2011年11月29日(火)《当限SQ前2週》
 
 12月限のトレードは、先の見通しが悪いために今回SQへの持ち込みを確実に行う方針でしたが、市況の変化の兆しを見て日中に、大半の建玉を1月限へロールしました。
 
 強気に変化という訳ではなく、(・・まだとても、一段の急落への懸念が拭える雰囲気とは思えず、)・・。
 そこは、オプション取引の構造上のゆとりに頼って、確率の高めのところで少しなりとも稼げる余地に、控えめな建玉を建てただけです。
 
 今月のように、守勢一方であたふたと逃げ惑うかもしれないし、逆に利益が加算されるかもしれず、・・。
 収益については、相場に依存している立場なので、自分から請求できる立場にないことをわきまえて、白紙の状態で臨むしかありません。
 
 相変わらず、国内要因が霞んで先が見えにくい日経で、週後半も外の風に振り動かされることになりそうで、・・。
 
 想定レンジ内の急騰、急落場面では、オプションのゆとりを生かした逆張りの予定です。
 
 
 11月30日(水)確定損益  ー    14,732
 11月29日(火)確定損益  +   118,378
 11月28日(月)確定損益  ー    13,831
 
  11月度確定損益 (合計) ー   97,647
 2011年11月28日(月)《当限SQ前2週》
 
 上がどの辺まで伸びるか見ながら手を打っていきたいところです。
 
 今日はどこか体が疲れぎみで元気を出すことは諦めて寝ている時間が多くぼんやりと気がついたときにトレードしてたのですが朝10時過ぎに気がつけば株価は上の方にいっているし、そこそこに起き上がって手当などをするのでした。
 
 こうなってくると、オプション取引は、ぼんやりといい加減な按配でやっていても何とかなる、その許容範囲の広さが何よりの魅力に思われてくるのです。
 
 もちろんやり方にもよりますが、ぼくのようなずぼらでエクセルも理解できないような人間さえも、片隅に受け入れてくださる度量がオプションにはあると、手前勝手に思って、・・ありがたいことだと感謝しています。
 
 経験を積む中で教えられることもあると同時に、勉強しなければいけないことがますます増えていくようで、人それぞれの限界もあり、じっさい、必死でやって、こんなところなんだろうか? と。
 
 でも、もっと先に進みたいと、もがきながら切望し、上を向いておぼれつつあるのが、現状っっつうか。
 
 ゆうろのように、・・。
 
 
 11月28日(月)確定損益  ー    13,831
 11月25日(金)確定損益  ー    23,806
 11月24日(木)確定損益  ー     2,423
 11月22日(火)確定損益  ±      0
 11月21日(月)確定損益  ー    12,571
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  201,293
 2011年11月24日(木)《当限SQ前3週》
 
 相場はご覧の通りのありさまで、用心しておいた方がよい、と言える事態です。
 
 ふいの急反発も十分考えられるところで難しく、建玉は縮小するのが本筋かもしれません。
 
 収益を考えてるときではない、ということで、急落に対しては念を入れて、2段階、3段階の先まで、保証金の逼迫を免れるように手当しておくのが、精いっぱいでした。
 
  ・ ・ などと、今宵もまた、えらく難しく考えている ぬきちでした。
 
・・・・・
 
 一区切りついたので、風呂から上がってよく見てみると、玉の並びはなぜなのか、昨日とちっとも変わってはいないように見えました。
 ・・結局のところ、あれやこれやと気苦労を重ねて丸一日、玉を動かしつづけた挙句!
 建玉の方は元の状態に戻っていた、ということにやっと、気がついたのでした。
 
 
 11月25日(金)確定損益  ー    23,806
 11月24日(木)確定損益  ー     2,423
 11月22日(火)確定損益  ±      0
 11月21日(月)確定損益  ー    12,571
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  187,462
 2011年11月23日(水)《当限SQ前3週》
 
 SQに向けて、建玉を保持しているぼくのトレード・スタイルとしては、今月のSQ前3週の前半の2日間は、たいへん難しい局面の中におかれて、指値をしたり、それを変更したり、玉を動かしたり、また戻してみたり、・・と。
 
 当限のプレミアムの剥落ぶりを目の当たりにすると、つい追いかけ売りをしたくなったり、ヘッジの買い玉を減らしてみたくなったり、・・と。
 
 火曜日の夜間に至ったときには、やや安心感も感じられたりもしたのですが、取引所の休日も控えている事情もあって、・・。
 
 じりじりと迷想と焦躁の中で、パソコンに張り付いたまま結局、何もできなかった2日間でした。
 
 今月は、このままマイナスで、ちょうど良いのかも知れません。
 『相場が与え、相場が奪う』宿命なので、抵抗できることは、損失を少な目にすることくらいです。
 
 本日はNK休日中の昼ですが、NYダウー150ほどの下落です。
 また終値ではほどほどに戻すかもしれないし、・・。
 
 建玉は、8000円辺りまで下落しても、証拠金には差し支えないくらいに自重ぎみにはしています、が。
 『証拠金に差し支えない』とは、『利益の見込みも少ない建玉』、ということで。
 
 ・・自嘲ぎみな 休日の昼下がりでした。
 
 11月24日(木)確定損益  ー     2,423
 11月22日(火)確定損益  ±      0
 11月21日(月)確定損益  ー    12,571
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  163,656
 2011年11月20日(日)《当限SQ前3週》

 人の人生をトータルで考えるときに
 
 人にはそれぞれに限りある生活空間があり、限りある人との出会いがあって、・・。
 その中で、喜び、悲しみ、怒り、好き、嫌いなどの感情経験を重ねて、生きていく。
 
 相場に出会い、オプション取引に出会ったことが運命なら、そういう人生もあるものだと、受け入れて進む以外に、仕方ないことになる。
 
 オプション取引にもいろんな学び方があり、例えばゴルフでも、多くの解説書を精読して豊富な知識を得ることが、トレードの上達に寄与する場合もあればそうでない場合もある。
 
 体で覚えることが肝要で、実戦の中で生かした経験がその人の腕を磨き、体で相場の風を読み、判断を下して、損益が結果として出てくる。
 
 オプションのトレードには、多様なやり方があって、自分の性格や環境に合う基礎的な方法をまず、ひとつ見つけて用心深く行うことが大事だと思う。
 
 ひとつのやり方を実践していくうちに、オプション・トレードの様子が何となく分かってくると同時に、自分の欠点や長所が少しづつ見えてくる。
 
 時々の相場に合うやり方、合わないやり方、というものは確かにあるので、そのような壁を感じたときに、また他のやり方を探るなどして、焦らずに、少しづつ進むのが良いと思う。
 
 ・・今夜は、自分のこれまでの経緯を、反省ぎみに振り返ってみました。
 
 もし、タイムスリップして、オプション取引を始めた時期に戻ったとしたら、・・自分にどう言って聞かせるものだろうか、と。 ・・想像しながら。
 
 
 11月21日(月)確定損益  ー    12,571
 11月18日(金)確定損益  +    45,107
 11月17日(木)確定損益  ー    91,151
 11月16日(水)確定損益  +    52,320
 11月15日(火)確定損益  +    82,787
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  161,233
 2011年11月16日(水)《当限SQ前4週》

 オプション取引に詳しくない方、ひょっとして、興味を抱かれていらっしゃる方も、いらっしゃるのではないかと存じます。
 
 オプションには、上がるか下がるか、といった分かりやすい取引と違っている多彩なところがあり、・・。
 例えば、思惑と反対の方向へ日経がいっても、その速度によっては利益が出ていたり、・・。
 動かないで、日時が経過することが利益となったり、・・。
 上げ下げと関係のないところで、利益を狙ったり、・・。
 
 オプション取引については、入門書にはオプション全般に触れられてはいるものの結局、『売り』から入る人が多いのではないかと思われます。
 勝率が断然ちがうからです。どんな人でも数ヶ月から一年は、勝てる仕組みになっています。
 
 安易に勝てる裏に、どれほどの罠というか大きな損失が待ち構えているか、という大事な点は、教えてくれない、教えようがない、ということでしょうか?
 
 リスクを抑える?・・教科書に書かれているほど単純にできる行為ではないといえます。 
 
 これからオプションを始めたい、と言う人がいたとすれば、・・私はまず、この取引の危険性を伝えて、できるなら、やらない方が良いと勧めることになります。
 もし、身近な人であれば、何とかして、思いとどまるようと必死に説得するでしょう。
 
 かろうじて、生き延びて現在に至っている、自分の体験談を聞いてもらうことになるかも知れません。
 
 でも、言葉なんかで分かる世界ではないので、やり始める人に対しては、実経験で傷つきながらも、1年、2年後に、生きていることができるようにと、受けた生傷を今後に活かせるようにと、影ながら祈るしかありません。


 11月17日(木)確定損益  ー    91,151
 11月16日(水)確定損益  +    52,320
 11月15日(火)確定損益  +    82,787
 11月14日(月)確定損益  ー    89,416
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  193,769
 2011年11月15日(火)《当限SQ前4週》

 悪材料に敏感な地合いがつづいており、いつ下押しても不思議ではないと感じながら見ているのですが、・・。
 NYもけっこうな高度と不安定さを保ったまま浮遊していて、NKは言うまでもなく、NYのご機嫌を伺いながらのずるずるとした下降基調も、ここまでもたつくと訳が分からなくなってる様子で、こっちとしても、もう、どうでもいいや!と、うっちゃっている次第です。
 
 4週も半ばに差しかかろうとしている折、セータのブレーキの効き具合をチラチラと見やりながら、・・。
 レシオぎみにばら蒔かれた同限の建玉の買い玉を期先へ少し移してみたり・・。
 他にこれといって、することのない一日でしたから。
 玉をあれこれといじくったり、ころがしたり、・・して、暮らしていました。・・
 
 
 11月16日(水)確定損益  +    52,320
 11月15日(火)確定損益  +    82,787
 11月14日(月)確定損益  ー    89,416
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  102,618
 2011年11月14日(月)《12月限SQ前4週》

 勝てる確率にはまだとても自信が持てないのですが、・・正直に言うと、何も手持ちがない寂しさにあっさり負けて、混合スプレッドとでも言ったらいいようなものを建ててみました。
 これからの手掛かりとなることを願って、負ける確率が少なそうな形で、買い玉と売り玉を散りばめてみたのです。
 
 買いについてですが、先月に少し試みて利益は少なかったのですが、買い玉の扱い方に慣れていくことをこれからしてみたいと思っています。
 
 これまで、買い玉といえば、売り玉のヘッジとしてしか考えてこなかったのですが。
 
 買い玉をうまく使えば、自然とヘッジにもなり利益にもなる、といった方法はないものかと、・・。
 そんなうまい話しは、あってたまるものかと、・・一笑ものですが、・・。
 
 ともかくも、手数料がこんなに安い時代ですから、空き地みたいなところを見つけては、買い玉の出し入れなどの練習をしています。
 
 下落時などには、スムーズに投げ込んだり、軽ぅくけ飛ばしたり、できたらいいなと妄想しながら、・・。

 
 11月15日(火)確定損益  +    82,787
 11月14日(月)確定損益  ー    89,416
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  154,938

 2011年11月11日(金)《12月限SQ前5週末》

 自信がなく、建玉を閉じました。
 
 不透明な雲行きが全世界を覆って不安指数が高まっているはずと思われる中でIVは高いとは見えずリスクを取りに飛び込むとそのリスクに取り込まれてしまいそうで一旦、手持ちを0にしてみました。
 
 上に動くか下に動くか動かないかのどちらかに違いない、と思うのですが、丸4週の12月限SQを残す今、自分のこころの中の不安要素が片付かないので、ぐちゃぐちゃになっている建玉をひとまず整理しました。
 
 いつもながら、残5週目の週は、迷路の中を手探りで進むようで、うまく4週、3週に繋がるときは良いのですが、手探りがまずく進むと、長めの玉建てはリスクに負けてしまいます。
 
 来週、勝てそうな確率を見つけることができればと願っています。
 あるいは打開できる手法でも、模索しようかと考え込んでいます。

 
 11月12日(月)確定損益  ー    89,416
 11月11日(金)確定損益  ー   142,085
 11月10日(木)確定損益  +    59,160
 11月09日(水)確定損益  ー    33,465
 11月08日(火)確定損益  +    5,653
 11月07日(月)確定損益  +   118,824
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  237,725

 2011年11月10日(木)《12月限SQ前5週》

 TPPは、・・偏った私的な解釈ですが、・・前回の訪米時に野田さんがオバマ氏からいくつか言い含められた中の一件ではないでしょうか。米国にとって日本を参加させることによる有利益さが顕著です。有利益不利益といっても、部分的なものなので、一国の首相として、ここは知恵をしぼって、しぼれなくても借り集めて、何か米国にとって手土産となるものを代案としてすり替えて持参するくらいの政治的駆け引きができないものだろうか?
 
 野田さん!あんたは事務員ではなく政治家なんだから、政治家は実直さもあればいいが、何でも相手の言いなりになれば良いのではなく、国益のため、総合的に判断して相手に自国の主張をしてこなければ、何のために総理になったのか!
 
 前回の会談のとき、野田さんのお人柄丸出しで、ひょっとして、低姿勢でオバマさんの言うことをウンウンとうなずいて、しかもよく分からないことなので何の反論もせずに、帰ってきたのではないか?
 外国では、そのやり取りは、相手の主張を承諾したもの、と受け取られる。
 ・・交渉には交渉する相手がいる。交渉相手の抱えている問題についての調査、オバマ氏の時期大統領選の分析と想定くらいは、下準備として怠りなく行なったであろうか?
 
 米軍基地をめぐる日本の過去のH総理の犯した不手際は、同盟国に対して無礼なものだが、・・。
 TPP、これを飲まされる日本の不利益もまた、ひどい。
 ここまでしないと、同盟関係は守れない、という政治判断をやむを得ずした、というのか!
 
 説明は求めない。知る権利があるからといって、話してはならない時期と交渉相手への配慮が必要なことくらいは理解できる。
 だが、
 
 ・・・・・
 
 医療保険制度、・・その他、いくつかの制度が大きく変わっていき、日本は速度を増して米国化していくことになる。速度に気をつけないと思わぬ事故が起こる。・・先送りといわれようとも、時間を稼ぐことが必要な要件もあるのだ。
 
 今回のTPP、それが良いことなのか悪いことなのか、というよりも、歴史の必然なのかそうではないのか、というようなことを、今は考えたりしています。

 
 11月11日(金)確定損益  ー   142,085
 11月10日(木)確定損益  +    59,160
 11月09日(水)確定損益  ー    33,465
 11月08日(火)確定損益  +    5,653
 11月07日(月)確定損益  +   118,824
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  148,309

 2011年11月9日(水)《12月限SQ前5週》

 うろたえて、一日中、建玉を動かし、あたふたと売買を重ねていました。
 相場の神様からは、ブログなど書くでなく、勉強することが山ほどあり、おまえには、それが先だろう。
 と、お叱りを受けて、今日は休息を取ることにします。
 
 つい昨日まで、何やら自信めいたものがこころのどこかにあったような気がするのですが、・・
 今日は、消えてしまったようで、どこにも見当たりません。
 
 明日のことは、目がさめてから、考えようと思います。
 

 11月10日(水)確定損益  +    59,160
 11月09日(水)確定損益  ー    33,465
 11月08日(火)確定損益  +    5,653
 11月07日(月)確定損益  +   118,824
 
  11月度暫定損益 (累計) ー    6,224
 2011年11月8日(火)《12月限SQ前5週》

 今日の相場は昼過ぎから下げ始め、夜間取引に入っても下げ足は変わらず8600円に急接近していき、気を抜けず、、反転を確認して建玉を整え直し、やっとパソコンの前から離れることができました。
 
 品川駅界隈を1時間ほど歩きながら、プリンスホテルのイルカのネオンに癒されたり、行き交う人間の表面の姿をながめたり、・・夜は子供の姿が少ないのが淋しいですが、・・。
 
 帰ってから300円のサンマを食べた後、録画しておいたドラマ『妖怪人間ベム』を寝そべりながら見ました。
 3匹の妖怪がちょうど夫婦と子供の家族を構成している形で普段は人間の姿をして現れ、それがとても人間性を持っていて、人間になりたい、人間と友だちになりたい、という気持ちで本物の人間に近づくのですが、時として変身すると恐れられたり罵られたりして嫌われて突き放され、それでも人間に関わろうとして何やら事件を起こす。その度に本物の人間の方に妖怪性が表れ、どっちが人間なのか人間の本性なのか分からなくなるところがあり、・・全編を主人公の妖怪たちの悲哀のメロディが流れている、・・ぼくにとっての好みのドラマです。
 
 大好きな名探偵コナンと少し味わいが違いますが、・・・コナンは毒薬によって少年の姿に変えられ、恋人と関わりながらも自分の正体を証すことができない、その切ない悲哀の感情がメロディとして流れていることが、共通している点かも知れません。
 子供の目で見ると、大人は妖怪そのものです。
 
 どうして、進化しているはずの人間社会が、妖怪の住み家のような世界へと変化していくのでしょうか? 妖怪たちの演じる現代・政治経済時代劇も、観客であり主人公であるはずの我らの方に、困惑と苦痛と悲哀を与えつづけています。
 

 11月9日(水)確定損益  ー    33,465
 11月8日(火)確定損益  +    5,653
 11月7日(月)確定損益  +   118,824
 
  11月度暫定損益 (累計) ー   65,384
 2011年11月7日(月)《12月限SQ前5週》

 新しい週が始まりました。ぼくにとっては、先週で当限を区切ったので、新しい限月の始まりともなりました。 ひと月にわたるトレードの開始時には、いつも漠然とした不安感に襲われます。
 
 例えば・・ゴルフの周期は一週間ですが、練習ラウンドをこなしていざ、ティーグラウンドに立ち、その日の風向きと空気の抵抗の度合い、湿度を肌感覚で計り、自分の体の肩や腰の骨と筋と筋肉の接合部を微調整しながら、いざ、最初のショットに臨む瞬間。おそらくは全身を包むであろう、不安感。
 
 ・・・プレイヤーは、経験を積めば良い、だけではない。
 やっかいなことに、失敗の経験の感覚を、脳神経の伝達回路が覚えている。 
 
 ぬきちの場合は、先物の使用と、コール側の売り玉について、恐怖心が拭い切れないままできている。
 個人の神経回路の傷の修復は、・・いったい
 
 
 初日が無難に過ぎつつあります。
 一箇月、どのような相場のコンディションの中でのプレーとなるか、まったく先が分からない。今月は食べるだけでも稼げる月となるものだろうか?
 
 いったん閉じた建玉を、このIVの低調の事態の中で、建て直すことにどれほどの成果が望めるだろうか?
 ばくぜんとした不安感の中で、今週も日一日と過ぎてゆくことになりそうです。


 11月8日(火)確定損益  +    5,653
 11月7日(月)確定損益  +   118,827
 
  11月度暫定損益 (累計) ー   31,919
2011年11月5日(土)
 
お勧めの副業 
 
 1、マンションの管理人、暇な会館などの受付管理
 条件は、受付でパソコンを開いていても、文句を言われない場所であること。
 そのためには、
  ①できるだけ賃金の安い場所を選ぶ。
  ②マンションなら、10階くらいまでの小規模の建物。
  ③テレビが受付窓口の外からは見えないくらいの内側に堂々と置いてあれば大丈夫。
   (ヒマな仕事だから、テレビでもながめながら、居てくれれば良い。という内輪の約束事だから)
 
 2、マンション・会館などの夫婦住み込み管理人
 これなら、パソコンが禁止であっても、婦人に窓口にできるだけ居てもらって、中の部屋でパソコンを見られる。
 しかも、家賃・電気ガス水道料金などが無料という特権付き。
 
 蒲田では、相場の動かないときに、窓口に居たり、掃除をしたり、・・したり、・・してる振りをしたり。
 で、気分転換をしながら、相場をおろそかにすることはありませんでした。
 
 3、マンションや福祉施設などの宿直員
 年齢不問。
 18時ごろ昼間の管理人と交代で仕事に就く。
 仕事は、玄関の施錠23時ごろ。その間10分程度の全館見回り。
 23時〜6時までは備え付けのベッドで就寝時間(無給)。
 6時解錠。玄関先の掃除5分。
 受付に座っていて、8時ごろ昼間の管理人と交代。
 
 特権は、窓口でパソコンを見ていると、『お勉強ですね。』と励まされたり、住人からのお菓子やバナナの投げ入れが時々あり、これも無料でいただくことができます。
 青山と飯田橋の古びたマンション宿直をしたときは、時給650円。週4日勤務でも、月に10万円くらいの収入になりました。
 信州の田舎にいたときは、ラドン温泉の宿直をしました。(夜だれも居なくなるので、戸締りをして温泉に浸かってから寝るだけですが) 
 
 江東区の福祉施設では、22時〜7時解錠までの勤務時間。その中で6時間の就寝時間があり、寝ている時間も有給でした。(いざ何か起こった場合の保険のようなもの、人質のような役割だったと思います。)
 一室が与えられ、そこでまじめにパソコンを開いたり本を読んだり、(そのころは夜間取引はなかったので)翌日の日中取引に備えてトレードの勉強などをしていました。障害を持つ子が部屋を覗きにくると、『だめですよ。管理人さんのおじゃまをしては』と言って、施設の宿直担当員がその子の手を引いて出て行ってくださいました。
 

 2011年11月3日(木)《12月限SQ前6週》

 ギリシャ首相の自爆発言には驚かされました。
 まさかとは思いましたが、・・歴史を振り返ると、ちょっとした要人の発言、判断、行動が大戦争に繋がるケースが教訓として残されている史実があり、リスク資金の引き上げは当然の処置と思われます。
 
 リスクの大きいオプション取引で、個人トレーダーはこのようなケースでどう対応すべきか、・・。
 リスク指標の計算で処理できる範疇を超える、大型リスクの発生のケースのことです。
 
 ぼくは建玉を2割程度持っていたため、買い玉を一時的に投入するか、とりあえず全撤収するかの方法のうちで、今回は後者を選択しました。
 
 その後の世界の首脳たちの交渉により、ひとまず今回の破壊的デフォルトは回避されましたが、これから先も幾たびか、緊急事態は繰り返されることになりそうです。
 
 その事態に対する対応策をもう少し、勉強しておきたい。そうしながらも、稼げるところでは稼いでおきたいと今は考えています。
 
 いったん下落した株価は、不安心理の後退とともに戻りに入りそうです。
 事態の深刻さに変わりはありませんが、ソフトランディングの方向で、ともかくは時間を稼ぐことが当面、必要ではないかと思います。
 
 政治は目先の駆け引きの成果で満足できる時期ではなく、国益と世界各国とのバランス、現実問題の解決、信念と未来への展望を踏まえて、議論し解決策を模索すべき時と、・・。
 特に足元を見て、日本の政治判断と選択に間違いの起こらないようにと、祈らざるを得ません。

 
 11月4日(金)確定損益  ー   119,353
 11月2日(水)確定損益  ー    5,900
 11月1日(火)確定損益  ー    31,146
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  156,399
 2011年11月1日(火)《12月限SQ前6週》

 夜間取引前に8800円を割る気配があったので、夜間に入ったところで全建玉を手仕舞いました。
 欧米の悪材料に対する反応がやや過敏とは思うのですが、一段下へ向かう可能性を否定する根拠は、私の中を探してもどこにもない、と思ったからです。
 
 無理をすることはない、と判断して予定収益の目論みを捨ててノーポジとし、様子を見ることにしました。
 
  今月は20〜30万を手堅く狙えたら、十分なのだからと思いながら、・・。
 
 
 11月4日(金)暫定損益  ー    26,653
 11月2日(水)確定損益  ー    5,900
 11月1日(火)確定損益  ー    31,146
 
  11月度暫定損益 (累計) ー  63,699