2010年11月29日(月)《期近SQ前2週》 日経先物 10120 (+60) (前日比)

欧州、朝鮮半島など当面の解決の目処が見えてきて、本日の日本の市場は落ち着いた動きです。
 
 日経は調整の範囲内ですがその後、上に向かいそうな雰囲気が今日あたりの強さをみると覗われます。
 
 当限SQまで二週間となり、セータを援軍とする建て玉をとって、少し収益を加えようと算段をしています。
 
 ブログの日々の収益はこれから変化に乏しくなりそうで、週単位にまとめた方が見た目には良いかなと考えたり、自分のトレード記録としてはこのままの方が便利かなと考えたりいます。

 第五週火曜日確定損益   ±     0
 第五週月曜日確定損益   +  210,865
 第四週金曜日確定損益   +   41,637
 第四週木曜日確定損益   -   16,310
 第四週水曜日確定損益   -    5,995
 第四週月曜日確定損益   -   98,305
 第三週金曜日確定損益   -  136,961
 第三週木曜日確定損益   -   16,106
 第三週水曜日確定損益   +   21,535
 第三週火曜日確定損益   -  164,187
 第三週月曜日確定損益   +  145,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   -    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   -   26,219
 第一週木曜日確定損益   -   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   -   61,680

  11月度確定損益(合計) +   77,665
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月26日(金)《期近SQ前3週》 日経先物 10060 (-20) (前日比)

 米韓の武装艦隊と北の軍事政権との対峙は睨み合いと罵声の応酬、短期の神経戦で関わる国々の国内外への体面を繕う形での休戦に落ち着く可能性が最も高そうだが、・・。
 
 ひとまず、建て玉の撤収は完了できたので、安らかな休日を過ごせそうだ。

 第四週金曜日確定損益   +   41,637
 第四週木曜日確定損益   ?   16,310
 第四週水曜日確定損益   ?    5,995
 第四週月曜日確定損益   ?   98,305
 第三週金曜日確定損益   ?  136,961
 第三週木曜日確定損益   ?   16,106
 第三週水曜日確定損益   +   21,535
 第三週火曜日確定損益   ?  164,187
 第三週月曜日確定損益   +  145,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?  133,200
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月25日(木)《期近SQ前3週》 日経先物 10080 (+40) (前日比)

 北の狙いはあくまで全面戦争ではなく有利な交渉条件を引き出すことなのだが、その手段は砲弾の実射による脅しすなわち、限定戦争なのだから質が悪い。一方米韓は圧倒的な武力の違いを誇示することで黙らせようとする。その合同軍事演習に対して、北の軍事政権がここですごすごと引き下がる事態は想定できるだろうか。内外に弱腰を晒す屈辱的撤退を選択するとは考えられないのだがどうだろうか。問題はどこまでの限定戦を追加で仕掛けてくるか幕引きがどうなるか速やかなひとまずの終結が望ましいのだが、・・。
 
 日本列島の背骨に突き刺さるかのような朝鮮半島。わが国の隣接地帯における紛争リスクなので、私は月曜まで限定でそのリスクに備えておく予定。建て玉をフル武装させるか、プット側を撤退させるか、明日考えながら、処置を施したい。かなり撤退させることになると思うが。・・何事もなければ、その日のうちか火曜日に、元に戻せばよい。

  D;-2 G;-65 T;+70 V;-72 証拠金使用率;54%

 第四週木曜日確定損益   ?   16,310
 第四週水曜日確定損益   ?    5,995
 第四週月曜日確定損益   ?   98,305
 第三週金曜日確定損益   ?  136,961
 第三週木曜日確定損益   ?   16,106
 第三週水曜日確定損益   +   21,535
 第三週火曜日確定損益   ?  164,187
 第三週月曜日確定損益   +  145,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?  174,837
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月24日(水)《期近SQ前3週》 日経先物 10040 (-80) (前日比)

 昨日の休日中に、南北朝鮮間の砲撃による緊迫が突発し円は急騰、各国の抱える諸問題のバイアスが弱気にかかり世界的に株価は大幅に下落しました。 その後砲撃はなく睨み合いがつづいていますが、世界の市場は落ち着きを取り戻しました。
 どの国も特に北朝鮮が戦乱の拡大を断行できる状況にないとは論理的に分かることですが、現実には些細に見える事件がきっかけで民心の混乱が拡大して大戦争に発展した人類の歴史をわれわれは学んでいるわけで、事態の推移を冷静に追う姿勢は欠かせないところです。それに伴って建て玉のヘッジバランスも考えておかなければならないことです。
 日経は朝方前日比-220円をつけましたが、前日比-80まで戻して大引けとなりました。
 血を流し失われた尊い命については哀惜の念に堪えないものですが、短期に急騰した市場にとっては良いタイミングでの下押しとなったのでしょう。下落幅も日柄も調整完了にはまだ間があり、しばらくは調整気味の横動きが想定されます。
 
 12月限第三週に入り、建て玉は期近でショートストラングルぎみに偏りつつありますが、デルタ及びガンマのリスクには気をつけて進みたいところです。
 以前よりも建て玉がファーになってその分枚数が嵩み、リスク感応の変化の特殊性に更なる注意が必要です。
 
  D;+19 G;-56 T;+65 V;-74 証拠金使用率;45%

 第四週水曜日確定損益   ?    5,995
 第四週月曜日確定損益   ?   98,305
 第三週金曜日確定損益   ?  136,961
 第三週木曜日確定損益   ?   16,106
 第三週水曜日確定損益   +   21,535
 第三週火曜日確定損益   ?  164,187
 第三週月曜日確定損益   +  145,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?  158,527
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月19日(金)日経先物 10050 (+70) (前日比)

 今週は、止むを得ない。
 下振れリスクと上振れリスクが交互に、急角度で襲ってきた。
 リスクをチャンスとして挑むか否かの判断に迫られ、撤収する道を選んだ。
 今月のマイナスは来月分と抱き合せで考える。
 損失はSQで挽回できる。
 ぎりぎりの勝負をしないことが原則なので、生き残るために次善の策として今回はロールアップをせず損切りを選んだ。
 
 (確かに、不満は残る。期近コールに残されたのは、11000の損切りによる損失と11250の3円4円5円計20枚の売り玉のみ。
  確かに、11000の仕掛けは早過ぎた。
  細部の対応に課題を残したことは事実。週末は検証して次に生かしたい。)
 
 とまれ、低ボラの状況下における戦術の建て直し中なのだが、・・・
 結論は、実体験とシミュレーションの作業の中から、会得してゆくしかない。
 
 策としては、? 資金量の割りに建て玉が広がり過ぎ ⇒ 集中によって、効率化と収支の安定を計りたい。
? 集中の仕方の一つとして、期先を控え目に簡略化して、できるだけ期近に集中したトレード。
 ? SQへの変動率を体感しつつ、建て玉比率配分に気を配る。
 ? 事前にロールが必要なケースのシミュレーションも徹底しておく。
 ? 買い玉を外すタイミングに注意。
 ? 一円を大事にし、SQ持込と一円値でのカットの判断をする。
 ? 期先は、できるだけファーでスプレッドを組む。 
 
 当面、低ボラ期を乗り切る策を付け加え変更しつつ、実践したい。
 
 日経株価の予想は、上に見ています。
 海外発の下落要因は残されていますが、それも一時的と見てよいと考えています。
 
  D;+50 G;-94 T;+85 V;-141 証拠金使用率;47%

 第三週金曜日確定損益   ?  136,961
 第三週木曜日確定損益   ?   16,106
 第三週水曜日確定損益   +   21,535
 第三週火曜日確定損益   ?  164,187
 第三週月曜日確定損益   +  145,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?   54,227
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月18日(木)日経先物 9980 (+150) (前日比)

 16日日本時間の夜間から始まったNYダウは200$近い下落、上海市場はその前から大幅下落、欧州は信用リスクの再燃と、・・。日経が安値圏に売り込まれていたとはいえ、やや持ち直したチャートの小高くも見える丘から、少しは引きずり落とされ、海外の市況次第で下落の程度も考えておこうかと用心して、プット側の建て玉、特に売り玉を大幅に削ったのが二日前でした。
 今日は、海外の株価が落ち着くと為替の支援もあって(11月1日に80円まで行った$円も今は83円台)、一時200円近く上げてついに1万円の大台突破。
 何とかSQで挽回を計るために期近に建てたのですが、大台を突破して普通このあたりで一服するだろうという読みがあまく、コール売り玉を持ち上げられて夕場は最後の最後まで強く、結局は安眠のために損切り。ここで20万余のマイナスは、いたしかた無いとはいえ、いたい。
 12月限SQまで3週余、ていねいにエントリーしていかないといけないことでした。
 意外な上昇は本来気が付いた時点で相応の対処をすれば良いことですが、今回、期近の変動に注意が不足していました。
 
  D;-52 G;-79 T;+73 V;-132 証拠金使用率;52%

 第三週木曜日確定損益   ?   16,106
 第三週水曜日確定損益   +   21,535
 第三週火曜日確定損益   ?  164,187
 第三週月曜日確定損益   +  145,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) +   82,734
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月15日(月)日経先物 9820 (+80) (前日比)
 
ヘッジファンドの決算期に特有のポジション解消にともなう巻き戻しとするなら、円安も株高も手放しで喜べる状況ではなく、どこまでつづくかという時間帯の見切り時を間違えないように、と思いつつ・・。
 特にSQまでの経過する日時の変動率を体感しながらポジションを調整しているわけで、どこでリスクを取ってどうやって利益を上げるか、やけに難しい時間に入ってしまったなあと感じています。
 欧州の信用リスクもこの先、何が起こってもおかしくない事態はつづいており、用心しながら進みたいと考えながら・・むずかしく。

  D;-42 G;-42 T;+37 V;-65 証拠金使用率;35%

 第三週月曜日確定損益   +  164,187
 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) +  241,492
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月12日(金)日経先物 9740 (-120) (前日比)
 
 週末は中国市場の大幅な下落、欧州の財政危機問題の再燃が持ち上がり、NYダウもナスダック指数も下落して波乱含みとなっています。
 来週は調整ぎみで始まりそうですが、その程度は海外要因に依存しているので、日経も下落に抵抗力がついてきているとはいえ注意が必要です。
 
 建て玉は下落によるリスクを低減するために、夕場に損切り一部ロール(マイナスの計上は月曜日の清算分と合算されて火曜日となります)。
 思うように利益を積み上げられないもどかしさがありますが、それよりも世界の市場の動向とその影響を受けて動く日経株価の推移を注意深く見守ることがたいせつな週となりそうです。

  D;+36 G;-11 T;+19 V;-35 証拠金使用率;26%(期近除く)

 第二週金曜日確定損益   +   65,181
 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) +   77,305
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月11日(木)日経先物 9860 (+50) (前日比)

 プットの売り玉を少し外して、調整の様子を見ています。
 海外が調整ぎみなのでそれ次第ですが、NKは浅めに終わるのではないかと期待も込めて思っています。
 落ち着きが見えたら買いでいける、と。

  D;+57 G;-14 T;+19 V;-58 証拠金使用率;28%(期近除く)

 第二週木曜日確定損益   +  101,640
 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) +   12,124
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月10日(水)日経先物 9810 (+120) (前日比)

 日々の損益表はすっかり、音無しの下町の見栄えのしない雑貨屋の店先のように変わり果てたありさまとなり、あめ玉を買いに来る子供たちの姿も近頃ではとんと見かけなくなった店先の座布団に、ぽつねんと座る初老の・・(本人だけは青年と思い込んで心トキメカしているようだが、パソコンにかじりついては時折ため息をつくので、生きていることは分かるのだがとご近所のおば様たちからそのため息のことを『老狂のと息』なぞと言われていることも知らず・・なにで生きているのやらと、つぶやくおば様たちの陰口も耳に遠いようで・・死んだかと、後始末の心配があるのでふと見やると、そのままごろりと横になってうたた寝してるだけのようでよだれを垂らし、きっと大金持ちになった夢でも見てるに違いないと、ほんとに逝くまでこのままうっちゃっておくしかあるまいと・・)

 人足もまばらになり、生きていることの確認のために、ブログでも書かなければ・・、と。
 ときどきは、書いたりすることも、事後の整理のために良いことかもしれないと・・、と。
 きっと、この先にはバラ色の人生が待っているに違いない。だから今日も頑ばるんだ・・、と。
 
  D;+83 G;-23 T;+24 V;-73 証拠金使用率;31%(期近除く)

 第二週水曜日確定損益   +    2,370
 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?   89,516
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月9日(火)日経先物 9690 (-30) (前日比)

 円高に対する耐性が日経の株価に感じられるのですが、・・。そのあたりのことは、いずれ、エコノミストによる明快な解説が聞かれるようになるのでしょう。折り込み、とか、為替とは別の要素と株価との関連性を味付け良くコメントするなどして・・。

 今日はほどよい調整気味の日となり、ともかく、日経は弱くはない。
 何もすることのない無風の市場で、時間だけが流れてゆきました。
 
 コール側に何枚か、裸買いを入れてみました。これは打診なので、すぐ手仕舞いの指値を出しておきましたが。

  D;+63 G;-9 T;+17 V;-38 証拠金使用率;30%(期近除く)

 第二週火曜日確定損益   ?    1,050
 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?   91,886
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月8日(月)日経先物 9720 (+70) (前日比)

 三空は売りが相場だが、株価位置があまりに低く、目先の下落確率が半々としても押しが浅い可能性が高く、目先が過ぎた先行きは、上の方向がリスキーに見えます。 コールを建てるにはタイミング待ちが良さそうですが、それも買いを多めにしたいと。・・そんな風に今のところ思っています。
 
 急騰対応の不始末についての反省は尽きず、・・SQ間近の期近の玉扱いに不慣れな分は差し引くとしても、念入りに予想を立てて予定したロールは、アップしなければいけないところでした。
 勢いのある場合のことも、ある割合建てる予定で考えていたのですから・・。
 11C102の6円を見ながら見送っていった躊躇、竦みは、歯軋りする悔やみを残したのでした。
 
 ロールは、アップしなければ、・・ただの損失以上の損失となってしまう。
 
 切ったその等価をスライドして建てなければ、それはロールアップの意味を失ってしまう。
 初めから予定した損切りと初めから予定したロールアップの違いが、そこにある、と。
 
 そこは行き過ぎの地点なので、動きの勢いと値幅に感覚的にリスクを感じても、より安全度の高まったエントリー・ポイントと判断するのが道理ではないか、・・と。
 
 (・・悔しさを、熱く語る自分が、今日は自分でないような気がして、おかしいのですが、・・)
 
 今のトレードのやり方で、十数万の損失は大きい(プット側を利確したので表に出ていないのですが)。

  D;+65 G;-12 T;+23 V;-56 証拠金使用率;32%(期近除く)

 第二週月曜日確定損益   +   11,743
 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?   90,836
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月4日(金)日経先物 9650 (+290) (前日比)

 2日前の民間発表の雇用統計が良かったので、上昇をやや読んではいたものの他に悪材料も多く、踏ん切りの悪さ(=逆用心の深さ)が出てしまいました。
 
 12C97?1C97のカレンダーと期近にリバースぎみの買い玉を入れる検討を、前日に実行できなかったのが、糞切りの悪さの始まり。
 さいわい、フルヘッジにしていた12月限ー1月限のヘッジの買い玉12C102,1C105,1C110を高値圏で捌けたために(13円⇒40円、25円⇒50円、7円⇒15円)、売り玉12C105、12C107の損失(8円⇒14円、6円⇒9円)を上回ってプラスとなりました。
 そのプラスを上回って悪かったのは期近のコール裸売り玉で、途中増玉したものを合わせて上に持ち上げられて高値で損切り(ここまでは予定ですが)、プレミアム上昇の勢いにビビって、予定のロール売り玉が入れられず、わずかに指値した105C10枚2円で出来ただけに終わりました。
 その期近コールの損失分は、プット側に売り玉を建てるなどして、ひとまずカバーはしたのですが、損失は損失で今月はここでハンデを負うことになりました。
 カバー玉は後に利益となる予定で建てるわけですが、予定が後に確定する保証はなく、ここではプレミアムの急騰に冷静に立ち向かうべき局面でした。
 上昇した場合にどう対応するか予定を立てていたのですが、上昇の予想外の勢いと値幅にトレーダー心理が動揺して手が縮かんだ、のでした。
 
 予定を実行できなかったフン切りの悪さがチャンスを逃し逆に予定外の損失を作る結果となりました。
 技術面の未熟さと精神面の脆弱さを、反省しています。


  D;+33 G;-14 T;+19 V;-43 証拠金使用率;28%(期近除く)

 第一週金曜日確定損益   ?   26,219
 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?  102,579
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月3日(水)日経先物 9360 (+190) (前日比)

 9月から、やり方を変えた。
 
 IVが急騰したとき以外は、かなり慎重に、消極的な利益の取り方に、・・。
 
 大きなマイナスは避けたい。ということは、大きなプラスはいらない、ということだが、・・。
 
 年に一、二度あるだろうか? 
 IV急騰時に、慌てずに普通に対応すれば、その時期に大き目の利益が付与されるだろうと、・・。
 
 したがって、IV低迷時の今のような時期には、ていねいに小さ目の利確をくり返したり、小さ目の損切りをしたり、SQまで時間をかけて何もせずに時間切れ、まで見送るようなことを、今までしたことのないことをしてみたり。
 
 思い切って言わせてもらえば、流してゆくようなトレードがしてみたいと、思った次第で。

 そうめん流?トレード??
 
 やり方を変えたといっても、うら道をゆく体の無手の流儀は、あい変わらずなんで、スプレッドも建てたその日のうちに自然と崩れてゆく有様は、もはや誰にも止められない・・・・・
 深く性格に根ざしているものと、本人、観念しているところです。
 
 月末にプラスで終わればいいではないかと、一人、観念してい。
 
 相場の方は、為替は遠からずジワジワと70円台へ入ってゆくとしても、放出される紙幣の行き先が気がかりなところ。NYは良く上げています。とりあえず、NKのレンジは引きずられて一段上にいきそうです。それでも、この水準の抵抗帯を一気に突き抜けてゆくには、いまひとつ特別な材料が加わらなければ、難しいのではないかと思われるのですが。NYは強い。今のところ。

  D;-27 G;-22 T;+19 V;-35 証拠金使用率;18%(期近除く)

 第一週木曜日確定損益   ?   25,299
 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?    76,360
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月2日(火)日経先物 9170 (+10) (前日比)

 夕場にきて、この先の見通しが分かりやすくなったような気がしす。
 
 4日以降に、建て玉を並べていくことになりそうす。

  D;-2 G;-11 T;+9 V;-24 証拠金使用率;11%(期近除く)

 第一週火曜日確定損益   +   10,619
 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?    51,061
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886
2010年11月1日(月)日経先物 9160 (-30) (前日比)

  D;-2 G;-12 T;+14 V;-8 証拠金使用率;43%

 用心深く、じりじり安で推移の日経です。
 
 こちらも用心に越したことはなく、微益で期先の玉はすべて外してみました。
 
 リスクを取らないと利益は結ばないので、消極的なやり方です。
 
 早ければ明日か明々後日に建てる機会に恵まれれば有り難いことです。
 
 機会に恵まれなければ、デイトレをしながら機会を待ち、・・。
 
 良い機会に恵まれなければ、動き出してから付いてゆくつもりでいます。


 第一週月曜日確定損益   ?   61,680

  11月度確定損益(累計) ?    61,680
  10月度確定損益(合計) +  288,219
   9月度確定損益(合計) +  445,886