FC2ブログ
値動きが緩慢な相場に助けられた9月限でした。

成績の公表については、これらを自分で誇示する気持ちがあり、
 これをどうしたものかと、・ ・ ・
 
             月次確定OP損益   OP取引限定 累計確定損益  

2020年 09月限確定損益  +  156,242     +  370,734  
2020年 08月限確定損益  +   77918      +  115,166
2020年 07月限確定損益  +   79,480     +   37,248  
2020年 06月限確定損益  +  118,360     -   42,232  
2020年 05月限確定損益  +   98,460      -   160,592 
2020年 04月限確定損益  -   44,560      -  259,052  
2020年 03月限確定損益  -  207,520     -  214,492  
2020年 02月限確定損益  -   38,230      -    6,972
2020年 01月限確定損益  +   31,258      +   31,258  
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
委託証拠金; 5,000,000

 病気など、ささいな個人的なことについては、追記に書かせていただこうかなと思っています。
             月次確定OP損益   OP取引限定 累計確定損益  

2020年 08月限確定損益  +   77918      +  115,166
2020年 07月限確定損益  +   79,480     +   37,248  
2020年 06月限確定損益  +  118,360     -   42,232  
2020年 05月限確定損益  +   98,460      -   160,592 
2020年 04月限確定損益  -   44,560      -  259,052  
2020年 03月限確定損益  -  207,520     -  214,492  
2020年 02月限確定損益  -   38,230      -    6,972
2020年 01月限確定損益  +   31,258      +   31,258  
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -
委託証拠金;\5,000,000
 なにごとも、そうであるように
 
 安易な道を選択すべきでないことを、思い知らされる結果となりました。
 
 自分自身の判断基準に則り、自己責任で、トレードも行なうべきことを
 
 再度、自覚し確認する結果に至りました。
 
 そして、
 
 人生もトレードも、やり直しは出来ないけれども
 
 まだ、前を向いて進む
 
 道しかないことを
 
 知らされたのでした。
 
 
              月次確定損益   先物・為替・OP累計確定損益  

2020年 07月限確定損益 -  2.930,836    
2020.3月SQ
 
ウィルス感染ショックともいえる暴落に見舞われた世界の株式市場でした。
これまでの値動きの限定された相場とは、まったく違う相場に私たちは向き合うことになります。
 
ボラティリティはこの先、少なくとも1年くらいは高めと見るのが妥当と思われ、
株価の変動も大きめに推移するので、より慎重なトレードの姿勢が求められます。
 
ウィルスの正体も不明で薬もなく不安心理が蔓延する中で、
心理作用の要素が大きい相場は、上下動が激しいことになります。
 
皆さま方の体調管理とともに、新たな相場の変化に対するトレードの対応能力が向上することで成果があげられますようにとお祈り申し上げます。
 
ぬきちは、オプション本格参加がリーマン破綻直後だったので、相場の荒波の中で苦闘し、先輩の方々のブログ記事や励ましの言葉、幸運に助けられて今日まで退場を免れてきました。荒波乗りには慣れているつもりで、暴落対策の研究に10年の歳月を費やしてきた経験がありましたが、それでも今回の『SQ暴落』にはヒヤリとさせられました。
 
運と不運は、わずかの差であって、それに対しては自分たちは無力な立場なのかも知れません。
毎年、追悼する2011年の大地震と、時期的に重なったので、なおさら相場事故(特にオプション)に遭遇された方々には心が痛みます、・・・。
 
新しい局面へと転換した相場です。
ボラもプレミアム高いので、利益も出しやすく、
がんばって、取り組みましょう!
 
2020.01..SQ

年末も相場に波乱要素はすくなかったものの、年末年始の連休は海外の変化に対応できないので、
それに年始のイランーアメリカの戦争リスクが始まり、-それもすぐ収束の方向が出たとはいえ、
1月限への玉建ては抑制していました。
年末から2月限を主に考えてはいましたが、3月限の4枚と2月限の10枚ほども戦争リスク発生時に若干の損切りをして建て玉は縮小させ、様子を見て建て直しました。
 そのとき発生した損失と1月限の売り玉を合わせて、こんな計算となりました。