはいったい、どうしたというのだ?と不思議な気分で、自分のわき腹のあたりに恐る恐る目をやったのです。
 
 よく、よく見ると、それはナイフというよりも、・ ・ ナイフに似てはいるけれども、・ ・ 白銀色にかがやく魚とビニール袋ではないか!
 そして、落ち着いて追っ手の女の顔を見ると、先ほどまでレジでパートの仕事をしていたおばさんによく似ているではないか。
 
 ぼくとしては、レジスターの前でのやり取りの最後に、きちんと大事なつり銭を受け取って、売買は完了したはずなのでした。
 『大事な金銭は、頭でおよその計算をしても間違いなく受け取った』
 その計算結果の照合の確かさと、手にした硬貨の重みの確かさに十分、満足してしまったのが因子となって、認めたくもない、物忘れを引き起こしたのだろうか?
 
 代価を支払ってつり銭は受け取ったものの、肝心の買い取ったはずの現物のさんまを、あやうく置き忘れるところだったのだ!
 
 休日の昼下がり、何気ない日常にひそむリスクの存在に、肝を冷やしたぬきちなのでした。
 
 2012年2月03日(金)晴れ《当限SQ前2週末》日経225先物8840円
 
 日中は米雇用統計の発表待ちで小動き。
 その発表を好感して夜間に一時急騰。
 
 建て玉の方は、コール側の売り玉は期近に少しあるだけで3月限はまだプット側しか組んでいないので、原資産の上昇はリスク低減となり歓迎です。
 
 オプションの売りを主体とするスタンスは、相変わらずで。
 多様な手法の習得に至っていないので(=のんびりと構えて研鑽を怠っているので)、積極的にデルタで収益を狙うことができない歯がゆさはありますが、リスクが遠のいてほどほどの収益確保の期待値が上がる現状には満足しなければいけないと、自分に言い聞かせています。
 
 時間の流れが、ほど良い運用成績をもたらしてくれるのではないかと、・・。
 緊張の連続で(食事時もパソコンの前から離れられなかった)前月と違って、ひそかな期待を抱かせてくれる2月の初旬です。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位、日中は動かず 
 日経レンジカーブ(オプション風):8750〜9150
 期近SQ(小胆)予想値:9085円48銭
 

 2月06日(月)確定損益  ±       0
 2月03日(金)確定損益  +    20,320
 2月02日(木)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  210,503
 2012年2月02日(月)晴れ《当限SQ前2週》日経225先物8870円
 
 基調の強さにも跳ね上げることなく、じっくりとした構えは、何ともいえぬ頼もしさすら感じさせてくれます。 『このままでいいんだよ』と、つい声をかけたくなる日経のじり上げ初日でした。
 
 気分よく外出をと、・ ・ ただ極寒でつめたい風の中を走るので、セータを重ね着した上に革ジャン、襟巻きに手袋、帽子にマスクまでかけるという重装備で自転車に乗ってOKストアまでお買い物。
 バナナ、キャベツ、ヨーグルト、赤貝の缶詰、はちみつ、厚焼きせんべいに解凍サケ刺身用(252円)まで気前よく買ってしまいました。 
 
 出しなにうっかり買い物用手提げバッグを忘れたので、レジで6円支払ってポリ袋を購入せざるを得なかったのは、誤算でした。
 予期せぬ出費にもめげず帰路、東海道品川宿の江戸時代と変わらぬ道幅の街道を、北に向って二輪車を走らせました。
 
 この街道に迷い込んだ四輪車の運行は自転車よりも遅く、決して警笛を鳴らさず、道の中ほどを歩く老婆の後ろをのこのこと動かし、自転車をカーブを切って避け、その先のおばさんを逆カーブで追い越しては、よたよたと進むのでした。
 
 江戸の東海道にスリップタイムして入り込んだことを知っているのか、錯覚に陥っているのか、?この宿場町の掟なのかは知る由もありませんが、・ ・ 。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IV;低位ですが、原資産80円の上げで、少し上昇 
 日経レンジカーブ(オプション風):8650〜9150
 期近SQ(小胆)予想値:9061円22銭
 
 2月02日(水)確定損益  +   137,648
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  190,183
 2012年2月01日(月)晴れ《当限SQ前2週》日経225先物8790円
 
 久しぶりに安心感のある相場を見ながらくつろいでいますが、ボラティリティの底這いがつづいている点はやむを得ないとはいえ、オプション価格の貧困さに荒野を見るような思いもいたします。
 
 ただ、こんなものだと思い定めれば、お気軽なぼくにとってはたいへん居心地の良い相場でもあります。

 調整は順調に進んでい、この価格帯を高値と見るか、長く押し下げられてきた底値からの立ち上がりであり、通過する前の踊り場での短期の調整場と見るか。
 
 まもなく動きがあるのではないかと、期待しています。
 
 建玉で動かせるものは、期先へと移動させてみました。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 IVは、低くあまり変らず 
 日経レンジカーブ(オプション風):8650〜9100
 期近SQ(小胆)予想値:8974円58銭
 
 2月01日(水)確定損益  +    52,535
 
   2月度暫定損益 (累計) +  52,535
 
 
 
                月次確定損益    累計確定損益
 
2012年 1月度確定損益 +   48,697   +  3,284,675
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2011年12月度確定損益 +   442,129   +  3,235,978
2011年11月度確定損益 -    97,647   +  2,793,849
2011年10月度確定損益 +  1,902,665   +  2,891,496
2011年 9月度確定損益 -   287,413    +   988,831
2011年 8月度確定損益 -   26,602    +  1,276,244
2011年 7月度確定損益 +   146,563    + 1,302,846
2011年 6月度確定損益 +   348,610    + 1,156,283
2011年 5月度確定損益 +   312,283    +   807,673
2011年 4月度確定損益 +   77,944    +   495,390
2011年 3月度確定損益 -   976,362    +   417,446
2011年 2月度確定損益 +   572,453    +  1,393,808
2011年 1月度確定損益 +   436,525    +   821,355
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2010年 12月度確定損益 +  462,298    +   384,830
2010年11月度確定損益 +   77,665    -    77,468
2010年10月度確定損益 +  288,219    -   155,133
2010年 9月2週~損益 +  445,886    -   443,352
 手法の切替(カレンダー系⇒複合スプレッドさや抜き系)
2010年 9月1週の損益 -  1,546,752    -   879,877
2010年 8月度確定損益 -   408,030    +   666,875
2010年 7月度確定損益 -   260,360    +  1,074,905
2010年 6月度確定損益 -   486,625    +  1,335,265
2010年 5月度確定損益 +  2,357,611    +  1,821,890
2010年 4月度確定損益 -   729,063    -   535,721
2010年 3月度確定損益 +  1,166,623    +   193,342
2010年 2月度確定損益 +   464,748    -   973,281
2010年 1月度確定損益 -  1,007,891    -  1,438,029
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2009年 12月度確定損益 +   173,972    -   430,138
2009年 11月度確定損益 +  1,513,898    -   604,110
2009年 10月度確定損益 -   207,413    -  2,118,008
2009年 9月度確定損益 +   965,563    -  1,910,595
2009年 8月度確定損益 +   764,304    -  2,876,158
2009年 7月度確定損益 +   222,029    -  3,640,462
2009年 6月度確定損益 +  1,104,212    -  3,862,491
 手法の切替(ショート・ストラングル⇒カレンダー系)
2009年 5月度確定損益 -  3,385,907    -  4,966,703
2009年 4月度確定損益 -  3,460,663    -  1,580,796
2009年 3月度確定損益 -  1,889,670    +  1,879,867
2009年 2月度確定損益 +  2,228,628    +  3,769,537
2009年 1月度評価損益 +  1,033,968    +  1,540,909
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2008年 12月度確定損益 +   430,157    +   506,941
2008年 11月度確定損益 +   281,435    +    76,784
2008年 10月度確定損益 -   792,244    -   204,651
2008年 9月度確定損益  -   205,815    +   587,593
2008年 8月度確定損益  +   315,840    +   793,408
2008年 7月度確定損益  +   202,320    +   477,568
2008年 6月度確定損益  +   275,248    +   275,248