2011年1月28日(月)《期近SQ前3週末》 日経225先物 10370
 
 これも相場、とするなら、・・稼いでいきたいと、思う。
 
 でも、思うに任せぬのが相場、なら、・・できるだけ無駄な願いを抱かないで、やっていきたいものだ、と思う。 

 第五週月曜日確定損益   +   16,932
 第四週金曜日確定損益   ±       0
 第四週木曜日確定損益   ±       0
 第四週水曜日確定損益   +   18,698
 第四週火曜日確定損益   ±       0
 第四週月曜日確定損益   -   30,082
 第三週金曜日確定損益   +   27,782
 第三週木曜日確定損益   -   50,003
 第三週水曜日確定損益   -   50,756
 第三週火曜日確定損益   -   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   -      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   -   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   -     3,840

   1月度確定損益(合計) +   436,525
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月24日(月)《期近SQ前3週初》 日経225先物 10340
 
 反発はすこぶるよわよわしく、何とも頼りなさげに見えるニッケイでした。
 明日は、はよ反落で下値を見にいく気配ですが、その幅も今日の反発と同じように、小さくあってくれればよいがと願い上げます。
 よもやの上伸なれば、その後は横移動の調整がつづきそうで・・。
 これが他人事、なれば今夜はおもしろく、値動きの予想が思い描けるところですが、・・。

 第四週火曜日確定損益   ±       0
 第四週月曜日確定損益   ?   30,082
 第三週金曜日確定損益   +   27,782
 第三週木曜日確定損益   ?   50,003
 第三週水曜日確定損益   ?   50,756
 第三週火曜日確定損益   ?   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) +   400,895
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月23日(日)
 
 今週の初めは、月曜日と火曜日の二日間、日経225先物の動向に注意したい。
 先週末の日本株の突出した下落が、ヘッジファンドの手仕舞いによる売りなのか、先物による売り仕掛けなのか、・・・。
 ともかく、日経225先物の動きの推移を見定めることから、今週は始まりそうだ。
 
 上昇局面における一時的な調整の一現象で終わるものなのか、相場の先行き転換を示す予兆なのか、・・。
 週初は調整の勢いと値幅を観測することを第一に、ゆっくりと構えてみたいと考えています。
2011年1月21日(金)《期近SQ前4週末》 日経225先物 10280
 
 二日間で300円ほどの下落は、GUを除いて値動きがほとんど停滞していた日経にとっては暴落に等しく、久しぶりに緊張を強いられた一日でした。
 大方の予想を外す動きでインパクトがあり、慌てた向きの投げや対処を巻き込んだ様子が窺えます。
 日経の下落は10200円から10300円どころの節目に至り、とりあえず出動すべきと考えて期近プットにスプレッドを建てましたが、買い玉の方があまり指さらぬうちに値が上がって追いかける訳にもいかず寡少で、部分的にはバランスを欠いた状態となりました。先日コール側にスプレッドを建ててあること、来週はSQ前三週目に入ること、建て位置がファーのOTMであることなどから、全体的なバランスを見て、調整しつつも何とか持ちこたえてSQに向かえるだろうと判断しています。
 上海市場はプラス、夕場では欧州も米国も堅調でひとまず安堵していますが、月、火曜日の値動きがどうなるか、注意が必要と思われます。

 第四週月曜日確定損益   ?   30,082
 第三週金曜日確定損益   +   27,782
 第三週木曜日確定損益   ?   50,003
 第三週水曜日確定損益   ?   50,756
 第三週火曜日確定損益   ?   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) +   400,895
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月20日(木)《期近SQ前4週》 日経225先物 10440

 今朝は、まだ残存建て玉があっただけにヒヤリとしましたが、とりあえず反発する気配です。
 調整はもう少しつづきそうですが、深押しの期待は難しいか・・。
 
 建て玉は株式相場下落のために、マイナスを回復することはできませんでしたが、一気に清算することができ、ほっと・一息・です。

 第三週金曜日確定損益   +   27,782
 第三週木曜日確定損益   ?   50,003
 第三週水曜日確定損益   ?   50,756
 第三週火曜日確定損益   ?   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) +   430,977
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
1月20日早朝 5:00
 
 欧州株式市場、ナスダックも軟調、ドル円で82円を割ってきた為替に注意したい。
2011年1月19日(水)《期近SQ前4週半ば》 日経225先物 10570

 誤発注の対応について、妙案など考えられないので、できるだけ早く清算するしかない。
 夕場までで4割くらい片付いた。
 明日も相場が動かないことを願うが、そんなときに限ってよく動いてくれる。
 動いた場合には、計算抜きで即刻処分しかない。
 相場に緊張が感じられるのは、追い詰められた自分の心理の反映に過ぎない、と思うのだが、・・。

 第三週木曜日確定損益   ?   50,003
 第三週水曜日確定損益   ?   50,756
 第三週火曜日確定損益   ?   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) +   403,195
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月18日(火)《期近SQ前4週》 日経225先物 10520

 仕切り直しをしたいと思いながら、玉外しのタイミングなどをあれこれと考えているところですが、良い案はなく、できるだけ良い形に近いあたりで清算できればと願っています。
 IVは、恐ろしいばかりのスピードで下落しており、このまま低下をつづける事態は思い描けないので、相場の落ち着いているうちに、ノーポジにしておきたい。
 そして、ゆっくりと参戦の機を窺う態勢をつくりたい。

 第三週水曜日確定損益   ?   50,756
 第三週火曜日確定損益   ?   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) +   453,198
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月17日(月)《期近SQ前4週》 日経225先物 10500

 金曜日夕場に建てたレシオは、最悪だった。なぜ、ここで慌てなければならなかったのか、分からない。
 SQまで長かった日々、あれほど慎重に指値にこだわりエゲツないほどに細かい利をかき集めてSQまで持ち込んだ、というのに・・。こんなサヤの組み合わせをよくも、手拍子で作ったものだと、・・。
 ・・急に、うつ然とした気分に落ち込んでしまった、・・。
 気の緩みは、怖い。
 ・・・容赦なく、利が削られてゆく、と思う。

 第三週火曜日確定損益   ?   49,066
 第三週月曜日確定損益   +  567,910
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) +   503,954
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
   ショート・ストラングルのやり易さとその危険性について
 
 ぼくがオプション取引に惹かれたきっかけは、この手法の斬新さと平明さでした。
 著名な増田氏のオプション入門書を、書店で手にしたことが、始まりでした。
 そこには、オプション取引の売り戦略の優位性について、ショート・ストラングルを例に上げて分かりやすく解説されていました。
 目を惹かれたのは、オプションにはおよそ一ヶ月ほどの期限があり、その間にある権利の行使価格という500円ごとに設定された価格に日経225の価格が届かなければ、契約時にその行使価格に付けられた売価はすべて利益となる、というくだりでした。それに、途中で自由に解約することも可能だというのです。
 行使価格に付けられた値段は、分かりやすく言えば、期限となる清算日までの時間の長さと原資産である日経225との価格差によるもので、清算日までの期限内にその行使価格に到達する可能性を織り込みつつ市場心理を反映させて変動してゆく価格でした。
 時間と価格を押さえてゆけば、オプションは効率よく稼げる市場だと思ったのです。
 ところが、さっそくトレードを始めて気づかされた点、驚かされた点がありました。
 それは、トレードで直面し注視しなければならない最大の問題が、価格差や時間差にあったのではなかった、という点でした。価格差や時間差は言ってみれば、目安として大雑把に注目しておくべき多くの指標の中のひとつに過ぎなかったのでした。
 そして、初日から一貫して向き合う最大の問題であり難問は、『リスク』の実態でした。
 リスクは目まぐるしく変化し、個人のトレードに現実問題として突きつけられるのは、リスクの担保として預ける『証拠金』の使用限度額なのです。
 価格差や時間差からは充分に挽回が可能であっても、証拠金が不足となれば、追加で証拠金の振込みが請求され、それができなければトレードは強制停止、となるのです。
 
 後になって分かったことでしたが、数多くの手法があるオプション取引ですが、その中で、ショート・ストラングルはリスクの変動、すなわち証拠金の増減が激しい最たるものでした。
 『裸(=ネイキッド)売り』と言われるように、そのポジションに買い玉がセットとして含まれていないだけにリスクの変動に対しては無防備で、リスク値は急速に変化し、証拠金は激減します。
 プットとコールという対極にあるポジションを同時に売り建て、反対極にあるポジションが保険の役割を果たすと理屈の上で説明は成り立っても、このショート・ストラングルの裸の売り玉はあまりにリスク感応度が高すぎるために、リスクの急変時にはほとんど対極に建てたポジションは保険の役に立たないのが実際です。
 
 結論は、このショート・ストラングルを使うには、高度に熟達した技量と経験の裏づけが必要ではないかということ、あるいは他の手法と連携して限定的に使用する必要がありそうだということです。
 ショート・ストラングルは、手法としての仕組みはたいへん分かりやすいのですが、難易度がかなり高く、レベルの高い操作技術が要求されるやり方だと思われます。
2011年1月14日(金)《期近SQ日》 日経225先物 10500
 
 普通なら調整入りとなるタイミングに来ているのですが、通貨が過剰に供給されている状態は依然としてつづいており、テクニカル指標が指標としての機能麻痺に陥っている現実も否定できず、・・。
 むずかしい局面をどのような足取りで進んでゆくか、冷静に、少なくとも月曜日までは見守りたいところです。
 
 慌てる必要はない、と先ほどまで思っていたのですが、・・。つい、
 SQ通過で気の緩みが出たのか、建て枠が空いたので、本能的にそこを埋めたくなったのか、自分でもよく分かりませんが、3月限プット側にレシオを作りました。
 堅めにはせざるを得ず、急落で利益が出る予測です。これまで通り徐々にIV低下していっても、利益となる予定ですが、・・徐々に下落、調整していっても指値を使ってタイミング良く外せば利益になる予測ですが、・・実際には、どうなるものか?
 自分では、分かりません。
 
 第二週金曜日確定損益   ±       0
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) ?    14,890
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月12日(水)《期近SQ週》 日経225先物 10520
 
 先方の意向で、式場の下見を兼ねて結納の儀式の会場も同じ式場となったのだと、息子から聞いていた。
 ロビーにいらしたご両親と初めてのご挨拶を交わし手土産を渡すとすぐ、男性側は別便で送っておいた結納品のセッティングに取り掛かる。
 ネットで注文したときはずいぶんと豪華に見えた25,000円の結納セットの品々も、だだっ広い披露宴会場の中央ではちっちゃく貧相にさえ見える。あれこれ考えずにと、説明書を片手に広蓋を組み立て結納金や祝膳料を祝儀袋に入れて並べる。準備が整い、女性側の方々を招き入れて着席していただく。ここからの進行は男性の父親がする慣わしなので、さっそくですが、と目録の載った広蓋を手前に取り寄せ、用意した口上書を横に広げて斜め目で読み上げ、目録を広蓋ごと向きを180度変えて娘さんの父親に手渡す。その父親が目録を開いて金額、指輪などの項目を確認し、つづいて隣の母親と娘さんが覗き込むように目視し、娘さんの父親が受諾の口上を読み上げて、終了。その間、十分間くらいだったろうか。儀式は終わった。
 そのまま食事に移る。

 ・・・一週間ほど前、最終打合せのために息子が上京した折、家内が『内としては、結納金は20万が妥当で親が用意するから』と言ったところ、息子は『うーん』と唸ってもう少し上乗せできないものか、といった反応を示したそうだ。といって、息子が自分で用意するとなるとそれを返金してもらいその後の家庭生活の準備に当てたい、という都合のいい条件を主張する。結納返しも100万以上ならともかく、わずかな祝い金(30?50万)を返してくれとは言いにくいではないか。それなら親が出す、返しはいらない、20万がこちらとしては精一杯でそれに指輪を買ってあげたそうだがそれも目録に載せることができる、としたら合わせて50万くらいになるではないか。いや、あれは安物で、もちろん後で結婚指輪は買って差し上げるつもりでいるが、・・。などなど、押し問答がつづいて結局、50万用意して着物でも何にでも使ってもらうことで家内が折れたそうだ。花嫁の方が仕度にお金がかかるものだし、娘を嫁がせる親の立場を考えたらいろいろと心配ごとが多いことだろうし、・・と。指輪はひとまず彼女の指から抜き取って返してもらい、目録に加え、盆に載せて相手側に渡す、ということになった。
 
 お食事はなごやかな雰囲気で、彼女の母親はパンダが大好きで今年上野に送られてくるという情報もよく知っている。最近ではフクロウが好きになって、と、その餌にネズミの冷凍したものを刻んで与えるのだ、と言う。そんな小動物のお食事の素材についての話題などなど、食卓をにぎわしてくれたひととき・・。

 正味3時間半というわずかな滞在時間でしたが、結納の儀式という、人生の旅路でもそうたびたび遭遇するものでもない貴重な体験をもたらしてくれた、伊勢の地方への旅でした。
 
 第二週木曜日確定損益   ±       0
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) ?    14,890
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月11日(火)《期近SQ週》 日経225先物 10510
 
 見る角度によって、人の顔は美しく見えたり、それほどでもなく見えたりするので不思議だ。
 目がきらきらして、とってもきれい。
 背は高くないけど、足がすらっと細めに伸びて尻がどこにあるかといった後ろ姿で、数ヶ月先に縮まった挙式日までにがんばって痩せなあかんのやんに?と言う気が知れない・・。
 近ごろのトレンドに素直なところは、じゅうぶん理解はできるのだが・・。
 名古屋駅界隈を歩いても、よく見かける女の子たちの後ろ姿は東京と変わりない。顔はふっくらした女の子の足が竹馬の棒みたいにスクっとまっすぐに伸びている。
 曲線が作り出す揺たう美の奥深さ、こころ惹かれる悠久の感性とトキメキの感情への配慮は、近ごろその主張が圧殺されたかのように影をひそめて見られない。
 四日市の息子25歳の社宅マンションに初めて訪れた。
 靴を脱ぐと目の前に、ピンクと白の大きさの違うスリッパが二足並んでいた。
 大きい方のスリッパに足を入れて、あわてて引き抜いた。オレのために、用意されたものではない。
 台所兼廊下を通ってドアを開けると、二面の小窓から陽光がまぶしく射し、7畳ほどの室内にはセミダブルのベッドに机、書棚などが居心地よく置かれ、楕円形の小型加湿器から白っぽい蒸気が立ちのぼっては消え、アロマの香りが甘く漂っていた。
 ぬきち22歳の春、単身上京して初めて借りた石神井公園の日の出荘の4畳半、何も置くものがなく、(白っぽい敷きっ放しの布団とその周りを取り囲むように立てて並べられた文庫本)だだっ広く感じられた日焼けした古い畳敷きの部屋が思い浮かび、一世代の時の差が思い重なった瞬間でした。
 外で待っていた婚約者の運転する車で、結納の儀式が執り行われる平安閣へと向かう。
 車内で横に座った息子と婚約者が何ごとか話しを交わしていたが、その話し口調というか、津の地方の方言のなめらかな語りにうかつにも、うっとりと聞き入ってしまった。のやに?、そんなんやね!っっと
 うっとりなどしてる間もなく、車は式場へ着きました。(つづきは、書けるものか、明日になってみないと分からないのやんやん・・)
 
 第二週水曜日確定損益   ?      630
 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?     3,840

   1月度確定損益(合計) ?    14,890
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +     77,665
  10月度確定損益(合計) +   288,219
   9月度確定損益(合計) +   445,886
2011年1月7日(金)《期近SQ前二週末》 日経225先物 10550
 
 これまで月の初めに大き目の損失を作ることが倣いとなっていて、何故そうなるのか、それは本当に必要なプロセスなのか否か、昨年終盤からの大きな検討課題でした。
 その第一の原因は、相場への不用意な参加にありました。勝算についての十分な斟酌もなく闇雲にリターンを追いかけてリスクを取りに走っていた姿が今さらながら、恥ずかしく、思い起こされるのでした。
 この低IVの時期に至ってはなおさら、オプションに特有のいい加減さのさじ加減も辛く、手厳しく、その成績に跳ね返ってくるのです。
 
 今月はここまで損失を少な目にやり過ごすことができました。やればできる!・・のかも知れません。
 
 相場は原資産の上げスピードがやや早いのですが、大筋思い描いた方向に進んでおり、・・好材料を折り込み過ぎた分があるとすれば、雇用統計の発表を機に下に振れるやも知れず、・・そこは買いで報われるのではないかと・・。
 
 建て玉はSQに向けて集中しつつあるので、過度な変動は望みたくなく、無事通過を祈りつつ願っています。

 第二週火曜日確定損益   ±       0
 第一週金曜日確定損益   ±       0
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?    3,840

   1月度確定損益(合計) ?   14,260
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +    77,665
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2011年1月5日(水)《期近SQ前二週半ば》 日経225先物 10380

 年末に葬儀があり、年は明けて長男の挙式予定が6月の転勤に間に合わせるために5月に早まったとの知らせが入り、帰省をはさんであたふたと普段どおりの生活がつづいて相場も始まりました。
 初夢は、ナナと手をつないで昼の散歩がてらイルカのショウを見て楽しむことでした。(ナナは長男と結婚する予定のロクとの間に生まれる予定の女の子の名前で・・断わりもなく勝手にぬきちが付けたものですが・・。夢の中では、1才11ヶ月でやっと歩くことができるようになった頃です。初孫ということで、まだ生まれぬ先から期待と想像がやや先走って、しまって・・。)
 帰省先で長男の携帯から録画されたロクの顔をまじまじと見ました。実物とは半年前に会っているのですが、顔を憶えていないのです。ランチの席で真横に座ったためと、髪の量が多く髪型が顔に被さっていたために、まったく覚えがないのです。やや強引に彼の携帯を取り上げて、その顔を見たのですが、話しに聞いた通り、顔の中で目の面積がかなりの比率を占めていて、目じりがはみ出しているくらいに見えたのです。ちなみに長男は兄弟の中でも控え目な目をしていて、なるほどと思いました。目の大きさに惹かれたんだ、と。合点。
 半年前、彼女に『長男のどこが気に入ってどんな接触をしたのか?』と質問しました。ロクは『隣り町の職場に仕事のできる新人が入ってきて・・と評判が立って気になっていて、その後に会社の地域合同会議で知り合いました』と明快に答えたのでした。長男は黙ってその言葉を聞いていましたが・・。
 二人で貯金してこの度、式を挙げると言う。それは目出度くもあり殊勝なことで、・・。長男は既に先方の両親にご挨拶をすませ、・・。だが、彼女の父親が警官でありこちらに対して結納を所望していると、・・。それは考えだにしないこと、とも言えず。ここに至って男親としても挨拶に伺うことを道理と考えていると伝え、・・。ぬきちの妻子は世間体に金を掛けることを厭わない性癖でネットで結納の品を調べ、納める金額も初めは長男が用意するつもりであったものをあれこれと考えたり調べたり電話で長男とも相談などしていた様子でしたが、その挙句、どこかしら、埋蔵金を引き出して、それに充てるそうで、・・。
 
 そうこう成り行きを見守っているうちに、新年の相場も始まりぬ・・。
 
 第一週木曜日確定損益   ?   10,420
 第一週水曜日確定損益   ±       0
 第一週火曜日確定損益   ?    3,840

   1月度確定損益(合計) ?   14,260
  12月度確定損益(合計) +   462,298
  11月度確定損益(合計) +    77,665
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886